葛原岡ハイキングコース

葛原岡ハイキングコース

北鎌倉駅から歩くこと約10分。鎌倉街道を鎌倉駅方面へ進み、横須賀線と交差する手前で右に曲がると、鎌倉五山第四位の古刹である浄智寺に到着します。ここをスタート地点とし、桜やあじさい、紅葉の名所として知られる源氏山公園をゴールとする、所要時間約30分のハイキングコースが葛原岡(くずはらおか)ハイキングコースです。

鎌倉大仏、長谷寺、江ノ電長谷駅までの大仏コースとセットで散策する人も多く、ハイキング初心者から上級者まで非常に人気のあるコースになっています。

御本尊の三世仏にご挨拶し、脇道を裏山に向かいます。最初は舗装された道路ですが、しばらくすると山道に変わり、ハイキングらしくなってきます。木々が深く生い茂り、急な上り坂になっているところがあったりしますが、案内板がいくつかあるので、初めての方でも安心できます。

ゴールの源氏山公園のほど近くに葛原岡神社があります。ここは葛原岡ハイキングコースの中でも大きな休憩所となっていて、こもれび広場ではたくさんの人たちがお弁当を広げて楽しんでいます。

また葛原岡神社は、恋が叶う、良縁に恵まれると人気のパワースポットとしても非常に有名で、とても多くの人が恋愛成就のご利益を求めて参拝しています。

ここまでくれば、もう源氏山公園は目と鼻の先。実は葛原岡神社は源氏山公園の一角にあるので、すでに到着しているとも言えます。公園中央にある大きな源頼朝公の像にお出迎えされてゴールです。

葛原岡神社
葛原岡神社

鎌倉源氏山公園内にある葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)は、明治20年に創建された比較的新しい神社です。後醍醐天皇の忠臣として鎌倉幕府倒幕に活躍した日野俊基卿をお祀りしています。

ただ、今ではそう言った歴史的背景とは違うことで非常に有名です。女性を中心に、良縁を呼び込む神様として人気が急上昇しているのです。3つの石に願いを掛けるお手軽縁結びがとてもご利益があると口コミで評判になったためのようです。絵馬や、おみくじ、お守りといった縁結びのご利益につながるアイテムもたくさんあります。

本殿に続く参道に龍がいる手水鉢を見つけます。こちらでお清めをしてから本殿に向かいましょう。本殿横に縁むすび絵馬を奉納できる場所があります。

本殿の左脇は日野俊基終焉の地碑。右脇には旧本殿に収められていた昇運の神龍があります。現在の本殿を造営するときに、本殿を120年間護ってきた石の彫刻で、神の使いとして願いごとを早く届けてもらうようお参りするといいようです。

葛原岡神社 魔去ル石

鳥居の右側には【魔去ル石】と書かれた石があります。【魔が去る】が転じて【勝(まさる)】という意味で、幸せを勝ち取る石と呼ばれています。魔が去るように願いを込め、盃をこの石に投げて割れれば、幸せを勝ち取れるということです。うまく割れなかったときは、それを拾って砕けるまで投げていいと書いてありましたので、日頃の鬱憤晴らしにも一役買っているようですね。何度でも挑戦してください。盃は1枚100円です。

葛原岡神社 縁結び石

神社の境内には、二宮尊徳邸内の楠でつくられた大黒天が祀られています。大黒天は出雲大社の主神である大国主命と同一視されており、良縁のご利益があります。その手前にある二つの岩が縁結び石です。細長い【男石】と丸い【女石】の二つ岩で縁結びの石として祀られています。
社務所でいただいた縁結び守りの赤い糸を5円玉に通して、二つの岩を繋ぐ縄に結ぶと良縁のご利益があります。結ぶときは、相手の人を強く想いながら結びましょう。

葛原岡神社 縁結び

また、境内にある社務所に、縁結び絵馬、縁結び鈴、縁結び御守、恋みくじなど、恋愛にまつわるさまざまなアイテムが購入できます。御朱印もこちらでいただけます。社務所は午前9時から午後4時までなので、訪れる時間には注意しましょう。

