【結婚祝い】喜ばれるプレゼントをご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
730views

【結婚祝い】喜ばれるプレゼントをご紹介!

730views

シェアする

LINEで送る

バラなどの花

友人や親せきなど、親しい人が結婚するときに、贈る素敵なプレゼント、たくさんの種類があるので迷いがちです。本記事では、結婚祝いとして喜ばれるプレゼントを家電やキッチン用品などのジャンル別にご紹介します。

1.結婚祝いの金額の相場

結婚祝いを贈る際、どれくらいの予算感が適当でしょうか。
結婚式や披露宴に参列する際のご祝儀は、一般的に2万円から5万円程度が目安となっています。もちろん、この金額は、新郎や新婦との関係性によっても変わります。例えば、仲の良い友人であれば、3万円程度、同僚であれば、2万円程度、親せきや家族の場合は、5万円から10万円が目安です。

この金額はあくまで式に呼ばれたときの相場ですので、式場費用や食事代などの負担も見越した金額になっています。その為、結婚祝いとしてプレゼントを渡す場合は、ご祝儀の金額よりも安く見積もっていても構いません。

結婚祝いにプレゼントを贈る場合、友人や同僚の場合は、1万円から2万円が相場となっています。新郎新婦にとっても受け取りやすく、内祝いを贈りやすい金額と言えます。また、友人たちと共同でプレゼントを贈るのであれば、一人5,000円ずつ出し合ってお金を集めて高めのプレゼントを購入する方法もあります。

既に自分が結婚式を挙げており、その友人が出席してくれた時は、同じ金額を目安にすると相手方にも負担にならないでしょう。

結婚式や披露宴に出席するためご祝儀を渡す場合であっても、個別にプレゼントを用意すると喜ばれるでしょう。その際は、ご祝儀を包むことから、金額的には2,000円から5,000円程度のものが、新郎新婦にとっても素直に受け取れます。

家族に結婚祝いのプレゼントを贈る場合、親から子へのプレゼントの場合は、少し高めの3万円から5万円ほどが相場です。わが子の結婚を祝うプレゼントは少し値が張っても長く使えるものを選ぶようにしましょう。兄弟へ贈る場合の相場は、2万円から5万円程度で良いでしょう。ご祝儀も渡す場合は、もう少し安いものでも構いません。また、親戚へ結婚祝いを贈る場合は、2万円から3万円程度のものが喜ばれます。

結婚祝いの関連記事はコチラ

目次へ

2.結婚祝いで喜ばれるプレゼント

それでは、結婚祝いを贈る際、どのようなプレゼントだと喜んでもらえるでしょうか。一番使い勝手が良いのは、現金です。現金は使い道を自分たちで決められますし、内祝いも金額を決めやすいと言えます。しかし、中には、金額が露骨すぎて苦手という方いるようです。

そこで、おすすめしたいのが、品物のプレゼントです。友人や親せきに贈るときにぴったりの結婚祝いで喜ばれるプレゼントをセレクトしました。プレゼント選びをする際の参考にいかがでしょうか。

目次へ

◆家電

コーヒーをいれる機器
もらって嬉しいのが家電です。冷蔵庫や洗濯機など大型の物は自分たちで購入するとしても、キッチン周りや掃除用品など、ちょっとした家電をもらうと、とても役立ちます。

・フードプロセッサー

調理器具の中でも、特に活躍するのがフードプロセッサーです。若い新郎新婦の場合、共働きというご家庭も増えています。そんな中、短縮したいのが調理時間です。フードプロセッサーを使うと、野菜などをみじん切りにしたり、混ぜたりできるので、時短料理には欠かせない家電です。

また、ミキサーは場所を取るので、ブレンダーやフードミルも、人気を呼んでいます。ボウルに材料を入れたまま、食材をカットしたり混ぜ込んだりすることができる家電で、場所を取らず収納にも適しています。子どもが生まれたら離乳食作りにも役立つので、新婚家庭には何かと需要が多い家電です。

予算は5,000円から2万円程度で購入することができるので、低予算の方でも準備しやすいプレゼントです。

・空気清浄機、加湿器

花粉やハウスダストなど、生活していると、部屋の空気がどんどんと汚れてきます。そこで活躍するのが、空気清浄機です。部屋の中の空気をろ過して、綺麗な空気を出すので、部屋の中を清潔に保つことができます。花粉の季節には、外から入ってきた花粉をフィルターで除去するので、くしゃみや目のかゆみなど不快な症状の予防にも適しています。

