結婚記念日はいつにする?みんなの決め方をご紹介 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
2105views

結婚記念日はいつにする?みんなの決め方をご紹介

2105views

シェアする

LINEで送る

結婚式の写真と花

「結婚記念日」とよく聞きますが「結婚記念日」の定義とはなんなのでしょうか?結婚記念日をいつにすべきなのか、また素敵な結婚記念日の過ごし方を紹介しています。

婚約していざ結婚というわけですが、結婚式を挙げる日は列席者の都合や縁起のいい日を選ぶなどして決めるまでに苦労がかかります。しかし結婚記念日をいつにするかに関しては特に制限がないので、逆に決めにくかったりします。
なので、今回は先輩の夫婦がどのように結婚記念日を決めてきたかをご紹介します。自分たちの新しい記念日を決めるためのヒントがあるでしょう。

1. 結婚記念日っていつのこと?

結婚記念日ってそもそもいつのこと?

結婚記念日をいつにするかで、まず悩むのが結婚記念日はそもそもいつなのか?ということです。
答えを先に述べるならば、いつという決まりはありません。夫婦によっては入籍した日、つまり婚姻届けを提出した日が結婚記念日という意見の人もいれば、結婚式を挙げた日が結婚記念日という人もいます。
ですから新しく結婚する二人にとって記念となる、あるいは覚えやすい日を結婚記念日にできるということです。
しかし、調査結果によると、調査に答えた6割弱の人たちが、入籍日を結婚記念日としていて、残り3割程度の人たちが結婚式の日を結婚記念日と、さらに残り1割の人たちが入籍日も式を挙げた日も同じで、その日が結婚記念日と回答しています。

結婚何年目?結婚記念日の数え方

 結婚記念日は、一般的には入籍日か結婚式を挙げた日ということになりますが、いざ結婚してからしばらく経つと問題になるのが、結婚記念日の数え方です。「私たち結婚してから〇年経つけど、今度の結婚記念日は〇回目だよね。」の〇の部分がだんだんあいまいになってくることがあります。
 それで結婚記念日の数え方もあらためて紹介しておきます。

 結婚記念日の数え方は何周年、あるいは何回目という数え方です。
周年とは、ある出来事から数えて、過ぎた年数、つまり経過した年数を数える数え方です。
 ですから結婚して1年経過すれば、1周年、そして1回目の結婚記念日になります。
 それで、結婚して8年経過すれば、8周年、8回目の結婚記念日ということになります。
 「結婚10周年の10回目の結婚記念日」を祝う夫婦は、結婚してすでに10年経過し、11年目に突入したということになります。

2.結婚記念日いつが多い?人気ランキング

カレンダーを見て悩む女性

結婚記念日をいつにするかに関して先輩の夫婦はどのように決めてきたのでしょうか?どんな日に人気が高かったのかご紹介します。結婚記念日はいつがいいのか決める時の参考にしてください。

入籍日つまり婚姻届けを役所に提出した日を結婚記念日にしている夫婦が過半数を占めていましたが、彼らがどのように入籍日つまり結婚記念日を決めたのか以下がその結果です。

1.縁起の良い日

古風に感じるかもしれませんが、以外に多かったのが、大安、天赦日(てんしゃび)、母倉日(ぼうそうにち)、一粒万倍日(いちりょうまんばいび)という縁起の良い日を選んで、入籍し、結婚記念日とするという方法です。
 ちなみに、天赦日は「天が万物の罪を赦す日」として、最上級の吉日と言われています。二カ月に一度の割合でしかない、レアな吉日なので、天赦日に入籍したいというカップルは、カレンダーや暦をしっかりチェックしましょう。
母倉日は「母が子を慈しみ、育てるように、天が人を慈しむ日」ということで、何事を行うにも吉ということで、縁起良い日、入籍日または結婚記念日にぴったりの日です。
 一粒万倍日は「一粒の籾(もみ)が万倍もの稲穂として実る」ということで、仕事始め、開店などを含め物事を始めるのに良い日と言われています。
 暦をチェックすると、こうした縁起の良い日が重なっている場合もあります。
 例えば、2017年7月6日(木)、2018年9月13日(木)は、大安、天赦日、一粒万倍日の3つが重なるとてもレアな縁起の良い日です。

2.どちらかの誕生日

 芸能人カップルの結婚報告のインタビューなどでよく聞くのが、「彼女の(あるいは彼の)誕生日に入籍しました」という話です。
 誕生日であれば、すでに覚えているというメリットがあるので、結婚記念日を忘れる心配は、ほぼなしです。
  しかし、誕生日と結婚記念日を同時に祝うことになるので、少し損した気分になる、万が一離婚した場合、誕生日ごとに思い出すのが嫌などの理由で、誕生日を入籍日や結婚記念日にするのを避けるカップルもいます。
  それで、二人の誕生日のちょうど間の日に、入籍し、その日を結婚記念日にするという人たちもいます。