【葛原岡神社】へのアクセス
住所 神奈川県鎌倉市梶原5-9-1
駐車場 無料駐車場あり(10台分)
最寄駅 JR 北鎌倉駅駅 / JR 鎌倉駅
アクセス JR 北鎌倉駅下車 葛原岡ハイキングコース 徒歩約30分
JR 鎌倉駅 西口下車 銭洗弁財天ルート 徒歩約35分

葛原岡神社の詳細はこちら

銭洗弁財天宇賀福神社
銭洗弁財天宇賀福神社

源氏山公園から坂を100メートルほど下ったところに、銭洗弁天宇賀福神社があります。境内洞窟にある清水でお金を洗うと、金運がアップする、お金が倍に増えるというご利益があることから銭洗弁財天(銭洗弁天)の名で知られています。いつもたくさんの人が訪れる人気のパワースポットとなっています。

源頼朝公が巳の日に見た夢で、「この福水で神仏を供養すれば天下泰平に治まる」というお告げを受けたため、宇賀神を祀り創建されたのが銭洗弁財天だと伝えられています。

またその後、北条時頼が「金銭をこの水で洗い清め、己の心身も清め行いを慎めば不浄の塵垢が消えて清浄の福銭になる。」と人々に伝え霊水で金銭を洗い、一家繁栄を祈ったことが銭洗信仰の始まりだそうです。

【銭洗弁財天宇賀福神社】という大きな石碑の横に銭洗弁財天の入り口である鳥居と洞窟が見えます。そこを抜けると、手水舎で身を清めて、いくつも立ち並んでいる鳥居をくぐり抜けて境内に入ります。

銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗いを希望する人は、まず洞窟の前の奥宮へ参拝して、身も心も清めてからお金を洗うという順序を踏みます。洞窟の湧水は銭洗水と呼ばれ、江戸時代には【鎌倉五名水】の1つに数えられていました。

社務所でろうそくと線香を購入し、ざるを借ります。ざるにお金を入れて柄杓で3杯ほどお水をかけて清めます。お札はどうするのかというと、端っこにお水をかけるだけでも大丈夫だということでした。

もっと熱心な人は、境内にある弁天茶屋で売られているお供え用の卵(5個250円)を、5つのお社にそれぞれお供えしてから銭を洗うようです。弁天茶屋のおかみさん曰く、お稲荷様に油揚をお供えするのと一緒で、蛇が弁天様のお使いなので、蛇の好む卵をお供えする、ということです。

霊水で浄めたお金は世の中に回すことで、その福がやがて巡ってくると言われています。清めたお金だからと大切にしまい込むのではなく、感謝を込めて使いましょう。

御朱印は境内にある社務所でいただけます。また、この神社では『御宝銭』、『おたから小判』という財宝を題材にしたお守りが人気です。授与されたお守りは、火打ち石でお清めをしてもらえます。

【銭洗弁財天宇賀福神社】へのアクセス
住所 神奈川県鎌倉市佐助2-25-16
駐車場 銭洗弁財天から鎌倉方面に下ったところに無料駐車場あり(約12台分)
最寄駅 JR 鎌倉駅
アクセス (徒歩)
JR、江ノ島電鉄 鎌倉駅下車、西口から約25分(※土・日曜と巳の日の10時~17時は周辺道路が進入禁止となり、駐車場が利用できなくなるのでご注意ください。)
(バス)
銭洗弁天近くまで行くバスはありません。(※銭洗弁天から源氏山を挟んだ反対側には【源氏山入口】バス停があります。ただし、こちらのバス路線はJR大船駅発【桔梗山行き】で、道中も含めて鎌倉駅には接続しておらず、運行本数も少ないので利用の際は注意してください。)
佐助稲荷神社
佐助稲荷神社