出産を控えている新婚家庭にとっては、赤ちゃんが生まれてからの空気管理も気になってきます。特に、ハウスダストは、赤ちゃんが呼吸困難になったり、アレルギーになったりする原因にもなります。子ども部屋や寝室、リビングなどに空気清浄機を置くことで、空気をクリーンにすると赤ちゃんにとっても快適な空間に早変わりします。

また、加湿器も人気があります。部屋の湿度を上げることで、冬場は風邪などの感染症予防にも効果が期待できますし、部屋の空気の乾燥を防いでくれます。女性は特にお肌の乾燥が気になるので、加湿器のプレゼントも喜ばれます。

予算は1万円から5万円程度が売れ筋となっています。

・掃除機

大型な掃除機は場所を取るため、最近はコンパクト型の掃除機に人気が集まっています。ハンディクリーナは、コンパクトサイズなので、収納もしやすく掃除もしやすいこともあり、プレゼントに最適です。また、ロボット型掃除機も人気が高い商品です。自分たちで買うには少し値段が高めなので、プレゼントでもらうと喜ばれます。

予算は1万円から高いもので8万円程度と幅があります。数名でお金を出し合って購入するならおすすめのプレゼントです。

・ホームベーカリー

食にこだわりのある新郎新婦に最適な家電です。夜の間に材料を仕込んで、予約しておくと、朝には焼きたてのパンを食べることができる優れもの、朝忙しくて時間がない新婚家庭にはぴったりです。素材を変えることで自分流のパンをアレンジして作れるので、パン好きならば憧れる家電です。

予算は1万円から3万円程度で、材料代は別に費用が掛かります。

・ホットプレート

一人暮らしならフライパンで事足りていた料理も二人家族となると作る量も増えます。そこで便利な調理器具がホットプレートです。最近では、2から3人用の小型ホットプレートが注目されています。二人で焼き肉を楽しみながら焼くこともできて、食事タイムが楽しくなります。また、交換用プレートが付いていて、たこ焼きを焼けたり、アヒージョを楽しんだりと、マンネリしがちな料理のレパートリーが増えるのも魅力です。予算は5,000円から3万円程度で、一人で贈る場合でも購入しやすい金額です。

目次へ

◆キッチン用品

スプーンとフォーク
家電と並び、キッチン用品も人気があるプレゼントです。普段の料理や食事を楽しくするアイテムが揃っています。

・ココット

ルクルーゼなどから販売されているココットは、お鍋の役割を果たすだけでなく、そのまま食卓に出せるほど可愛いデザインが魅力です。カラーバリエーションも豊富で優しいピンク色からビタミンカラーのオレンジなど、様々な色から選べます。サイズ展開も1人前から4人前、大人数用と様々な種類が出ています。新婚家庭には小型のものが定番ですが、ホームパーティを良くされるカップルであれば、大型のものをプレゼントしても喜ばれるでしょう。
予算は1万円から2万円程度で、おしゃれな新婚さんにおすすめです。

・カッティングボード

毎日の料理に欠かせないのが、カッティングボードです。安価なカッティングボードも使いやすいのですが、少し素材にこだわった木製のカッティングボードも喜ばれます。その理由は木製なので使い込むほどに味が出るからです。天然木を使用しているカッティングボードは、耐久性も良く、耐熱性にも優れています。

きちんとお手入れをすれば、10年くらいは使えます。キッチンに並べているだけでも素敵なインテリアに変わるので、おしゃれな新居になるでしょう。予算は3,000円から5,000円程度です。一人でプレゼントを用意するときに購入しやすい品物です。

・お箸

毎日の食事で用いるお箸は、素材などにこだわるものも多く、素敵なプレゼントとして人気があります。日本産の材木にこだわり、塗料にも漆を使うなど、作者によって様々なデザインが販売されています。新婚家庭には、名入れがされたお箸を贈るのも喜ばれるでしょう。また、人を呼ぶ際にも使えるようにお箸のセットを贈るのもおすすめです。
予算は2人分で3,000円から1万円程度です。素材にこだわると更に高級なものも販売されています。

・コーヒーメーカー

コーヒー好きの新婚家庭にぴったりのコーヒーメーカー。最近は、豆から淹れられるこだわりのコーヒーメーカーだけでなく、ボタン一つでコーヒーが入れられるものもあります。毎朝コーヒーを飲むご家庭では、一番実用性のあるプレゼントとなるでしょう。最新機種では、普通のブラックコーヒーだけでなく、牛乳を入れるとカプチーノなども抽出できるコーヒーメーカーもあります。あらかじめ新郎新婦と相談して、どんな機種にするのかを決めるとより喜んでもらえるでしょう。

