【結婚35周年】両親の珊瑚婚式におすすめのプレゼント! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
10533views

【結婚35周年】両親の珊瑚婚式におすすめのプレゼント!

10533views

シェアする

LINEで送る

ソファに座り見つめあう夫婦

結婚35周年の記念日は珊瑚婚式もしくは翡翠婚式という名称がつけられています。英語では「Coral Wedding」や「35th anniversary」という風に呼ばれています。結婚35周年という節目については、両親はそんなに意識していないかもしれませんが、これまでの感謝の気持ちを込めて両親に素敵なプレゼントを贈ってみてはいかがですか?思いがけないサプライズにきっと喜んでもらえるはずです。
ここでは珊瑚婚式にどんな意味があるのか、また両親への結婚35周年のプレゼントとしておすすめの贈りものにはどんなものがあるのかをご紹介していきます。

1.珊瑚婚式の意味とは?

海と珊瑚とお魚

35周年の結婚記念日が珊瑚婚式と呼ばれているのは、時間をかけてゆっくりと成長する珊瑚を長い期間をかけて築いた夫婦関係になぞらえているからです。また、珊瑚の成長がゆっくりではあっても成長を続けていくように、夫婦生活も長い時間をすでに過ごしてきているとしても愛情や信頼をさらに深めていこうという思いも込められています。

珊瑚には「成長」「幸福」「聡明」といった宝石言葉があります。こうした宝石言葉にかけて、珊瑚婚式にはこれからも夫婦として成長して幸福な家庭を築いていこう、聡明な判断を下して問題を解決していこうという意味も含まれています。

珊瑚は古くから災難や病気といった悪いことから身を守ってくれる力があると信じられてきた宝石でもあります。そのため、35周年の結婚記念日に配偶者に珊瑚をあしらったアクセサリーを贈ることにしている方も多くいるようです。

珊瑚婚式の次の大きな結婚記念日には40周年のルビー婚式、45周年のサファイア婚式、そして50周年を祝う金婚式があります。

2.両親が喜ぶ結婚35周年のプレゼント

日頃の感謝を込めて、両親の珊瑚婚式に素敵なプレゼントを贈りたいという方もおられるでしょう。せっかくの記念日ですから、両親から感謝されるような贈り物を贈りたいものですよね。

では、珊瑚婚式に両親に贈ると喜ばれるプレゼントをご紹介していきたいと思います。

珊瑚婚式の際に両親に贈るプレゼントとして定番なのが、何といっても珊瑚のアクセサリーです。父親には珊瑚を使用したネクタイピンやカフスなどを、母親には天然珊瑚を一粒使ったネックレスやピアスなどを贈ることができます。ネックレスやピアスを贈る場合には上品なピンクサンゴを使用したものがおすすめです。派手になり過ぎず、落ち着いた色合いですので普段からつけてもらうことができますよ。

また、珊瑚礁が見える海への旅行のプレゼントも結婚35周年の贈りものとして定番になっています。両親がスキューバダイビングやシュノーケリングをすることができないとしても、船の底がガラスでできているグラスボートに乗って海底遊覧をしてもらうことができます。国内最大の珊瑚礁がある沖縄県石垣島などに行くと、グラスボートに乗ってきれいな珊瑚礁や色とりどりの熱帯魚を見ることができますので、楽しいときを過ごしてもらえるに違いありません。

珊瑚婚式を祝うということは結婚生活が35年目を迎えたということです。早くに子供を授かっていれば子供の年齢がすでに30歳を超えていることもあり、両親には孫がいるということもあるでしょう。子供が両親にできるプレゼントのひとつは孫の顔を見せることといいますので、子供を連れて食事に行ったり旅行にいったりすることで両親に孫と過ごしてもらうことも、両親に贈ることのできる最高のプレゼントといえます。

子供が両親の珊瑚婚式のお祝いに珊瑚のアクセサリーや旅行をギフトとして贈ったり、孫と一緒に過ごす機会をプレゼントしたりすることもできますが、お花ギフトや形に残る記念品のプレゼントも喜ばれます。ここでは、35周年の結婚記念日を祝うのにふさわしいお花や記念品のプレゼントでおすすめなものをご紹介していきます。

35周年らしいお花のプレゼント

花とメッセージカード

結婚記念日の定番プレゼントのひとつがお花ギフト。ただし、単にお花を贈るだけではなかなか35周年のプレゼントとして特別感を演出することができないものです。そこでおすすめなのが花びらにメッセージを入れてお花ギフトを贈ることです。

