失敗したくない!結婚祝いの基本マナー「のし」の書き方・選び方 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
17945views

失敗したくない!結婚祝いの基本マナー「のし」の書き方・選び方

17945views

シェアする

LINEで送る

結婚祝いののし

友達や同僚が結婚する際、結婚式には出ないけれど御祝いのプレゼントをする機会がありますよね。そんな時に気になるのが、御祝いの品にのしを付けるかつけないか、つけるとするならどのように記載すればよいのか迷うところです。本記事では、結婚祝いをプレゼントする際ののしの有無と詳しい書き方、結婚祝いのお返しの際ののしの書き方についてご紹介します。

1.結婚祝いのプレゼントにのしはつける?

プレゼント

結婚祝いのプレゼントを贈る際、そもそものしは必要なのでしょうか。デパートなどで商品を購入する際は売り場スタッフに相談できますが、最近では通販などでお祝いの品を購入する機会が増えてきています。注文時、自分一人ではなかなか判断しづらいですよね。

結婚祝いなどの慶事ごとではのしを付けるのが一般的

結婚祝いのプレゼントなど慶事ごとで品物を贈る際はのしを付けるのが一般的となっています。今は、のし紙として簡略化されている包装方法ですが、古くは品物の上に長くのしたアワビをのせていました。アワビは高級食材でもあることから、御祝いの意味が込められているため、慶事の品を贈る際には欠かせないものとして、今日でも受け継がれているのです。

したがって、のし紙を付けることで相手方を敬い丁寧に扱っている気持ちも表現でき、御祝い事の意味合いも兼ねることができます。

手渡しの場合でものしは付けた方が良い

手渡しをする場合は、のしは不要なのでは?なんて思ってしまいませんか。確かに、手渡しをする際は、相手がだれかわかっているので、名前なしでもマナー違反にはなりません。ですが、手渡しであっても相手方からすると開けるタイミングを逃して後回しになる場合もあります。また、同日に御祝いを持ってこられる方が多く居た場合にも名前なしだと誰からもらったのかややこしくなってしまいます。丁寧に物を贈るという心遣いを含めて、御祝いの気持ちを表すためにも、のしは付けるようにしましょう。

2.【結婚祝い】のしの書き方

それでは、結婚祝いをお渡しする際ののしはどのように書けばよいのでしょうか。のしの選び方や書き方を確認しましょう。

のしの選び方

のし紙を選ぶ際は、水引の結び方が決め手となります。結婚祝いに用いられる結び方は「結び切り」や「あわび結び」が用いられます。

・結び切り

関東発祥の水引の結び方で、結び切りとは、水引をぐっと硬く結んで、両端をきる形です。結び目が硬く結ばれていることから、二人が硬く結ばれますように、という意味合いが込められています。結び切りの水引は解きにくいので、結婚祝いのように、1度きりのお祝いのときに用います。結び切りは結婚祝い以外にもお見舞いや退院祝いなどの二度と繰り返してほしくない出来事にも用いられる結び方です。

・あわび結び

京都発祥の水引の結び方であわじ結びとも呼ばれています。結び切りと同様に、結婚祝いなど一度きりで良い場面で用いられます。結び切りとは形が異なり、少し豪華に見える結び方です。明治時代に編み出された結び方で、祝いの席の箸袋にも用いられていました。あわび結びと呼ばれるゆえんは、結びの形が高価な海産物のアワビに似ているからと言われています。また、あわじ結びと呼ばれる所以は、アワビがなまってあわじとなったことに加え、淡路島の鳴門海峡にある渦潮の形と水引のループしている形が似ているからと言われています。

結び切りとあわび結びは結婚祝いに用いても良いのしとなりますが、注意しておきたいのが、蝶結びです。紅白の水引で結ばれている蝶結びは一見すると、めでたいときの贈り物として最適にも考えられますよね。しかし、蝶結びは水引の端をひっぱるとほどけてしまうため、何度でもやり直すことができます。したがって、何度でも起こってほしい御祝い事の時に使うのです。出産や受験での合格には向いていますが、婚礼の際に用いると離婚を連想させるため、蝶結びは使わないようにしましょう。


 

