【革婚式】結婚3年目にペアのプレゼントなどの記念品を贈って祝おう ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3354views

【革婚式】結婚3年目にペアのプレゼントなどの記念品を贈って祝おう

3354views

シェアする

LINEで送る

夫婦

革婚式というお祝いを聞いたことがありますか?夫婦の結婚三年目を祝う記念日のことをいいますが、では、革婚式はどのようにお祝いしたら良いのでしょうか?プレゼントは?二人で過ごす3回目の結婚記念日を素敵なものにするのにふさわしいプレゼントの紹介をしていきます。

1.革婚式とは

鞄とベルト

革婚式と書いて「かわこんしき」という読み方をします。革婚式の意味は、「結婚生活の中で倦怠期が訪れやすい時期でもあるので、革のように粘り強く」というような意味が込められています。
さらに革製品は使い込むことで味が出て魅力が増しますから、結婚生活を通じてお互いの魅力をさらに高めていきましょうというような意味も込められています。

英語では、“Leather anniversary”という言い方になります。1年目の結婚記念日が紙婚式、2年目が藁婚式、3年目の結婚記念日の革婚式ですから、名前の強みも増した気がします。
結婚3年目の革婚式にペアの記念品をプレゼントし合い、革のようなしなやかで、魅力のある絆の強い夫婦を目指すことができるでしょう。

2.3年目から記念日の過ごし方が変わる?

食事をする夫婦

1年目、2年目は結婚生活の初々しさがあり、お互いに気を使い合う関係があったかもしれませんが、3年目に入るとお互いの存在が徐々に当たり前のようなものになり、新婚当初のドキドキ感やウキウキ感が失われていくと感じる方が多くいます。
そこで、大切なのが結婚3年目の記念日の過ごし方です。ここで、相手が喜ぶようなプレゼントや記念品、プレゼントを渡すロケーションや演出にこだわり、結婚3年目の記念日の過ごし方を以前の記念日と同じではなく、変化させることができます。
そうするなら、夫や妻が当たり前の存在ではなく、自分の支えとなる感謝すべき存在であることを伝える機会となりますから、まさに革婚式の名前にふさわしく、粘り強く、味のある夫婦になる決意を新たにすることができるでしょう。

3.革婚式におすすめのプレゼント

革製財布

革の財布

プレゼントの定番財布ですが、夫婦でお揃いのデザインや似たデザインの財布を選ぶなら革婚式の記念品にぴったりです。
しかし財布は、生活スタイルや自分の趣味で、二つ折りか長財布か、カードがたくさん入る方がいいのか、薄い方がいいのかなど、欲しいと思うデザインが違ってきます。
なので、夫婦それぞれの財布の趣味や好きなデザインを、お互いによく知るようにして、相手がもらって使いやすいと思ってもらえるような財布を選ぶことができます。
そうすれば、せっかくの革婚式の記念品なのに、「この財布使いづらい」とあとで文句をいわれることもないでしょう。
記念品を選ぶ前に、相手の趣味や好みを理解することも、結婚の絆を革のように長持ちさせる秘訣のひとつです。

ペアの革製キーホルダー

ペアの革製キーホルダーを革婚式の記念品として贈ることもできます。
家の鍵、車の鍵など夫婦それぞれが持っている鍵にペアのキーホルダーをつけておけば、鍵を使うたびに目につくので、自然と夫婦の絆を確かめることができるでしょう。
キーホルダーをつけておけば、鍵をなくしたときにも、探しやすくなります。
記念品のペアキーホルダーも、幸せな結婚生活に続く扉の鍵を見つける助けになるでしょう。

革製パスケース

キーホルダーを同じ夫婦ペアで持つことができるのが革製パスケースです。定期やカードキー、身分証などを携帯する機会がたくさんありますから、実用的な革婚式の記念品になります。
名前を入れてもらうことができる商品やネックストラップのついたパスケースなどもあります。自分たち夫婦の生活スタイルや好みに合った革製パスケースを探すことができるでしょう。

革製手帳カバー・ブックカバー

革のブックカバー

手帳カバーやブックカバーも、革婚式の記念品にぴったりです。
有名ブランドも数多く手帳カバーを出していますから、二人でお揃いのブランドの革製手帳カバーを選ぶこともできますし、それぞれが好きなブランドの手帳カバーをプレゼントし合うこともできます。
ハンドメイドの革製手帳カバーやブックカバーもおすすめです。使い込んでいくことで手に馴染んでいく感覚や、革独特の風合いの変化を楽しむことができます。