予算は、1万円から5万円程度です。数名で贈るのにも購入しやすいプレゼントです。

・ペアのマグカップやグラス

ラブラブな新婚さんに喜ばれるのがペアの食器です。特に、マグカップやグラスは、毎日使うものなので、ずっと新婚気分を味わうことができます。新婚家庭へのプレゼント用に、名入れしてくれるメーカーも増えてきています。新郎新婦の名前を入れて、オリジナルのペア食器をプレゼントすると喜ばれるでしょう。
予算は、3,000円から5,000円程度です。気軽にプレゼントするのに最適です。

・ブランド物の食器

ブランド物の食器は、デザインも良く見栄えがするので、もらって喜ばれるプレゼントとして定番です。ティファニーやロイヤルコペンハーゲンなど、食器ブランドとして有名なところであれば、来客時にも使うことができておしゃれな食卓を盛り上げます。

自分では買わない価格帯の高級ブランドの食器は、もらった側も嬉しくなります。食器をプレゼントする際は、真っ白なものが定番ですが、色物を選ぶなら色違いの物を選びましょう。柄物は好みが分かれるので、あらかじめ新郎新婦に確認しておくのがおすすめです。

予算は、5,000円から3万円ほどです。商品によって価格が異なるので、自分の予算に見合ったものを選びましょう。

・カトラリー

スプーンやフォークなど、日々の食事に使うカトラリー、少しこだわると一気に食卓がオシャレになります。定番のシルバー色だけでなく、個性的なゴールドや木製のものなど、様々なデザインを楽しむことができます。セット物でプレゼントすると、使い勝手も良く、喜ばれます。
予算は、3,000円から1万円ほどです。低予算でプレゼントを選びたいときの選択肢にどうぞ。

目次へ

◆カタログギフト

カタログを見ている女性
様々な商品が掲載されているカタログを贈って、受け取った人が、その中から、好きな商品を選んで注文できるのがカタログギフトです。2,000円や5,000円、高いものだと3万円など、自分の予算に応じてカタログを選ぶことができます。新郎新婦が自由に商品を選べるため、好みが分からない場合におすすめです。

商品がたくさん掲載されているので、商品選びの時間も楽しむことができます。商品は、送料無料で配送してくれるため、家具や重量のある食品などを注文するときには助かります。また、カタログにもよりますが、インテリア雑貨やバッグ、アクセサリー、グルメ、スイーツなどの食品関連、更には体験型のギフトも掲載されています。

ホテルの宿泊券やレストランでのお食事など選択肢の幅が広いのはとても魅力です。
予算は、1,000円から5万円まで、さまざまなランクがあるので、予算に応じて選びましょう。

目次へ

3.おしゃれなプレゼント

プレゼントの箱
デザイン性が良いものやおしゃれなプレゼントは受け取った側も嬉しいものです。

・フォトフレーム

結婚祝いとして贈るプレゼントの定番の1つがフォトフレームです。シンプルなシルバー製やガラス製のフォトフレームから、スワロフスキーストーンを使用したゴージャスなものなど、おしゃれなデザインが揃っています。好みのインテリアをあらかじめリサーチしておいて、お部屋にぴったりのフォトフレームを贈ると、新郎新婦にも喜ばれます。
予算は3,000円から1万円程度と、プレゼントしやすい価格帯です。

・フラワーアレンジメント

飾るだけで、お部屋を明るくするフラワーアレンジメントも定番のおしゃれなプレゼントです。
花束を贈るとかさばってしまうし、すぐに枯れてしまうのですが、プリザーブドフラワーのアレンジメントだと、お手入れも必要ありませんし、2年から3年は美しい状態を保ちます。玄関やリビング、トイレなどに飾れるような小さ目のフラワーアレンジメントだと値段もやすいので低予算の方にもおすすめです。
予算は5,000円から2万円程度です。大きさやデザインによって変わるので、選ぶときはお店で相談してみましょう。

・時計

せっかくプレゼントを贈るなら長く使えるものがおすすめです。その1つが、壁掛け時計です。セミオーダーで時計を作ってくれるメーカーでは、時計の文字盤に新郎新婦の名前と記念日をデザインしてくれるところもあります。世界で2人だけの特別な時計を部屋にかけておくと、時間がたっても新婚時の気分を思い出すことができます。
予算は5,000円から1万円程度です。実用性もあるので、贈り甲斐があるプレゼントです。

・食品

紅茶やジャムなど、普段自分たちでは購入しないような高級食品もプレゼントにぴったりです。外国製の食品は、パッケージが可愛いものも多く、結婚祝い用の詰め合わせも販売されています。