水引の選び方

紅白の水引

・水引の色

婚礼用ののしにかける水引としては、慶事に用いる紅白の水引が一般的です。正面から向かって右側が赤色、左側が白色となります。
とりわけ婚礼の御祝いは人生においてもめでたい事なので、より特別感を演出できる金銀の水引も良く使われます。この場合は向かって右側が金色、左側が銀色となります。
実際に水引を結ぶ際はこれらの色が用いられますが、のし紙などあらかじめ印刷されている場合は、赤銀や赤金という組み合わせが多くみられます。

他方、白黒や白黄はマイナスの意味合いがあり、弔事や仏事に用いられます、くれぐれも御祝い事には使わないように注意してください。

・水引の本数

水引の本数は奇数が基本とされています。中国の陰陽道に置いて、奇数は陽の意味を持つことから、結婚祝いというめでたい贈り物においては奇数が用いられるのです。
そして、奇数の中でも5本が基調となり、簡易化すると3本になります。ただ、3本は、粗品を渡す時など簡略化しすぎるので祝い事には向いていません。できることなら、5本、もしくは7本としましょう。
ところで、奇数とはいうものの、結婚祝いにはしばしば10本の水引が用いられます。10は5の2倍であり、結婚を2倍喜ぶという意味が込められています。また、5本の水引は夫婦が手を取り合う姿を表現しているとも伝えられていることにも関係があります。水引を0本にすることで、結婚を機に両家が手を取り合うことを意味しているのです。


 

のしの表書きの書き方

では、肝心なのしの表書きについてご紹介しましょう。
結婚祝いを贈る際、プレゼントにのし紙を付けることを想定します。
のし紙には、あらかじめ、右上部分にのしのマークが、中央部分には紅白や金銀の水引がプリントされています。
水引を真ん中としてその上側をのし上、下側をのし下と呼びます。

・のし上の記載について

のし上には、名目を書き入れます。
名目とは、御祝いを渡す目的のことで、結婚祝いのプレゼントを贈る場合であれば、「御結婚御祝」や、「祝結婚」、「御祝」、「寿」などが主流となっています。
このとき、「結婚御祝」や「御結婚祝」というように、4文字で書くことはご法度です。のしの表記において4文字での記載は死語と呼ばれ死や病を連想させると言われています。そのため、名目を記載する場合は4文字での表現は避けるようにしましょう。
お祝いの品をお店で購入する場合には、お店側であらかじめのし紙を用意してくれているところもあります。どののし紙を選べばよいのか分からない場合には、お店の方に相談してみるといいでしょう。

・のし下の記載について

のし下には、プレゼントを贈る側の名前を記載します。一人で贈る場合であれば、のし下の中央部分に自分の名前をフルネームで縦書きに記載します。その際、のし上の文字よりも少し小さ目のサイズで書き込むようにしましょう。

夫婦で連名にする場合は、3通りの書き方があります。
1つ目は、姓のみを記載する方法です。姓のみを記載するときは、のし下の中央部にバランスよく姓を書きます。2つ目は、夫と妻の名前を2列に分けて書く方法です。のし下向かって右側に夫の名前を、向かって左側に妻の名前を書きます。3つ目は、夫と妻の名字を1つにして記載する方法です。のし下の中央部分に夫の名前を姓名ともに記載します。その左隣に妻の名だけを夫の名前との位置を合わせて記載します。
姓のみを記載する場合、たとえば親族間でのプレゼントや地域的に同じ姓が多いエリアでの贈り物の場合は姓が重複する可能性があります。その場合には、姓のみよりもフルネームで記載して見分けが付くようにしておきましょう。

・2~3名で共同して贈る場合

結婚祝いの品物を贈る場合、たとえば友達の場合であれば、数人が集まってお金を出し合ってプレゼントを贈ることもあるでしょう。その際ののしの記載の仕方は人数によって異なってきます。まずは、2~3人で共同して贈る場合についてご説明します。

2~3名で共同してプレゼントを贈る場合は、のし下に全員の名前を書いていきます。名前を記載する順番ですが、役職などがある場合には、目上にあたる人の名前をのし下の中央部分に書きます。そして、左隣に次の役職の人、という風に順に書きます。また、年齢に違いがある場合は、年齢が高い人が一番右側、低い人が一番右側に来るように書きます。全員同級生で立場上も同じの場合は、順不同に記載します。分かりやすい方法で書くのであれば、名前をあいうえお順に記載するとスマートと言えます。
記載する位置についてはバランスよく配置するために、のし下中央部分に真ん中の人の名前が来るように配置することもあります。

