【象牙婚式】結婚14周年を祝う結婚記念日 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
1335views

【象牙婚式】結婚14周年を祝う結婚記念日

1335views

シェアする

LINEで送る

腕を組んでお散歩する夫婦

結婚記念日とは、結婚して二人が夫婦になった日のお祝いをする日です。入籍あるいは挙式日を結婚記念日として、その翌年の記念日からお祝いします。

その数ある結婚記念日のひとつが、結婚14周年のお祝いの「象牙婚式」です。
象牙婚式ってどういう意味があるのでしょうか?
どのようにお祝いしたらよいのでしょうか?
気になる象牙婚式についてまとめました。

1.象牙婚式になった由来

結婚記念日の数え方は、結婚した日をスタートとしてそこから何年経過したかで何周年と数えます。つまり結婚した日から数えて丸14年経過した日が「象牙婚式」で、読み方は「ぞうげこんしき」です。
象牙婚式は、結婚14年目ではなく14周年ですので間違えないようにしてくださいね。

結婚記念日というのはイギリス発祥の風習で、結婚から15年目までは毎年、15年以降は5年ごとに名称が定められています。
お祝いは一般的には夫から妻へその名前にちなんだ贈り物をするのですが、夫婦間で交換したり、子どもから贈ることもあります。

象牙婚式には「象牙のように年齢を重ねて輝きを増していく」という意味があります。
象が持つ牙である「象牙」は、象の年齢とともに大きく強く、美しく成長していくことから結婚14周年目に名づけられています。
成長と共に価値が高まる象牙のように、夫婦の絆も年月と共に強く結ばれて成長していくという意味が込められています。

象牙自体は材質の美しさや耐久性の高さから、以前は装飾品や貴重品の素材として使用されてきていました。
ですが現在は象は絶滅危惧種で、ワシントン条約により象牙の輸入が禁止されています。
すでに希少価値が高く、現在ある象牙製品というのは規制前に採ったもの、象牙に似た素材のものです。

2.象牙婚式に贈るメッセージ

象牙婚式は英語では〜Ivory Wedding Anniversaryと言います。
「Ivory」というと日本語ではアイボリーという色を表しますが、元々は「象牙」を差す言葉です。

象牙婚式にメッセージを贈るのなら、この「象牙」にちなんだメッセージを伝えてみてはどうでしょうか。

普段は感謝の気持ちがあってもなかなか言葉にして伝えることはありません。ましてやメールなど便利なものがあるせいで改まって手紙を書く機会もありませんね。

結婚記念日は、きちんと手紙の形で日頃の気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。夫婦生活が長くなるにつれて面と向かって言うのは恥ずかしいようなことも、手紙なら素直な気持ちになって伝えられるはずです。

メッセージにはどんなことを表現するのが良いのでしょうか。
今までの感謝の気持ち、相手への愛情表現、そしてこれからも仲良くしていきたいという気持ち、この3点が含まれていれば、たとえ短いメッセージでも気持ちを伝えることができます。

今さら恥ずかしい、なんて言わずに思い切って手紙を書いてみてくださいね。
もらう側も照れながらも、喜ばれることは間違いありません。

・メッセージ文例

〇〇へ
結婚14周年、おめでとう。
今年は象牙婚式ですね。象牙というのはその象の年齢が重なっていくほどに強さと輝きを増すそうです。
夫婦としての二人の絆もこの14年間で象牙のように強くなり、輝いてきたように思います。
これからも1年、1年お互いに感謝しつつ象牙のように磨き上げていけたらいいですね。
〇〇へ
早いものでもう結婚してから14周年目になりました。
いつも私を支えてくれてありがとう。
象のような歩みでゆっくりとではありますが、良い関係を築いてこれたと思っています。
これからも二人仲良くしていきたいと思っているので、どうぞよろしくお願いします。
〇〇へ
今日は二人の結婚記念日ですね。
結婚してからの14年、あなたと一緒に歳を重ねてこれたことに喜びを感じています。
これからも象牙のように少しずつ時間をかけて成長していきたいですので、ずっと一緒にいてくださいね。
〇〇へ
あっという間の14年でしたね。
今年は象牙婚式ですが、すでに象牙自体は希少価値の高いものになっています。
私とあなたの関係もそんな価値のある関係になれているのではないでしょうか?
これからも仲良くしていきましょう。
〇〇へ
象牙は時間をかけて成長して磨かれるものです。
歳を取るということは決して悪いことばかりではなく、二人の関係も磨かれてきたと思います。
これからも象牙のように素敵に輝いていてくださいね。

3.象牙婚式はどんなものをプレゼントする?

