【結婚祝い・手作り】おすすめプレゼントと渡し方をご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
1037views

【結婚祝い・手作り】おすすめプレゼントと渡し方をご紹介!

1037views

シェアする

LINEで送る

プレゼントボックス

教会での挙式と大々的な披露宴という、従来の結婚式とは違った、カジュアルな結婚式やリゾートウェディング、BBQウェディングなど自分たち好みの結婚式が増えています。この流れの中で、結婚祝いのプレゼントとして贈られるアイテムの幅は広がりを見せています。家電やキッチン用品、カタログギフトのブライダルエステ。いろいろな選択肢がある中、今回は手作りプレゼントについてご紹介します。

1.おすすめの手作りプレゼント

メッセージカードと花とかご
結婚祝いを手作りすることで、気持ちが伝わりやすく心温まるプレゼントを贈ることができるのではないでしょうか。その他のアイテムと組み合わせて贈ることも可能です。特に思い入れがある友人や、兄弟の結婚を祝うには、時間をかけてでも今までの思い出と、祝福の気持ちを贈ることができる、ぴったりのプレゼントとなるはずです。新しい門出に手作りプレゼントを送ってみてはいかがでしょうか。

・手芸屋、100均を活用しよう!

手作りプレゼントの材料に活躍するのが、手芸ショップや100円均一ショップのアイテムです。流行りのおしゃれでかわいいマスキングテープや、フェルト、フォトブックなどほとんどの材料をこの2店で集めることができます。あまりチープな印象を与えたくない、という方には、本体のフォトブックやチープに見えやすいパールやシールは、デコレーションを多く扱うセレクトショップや大型店などで入手しても良いでしょう。

・思い出の写真を集めた手作りアルバム

思い出の写真を集めたアルバムは、手作りプレゼントの定番と言っても良いでしょう。アレンジは自由自在で、自分がイメージする通りに作りあげられるのがポイントです。フォトブックを使っても良いですが、ノートブックにそのまま張り付けても直接書き込みができるためおすすめです。

手作りアルバムを作る時のポイントは、詰め込み過ぎないことです。雑多な雰囲気を出したい時以外に、おしゃれな仕上がりを目指す場合は、余白を上手に使うようにしましょう。写真のサイズにもよりますが、1ページには1~4枚ほどが良いでしょう。これらの写真をコメントやシール、マスキングテープで飾っていきます。結婚祝いにアルバムやカードを作るために「Happy Wedding」「Memory」などのデコレーションシールも販売されています。ケーキやフラッグのシールも活用すればより結婚祝いらしいアルバムになるでしょう。マスキングテープで写真の額部分を作っていくのもおすすめです。

・メッセージカード

メッセージカードは、はがきサイズから色紙サイズのものまで、好みに合わせて選べます。大きめの色紙サイズを選択すれば、写真も大きなものを選ぶことができます。また、封筒などに入れない場合は立体的なデコレーションもできることが魅力的です。大きなリボンを付けたり、パールや造花で飾ることもできます。写真に書くことができるラメペンや、デコレーション用のペーパーを利用しても良いでしょう。

他にもポップアップ式のメッセージカードも人気があります。ケーキを模ったものや、新郎新婦を模ったものなど種類も豊富で、自分で作ることができるのもポイントです。最初から作ることが難しい場合には、インターネットに展開図や作り方が掲載されているサイトがありますので、活用しても良いでしょう。

・手作りキット

手作りキットは多ジャンルにわたり、完全に自分で作ることが困難だと感じがちなプレゼントを手作りすることができます。写真立てや、ジュエリーボックス、プリザーブドフラワーのアレンジメント、フラワーリースやウェディングドールなど多種多様です。手作りキットのメリットは、材料が全て揃っていることです。目当ての材料を求めて何件も店を回る必要もなく、説明書もついており、だれでも作りやすくなっています。手作りのプレゼントを渡したいが、不器用だと悩んでいる人はおすすめの選択肢です。

目次へ

◆新郎へ

新郎への手作りプレゼントでおすすめなのが、友達と協力して作るオリジナルムービーです。最近は無料の動画制作アプリもあり、簡単なムービーなら多くの人が作ることができるのではないでしょうか。人気のアイディアは、新郎の友人や恩師、つながりのある人たちを回ってコメントを集めたり、みんなでダンスを踊ったりと、思い出と祝福の気持ちを伝える内容のムービーです。

