事前に確認!フレンチ料理の食べ方マナー ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
9187views

事前に確認!フレンチ料理の食べ方マナー

9187views

シェアする

LINEで送る

テーブルコーディネート

大切な記念日やお祝いの席で利用することも多いフレンチレストラン。マナーがあるのは知っているけど、実際にどんなものか知らない方も多いのでは?レストランで慌てないように事前にチェックしておき、美味しい食事をソワソワすることなく楽しみましょう。フレンチレストランだけではなく、結婚披露宴などの席でも食事のマナーは重要。一緒に食事をしている方に失礼のないように、マナーを身につけておきましょう。

1.フランス料理を食べに行く時の服装

フレンチレストランに行く時の服装を考える上で基本となるのは、レストランのクラス。そのクラスごとに適切な服装がありますので、ここではそのクラスごとに着用すべき服装をご紹介していきます。前提として、汚れた服や泥だらけの靴、しわしわの洋服などはNGです。きちんとした格好で食事に行くという意識をもって洋服を選んでくださいね。

男性

・グランメゾン

スーツまたはジャケット、ネクタイ、スカーフ、アスコットタイ、革靴の着用が正装とされています。ヨーロッパのレストランではスーツやジャケットなどの上着着用がない場合入店を拒否されることも。

・オーベルジュ

基本的にはジャケット着用。

・ビストロ

望ましいのはジャケットの着用。

女性

・グランメゾン

昼の席ならワンピースやスーツ、夜の席ならイブニングドレスなどの着用が正装とされています。アクセサリーもラグジュアリー感あふれるものを付けていきましょう。
靴はパンプス、ヒールがマスト。バッグは小ぶりなサイズがおすすめです。

・オーベルジュ

ワンピースかスーツ着用とされています。注意したいのは靴。スニーカーやサンダルはNGで、男性ならば革靴、女性ならばヒールやパンプスに履き替えましょう。日中はラフな格好をしていても、ディナーの際にはアクセサリーを一つプラスしてみるのも良いでしょう。

・ビストロ

ワンピースやスーツの着用が望ましいです。足元もクロックスや履きつぶしたスニーカーなどは避けて、革靴やヒールをセレクトするようにしましょう。

その他にもブラッスリーならばちょっとしたお出かけ用の服装で大丈夫ですが、フランスなどヨーロッパの国々で利用する際に注意したいのは立地によってドレスコードが異なるケースが多いこと。同じエリアにある他のレストランのお客さんの服装を見て合わせるのも良いでしょう。

以上、お店のクラスによるドレスコードについてご紹介しましたが、最も確かなのは予約する時にドレスコードをお店に確認すること。またドレスコードなしと書いている場合でも、カジュアル過ぎるものは避けた方が無難です。
結婚式の披露宴や、式典、祝賀会などの場合には周りの参列者の方とトーンを合わせることが大切です。

冬場はコートなどを着てお店に向かうと思いますが、コートやダウンジャケットなどの上着は入り口でお店のスタッフさんに預けるか、クロークに預けるのがマナーです。くれぐれも椅子の後ろにダウンジャケットをかけることなどないようにしてくださいね。

2.ナイフとフォークの使い方

ナイフとフォークと皿

フランス料理を食べる時に使用するのはナイフとフォーク。ナイフとフォークはそれぞれに役割が決まっていますのでまずはその基本を理解しておきましょう。まずナイフは「料理を切る時に使うもの」フォークは「料理を口に運ぶ時に使うもの」です。

持ち方や置き方などにもマナーがあります。まず持ち方ですが、右利きの場合、ナイフは右手、フォークは左手で持ちます。ナイフは刃の付け根部分、フォークも同様の位置に人差し指を添えて持ちます。よくやりがちなミスとしては、料理をナイフで切り終わった後、ナイフは置いてしまい、フォークを右手に持ち替えてフォークだけで食べること。カジュアルレストランでしたらOKですが、格式のある場では控えましょう。

また、セッティングされているナイフとフォークは外側から使うようにしましょう。間違えて使用してしまった場合は、続けて使用して、足りない分を補充してもらうようにしましょう。置き方では食事の途中はナイフ、フォークを「八の字」に広げて置き、ナイフは刃を内側に、フォークは背を上に置きます。

ナイフレストがある場合は、一皿終わるたびにナイフレストにのせましょう。ナイフは刃を内側に、フォークは背を下にして、カチンという音が出ないように優しく置きます。食べ終わったら、ナイフは刃を内側に、フォークは背を下に向けて、ナイフとフォークを揃えて右斜め下4時の方向に置くと「食事が終わりました」という合図になります。

3.ナプキンの使い方

テーブルコーディネート

フレンチレストランの標準的なテーブルセッティングでは、メインの大皿の上にナプキンがセットされています。四角にたたんで置かれていることもありますし、飾り折りされていることもあります。ナプキンは全員が席についたら手にとり、2つ折りにしてひざの上に置きましょう。飲み物や料理が運ばれて来る前のタイミングで膝上に置いてセットしておくのがマナーで、ナプキンの折り目が自分の身体の側に、布端がひざ先にくるようにします。

ナプキンは食事中に口の周りを拭いたり、汚れた手指を拭いたりする時に使用してください。ナプキンが汚れてしまった場合は、お店のスタッフさんに新しいナプキンを持ってきてもらいましょう。食事が運ばれてきたタイミングに言うのがスムーズですが、その時に逃してしまった時は、手を上げたり大声で読んだりせず、スタッフさんに目で合図するか会釈をして近くに来てもらい、「新しいナプキンをお願いします」と声をかけましょう。

