【結婚祝いのお返し】もらって嬉しかった人気ランキングTOP5 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
12530views

【結婚祝いのお返し】もらって嬉しかった人気ランキングTOP5

12530views

シェアする

LINEで送る

結婚内祝い

結婚祝いをもらったら必要となるのが結婚祝いのお返しです。結婚内祝いとも呼ばれる結婚祝いのお返しは、種類が豊富なので、選ぶのも大変です。本記事では結婚内祝いによく贈られている人気ランキングをご紹介します。

1.【結婚祝いのお返し】金額の相場

結婚祝いのお返しをする際、気になるのがその相場です。結婚内祝いにあたっては、出産祝いなどと同様に、「半返し」の習慣があります。半返しとは、言葉の通り、いただいた御祝いの半額を先方へお返しするという考え方です。例えば、1万円前後の商品をいただいたのであれば、5,000円、3万円前後であれば、1万5,000円を目安に返すようにします。
もちろん、先方の立場やいただいた御祝いの金額によっても異なります。このような場合どうすればよいのか詳しく見ていきましょう。

・高額な祝いをいただいた場合

親戚からの御祝いや上司など10万円くらいの御祝いをいただくときは、半返しをすると、相手にとって失礼にあたる場合があります。無理をして半返しをしてもこちらのお財布も辛くなってしまいます。目上の方という立場上での贈り物でもあるので、ある程度は気持ちとして受け取っておきましょう。お返しをする金額の相場は、いただいた額の3分の1くらいがベストです。これに加えて、感謝の気持ちを直接伝えるようにすると良いでしょう。くれぐれも内祝いを贈って終わりではなく、その後も続くように感謝の気持ちをしっかりとお伝えしましょう。

友人や同期からの御祝いであれば、快く受け取ればよいのですが、目下の方からの御祝いの場合、生活が苦しいのにもかかわらず、ねん出してくれているかもしれません。有難く気持ちをくみ取って、礼儀正しく対応するのが目上の者としてのマナーとなります。基本的にはいただいた御祝いの金額と同じくらいの金額の物をお返しします。具体的には1万円であれば、8,000円から1万円程度のお返しが無難です。

・複数名から連名で御祝いだいた場合

結婚祝いを贈る際、友人や同僚たちと一緒に連名で贈るケースもあります。その時のお返しには誰にいくらくらいすれば良いのか迷うところです。一般的にはいただいた金額の半額を人数で割った金額が内祝いの相場となっています。結婚祝いをいただいたときに、連名のリストをもらっているはずなので、一人一人個別にお返ししましょう。結婚を祝ってくれたという優しい気持ちに一人ずつ答えると、マナーとしても最上です。

結婚祝いのお返しを用意するにあたっては、期間的に急ぐ必要があります。御祝いをいただくのが、挙式前1か月から2週間ほど前となるでしょう。挙式直後はあわただしくなるため、いただいたときに早急に金額を把握しておくと良いでしょう。いただいた品物やお金と名前をリスト化しておくとお返しを決める際に便利です。

お返しをする時期としては、挙式後1か月くらいまでが目安となっています。その頃にはお返しできるよう、あらかじめ何をお返しするか、金額ごとに考えておくと、挙式後の忙しい時期でもスムーズにお返しの手配ができるでしょう。

2.【結婚祝いのお返し】人気ランキング

 
プレゼント選びの参考にできるよう、結婚祝いのお返しとして人気のある品物をピックアップしました。先方別にランキングをしているのでご活用ください。

親戚

親戚から結婚祝いをいただく場合、比較的高額となります。例えば、10万円など高額すぎる場合は、相手の気遣いを考慮して、3分の1くらいの金額でお返しするようにします。
特に、目上の方の場合は、お心遣いに感謝している旨を口添えすると、マナーとしても喜ばれます。

第1位 食品

お返しについては、祖父母や叔父、叔母からの御祝いにお返しをする場合は、使い勝手の良いものが喜ばれます。ある程度ご年配ですと、お菓子をセーブしている可能性もありますし、食品系も好みが分かれます。
そこで便利に使ってもらえるのが商品券です。いただいた金額の3分の1から2分の1程度の金額を目安に商品券をお贈りすると良いでしょう。商品券であれば、デパートなどで現金同様使っていただけるので、重宝がられます。

