今年はサプライズでお祝い!結婚記念日に喜ばれるプレゼントは? ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3962views

今年はサプライズでお祝い!結婚記念日に喜ばれるプレゼントは?

3962views

シェアする

LINEで送る

バラとパールとプレゼント

挙式日や入籍日は、夫婦にとってとても思い出深い日でもあります。
そんな大切な結婚記念日をちょっとしたプレゼントと共にサプライズでお祝いできたら素敵ですね。
毎年の記念日の呼び方や思い出に残るサプライズを紹介します。

1.結婚記念日の種類と数え方

結婚式を挙げた日と入籍日が違うカップルもいます。どちらを結婚記念日にするかというルールはありません。

結婚式を挙げた日というのは、妻からしたら一番きれいで輝いていた日でもあります。素敵な思い出もありますので、結婚式を挙げた日を結婚記念日にするカップルは多いです。

入籍日は忘れにくいようにゴロ合わせや二人にとっての記念日などを選ぶカップルも多いですね。特別な日に入籍した場合には、入籍日を結婚記念日にしても良いですね。

数え方

結婚記念日は分かっていても、今年が一体結婚して何年目なのか分からなくなる時があります。
まず結婚してから1回目の結婚記念日が来るまでは1年目と数えます。5回目の結婚記念日が来るまでが5年目です。

結婚〇周年という数え方もありますが、これは「結婚して〇年が経った」ということです。つまり結婚して丸1年経ったなら1周年、5年経ったなら5周年ということです。

種類

結婚記念日は1年〜15年までは毎年、その後は5年ごとに名称があります。
最初は紙や綿と柔らかくて安価なものですが、年月と共に硬くて高価なものへと変わっていきます。

元々は結婚記念日をお祝いする習慣には日本にはなく、イギリスが発祥だと言われています。日本では明治27年に明治天皇が銀婚式のお祝いをしたことから、国民に「結婚記念日」というものが浸透しました。

今では当然のように結婚記念日を祝う習慣があります。一般的には夫から妻に贈るようですが、年月を重ねるごとに夫婦間だけではなく子や孫からお祝いに頂くこともあります。
形にこだわらずにその年に合った意味のあるプレゼントを贈りあいお祝いをしましょう。

2.結婚記念日にはなにするの?

夫婦

結婚記念日はみんなどのように過ごしているのでしょうか。
半数以上の人は外で食事をしています。きちんと結婚記念日ということを意識して過ごしている人は意外に多いですね。
それ以外にも言葉で日頃の感謝を伝えたり、レジャーに出かける人も多いです。
反対に自宅でゆっくりしたり、結婚記念日おめでとうの言葉だけという夫婦もいます。

結婚記念日にしたいことの第1位は外食、第2位は旅行、第3位はプレゼントを贈るということです。つまりみんな結婚記念日をきちんと祝いたいという気持ちを持っていることもよく分かりますね。

結婚記念日は夫婦にとっては、それまでは他人だった二人が夫婦になったという意味のある日です。
日頃から感謝しているとは言っても、相手に伝わっていないことには意味はありません。改めて結婚記念日に、形や言葉にすることで伝わることもあるのです。

特別なことをするのは恥ずかしい、今更改めてなんてできないという気持ちがあったとしても、些細なことでいいからお祝いすることはとても大切です。

毎年当たり前のように結婚記念日をお祝いして夫婦の時間が続いていけば、いずれは子どもも両親の結婚記念日をお祝いしてくれるようにもなります。

いきなりサプライズでプレゼントをするなんてと思っているのなら、ケーキを買って帰る、小さな花束を用意するなどちょっとしたことから、毎年のイベントにしてみてはどうでしょうか?

3.おすすめプレゼントランキング

妻へ

1位:メッセージギフト

日頃の感謝の気持ちをうまく伝えられない人には、メッセージギフトです。夫婦お互いの名前を使ってポエム調にメッセージを作成してもらえます。
そのまま壁などに飾ることができますし、見るたびに改めてお互いに対する感謝の気持ちを思い返すこともできます。

2位:ネックレス

アクセサリーをつけることの少ない人でも、1つあると嬉しいのがネックレスです。ダイヤをあしらったシンプルなデザインや、有名ブランドのネックレスから選ぶと間違いありません。若い女性に人気のティファニーは王道ですし、ハイブランドのネックレスから選んでみても良いですね。