花びらに入れるメッセージには「珊瑚婚式おめでとう」を意味する『Happy Coral Wedding』や「35周年記念」を意味する『35th anniversary』といった文字を入れてもらうことができます。こうしたメッセージを花束にのせて届けることで両親に喜んでもらえることでしょう。

プリザーブドフラワーがあしらわれた時計もプレゼントとしておすすめです。35年という年月を過ごしてきたこと、そしてこれからも夫婦仲良くともに時を過ごしてほしいという気持ちを込めて両親に贈ることができます。

お店によってはガラスに希望するメッセージをレリーフしてくれるサービスをおこなっているところもあります。レリーフに『Happy Coral Wedding』や『35th anniversary』とふたりの名前、日付を入れることにより35周年らしい世界でたったひとつのプレゼントにすることができます。

形に残る記念品のプレゼント

両親へ形に残る記念品をプレゼントしたいと思ったら、まず両親がどんなものを欲しいと思っているのかを事前にリサーチしておくとよいでしょう。欲しいものがはっきりしている場合はそれをプレゼントすることができますが、もしも特に欲しいものがないという場合には両親の好みそうなペアのブランド食器や酒器を贈ることができます。

食器や酒器を贈る場合は35周年の記念品として贈りたいと思いますので、メッセージを刻むことができるものを選ぶのがおすすめです。お皿やお箸、ビールグラスやワイングラスなどは名入れできるものが豊富にあります。また名入れができないものもデザインが気に入った食器や酒器があり、それをプレゼントしたいときはメッセージカードを添えて贈るとよいでしょう。

記念に残るプレゼントでありながら普段から使ってもらえるような実用的なものを両親に贈りたいと思ったら、珊瑚をモチーフにしたインテリア雑貨がおすすめです。テーブルクロスやクッションカバー、ランプなど珊瑚のモチーフの品物は探してみると意外とたくさんありますのでセットでプレゼントしてみるのも良いかもしれません。

珊瑚婚式の次に大きな結婚記念日は40周年のルビー婚式になりますので、それまで使ってもらい、時折「もう結婚して35年過ぎたんだなぁ…」と思い起こしてもらうこともできるでしょう。

また、珊瑚や貝殻などをモチーフにしたフォトフレームをプレゼントして写真を飾ってもらうこともできます。フォトフレームに入れる写真をどれにするかを夫婦で探すのも結婚記念日の楽しいひと時となるに違いありません。

形に残るプレゼントとして他にもおすすめなのが家電です。「結婚記念日のプレゼントに家電はちょっと」と思うかもしれませんが、実用的なものであれば喜んでもらえるでしょう。結婚して35年も経つと年齢的にも家事をするのが少し大変になってきますので、家事が楽になるような家電を贈るのはいかがでしょうか?

例えば、家事の負担を軽減してくれる食洗器や、掃除の負担を軽減してくれるロボット掃除機などをプレゼントすると喜んでもらえる可能性が高いです。贈る際には、珊瑚礁の絵や写真がプリントされているカードにメッセージを添えて贈るのがおすすめです。そうすることで、珊瑚婚式のプレゼントだということを伝えることができますよ。

3.まとめ

結婚35周年の珊瑚婚式の際に両親に贈ることができるプレゼントをご紹介してきました。珊瑚のアクセサリーや珊瑚をモチーフとしたインテリアをプレゼントすることもできれば、珊瑚礁が見える海への旅行をプレゼントすることもできます。

お花や記念品を贈る際には35周年の結婚記念日のプレゼントでもらったんだということが分かるようにメッセージをレリーフしてもらうようにしましょう。メッセージを見返す機会が多くあると、結婚記念日を覚えておくことができますし、配偶者に対する感謝の気持ちも長く保っておくことができるはずです。

宝石珊瑚の世界トップの産地である高知県では2016年から珊瑚婚式を全国に発信する目的で全高知珊瑚協同組合連合会が主催、高知県が共催という形で結婚35周年を迎えた夫婦を対象に「宝石珊瑚の聖地」高知で祝う珊瑚婚式を企画しています。
その企画は『珊瑚婚式2017』といって、今年の3月5日(日)に先着順20組で開催されていました。来年も開催をしていたら、申し込んでみてはいかがでしょうか。

閉じる
閉じる