第2位 カタログギフト

カタログギフトは、1冊のカタログの中から受け取り手が好きなものを注文できるお返しです。日用雑貨や食品、インテリアグッズ、アクセサリーやカバンなど多岐にわたる商品の取り扱いがあります。最近は、金額や取扱いカタログにもよりますが、旅館などの宿泊プランやレストランでの食事券なども選ぶことができます。選択肢の幅が多いと、選ぶ側も楽しみながら選ぶことができて喜ばれます。

第3位 タオル

日用品でよく使われるのがタオルです。特に今治タオルなど、国産の高級ブランドのタオルは、肌触りも良く素材にこだわっているので、年齢を問わず喜ばれます。国産タオルは価格が高いため、自分では購入しにくいものなので、お返しには最適と言えます。

第4位 お菓子

クッキーの詰め合わせ

お子さんが多い親戚であれば、お菓子のお返しはとても喜ばれます。マドレーヌやフィナンシェ、クッキーなどの焼き菓子は長期保存もできて便利です。高級ブランドのチョコレートなども、普段あまり購入する機会がないので、贈られて嬉しい品物と言えます。

第5位 食器

普段使いしてもらえる内祝いと言えば、食器です。シンプルなガラス製のタンブラーセットであれば、お酒を飲む際など、普段の食事にも使っていただけます。こだわりを持って一流ブランドの食器を贈ってみてはいかがでしょうか。

職場の上司

普段から職場でお世話になっている上司には、半返しが基本となります。もちろん、社長からの結婚祝いなど、高額となる場合は、3分の1程度を目安にお返しを行います。

第1位 お酒

お酒好きの上司であれば、限定物の日本酒やワインなどの贈り物が喜ばれます。酒造メーカーによっては、内祝い用に紅白に彩られたビンのセットを販売しているところもあります。毎日の晩酌が習慣の上司にはビールのギフトもおすすめです。

第2位 食品

食品と言っても、高級グルメに注目です。一度は食べてみたいと憧れながらも高くて手が出せない国産の高級牛肉などは、ギフトにもピッタリです。高級料亭の料理の詰め合わせなども人気があります。

第3位 カタログギフト

上司とは仲が良いけれど、何を贈ればわからないという時に便利なのがカタログギフトです。才安で1,000円から高いものでは5万円ほどと、予算に応じて様々なバリエーションのカタログがあります。カタログギフトなら、上司のご家庭で喜んでもらえるギフトがきっと見つかるはずです。

第4位 タオルセット

タオルのギフト

今治タオルなどの高級バスタオルは、柔らかな風合いで吸水性も良いため、年齢を問わず喜ばれるお返しです。タオルを選ぶ際は、柄物よりも無地の方が好みに関係なく使えるのでおすすめです。

第5位 佃煮セット

高級料亭の佃煮セットは、ご飯のお供にぴったりです。お酒のあてにも合うので、家族全員で味わっていただけるでしょう。佃煮セットを選ぶ際は、1つの味が大量の物ではなく、様々な味が種類豊富に入っている方が、食べ比べも出来ると評判です。

友人

親しい友人から結婚祝いをいただいた場合には半返しが基本です。普段から仲の良い人の場合は好みも分かっているので、品物のリサーチもしやすいでしょう。

第1位 お菓子

3,000円前後の低価格な物から1万円くらいの高級品まで、お店によってラインナップが豊富です。高級洋菓子店の焼き菓子の詰め合わせはお返しにはぴったりです。また、夏場では焼き菓子よりもゼリーなど季節感が感じられて涼しげな品物が喜ばれます。

第2位 紅茶

おしゃれでグルメな友人におすすめなのが紅茶です。紅茶専門店では結婚祝いのお返し用のギフトセットなども取りそろえています。結婚記念ということもあり、パッケージに二人の名前を印字してくれるサービスを行っているお店もあるので、オリジナルの内祝いを贈ることができます。

第3位 100%ジュース

最近注目されているのが、国産の果物を100%使用した高級ジュースです。例えば、1ビン5,000円もするトマトジュースや1本2,000円のリンゴジュースなど、様々な種類があります。味にうるさい友人や子どもがいる友人であれば、ジュースはよく飲むので喜ばれるでしょう。

第4位 お米

食べるものの品質にこだわる方に人気があるのがお米のセットです。こだわりある国産ブランド米は、日々の食卓を美味しく楽しいものに変えてくれます。精米店では、内祝い用にブランド米を数種類厳選して贈答用に箱詰めしているところもあります。こだわりあるお返しに受け取った側も嬉しい品物です。