・4名以上で共同して贈る場合

問題となるのが4名以上で共同して贈り物をする場合です。会社で複数人から贈り物をする場合などは4名以上となることもありますよね。その時にも記載の仕方は決まっています。
まず、のし下中央部分に代表者一名の名前を記載します。代表者は役職が高い人や年配の方、また幹事をしている方の名前を書くと良いでしょう。そして、代表者の左側に「外一同」もしくは「他一同」と記載します。会社や部署から贈り物をする場合は、「〇〇会社 社員一同」と記載したり、「他〇〇課一同」と記載したりするのがマナーとなっています。また、社員全員ではなく、有志のみでの贈り物であれば、「〇〇会社 有志一同」、「〇〇会社 〇〇部有志」との記載も一般的です。

ところで、のし紙に代表者のみの名前を書くだけでは、誰が御祝いをしてくれたのか受け取った側は分かりませんよね。そこで、別紙を用意して、共同で贈り物をした人の名前を書きます。準備する用紙は、和紙や半紙など多少こだわりのある用紙が良いでしょう。最近では連名も印刷が多いことからコピー用紙や便せんなどで代用されることも増えています。
連名別紙の書き方としては、のし紙同様、用紙の上半分に名目を書き込みます。そして、下半分に名前を記載していきます。この時ものし紙への記載と同じように、役職や年齢が上の人が右側に来るように、順に書き連ねていきます。また、金額に差異がある場合は、金額が大きな人の順に名前を書いていくのも一つの方法です。お返しをされる場合を考えて、名前の下に金額を記載しておくのも良いでしょう。
もっとカジュアルにする場合であれば、商品とは別に小さな色紙みたいものを作り、お祝いの品と一緒に手渡すのも喜ばれます。

なお、のし紙を記載する場合は、原則的には毛筆の黒墨にて名目や名前を書きます。毛筆の用意が難しい場合には市販されている筆ペンや太めのサインペンでも代用が可能です。筆ペンを使う際は弔事用の薄墨ではなく、慶事用の黒墨を選んでくださいね。ちなみに、ボールペンや鉛筆、万年筆は筆跡も弱く失礼にあたるため用いないようにしましょう。


 

内のしと外のしどちらにすべき?

結婚祝いとして品物を渡す時に聞かれるのが、内のしもしくは外のしどちらにするかです。
内のしとは、品物本体にのしをかけてから外装の包装紙で包む方法で、外のしとは、品物を包装紙で包んだ後にのしをかける方法です。内のしと外のしについて、決まったルールはありませんが、渡すシーンによって変える人が多いようです。
手渡しでお祝いを渡す場合であれば、自分の名前がわかるように外のしをかけるのが良いですが、内のしでもルール違反ではありません。商品を郵送で贈る場合は、一般的には内のしが主流となっています。外のしの場合だと品物を搬送している間に、のしが破れたり汚れたりする可能性があります。これを受けて、外のしの上に透明のビニールを貼る場合がありますが、包装が何重にもなってしまって現実的ではありません。そのため、郵送時には内のしを指定するとよいでしょう。


 

のしの掛けかた

さて、のしをかける際は、品物のサイズによっては、裏面でのし紙が重なる部分が出てきます。このとき、慶事掛けといって、右側が上に来るようにのし紙をかける必要があります。反対に、左側が用紙の上に来てしまうと、弔事掛けとなるので注意が必要です。


 

結婚祝いに現金を贈る場合

結婚祝いに現金を贈る場合は、祝儀袋の中に現金を入れて、贈ります。
祝儀袋には、厚紙と中袋、上包みと短冊が付いています。
厚紙は、祝儀袋を販売する際の型崩れ防止用についているものなので、お金を包む際には抜いておきます。入れたままだと確かに形は整うのですが、マナー違反になるので注意しましょう。

・現金を包む際の金額や相場

現金を贈る際、入れるべき金額や相場をあらかじめ知っておきましょう。
結婚式に欠席する場合は、1万円を包みます。
他方、結婚式に出席する場合は、同僚や友人であれば3万円、親族であれば5万円~10万円が目安となります。
一旦は出席すると決まっていた場合でも、後から欠席が決まった場合、席のキャンセルができるのであれば、1万円~3万円程度を包むと良いでしょう。ただし、当日欠席の場合は、相手方の準備もあることから、出席したときと同様、全額を包むようにします。
陰陽道より奇数が陽と考えられているため、金額が奇数になるようにします。場合によっては2万円などと偶数になることもありますが、その場合でも入れるお札を工夫して1万円札を1枚、5千円札を2枚というように枚数が奇数になるように調整しましょう。