結婚式に参加する友人やご両親、家族からもメッセージを集めるなど、より新郎に近い人から協力をしてもらえれば感動的なものとなります。実は新婦も制作に参加したり出演したりしていると、新郎の嬉しさも倍増するのではないでしょうか。後から新郎へプレゼントできるように、ディスクを焼いて表面にメッセージを書いたり、デコレーションをしておけば、より本格的なものとなるでしょう。

目次へ

◆新婦へ

新婦である友達には、手作りスイーツはいかがでしょうか。特におすすめなのがアイシングクッキーです。カラフルでかわいい見た目のクッキーを作ることができるのがポイントです。いくつかのクッキーを組み合わせれば、立体的なケーキを模ることもできます。

アイシングを作るのが難しいかも、という人には全てセットになった商品も販売されています。初心者でも始めやすく、結婚をイメージしたクッキーに心を込めてデコレートしていきましょう。通常のクッキーよりも時間がかかるため、自分のために丁寧に作ってくれた手作りスイーツは新婦の心に祝福を伝えるにはぴったりのプレゼントになるのではないでしょうか。

結婚祝いの関連記事はコチラ

目次へ

2.サプライズ演出で渡そう

食事をする人たち
これらのプレゼントは結婚式で渡さなければいけない、ということありません。仲間内の結婚パーティーや、食事会でも構いません。ポイントはサプライズ演出をすると、驚きと感動を与えることができるということです。

ポイントは本人に気づかれないよう内密に行うことです。家族内に本人がいる場合はバレないようにすることに、特に配慮しましょう。外出した隙を狙ったり、両親に相談して協力してもらうのも良いでしょう。また、渡す際のサプライズ演出にも、周りの人の協力も欠かせません。複数人でプレゼントを渡す時には、誘導してくれる仕掛人を決めておきましょう。上手く状況を読みながら、計画実施のベストタイミングを読める人が向いているでしょう。隠し事ができない性格だったり、顔にすぐ感情が出てしまう人などは注意が必要です。

驚きを演出するには、バレないことに加えて、渡す瞬間まで予知させないことも大切です。不意をつく演出は何が起こったか理解できず、本人は慌てることでしょう。しかし、それこそがサプライズ演出の醍醐味で、長く残る大切な思い出となっていくのではないでしょうか。サプライズがしやすいシチュエーションについてご紹介します。

・サプライズパーティー

良く合うメンバーなら、何気なく食事に誘うことは容易でしょう。通常の食事会の途中でサプライズをするのは、タイミングが難しく、料理や飾り付けなどを豪華にできなかったりと制限される点が出てきます。おすすめなのは、到着した時点で扉を開けるとそこはサプライズパーティー会場だった、という演出です。ティアラや手作り料理やプレゼントを用意しておき、仲間内だけのお祝い会を開催してみてはいかがでしょうか。お店でも、このような演出に協力してくれるところはあるでしょう。

・宝探し形式

自宅に招いた際や、食事をした際に予めプレゼントを隠しておき、到着した本人に宝探しのように、隠されたプレゼントを探してもらう、という方法です。何がもらえるか、ドキドキ感ワクワク感を味わいながら探すことができ、一味違った方法でプレゼントを渡すことができます。仲の良い数人でお祝いするにはぴったりの演出ではないでしょうか。

・リムジン貸切

最近は女子会用にリムジンを貸切ることができます。〇時間パックなどとプランがあり、料理やデザート、お酒を用意してくれます。いつもは味わえないセレブ気分で、友人同士でドレスを着て車内パーティーを開けば、かしこまったパーティーとは違って、たまにはおしゃれではじけた時間を楽しむことができます。ケーキも用意してもらえば、同じタイミングでプレゼントも渡しやすいでしょう。仲間内でのパーティーにはぴったりの演出となるでしょう。

目次へ

3.まとめ

今回は結婚式の手作りプレゼントと、その渡し方についてご紹介してきました。結婚式に参加する人でもプラスでプレゼントを渡したい、他のプレゼントと一緒にメッセージを添えたいなど、気持ちを伝えたい場合には、手作りという点が大きな魅力となるのではないでしょうか。友人や兄弟・姉妹には、かしこまった会以外に、フランクに結婚を祝える機会を作ってみるのがおすすめです。きっと、結婚式とは別に、心に残る思い出になることでしょう。

結婚祝いの関連記事はコチラ

おすすめの店舗はコチラ

目次へ

結婚記念日コラム一覧へ≫

閉じる
閉じる