第5位 ハムの詰め合わせ

ハムやソーセージなどの詰め合わせは家族の人数が特に多いご家庭向けに人気があります。食べ盛りの子どもたちがいる友人であれば、食事のボリュームもでるので重宝される贈り物です。

3.【結婚祝いのお返し】のしの書き方

結婚祝いのお返しをする際に、付けるのしの書き方についてご紹介します。

のし紙えらびについて

・のしは必要なのか

まず、のしが不要か必要かについては、結婚の内祝いということもあり、めでたい事なのでのしは付けるようにしましょう。その理由はのしの起源にあります。のしはそもそも、高価な食材であったアワビをのして伸ばしたもので、のしアワビを贈り物の上に乗せて贈っていたことが始まりです。現在では、のしアワビを用意するのは大変なので、それを模したマークが印刷されているのし紙を贈り物に簡易化されています。

・水引の本数について

のし紙を選ぶ際、使用目的によってのし紙の種類が異なります。一番大切なのは、水引の違いです。基本的には奇数本がプリントされているのし紙を使用します。奇数の理由は中国から受け継いだ陰陽道では偶数は陰、奇数は陽として定めており、祝い事である結婚内祝いは陽として奇数が適当とされているからです。

そして、水引の本数は5本が基準となっており、3本では粗品など簡易な贈り物に用いられます。また、7本であれば5本よりも丁寧な気持ちを示すことができます。
ところが、結婚祝いや内祝いにおいては、10本の水引を使うことがあります。この理由は、2つあり、1つは、水引が5本の2倍の10本になることで、喜びの気持ちを倍にして表すという点にあります。そして、もう1つの理由は、5本の水引を夫婦それぞれの指の数に見立てて、これを2倍することで、結婚により両家が手を取り合うということを意味します。

・水引の色について

次に確認しておきたいのが、水引の色です。慶事ごとには紅白の水引を用いることとされています。結婚は特段の祝い事であるので、金色と銀色との組み合わせも内祝いに用いることができます。印刷されているのし紙を使う際は、紙が白色のため、紅白は、赤と銀、もしくは赤と灰色、金銀の組み合わせになります。黄色と黒、黄色と白の組み合わせは弔事ごとに用いる場合なので注意が必要です。

・水引の結び方について

結婚の内祝いの水引には結び切りやあわび結びが用いられます。

結び切りとは、その名の通り、水引を中央部分で固く結んで、水引の先端を上向きにそろえて切る形です。硬く結んでいるため、夫婦の縁も硬く結ばれるという意味合いが込められています。二度と繰り返さない、一度きりの御祝いに向いている結び方です。

あわび結びとは、結び切り同様、硬く結ばれていますが、その形状がふっくらと形作られているため、アワビの形に似ていることに由来します。明治以降に出てきた結び方で、京都では、祝い事についてはこの結び方を用います。また、淡路島の鳴門海峡の渦潮の形にも似ていることからあわじ結びとの別名が付けられています。こちらも一度きりのめでたいことに用いられる結び方です。

水引の結び方で、蝶結びというメジャーな結び方もありますが、これは結婚の内祝いには向いていません。その理由は、水引の先端を引っ張ると簡単にほどけてしまい何度でも結べてしまうからです。簡単にほどけるということは結婚生活では離婚を連想させるので向いておらず、出産や受験合格など、何度あっても良い御祝い事に対して用いられます。くれぐれも結婚内祝いでは蝶結びを選ばないようにしましょう。

のしの記載方法について

のしに記載するにあたっては、水引を中心としてそこから上部をのし上、下部をのし下と呼びます。

・のし上の書き方

のし上の中央部分に記載するのは名目です。名目とは、プレゼントを贈る目的を意味します。結婚の内祝いであれば、「御結婚内祝」「御祝」「寿」というように表記します。このとき「結婚内祝」というように4文字は死に言葉と言って、死を連想するので避けましょう。

・のし下の書き方

のし下部分には、夫婦となった二人の名前を書き込みます。新しく二人で使う姓のみをのし下の中央部に記載しても良いでしょう。「〇〇家」、「△△家」というように両家の名前を書く方法もあります。このとき、向かって右側に夫側、左側に妻側の名前を書くようにしてください。