澄み切った空気に包まれた山深い地にあり、数十の朱い鳥居が続いていく山道がとても印象的な佐助稲荷神社は、源頼朝を歴史的快挙に導いたという伝説から、開運・出世のご利益がある神社と言われています。

源頼朝が配流された伊豆蛭ヶ小島で病に伏せていた際、【かくれ里の稲荷】と名乗る神霊が夢枕に立ち、平家討伐の旗挙げを促しました。後に平家を討伐し幕府を開いた源頼朝は、かくれ里に祠を探し当て、佐助稲荷神社を建てたと伝わっています。
幼少の頃に佐殿と呼ばれていた源頼朝を助けたことで、佐助という名前がついたといわれています。

赤いのぼり旗に彩られた40基以上ある鳥居が独特な雰囲気を醸し出しています。これらは企業や個人から寄進されたもののようです。いかに佐助稲荷神社が多くの人から篤く信仰されているのかが分かります。

佐助稲荷神社

赤い鳥居に導かれた参道をくぐり抜けると、正面には佐助稲荷の拝殿があります。拝殿の前にはとてもたくさんの稲荷様が、所狭しと並んでいます。苔の美しさが厳かな雰囲気を一層醸し出しています。

拝殿右横には御守りの販売所があります。おすすめは手ぬぐいと木彫りのお守りです。手ぬぐいは1,600円と少々高いですが、朱い生地にある6つの稲荷様お顔に出世・開運の力を感じることができるかもしれません。他に、奉納用の陶器でつくられた狐や絵馬があります。

御守りの販売所の奥に、水が湧き出ている霊狐泉があります。佐助稲荷山は古来より田畑を潤す水源地だったことで、人々はこの水源を神水と讃えています。ここも訪れた人に力を与えてくれる場所と言われています。

佐助稲荷神社

拝殿の右手から階段を登っていくと、そこには佐助稲荷の本殿があります。奉納用の陶器のキツネがたくさん並ぶ様は圧巻です。

拝殿と本殿をつなぐ階段を迂回するような形の道に古い稲荷群があります。一面の苔に同化している美しい様を見ることできます。
参道の入口あたりに社務所を兼ねた下社があり、かまくら隠れ里と書かれた御朱印は、こちらでいただくことができます。
またこの下社の横に、【縁結び観音】といわれている十一面観音を祀る小さなお堂があります。

【佐助稲荷神社】へのアクセス
住所 神奈川県鎌倉市佐助2丁目11-10
駐車場 駐車場なし
最寄駅 JR 鎌倉駅
アクセス (徒歩)
鎌倉駅西口から徒歩約25分
(バス)
鎌倉駅西口から京浜急行バス 鎌51【鎌倉中央公園】行き、または 江ノ電バス 【桔梗山】行きに乗車。バス停【長谷大谷戸】下車、徒歩約5分

葛原岡ハイキングコースから佐助稲荷神社まで散策すると、すっかりお腹も空いてくることでしょう。そこで周辺にあるおすすめのお店をご紹介します。

スポット周辺でおすすめの店舗

1.福来鳥
福来鳥 店内画像

鎌倉時代の由比ヶ浜で、ある漁師が助けた子ギツネから鎌倉大根の種をもらったそうな。その大根が当時流行していた疫病を治したといういい伝えがあるそうです。そんな伝統野菜である鎌倉大根を、おかみさんの創作で提供しているのが【福来鳥】です。

福来鳥 季節のふろふき大根

佐助稲荷神社からは、JR鎌倉駅に向かって行った佐助一丁目交差点近くにあります。古民家風のお店で、大根のイラストがある白いのれんが目印です。住宅街の中になるので、地図をちゃんとチェックして行きましょう。