3.二人の記念日

 告白した日、初めてデートした日、プロポーズした日など二人の思い出の記念日を選んで入籍し、結婚記念日にしている夫婦もいます。
 夫婦の記念日と結婚記念日が同じだと、「付き合い始めてから7年、結婚してから5年」というような夫婦の歴史を振り返る会話も自然に出来るかもしれません。

4.語呂合わせ

入籍日と結婚記念日を決めるアイデアとして、語呂合わせで日を選ぶカップルもいます。
例えば、11月22日の「いい夫婦」の日、4月22日で「良い夫婦」、3月9日で、「サンキューの日」、7月9日で「仲良く暮らす」など、語呂合わせで覚えやすい日を選んで結婚記念日にしている夫婦もいます。

5.年中イベントの日

 クリスマスやバレンタインデーなど、年中行事のイベント日に合わせて結婚記念日にしている夫婦もいます。他にも7月7日の七夕の日などもあります。
 最近では、3月14日のホワイトデーを結婚記念日にするカップルも増えています。3月14日は、円周率の3.14を連想させ、円周率は数字がずっと続きます。それと同じように二人の愛がずっと続いていくことを願ってこの日を結婚記念日にするということです。

6.カレンダーのゾロ目の日

1月1日、1月11日、2月22日など覚えやすい日を結婚記念日に選ぶ夫婦もいます。
 ゾロ目の日が祝日だとしても、夜間受付で婚姻届けは提出できます。しかし記入ミスがあるなら、その日が入籍日、結婚記念日とならない場合もあるので、前もって記入ミスがないか確認しておく必要があります。

7.結婚式を挙げた日

 入籍日ではなく、結婚式を挙げた日を結婚記念日にしている夫婦もいました。
入籍した日に特別な意味がなければ、後々忘れてしまう可能性がありますが、結婚式の日は家族や友人で特別にお祝いしてもらった日なので忘れることがないということで、結婚式の日を結婚記念日にしておられます。
役所で婚姻届けを出した日は、覚えにくいが、盛大に結婚式をした日は覚えやすいというのは納得がいきます。

 役所に婚姻届けを提出して入籍した日を結婚記念日とするか、結婚式を挙げた日を結婚記念日にするか、それ以外の日にするか、夫婦で考えることができますが、いずれの場合にせよ二人の覚えやすい日を選ぶことができるでしょう。

3.結婚記念日の幸せな過ごし方

腕を組むカップル

結婚記念日に毎年何するかというのも夫婦の絆を強める大切なポイントです。結婚式記念日にできるおすすめの過ごし方、お祝いの仕方をご紹介します。

1.結婚記念日の名称にちなんだプレゼントをあげる

結婚記念日には年ごとに呼び方があります。
結婚して25周年の記念日は「銀婚式」、50周年は「金婚式」は有名ですが、1回目の結婚記念日は「紙婚式」、2回目の結婚記念日は「綿婚式」、5回目は「木婚式」、9回目の結婚記念日は「陶器婚式」、10回目の結婚記念日は「錫婚式」という名称です。
結婚記念日の名称にちなんだ、アクセサリーや雑貨などをプレゼントするという方法でお祝いすることができます。
もちろん、結婚記念日の名称に関係なく、お花やワインなどそれぞれの好きなものを贈ることもできます。

2.特別な場所での食事

ホテルディナー、客船でのクルーズディナー、普段行かないようなレストランや料亭などでの食事など、パートナーが喜びそうなところをリサーチしておいて予約できます。
事前に結婚記念日のお祝いであることを伝えれば、それに応じたサービスを提供してもらえる場合もあります。
思い出になるような場所で食事をした後は、素直に感謝の気持ちを言葉とプレゼントでパートナーに伝えることができるでしょう。

3.旅行

仕事や育児などで長期の旅行は難しいかもしれませんが、近場の温泉や最近流行りの豪華列車での旅行など、結婚記念日の思い出に残る旅行を企画できます。

4.まとめ

調査結果では、入籍日を結婚記念日する夫婦が多いですが、結婚式を挙げた日を結婚記念日する夫婦もいます。
 いずれの場合でも、先輩の夫婦は、縁起のいい日、どちらかの誕生日、二人の記念日、語呂合わせなどでふさわしい日を選んでこられました。
 どの日を結婚記念日にする場合でも、覚えやすい日を選ぶことがポイントです。
 結婚記念日をしっかり覚えておいて、毎年夫婦の絆を深まるような方法でお祝いできるでしょう。

閉じる
閉じる