革製のスマホケース・タブレットケース

革の財布とスマホケースとベルトと鍵

多くの人が使っているスマホケースにも、もちろん革製があります。
また、使う人も増えているiPadなどのタブレットケースも革製があります。
革製の手帳カバーやブックカバーと同じで使うことで手に馴染み、色合いの変化を楽しむことができます。
おしゃれで格好よく、かつ実用的な革婚式のプレゼントになります。ただ、残念ながらスマホを短い間隔で機種変更する方にはおすすめできないアイテムです。
 

革製バッグ

革製バッグにもさまざまな種類があります。ビジネスバッグ、トートバッグ、ショルダーバッグ、クラッチバッグ、リュックなどです。
夫婦それぞれが、違うタイプのカバンをプレゼントに選ぶこともできますが、夫婦共用で使うことができる男女兼用タイプの革製バッグもおすすめです。
例えば、トートバッグは、男女兼用タイプのものがたくさんあります。気に入ったデザインのトートバッグが手に入れることができれば、それを持って二人で旅行や、デートしようという口実にもなります。
3年目の結婚記念日のプレゼントとしてだけはなく、二人の仲をさらに親密にさせる次の一手につながる革製のバッグも革婚式の記念品におすすめです。

革製ベルト

革製品として外せないのが革製のベルトです。男性はスーツやスラックスを着用するときにベルトは定番です。男性がおしゃれでかっこいいベルトを締めていると、見た目の印象もアップします。
女性の場合は、洋服に合わせてベルトをしたり、しなかったりしますから、どんなベルトが欲しいか事前にチェックしておくことは大切です。その際に革ベルトに合う洋服をねだられるかもしれませんが、そのときに男気を見せることができれば、夫としての株も上がるでしょう。

革靴

革の靴

もう一つ革製品のおしゃれアイテムとして欠かせないのが革靴です。
革靴も革婚式の記念品としてぴったりです。
既製品の革靴を選ぶこともできますが、ここは思い切ってオーダーメードの革靴という選択肢をおすすめします。
おしゃれは足元から、と言います。いい服を着ていても靴が汚い、ヨレヨレならば印象が悪くなります。男女を問わずおしゃれな革靴で外見の印象を良くすることが大切です。
特に女性の場合は、足が小さいことや外反母趾などで既製品の靴では満足できないという悩みもある方がおられますから、そういった方にはオーダーメードの革靴がおすすめです。
きちんと手入れしてはけば何年もはき続けることができる革靴ですから、長持ちする革婚式のプレゼントにもなるでしょう。

レザーリング

ペアで使うことができる革婚式の記念品にレザーリングがあります。仕事以外のプライベートでお出かけするときにペアのレザーリングで夫婦二人の親密度をアップさせることができます。
レザーリングの中には、リング部分がレザーですが、台座の真鍮部分にジルコニアをはめたり、名前や記念日を刻印できるものもあります。
自分たちだけのオリジナルペアリングは、倦怠期を乗り越えて、夫婦の絆を革のように強くするアイテムになるでしょう。

革ジャン・ライダーズジャケット

男女もおしゃれアイテムのひとつになっているのが革ジャンです。ライダースジャケットは男性のみならず、バイクに乗らない女性が着てもかっこいいアイテムのひとつです。
革婚式の記念品としてペアの革ジャンやライダースジャケットというのもありなのではないでしょうか。
若いときだけでなく、年齢を重ねてからも革ジャンやライダースジャケットを、かっこよく着こなせる夫婦を目指せるかもしれません。

プレゼントを渡す演出にも一工夫

グラスを寄せる夫婦

結婚記念日3回目の革婚式で、革にちなんだプレゼントをただすればいい、というものではありません。
夫婦二人で食事やデートをし、ふさわしい雰囲気を演出することも大切です。プレゼントを渡したら、せっかくの機会ですから、3年経過したこれまでの結婚生活に関する感謝の言葉や、これからさらに強い絆を結んでいくためのお願いの言葉も、恥ずかしがらずに言いましょう。
愛情をプレゼントだけでなく、言葉でも伝えることが、本当に革のように粘り強い、年を重ねるごとに味わいが増していく夫婦になるための大切な秘訣です。

4.まとめ

夫婦

結婚3周年の結婚記念日は、革婚式と言いました。革のように粘り強い夫婦の絆を築き、倦怠期を乗り切ろうという願いを込めてお祝いすることができます。
ペアのキーホルダーやパスケース、レザーリングなどは、革婚式にはおすすめのプレゼントになります。またバッグや靴、財布などの服飾関連のアイテムも記念品として選ぶことができます。
プレゼントを渡すときには、これまでの感謝を一緒に伝えましょう。気持ちのこもったプレゼントと優しい言葉を送ることができれば、味わいのある、みんなからうらやましがられる夫婦となっていけるのではないでしょうか。

閉じる
閉じる