【結婚記念日の数え方】今年は何年目?数え方や人気のお祝い・プレゼントをご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
62926views

【結婚記念日の数え方】今年は何年目?数え方や人気のお祝い・プレゼントをご紹介!

62926views

シェアする

LINEで送る

結婚記念日の数え方

結婚記念日の数え方って知っていましたか?また、結婚記念日には周年によって名前がついていて、それぞれのお祝い仕方があります。結婚記念日の正しい数え方と今後迎える結婚記念日が何婚式なのかがわかれば、より結婚記念日のお祝いが楽しみになりますよ。

結婚してから数年、あるいは十数年経過すると、「結婚してから何年目?」とか「今度の結婚記念日は年回目の結婚記念日?」とふと考えてしまうことがあります。
今回は、結婚記念日の正確な数え方、毎年の結婚式につけられている名称などをご紹介いたします。

1.結婚記念日の数え方

お花とネックレスとプレゼント

結婚記念日の数え方は、何周年、あるいは何回目という数え方です。
周年とは、あるイベントの始まりから、過ぎた年数、つまり経過した年数を数えます。

ですから結婚1年目が終わり、2年目に突入すれば、1年過ぎた、つまり1年経過したということです。このタイミングが1周年、そして1回目の結婚記念日になります。

それで結婚して5年経過すれば、5周年、5回目の結婚記念日ということになります。
「結婚15周年の15回目の結婚記念日」を祝う夫婦は、結婚してすでに15年経過し、16年目に突入したということになります。

正確に数えれば結婚記念日は何周年、何回目と数えるわけですが、最近では、1周年の結婚記念日を1年目の結婚記念日、10回目の結婚記念日を10年目の結婚記念日と記載しているサイトや情報誌もありますし、周年と年目の意味を厳密に分けて使っていないケースも増えていますので、正確な結婚記念日の数え方に強くこだわる必要もないのかもしれません。

2.結婚記念日とは

結婚記念日をどの日にしたかについては、たいていの夫婦が入籍日、役所に婚姻届けを提出した日を結婚記念日にしています。
また、結婚式を挙げた日を結婚記念日にしている夫婦もいます。
結婚記念日をどの日にするかという厳密なルールはありませんが、入籍日、挙式日、その他の日のいずれの場合でも、結婚記念日は、夫婦でこれまで結婚生活を維持するために払ったそれぞれの努力に感謝し、これからも末永くよろしくお願いしますという気持ちをあらためて伝えて、夫婦の愛情を確認できる貴重な日です。

そんな結婚記念日ですが、毎年の結婚記念日には名前がつけられています。その名前や意味を考える時、結婚の意味や、夫婦としての幸せや、子供がいるなら家族としての幸せを再確認することができるでしょう。

結婚記念日の名称

1周年から15周年の結婚記念日には名前があります。15周年以降は5年ごとに名前がついています。
結婚記念日の名称と意味をご紹介します。

年数 名称 意味
1周年 紙婚式 白紙の紙に二人の希望や将来の夢を描く
2周年 綿婚式・藁婚式 質素倹約。将来のために贅沢をあまりしない
3周年 革婚式 革のようにしなやかで粘り強い夫婦となり、倦怠期を乗り越える
4周年 花婚式 しっかり根を張り、花が咲き、実がなるような結婚生活を目指す
5周年 木婚式 1本の木のように夫婦が一体となる
6周年 鉄婚式 鉄のように固い二人の絆
7周年 銅婚式 安定した家庭や財産を築いてきたことを感謝しその維持を願う
8周年 ゴム婚式・青銅婚式・電気器具婚式 ゴムのようにしなやかで弾力がある二人の生活
9周年 陶器婚式 美しいが繊細で壊れやすい陶器のように、夫婦の関係をこれからも大切に育み、これまでのそれぞれの努力に感謝する
10周年 錫婚式・アルミ婚式 錫のように美しさと柔らかさを兼ね備えた夫婦の関係を願う
11周年 鋼鉄婚式 鋼鉄、鋼(はがね)のような強い愛で結ばれる
12周年 絹婚式 絹のようなきめ細やかで柔らかい夫婦の愛情
13周年 レース婚式 レース織のように、美しく深く織りなされる二人の愛の形、これからも愛の糸を二人で織りなしていくことを願
14周年 象牙婚式 象牙のように、年齢を増して、価値を増していく夫婦の関係
15周年 水晶婚式 透明で曇りない水晶のような信頼
20周年 磁器婚式 長い年月を経たことで高い値が付く磁器のように、長い年月を経て価値を増した夫婦関係に感謝し、その関係を大切にする
25周年 銀婚式 いぶし銀のような深みのある美しさ
30周年 真珠婚式 真珠は富と健康を象徴します。家族の経済的な安定や健康を願います
35周年 珊瑚婚式 長い時間をかけて成長する珊瑚のように、長い時間をかけて成長させてきた珊瑚のような貴重な、美しい二人の愛をこれからもずっと育んでいく
40周年 ルビー婚式 ルビーの持つ深い赤のような夫婦二人の深い信頼、誠意
45周年 サファイア婚式 サファイアの石言葉には「慈愛、誠実、徳望、高潔」という意味があり、誠実で徳に満ちた結婚生活に感謝し、維持するという願い
50周年 金婚式 金色の輝きを得た豊かさ
55周年 エメラルド婚式 深くて静かな尊い夫婦の生活
60周年 ダイヤモンド婚式 長寿と一族の繁栄を願う
65周年 ブルースターサファイア婚式 ブルースターサファイアの三本の光の筋は「信頼・希望・運命」を意味します。長い年月で互いへの信頼、幸せな家庭を築きたいという希望を持って努力してきたこと、二人の絆が運命と信じて連れ添ってきたことを思い出します
70周年 プラチナ婚式 夫婦二人で百歳近くまで連れ添ってきたプラチナのように輝く奇跡、そのプラチナのように美しい幸福を得たことを祝います