・高級ワイン、日本酒

普段は高くて買えないような高級ワインや日本酒は、お酒好きの人ならとても嬉しいプレゼントです。地域や期間限定物の、なかなか手に入らないお酒は、希少性も高く、新郎新婦の話題作りにもなります。最近は、限定酒でも、ラベルに名入れをしてくれるところがあります。新郎と新婦の名前を入れて送れば、二人にとって記念となるお酒になり、大切に飲んでくれるでしょう。

目次へ

4.手作りプレゼント

センスの良い手作りプレゼントは、世界にたった一つなので、結婚祝いで贈られて嬉しいプレゼントの1つです。

・似顔絵

プロの絵描きによる、新郎新婦の似顔絵も結婚祝いとして人気があります。写真を渡せば、二人の特徴をとらえたそっくりな似顔絵を描いてもらえます。注文から納品までには時間がかかるため、結婚式の1か月~2週間くらい前には受け取れるよう、余裕をもって注文しましょう。

・寄せ書き

新郎新婦と共通の友人が多い場合、集まって寄せ書きを作ってみるのはいかがでしょうか。1枚の色紙に、新郎新婦それぞれの友人がメッセージを描いていく。これなら、結婚式や披露宴に出られなかった友人たちの想いが新郎新婦に伝わります。寄せ書きなら場所を取らないので、記念としてずっと持っていてもらえるのも魅力です。結婚祝い用のおしゃれな色紙も販売されているので、友人たちや新郎新婦の写真を貼ってアレンジするのもおすすめです。

・ウェディングケーキ

結婚式には欠かせないウェディングケーキですが、会場によっては、持ち込みが可能なところもあります。ケーキやお菓子作りが得意な人であれば、腕によりをかけてウェディングケーキを作ってみてはいかがでしょうか。マジパンで作った新郎新婦の人形を飾ったり、たっぷりの生クリームで飾り付けをしたり、ケーキのプレートに御祝いのメッセー字を書いたりと、アレンジの仕方は無限大です。

これぞ披露宴というような、何重にも積み重ねられたケーキでなくても、作り手の想いのこもったウェディングケーキなら、新郎新婦も喜んでくれはずです。

・友達や家族からのメッセージビデオ

ビデオ録画や編集を得意とする人であれば、作ってほしいのがメッセージビデオです。披露宴の時に流す時間を取ってもらってもいいですし、新郎新婦には内緒にしておいてサプライズで放映するのも感動を呼びます。

登場人物は、小さな頃から新郎新婦を知る友人や親せき、両親などで、カメラを向けると次々に御祝いの言葉が出てきます。友人たちで、二人のなりそめを再現ビデオとして撮影するのも面白く喜ばれます。

編集時には音楽を付けたり文字を入れたりするとより一層オリジナリティがあふれるビデオを作ることができるでしょう。

・ウェルカムボード

結婚式の受付時に欠かせないのがウェルカムボードです。結婚式や披露宴に呼んでいただけたことを感謝するため設置する板です。ハンドメイドのウェディングアイテムは多いのですが、ウェルカムボードのような大型のアイテムはなかなかないので、喜ばれます。結婚式が終わってもリビングに飾れるので使い勝手も良いアイテムです。

・オリジナル曲

歌が上手い人であれば、結婚式や披露宴当日に歌える歌を作ってみましょう。新郎と新婦に関する歌詞にして、余興として歌えば、二人も喜びますし、来賓の方々も喜んでもらえるでしょう。

・手作りのアルバム

友人たちと一緒に、新郎新婦が移っている写真を集めてアルバムを作ってみましょう。それぞれの写真を撮影したときのエピソードも掲載すると、思い出の一冊になります。学生時代や社会人になってからなど、数々の写真は後から見ても懐かしく、良い思い出としてよみがえるはずです。

目次へ

5.まとめ

結婚祝いの相場金額は5,000円から3万円程度を目安に選びましょう。結婚祝いに喜ばれるプレゼントを選ぶコツとして一番大切なのは実用性です。

家電やキッチン用品を購入する際は、日常生活で使い勝手の良いものを選びましょう。
商品によってプレゼントの予算は、それぞれ異なってくるので、自分の予算をあらかじめ決めておいて選ぶと良いでしょう。友人たちと集まる場合は、少しずつ出し合って、良いものを購入するのもおすすめです。

結婚祝いの関連記事はコチラ

おすすめの店舗はコチラ

目次へ

結婚記念日コラム一覧へ≫

閉じる
閉じる