3位:色あせずに飾れるプリザーブドフラワー

生花は寿命があるためいつまでも置いておけませんが、ずっと飾ることができるのはプリザーブドフラワーです。水替えや花瓶も不要ですので、手軽に飾りやすく長く楽しむことができます。

夫へ

1位:名入れギフト

ペアグラスや夫婦箸など二人でお揃いで使えるものに、名入れしたプレゼントは人気があります。
その結婚記念日に合わせて、5周年なら木婚式で夫婦箸、10周年なら錫婚式でアルミのペアグラス、20周年なら磁器婚式で夫婦茶碗など、ずっと使い続けて記念になるプレゼントなら素敵ですね。

2位:結婚した年のワイン

ワインとぶどうとコルク

結婚してから年月が経てば、夫婦としても熟成してきているということです。毎年の結婚記念日に特別なものを用意したいなら、結婚した年のワインを贈り物にしてみましょう。
特別な夜のディナーに二人で一緒に飲みながら、結婚した頃のことを語り合うにもぴったりですね。

3位:趣味のアイテム

結婚すると自分のことにお金を使うことは減ってしまいます。趣味に関連する商品のプレゼントは喜ばれます。スポーツをするならスポーツウェアや用品などブランド物をプレゼントしましょう。

4.サプライズアイデア10選

・何もしない…と言っておいてのサプライズ

いつも通り過ごそうと言っておいて、帰宅したらアニバーサリーケーキをプレゼントします。
予想外のできごとにびっくり感も大きいサプライズです。

・帰宅したらサプライズパーティが!

友人などに協力してもらい奥様が外出しているうちに、家を飾りつけします。ケーキや料理も用意してパーティの準備が整ったところで、帰宅した奥様がびっくりするサプライズです。

・手作りディナーを準備する

外食もいいのですが、結婚記念日にご主人から奥様への手作りディナーはどうでしょうか。日頃あまり料理をしないご主人が頑張って作ってくれた料理なら喜びも倍増です。

・レストランでサプライズ

あらかじめ予約しておいたレストランに、前もってプレゼントを預けておきます。そしてデザートを出す時に一緒に持ってきてもらうようにお願いしておきます。直接渡すよりも効果的なプレゼントです。

・目隠しで連れて行く

サプライズ感を味わってもらうために、目隠しをつけたまま目的地へ向かいます。到着した場所が二人の思い出の場所や、挙式をした教会だったらロマンチックな気分も味わえますね。

・枕元に手紙

いつもの感謝の気持ちを手紙に書いて、枕元に置いておきましょう。長い手紙ではなくてメモ程度の文章でも喜ばれます。

・子どもを預けてのデート

小さい子どもがいると家族で出かけることはあっても、夫婦だけでのお出かけの機会は減ります。子どもを預けて普段はゆっくり楽しめないような映画や美術館デートを楽しんでみましょう。

・子どもと一緒にサプライズ

夫婦だけでお祝いするのではなく、子どもにも手伝ってもらいます。部屋の飾りつけや、両親の似顔絵、お手紙を書いたり、プレゼントを渡すのを担当してもらうのも良いですね。

・大きな花束をプレゼントする

シンプルだけど、ストレートに気持ちを伝えやすいのが花束です。花束をもらった経験がある女性でも、両手で抱えきれないくらいの大きな花束をもらった経験はそれほどないはずです。
いつもは普通サイズでも5年、10年目などの節目の結婚記念日には特大サイズの花束を選んでみてください。

・新しい結婚指輪を贈る

結婚後に結婚指輪を改めて作り直すカップルもいます。
10周年はスイートテンダイヤモンドとも言いますし、節目に思い切って結婚指輪を新調してみてはどうでしょうか。結婚式の時にした指輪交換のように、二人で交換すれば、新婚時代の新鮮な気持ちも思い出せますね。

5.結婚記念日にピッタリのお店をご紹介

結婚記念日のために予約したいけれど、どんなお店が記念日ディナーに向いているのでしょうか。
東京、横浜のおすすめレストランはこちらからどうぞ。

6.まとめ

日々の暮らしも大切ですが、1年に1回の結婚記念日をお祝いすることも大切です。
必ずしもお金を使えば満足できるというわけではありません。「毎年お祝いして仲良くしていく」という気持ちが一番大切なのですね。

閉じる
閉じる