 

夫婦や、子供がいれば家族の絆をさらに強くするためにも、結婚記念日は絶好の機会になります。そのためにも結婚記念日を忘れないようにし、それをお祝いするためのプランをしっかり練っておくことができるでしょう。

10年目の結婚記念日にはスイートテンダイヤモンドのアクセサリーを贈ったりできますが、結婚記念日の名前を見てみると、30年目の真珠婚式あたりから貴金属や宝石の名前もたくさんありますので、名前にちなんだアクセサリーや雑貨をプレゼントし合うのもおしゃれなお祝いの仕方かもしれません。

3.結婚記念日のお祝い

たくさんの花

結婚記念日のお祝いとして何が喜ばれるでしょうか。人気のあるお祝いをご紹介します。

花のプレゼント

お祝いの定番中の定番ですが、結婚記念日の回数、年数に応じた花を贈ることができます。
プレゼントの花の花言葉に自分の相手への気持ちを込めることができます。
例えば、赤いバラは「愛情・情熱・あなたを愛します」という意味があります。同じバラでも白いバラなら「純潔・心からの尊敬・私はあなたにふさわしい」という意味があります。

ペアグッズで二人で楽しむプレゼント

結婚記念日は二人の記念日なのでペアグッズもプレゼントとして喜ばれます。ペアグラスに名前などを入れてプレゼントしてあげるとより記憶に残る結婚記念日になることでしょう。

アクセサリーや雑貨

結婚記念日の名前にちなんだアクセサリーや雑貨をお祝いに贈ることができます。
例えば、3周年の結婚記念日の革婚式の時には、レザーの財布などの雑貨、8周年の結婚記念日のゴム婚式では、ゴム製品としてクロックス、銅結婚式や真珠婚式の時には、それぞれの素材を使用したアクセサリーを贈り合うことができます。

ロングウォレット

出典「www.ilbisonte.jp」

ファッション雑貨
革婚式:レザー財布
革婚式(結婚記念日3周年)にはレザー小物がおすすめです。お揃いで色違いのものを購入してもいいですし、同じブランドで別々のアイテムにするなどプレゼントの幅は広いです。

ハンターレインブーツ

出典「www.hunterboots.com」

ファッション雑貨
ゴム婚式:レインブーツ
ゴム婚式(結婚記念日8周年)にはゴム製品がおすすめです。ゴム縛りとなるとなかなか探すのが難しいかもしれませんが、有名ブランドだとハンターのレインブーツなどがプレゼントとして人気です。

◆食事

高級レストラン、ホテルでのディナー、客船で夜景を見ながらのディナークルーズなど通常とは違う空間で特別な記念日をお祝いすることができます。
おすすめなのがホテルでのディナーです。結婚記念日プランを用意しているホテルがたくさんあります。食事だけでなく、結婚記念日のお祝いをさらに盛り上げてくれるシャンパンやケーキなどのサプライズを用意、演出してくれます。さらにそのままホテルに宿泊できたりしますので、年配の夫婦の方にもおすすめのプランです。
毎年同じホテルで結婚記念日をお祝いするというご夫婦もおられます。そうすれば、ホテルのスタッフもその日を覚えていて、お祝いの言葉や丁寧なサービスでお祝いムードを上手に演出してくれるでしょう。

◆旅行

国内旅行もおすすめですが、1年に1回の夫婦の記念日ですから、休暇が取れるなら海外旅行もおすすめです。
旅行の中で行える結婚記念日のイベントとして、最近注目を浴びているのが「バウ・リニューアル」です。これば
バウ(誓い)をリニューアル(更新)するということで、結婚した夫婦があらためてもう一度結婚の誓いをするという儀式です。ハワイや沖縄などで行えるということで、日本人でも行う夫婦が増えています。
旅行プランの中に、こうしたイベントを入れてみるのもいかがでしょうか。

◆夫婦の名前入りポエムや似顔絵入りメッセージ

夫婦の名前をモチーフにポエムを作り、それをきれいに装飾して、作品として額に収めてくれるというプレゼントがあります。また夫婦の似顔絵入りのメッセージというプレゼントもあります。
こうしたプレゼントは、子供や孫たちが、年配の夫婦の結婚記念日に贈るお祝いとして人気があります。
名前入りポエムや似顔絵入りメッセージは、その夫婦だけのものですから、世界のどこにも同じものがない貴重なプレゼントになります。また部屋に飾っていつでも思い出せるという点もお祝いとして喜ばれる理由です。

4.まとめ

結婚記念日の数え方と名称について紹介しました。結婚記念日は何周年、何回目と数えます。 結婚記念日には、紙婚式や銅婚式、ルビー婚式、ダイヤモンド婚式といった年数と共に、強度が増し、価値が高まるような名称がつけられています。
毎年の結婚記念日を、お互いに感謝し、愛情を確かめ合う機会にできます。そうするなら夫婦の絆はさらに強くなるでしょう。

閉じる
閉じる