結婚祝いのお礼状の書き方・文例をご紹介 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
48613views

結婚祝いのお礼状の書き方・文例をご紹介

48613views

シェアする

LINEで送る

レターセットとペン

結婚するにあたり、会社の上司や家族・親族、友人から「結婚祝い」をいただきます。きちんと感謝の気持ちを伝えると共に、相手に失礼がないようにお礼状を送る時期や書き方、その際の注意点などを知っておきましょう。

1.結婚祝いのお礼状はいつ送る?

結婚お祝いを直接手渡しでいただいた場合は、まずはその場でお礼を言いますが、後日改めてお礼状を送りましょう。また、結婚祝いを郵送でいただいた場合は、中身を確認してすぐに電話でお礼を伝えて、後日お礼状を送ります。

お礼状を送るタイミングですが、結婚式後1ヵ月以内に送ることが目安とされています。結婚式後は、新婚旅行や新居の片づけなどで多忙を極める時期ですが、式の前にお礼状を送る人のリストを作っておくなどして、段取りをつけておくようにしましょう。

披露宴に出席してもらった方は引き出物が内祝いとなり、後日お礼状だけを送ることになりますが、出席してもらえなかった方には内祝いと同じ時期に到着するようにお礼状を送り、内祝いを別送する旨も伝えるようにしましょう。できるだけ早くお礼状を出すことで、感謝の気持ちをきちんと相手に伝えられます。

結婚式をせずに入籍だけするという場合は、結婚祝いをいただいてから1ヵ月以内に内祝いと同じ時期にお礼状を送ることが目安となります。

2.結婚祝いのお礼状の書き方・文例

紙とペンを持つ手

結婚祝いのお礼状はどのように書けば良いのでしょうか。送る相手ごとに文例をご紹介します。

お礼状の構成

お礼状の基本的なお礼状の構成は次の通りです。

1.季節に合わせた挨拶の言葉
2.相手を気遣う言葉
3.お礼の言葉
4.新生活の近況やいやだいた品への感想
5.今後のお付き合いやご指導・ご支援のお願い
6.結びの挨拶
7.新住所と夫婦連名の名前

会社

会社の上司から結婚祝いをいただいた場合は、お礼状を送る前に、できるだけ早く「お礼メール」を送るようにしましょう。目安はお祝いをいただいてから次に上司に会うまでの間です。

お礼メールの内容は簡潔で、何に対するお礼なのかがすぐに分かるようにします。メールの件名は「結婚祝いのお礼」もしくは「先ほどはお祝いをいただきありがとうございました」とすると、内容が分かりやすいです。

お礼メールの文例は以下の通りです。

先ほどはお祝いをいただきありがとうございました。
このようなお気遣いをいただきまして、大変恐縮しております。
これからは、今まで以上に身を引き締めて、家庭と仕事の両立に取り組んでいきます。
今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。
取り急ぎメールにてお礼申し上げます。

 

部下として、上司には仕事以外の面でも日ごろからお世話になっています。お祝いをいただいた時に直接お礼を言うのは当然ですが、お礼メールを送って、重ねて感謝を伝えるようにしましょう。

そして、結婚式後には改めてお礼状を送ります。以下がお礼状の文例です。

お礼状の例文

「謹啓」で始めた文章は「謹白」もしくは「敬白」で締め、「拝啓」で始めた文章は「敬具」で締めるという決まりになっています。

家族・親戚

次に家族や親戚にお礼状を書く際の文例ですが、改まったご挨拶を送りたい場合は、会社の上司へのお礼状の文例を参考にすると良いでしょう。兄弟など親しい親戚に送るお礼状の文例は以下の通りです。

お礼状の例文

さらに堅苦しくないお礼状を送りたいという場合は、友人へのお礼状の文例を参考にするようにしましょう。

友人

友人にお礼状を送る場合は、堅苦しい文面よりも感謝の気持ちや身近な感じが伝わるようなメッセージの方が喜ばれます。以下が友人へのお礼状の文例です。

文例1
(気持ちのいい季節になりましたね/暑い日が続いていますが/紅葉が美しい季節となりました/寒い日が続いていますが、等季節の挨拶)お元気ですか?
(私たちの結婚のお祝いをいただき/私たちの結婚を祝っていただき/素敵な結婚祝いをいただき、等)ありがとうございます
今度(いただいた品物)で(おいしい料理を作る/家のインテリアをおしゃれにする)から新居にも遊びに来てくださいね

今後ともよろしくお願いします

文例2
(結婚のお祝いありがとう/素敵なお祝いの品ありがとう/結婚のお祝いうれしかったよ)
○○が一生懸命選んでくれたのが伝わってきました
(また新居にも遊びに来てね/今度会える時は○○やみんなにも夫を紹介するね)
これから夫婦ともどもよろしくお願いします

連絡先として電話番号やメールアドレスを載せておくと、引き続き連絡が取りやすくなります。これらを載せる際は夫と妻、どちらのものなのかを明記しておきましょう。

3.お礼状を書く時の注意点(封筒、はがき、便箋)

お礼状を書くときは離婚や再婚をイメージさせてしまうので、「忌み言葉」や「重ね言葉」は使わないように注意しましょう。

忌み言葉の例:
別れる、離れる、切る、破る、終わる、逃げる、返す、悲しむ、色あせる、流れる、飽きる、嫌う、変わる、浅い、薄い、欠ける、裂ける、割れる
重ね言葉の例:
再び、度々、またまた、しばしば、返す返す、ますます、いよいよ、くれぐれ、重ね重ね、重ねて、重々、次々、繰り返し、いろいろ、わざわざ、まだまだ

また、お礼状を書く時には「句読点を使わない」ように気を付けなければいけません。句読点は終わりを意味するため、結婚のお祝いにはふさわしくないとされています。

さらに、お礼状を書く便箋は白の無地や罫線のみが入ったもの、もしくは季節感のある柄やウェディングをイメージさせるようなシンプルな柄のものを使用します。上司や親戚などの目上の方にお礼状を書く場合は、厚手で上質な白い便箋が好まれます。便箋がフォーマルなものであれば、横書きでも構いませんが、縦書きの方がよりフォーマルです。

封筒は白の二重封筒を使用し、便箋は三つ折りにして封筒に入れましょう。便箋のサイズに合った封筒を選ぶことも大切です。最近はお礼状をはがきで出す人も珍しくありませんが、できれば手紙で出す方が良いでしょう。

お礼状を書くペンは、筆ペンや万年筆が良いとされています。しかし、日常的に筆ペンや万年筆を使っている人は少ないので、黒インクのボールペンか濃いめの青のボールペンで良いとされています。

4.まとめ

手紙とハートとシーリングスタンプ

お礼状を送るタイミングや文例、注意点についてお伝えしてきましたが、お礼状を書く上で大切なのは、感謝の気持ちをしっかりと伝えることです。文例通りの文章のままでは、味気ないものになってしまいがちなので、いただいた品への感想やどのように使っているかなど具体的な事柄を加えると、より感謝の気持ちが伝わりやすくなりますよ。

閉じる
閉じる