・中袋の使い方

中袋には、現金を入れます。その際、中に入れている金額がわかるように、中袋の表面中央部分に漢字で金額を記載します。「金〇萬円」というように、旧字体を用いて書く必要があります。
さらに、裏面の左下には、自分の住所を郵便番号と都道府県から書き込んでいきます。最後の行には自分の名前を記載します。この時も毛筆もしくは筆ペンで記載しましょう。
家族が集まって一緒にご祝儀袋を使う場合には、贈り主がわかるように、便せんなどに名前を連名で書いておき、中袋と共に上包みに同封します。
中袋にお金を入れる際は、新札を用います。新札には銀行などの金融機関で両替してもらえますが、忙しくていけない場合には、アイロンでしわを伸ばしてみましょう。
お札は人物像が描かれている方が上側になるようにして重ねて入れます。

・上包みの使い方

中袋に現金を入れた後は、外包みで中袋を包みます。このとき、下側に来ている折り曲げ部分が表面になるように水引を通しましょう。下から幸せを受け止めると覚えておくと良いですよ。

・短冊の使い方

短冊には、のし紙と同様、上部には名目、下部には贈る人の名前を書きます。記載方法は、プレゼントを贈る際ののし紙と同様です。上部には「御結婚御祝」や「寿」との記載が一般的です。下部には、自分の名前を名目よりも小さめの文字で書きます。夫婦で渡す時は、連名で書きます。向かって右側に夫の名前を、右側に妻の名前を記載します。こちらものし紙での記載同様、姓のみでの記載や夫と妻との姓を一緒に書く方法が認められています。

数人で集まって渡す場合は、2~3人であれば、短冊に名前を記載します。向かって右側に役職が上の方や年配の方の名前を書き、左へ順に書き込んでいきます。
4人以上の場合は、代表者の名前を記載の上左側に「外一同」と記載し、上包の中に、連名がわかる便せんなどを同封しておきます。

・袱紗のつかいかた

ご祝儀袋は持ち運ぶ際は、袱紗に包んでおきます。このとき、袱紗の頂点が上下左右に来るように置き、中央の左寄りにご祝儀袋を配置します。次に左側を中に折返し、上部、下部の順に中に折り返します。右側の余った部分を折返し、最後に後ろ側に巻き込みます。お渡しするときは、ご祝儀袋を袱紗から取り出し、名前が相手方から読み取れるように置き両手を添えて渡します。

3.【結婚祝いのお返し】のしの書き方

結婚祝いをいただいた際は、結婚の内祝いとしてそのお返しをします。
内祝いとは元は親戚やご近所さんに結婚したことを内々にご報告するという慣わしでしたが、最近では、御祝いをいただいた際のお礼として贈られるようになりました。

内祝いの場合も5本または10本の水引きを

内祝いをする場合、のしの種類は結婚祝いと同様に、5本もしくは10本の水引で紅白もしくは金銀を用います。形は結び切りもしくはあわび結びを使います。
表書きには、のし上には名目として、「寿」、「内祝」と記載します。
のし下には、贈る側の名前を記載します。夫婦の名前を横に並べますが、向かって右側に夫の名前、左側に妻の名前をそれぞれフルネームで書きます。そのほか、姓を1つのみ書いてその下の右側に夫の名前、左側に妻の名前を書く方法や、「〇〇家」「△△家」と、結婚をした両家の名前を横に並べて書く方法もあります。この時も夫側が右側に来るように書きます。

結婚に際して、仕事などでは旧姓を使い続けるケースも最近では増えてきました。その場合は、のし紙にはマナーとして新姓で書いておき、品物に挨拶状を添え、その文面に旧姓を記しておくと良いでしょう。

名目や名前を記載する場合は黒墨の毛筆もしくは筆ペンで書くようにします。

のし紙をかける際は、手渡しの場合は、外のし、郵送の場合は、のし紙の破損を避けるために内のしにするのが一般的です。

4.まとめ

結婚祝いを贈る際ののしの書き方をご紹介しました。
水引は紅白もしくは金銀で、結び方は、結び切りやあわび結びを選びましょう。
のし上には名目を、のし下には贈る側の名前を記載します。
のし紙はお店で用意してくれることが多いですが、自分で用意する場合はテンプレートを利用すると簡単にのし紙が作れますよ。

閉じる
閉じる