夫婦連名で書くときにも注意が必要です。連名で書く場合、中央部分に夫の名前を記載します。そして、その左横に、妻の名前を記載します。夫婦で新しい姓名を記載しても良いですし、夫はフルネームで記載、妻は左横に名前だけを記載するのも認められています。

ただし、気を付けたいのが、妻や夫など旧姓を会社で使い続ける場合です。のし紙には、今後の正式名称となる新姓にて記載しなければなりません。ただ、職場の方など新姓がだれか分からないということであれば、中に一筆挨拶状をしたためて、その際に旧姓を添えておくと分かりやすいでしょう。また、内祝いを郵送や宅急便で送る場合には、送り状は旧姓にしておくと受け取る側もスムーズに受け取ることができます。

・用いる筆記具について

のしを書く際には、原則的には毛筆で黒墨をつかっての楷書体となっています。しかし、のしを書くためだけにわざわざ毛筆と墨汁を準備するのは大変です。その場合は、市販の筆ペンを購入すると良いでしょう。文具店やコンビニなどでも取り扱いがあります。筆ペンを購入する際に注意したいのが墨の色です。結婚内祝いなど喜びごとに用いるのは黒墨です。薄墨タイプもありますが、こちらは葬儀へ参列する際など弔事ごとに用います。間違わないように注意しましょう。

4.【結婚祝いのお返し】メッセージ文例

メッセージ

結婚祝いのお返しをする場合、プレゼントと共に、メッセージを添えておくと、なお喜ばれます。メッセージのポイントは結婚祝いをいただいたことによる感謝の気持ちと、家庭への抱負、今後ともよろしくお願いいたしますというご挨拶を組み入れることです。文中には、「別れる」や「切れる」などの忌み言葉や、「しばしば」というような重ね言葉は使わないようにします。
それでは、シーン別に使いやすいメッセージ文例をご紹介しましょう。

・目上の方に対するメッセージ

「このたびは私どもの結婚に際しまして、ご丁寧な御祝いを下さりありがとうございます。
いただきましたご祝辞を心に留め夫婦二人三脚で暖かな家庭を気づく所存です。
ささやかではございますが、心ばかりの品をお送りいたします。
今後ともご指導ご鞭撻をいただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。」

・先輩や仲の良い上司へ

「このたびは、私どもの結婚に際しまして、素敵なお心遣いをありがとうございました。
夫婦二人で〇〇さんのご家庭のような暖かでリラックスできる家庭を築きあげていきたいと思っています。ほんのささやかですが、内祝いの品をお送りいたします。今後とも、ご指導いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。」

・未婚の友人に対するメッセージ

「〇〇さんへ 心のこもったメッセージと御祝いをどうもありがとう。欲しいと思っていたものだったので、とても嬉しいです。いただいたコーヒーメーカーで、毎朝美味しいコーヒーを飲んで仕事も頑張るね。ほんのささやかだけど、お返しの品を贈ります。これからも仲よくしていこうね。」

・結婚式に参列されなかった方へ

「このたびは私たちの門出を祝う素敵な品をありがとうございました。
 〇月〇日、無事に式を挙げめでたく夫婦となりました。今後は、〇〇さんのように暖かな家庭を築きたいと思っております。心ばかりですが、内祝いをお贈りいたしますのでお受け取りいただければ幸いです。今後、お近くにいらっしゃる際は、ぜひ新居にもお立ち寄りくださいませ。お会いできることを楽しみにしております。」

メッセージを添えるときは、相手方によって文面を変えるようにしましょう。また、最近はパソコンなどで印字できるので便利ですが、あえて手書きをすることで、感謝の気持ちをより一層お伝えすることができます。
また、最近は手紙を通じてのお礼でのメッセージではなく、メッセージカードを添えるなど簡易化されてきています。その際は季節の挨拶などかしこまった書式は省かれます。ただ、カードの場合でも、名前と旧姓、住所や連絡先は添えておくようにしましょう。

5.まとめ

結婚祝いのお返しをする際には、いただいた金額の半分くらいが相場となっています。ただし、高額すぎる場合は、3分の1程度を目安に、目下の方からの御祝いは8割から同額を目安とします。
贈って喜ばれるアイテムとしては、好みがわかっているのであれば、お酒やお肉などの食品系がおすすめです。好みがわからない場合は、商品券やカタログギフトなど、何でも使えるものを選びましょう。
また、お返しを贈る際は、感謝の気持ちをメッセージに綴って同封すると相手にも気持ちが伝わり喜ばれます。

閉じる
閉じる