お手洗いなどで席を立つ時はナプキンを椅子の上に置くのが正式なマナーです。これは「席を離れますが、また戻ります」という合図になります。食事が終わった時は大まかに四つ折りにして机の上に置きましょう。きれいにきちんと折りたたんだり、逆にくしゃくしゃになって置かれているのもNGですので注意しましょう。

4.食べる順番

フランス料理はコース料理であることが多いので、あまり食べる順番については気にしなくてもいいかもしれません。ですが、アラカルトで注文することもありますので食べる順番のマナーも確認しておきましょう。

前菜・サラダの食べ方

大皿に盛られたサラダは、自分の分だけを取り皿に取り、それからドレッシングをかけます。基本的には小さなお料理はそのままフォークで頂きます。大きくて一口で食べれないレタスやテリーヌなどはナイフで切って頂きましょう。左端から食べやすい大きさにカットするのがマナーです。切ったレタスなどは何枚か重ねるとフォークで持ち運びしやすくなりますよ。

カナッペは手で頂いてもかまいませんが、一口で食べられない時はナイフでカットしてから頂きましょう。ゼリー寄せやキャビアなどフォークでは運びにくいものはスプーンですくって食べます。お料理が運ばれてきた時に、お店のスタッフさんから食べ方の指示がもらえることが多いですので、それに従って頂きます。

スープの飲み方

間違えると目立ってしまうので事前に確認しておきたいマナーの一つです。スープは「飲む」ものではなく「食べる」ものと考えられていますので、スプーンからすするのではなく、スプーンを口に入れて食べるようにしましょう。音を立ててすするのはもってのほかです。また、スープをすくう時は手前から奥に向かってすくうようにしましょう。スープの量が少なくなってきたら左手前を持ち上げ、右奥にスープをためてすくうようにしてくださいね。

魚料理の食べ方

魚をひっくり返さないで食べることが最も大切なポイントです。フォークで骨をおさえて、上の面の身をナイフでお皿の上か下に寄せましょう。次に、フォークで骨のおさえてナイフを骨の下にくぐらせ、同様に身をはずしてお皿の上か下に寄せましょう。その後、身をいただきます。

殻付きの海老や蟹のお料理の場合は、フィンガーボウルが一緒になって出てくることがあります。フィンガーボウルは「手を使って頂いてよい」ということですので、手で頂きましょう。汚れた指先は、フィンガーボウルで軽くゆすぎ、ナプキンで水分を拭いましょう。

肉料理の食べ方

食べる分だけをナイフで切って、フォークで頂きましょう。先にお肉をナイフで切ってから、ナイフをおいて、フォークを利き手に持ち替えてフォークだけで食べるのはフランス料理のマナーとしてはおすすめできません。せっかくのお肉が冷めてしまい肉汁も出てしまうので、口に運ぶ前にその都度切るようにしましょう。

骨つき肉も、骨の近くにナイフを入れて切り離した後で一口ずつに切って頂きます。この場合も、最初に全部ナイフで切ってしまうのは避けましょう。ちなみに、つけあわせのコーンや豆類は、フォークの背でほんの少し潰してからすくうと、転がらずに口に運びやすくなります。

また、串に刺さったブロシェット(バーベキューのようなもの)は温かいうちに串から外しましょう。右手で串を持ってフォークを使い、全て外してから一口ずつに切っていただきましょう。丸焼き系は、お店のスタッフさんが切り分けてくれる場合がほとんですが、そうでない場合は、男性が切り分けます。フランスはレディーファーストの社会なので、切り分けたお肉はまずは女性に取り分けてあげてください。

パンの食べ方

こちらも注意が必要です。ポイントは食べる前に、一口大の大きさに手でちぎってからバターやオリーブオイルをつけて食べること。パンをそのままつけて口でかみちぎるのはマナー違反ですのでしないように気を付けてください。

また、パンは先に出てくることが多いのですが、お腹がすいているからと言って食べすぎは禁物。スープが出てきたタイミングで食べ始めるようにすると、バランスよくいただけます。スープにつけたり、肉料理や魚料理のソースにつけて頂きましょう。ライスの場合でも肉料理や魚料理のように、なるべくナイフでフォークの腹に乗せて食べるのがおすすめです。

デザートの食べ方

フォーク、ナイフ、スプーンと用意されても、必ずしも全てを使う必要はありませんので、自分が食べやすい物を使って頂くようにしてください。よく言われる食べにくいデザートの代表格ミルフィーユは、最初に思い切って倒してしまってから、ナイフを入れると意外ときれいにカットできます。また、メロンなどの皮付きの果物は、皮のに沿って身を削いで一口サイズに切ってから頂きましょう。

食後に出てくるコーヒーは消化を促進してくれる働きがあります。コーヒーが苦手な方は紅茶に変えてもらいましょう。お砂糖やミルクを入れる時は、飛び散らないようにティースプーンでそっと入れましょう。

5.食べ終わりの合図

食べ終わりの合図は大きく二つあります。まずはナイフとフォークをそろえて4時の方向に置くこと。さらに、膝の上に置いていたナプキンを4つにたたんで机の上に置くことです。ナプキンを置く位置は、自分の席の正面の範囲、大体肩幅プラス15センチ程度の範囲に置きましょう。それ以上になると隣の方のスペースに置くことになり上品とは言えません。

6.まとめ

いかがでしたか?今回はフレンチレストランでのマナーをご紹介しました。服装から食べ方まで色々と知っておくべきことはありますが、マナーにとらわれてしまいすぎて肝心のお料理を楽しめないのも残念です。

もし不安でしたら、テーブルマナー講座などを事前に受講して一通り頭に入れておくと、当日安心してお料理や会話を楽しむことができますよ。必要に応じてぜひ利用してみてくださいね。

この記事を見ている人はこんな店舗も見ています

  • 屋形船 あみ幸

  • 海鮮Dining 和しょう

  • 金香楼

閉じる
閉じる