福来鳥 優しい味わいの大根スープ

大きな桜の絵画と紫のテーブルクロスが目を引く店内。お座敷がなく全席テーブルですが、天気が良い日はテラス席で料理を楽しむこともできます。

店名 福来鳥
フリガナ フクドリ
予約用 0066-9751-13748
所在地 神奈川県鎌倉市佐助1-13-13
最寄駅 鎌倉駅
アクセス JR 各線・江ノ島電鉄線 鎌倉駅 西口 徒歩7分
営時業間 ランチ 11:00~14:30(L.O.14:30)
ディナー 17:00~20:00(L.O.20:00)
備考 ※食材がなくなり次第
営業終了させて頂きます。
定休日 木曜日
※祝日の場合営業
周辺スポットから【福来鳥】へのアクセス
【葛原岡神社からのアクセス】
銭洗弁天を通過し、佐助一丁目交差点に向かい、交差点手前の道を左折し、しばらく直進し左手。徒歩約15分。

【銭洗弁天からのアクセス】
佐助一丁目交差点に向かい、交差点手前の道を左折し、しばらく直進し左手。徒歩約9分。

【佐助稲荷神社からのアクセス】
佐助稲荷神社下社まで下山し、佐助一丁目交差点に向かい、交差点手前の道を左折し、しばらく直進し左手。徒歩約9分

福来鳥の詳細はこちら

2.割烹家 八百善
割烹家 八百善 店内画像

創業はなんと約300年前の江戸時代。現在十代目が継承する江戸料理店が割烹家 八百善です。【上方料理の三倍の人手で十倍の手間をかける】と言われる江戸料理。将軍や要人、文化人に愛されて続けてきた熟練職人の技巧、創造性、そして意外性に富んだ料理の数々を、ここ八百善では味わうことができます。

割烹家 八百善 蒸し物

鎌倉駅から徒歩約10分の古刹、明王院の一角にあります。その門構えは、江戸時代のお屋敷に訪れたかのような雰囲気を醸しだしています。

割烹家 八百善 お椀

古い室内はとても清潔にされていて、高価そうな掛け軸が雰囲気を引き締めています。料理の一品一品が継承され、手間暇かかっていて細やかな江戸料理を、十代目が語る江戸人の心意気や文化、時代背景とともに味わうことができます。

店名 割烹家 八百善
フリガナ カッポウヤ ヤオゼン
予約用 0066-9751-19296
所在地 神奈川県鎌倉市十二所33-2
最寄駅 鎌倉駅
アクセス JR各線・江ノ島電鉄線 鎌倉駅東口より京急バス 5番乗り場 【泉水橋】下車 徒歩5分
営時業間 ランチ 12:00~17:00(L.O.15:00)
備考 ※お昼のみの営業となります。
定休日 水曜日・年末年始
※2017年11/19・2017年12/29~2018年1/5
周辺スポットから【割烹家 八百善】へのアクセス
【葛原岡神社からのアクセス】
JR・江ノ電 鎌倉駅まで徒歩約25分、鎌倉駅よりバス利用、【泉水橋】バス停下車、徒歩約5分

【銭洗弁天からのアクセス】
JR・江ノ電 鎌倉駅まで徒歩約20分、鎌倉駅よりバス利用、【泉水橋】バス停下車、徒歩約5分

【佐助稲荷神社からのアクセス】
JR・江ノ電 鎌倉駅まで徒歩約19分、鎌倉駅よりバス利用、【泉水橋】バス停下車、徒歩約5分

割烹家 八百善の詳細はこちら

まとめ

歴史的に有名な鎌倉は、私たちの生活に密接な関わりのある金運、縁結び、出世の運気をアップしてくれるエリアだということがお分かりになったことと思います。自然と美食が揃った鎌倉を、少し違った見かたで楽しんでみてください。

鎌倉・湘南エリアでおすすめのレストラン

その他、鎌倉・湘南エリアでおすすめのレストランをご紹介します。
【鎌倉×湘南エリア】の店舗一覧

おすすめのまとめ記事

銭洗弁財天 宇賀福神社の見どころと
周辺のおすすめ店舗5選

葛原岡神社の見どころと
周辺のおすすめレストラン5選

佐助稲荷神社の見どころと
周辺のおすすめ店舗をご紹介