お宮参りの“着物”について簡単解説いたします! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

全国のお祝い
コースプランを探す

Ranking
Home
313views

お宮参りの“着物”について簡単解説いたします!

313views

シェアする

LINEで送る

お宮参りの“着物”について簡単解説いたします!

赤ちゃんが無事に生まれたことを氏神様に報告し、これからの健やかな成長を願うお宮参りは、赤ちゃんにとっても両親にとっても特別なイベントです。

日本に古くから伝わる風習でもあるお宮参りの日を日本人らしく着物で迎え、より思い出深いものにしたいと考える人もいることでしょう。

そこで、お宮参りの際に赤ちゃんや両親が着用する着物についての基本をわかりやすく解説します。

赤ちゃんの着物の種類

赤ちゃんが着る着物には、男の子と女の子で違いがあるほか、それぞれ柄が異なるなど多くの種類の着物があります。

お宮参りでは、背縫いの無い一つ身となっているタイプのもので、袖口が縫われていない広袖の着物を着用することが正式なスタイルです。

男の子の場合には、縦糸と横糸に撚り(より)のない糸を使用した平たい滑らかな絹織物である羽二重の着物で、さらに家紋が入った紋付(もんつき)のものを着ることが一般的です。

好みやデザインにもよりますが、黒や青、シルバーやグリーン系の色地となっているものが人気となっています。

兜や鷹、龍、虎、軍配などが一般的に多く見られる柄の種類です。

女の子のお宮参りの着物は、ちりめん素材に花柄をあしらったものや友禅模様の着物が主流となっています。

赤をはじめとした女の子らしい、華やかさのある色を使用したデザインが多く見られるのが特徴です。

柄には主に牡丹、芍薬、桜、御所車(ごしょぐるま)、花車、宝舟、打ち出の小槌などをデザインしたものが一般的で、伝統的な柄からおめでたい雰囲気を持つ柄まで数多くの種類が用意されています。

両親におすすめの着物は?

両親におすすめの着物は?

赤ちゃんの着物姿とあわせて、両親も着物を着用するという人もいることでしょう。

お宮参りは、神様へのお礼とお願いをするための行事です。

そのため、両親は正装をすることがマナーとされています。

また、お宮参りの後は格式のあるレストランや料亭などで記念の食事をとる人は少なくありません。

敷居の高い雰囲気のレストランや料亭に行っても恥ずかしくない着物は安心できる服装といえるでしょう。

しかし、正装とはいえ黒留袖や色留袖はお宮参りという場にふさわしくない服装です。

このため、母親は背中にひとつだけ家紋が入った一つ紋の訪問着か、訪問着より簡易的な着物である付け下げを着用することが一般的な礼装といわれています。

清楚な色合いのものを選び、主役である赤ちゃんよりも控えめな色やデザインのものを着用するようにしましょう。

一方父親も、場にふさわしいきちんとした服装をする必要があります。

昔とは異なりスーツを着用する人が増えていますが、我が子にとっての大切な行事であること、また、写真撮影を行うことも多いお宮参りで父親も着物姿でお祝いすることは、子どもにとっても家族にとっても良い記念となります。

赤ちゃんや母親とそろえて、父親も着物を着用する場合には、紋付き袴が一般的なスタイルです。

背中に家紋がひとつ入った一つ紋、あるいは背中と両袖の後ろにひとつずつ計3つの家紋が入った三つ紋の羽織と着物、袴を着用します。

お宮参りの着物の着用方法

お宮参りの着物の着用方法

お宮参りで赤ちゃんが着物を着用する場合、大人が着用する着物の形とは異なるため通常の着物の着方をすることはできません。

赤ちゃんに祝い着と呼ばれる着物を着用する場合には、まず、最初に肌着を着せます。

肌着は、季節に応じて裾の長さが異なる短肌着か長肌着から適したものを選びましょう。

通常、お宮参りは生後一か月頃に行われるものですが、寒さや暑さ、家族の予定の調整などを理由に時期を遅らせて生後二か月以降に行う場合もあります。

そのような場合には股下をスナップで留めることで、はだけにくくなっているコンビ肌着を着用させることも可能です。

肌着の上にはベビー服やベビードレスを着用し、さらにその上からよだれかけやスタイを付けます。

赤ちゃんを抱っこしたら、赤ちゃんの頭がある肩とは逆側に祝い着となる着物をかけ、赤ちゃんを包み込むように回しかけたら、抱っこしている人の首の後ろで蝶結びをして留めます。

正面から見た時に、着物に描かれている柄が中心に見えるように着用するようにしましょう。

そのほかにも、当日の気温に応じて帽子や靴下などを用意しておくと赤ちゃんの体調対策として安心です。

帽子とよだれかけは、お宮参り用にセットとなって売られていることもあります。

レンタルの着物を利用する場合には、小物などがセットとなっている場合もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

お宮参りのお祝いにおすすめのお店はこちら≫

この記事を見ている人はこんな店舗も見ています

  • 和食会席 漁師の里

  • レストランカフェ カラパナ

  • 大志満 横浜店

閉じる
新規会員登録
閉じる