フラワーアレンジメント

結婚記念日はその名前にちなんだものをプレゼントする習慣があります。ですが現在すでに象牙自体は希少価値の高いものであまりありふれたものでもありません。

象牙製の製品というと印鑑やお箸がありますが、どちらも高価ですので手が出ない人も少なくはないでしょう。置物という選択肢もありますが、収集家でもない限り喜ばれない可能性も高いですね。

かつては象牙は日本人には親しみ深いもので最大の輸入国でもありましたが、高価であまり手が出る品ではなくなっています。象牙にこだわっているとかなり高価な贈り物になってしまいますので、象牙にばかりこだわらず白やアイボリーの製品の贈り物をしてみても良いですね。

・一生使える品なら印鑑

あえて象牙製品にこだわるのなら、印鑑は定番のプレゼントです。ただプレゼントとはいっても、実用的すぎてあまり貰って嬉しいというようなものでもないかも知れませんね。妻へのプレゼントというよりは、夫婦としてのプレゼントですね。

結婚当初には安物で揃えていたという人なら、結婚14周年に象牙で印鑑を新調してはどうでしょうか。最近では黒水牛が主流になっていますが、印鑑というとやはり象牙という印象もあります。耐久性、耐摩耗性に優れていて使うほどに艶が出るため、一生物として使えます。

・オパールのアクセサリー

結婚14周年は象牙と言われていますが、実はそれ以外にも結婚記念宝石があります。愛情、信頼、純潔の象徴として7色に輝く石のオパールは結婚14周年に贈ることのできる結婚記念宝石です。

オパールには「幸運」という別名があり、中世ヨーロッパでは身に付けると幸せになるというジンクスもあります。石言葉には「幸運を呼ぶ・幸せな家庭」などの言葉があります。
心を安定させて幸福感を増長させてくれるパワーストーンでもあります。お守り代わりにもなる宝石ですので、結婚記念日だけではなく妊娠している女性や恋人への特別な記念日のプレゼントにもおすすめです。

・女性は嬉しい美容家電

結婚14周年というと、結婚した頃と比べても避けられないのが老化です。
女性はいくつになってもキレイでいたいと思います。またいつまでもキレイな妻でいて欲しいという気持ちも込めて、プレゼントしても良いですよね。

超音波やイオンの美顔器、スチーマー、美顔ローラーなどでしたら予算も10,000円〜30,000円ほどで購入することができます。意外と女性が気にしていて人気が高いのが家庭用脱毛器です。エステに通う暇のない人にもおすすめです。
こっそりお肌の悩みなどを聞いて、ぴったりの美容家電をプレゼントしましょう。

・白物家電

結婚した頃に購入した家電も少しずつ壊れ始める頃の結婚14周年。象牙製品はあまり手に入りませんから、その代わりに象牙のような白物家電のプレゼントはどうでしょうか。

冷蔵庫、洗濯機、炊飯器などの買い替えも良いですね。結婚した頃から比べても随分多機能になっているはずです。電子レンジも、最近は調理の幅が広がっていますので買い替え時です。
それ以外の家電なら、家事が楽になるお掃除ロボット、食洗機、少しリッチな気分の味わえるスロージューサー、ホームベーカリー、コーヒーミルなど贅沢な家電もオススメですね。

購入する時にはキッチンに置くスペースがあるかどうか確認してみてくださいね。

・迷ったなら花束を

どんなものが欲しいのか迷って決まらないのなら、花束をプレゼントしましょう。

象牙婚式に合わせてアイボリー系の花を選ぶならユリです。白いユリの花言葉は「純潔・威厳」です。ボリュームのある花束になりますし、香りも良いので女性に好まれる花です。

象牙婚式の結婚記念花というとダリアです。ダリアの花言葉は「華麗・優雅・気品」です。感謝という花言葉もありますので、日頃の感謝の気持ちを伝えやすいですね。
華やかな花なので、記念日にもぴったりですね。

4.まとめ

海辺で腕を組む夫婦

結婚1周年は紙婚式、2周年は綿婚式とまだ柔らかいものでしたね。それが少しずつ硬いものへ変化していき、5周年は木婚式、7周年は銅婚式、10周年には錫婚式と硬くなるとともに二人の絆も深まっていきます。象牙というと最近ではあまり馴染みのないものになってしまいましたが、「歳を重ねて輝きを増す」象牙のような夫婦になりたいですね。

閉じる
閉じる