夏のお宮参りの服装をご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
6629views

夏のお宮参りの服装をご紹介!

6629views

シェアする

LINEで送る

赤ちゃんを見る両親

お宮参りは生まれて1か月ほど経つ頃に、神社にお参りへ行くことを指します。生まれる時期によってお宮参りのタイミングも変わってくるので、6月生まれ、7月生まれの赤ちゃんたちのお宮参りは必然的に夏、となってしまいます。夏にお宮参りに行っても赤ちゃんの体力的に大丈夫なのか、行く際の服装の注意点などご紹介します。

1.赤ちゃんの服装

赤ちゃんと父

夏の外出は赤ちゃんにとっても、両親にとっても不安や負担があるでしょう。どのような服を着せたら良いのか、生後1か月の赤ちゃんを炎天下に連れ出しても良いのかなど。夏場にどのような服装でお宮参りに行くのが、赤ちゃんに最も負担を掛けないかについて考えてみましょう。

赤ちゃんの正装は正式には白羽二重の着物の上に、祝い着を着ます。男女で祝い着の紋が変わってくるので、まずは正装の祝い着の特徴について見ていきます。

男の子の夏の服装

男の子の祝い着は、軍配や兜、龍、虎など雄々しい印象を与えるものが、祝い着に選ばれます。色についても黒や青、銀や緑などが使われ、吉祥文様としては宝船など以外には富士山も採用されています。

体調や天候を考慮して正装以外を着用させたい場合は、ベビードレスがおすすめです。最近は略式の衣装でのお宮参りも増えているので、肌着の上から羽織れたり、カバーオールタイプのものなど種類も豊富です。肌着の上から着せるだけなので、比較的風通しもよく、過ごしやすいでしょう。正装でもベビードレスでも肌着は短肌着にして、ガーゼ素材など汗を吸収しやすいものを選ぶ必要があります。特に正装をする際は、直接内着を着せてしまわなよう注意しましょう。ベビー服では帽子が付いているものなら日よけにもなります。

男の子にはスーツ柄のベビー服もあるので、少しフォーマルベビー服として活用するのもおすすめです。

女の子の夏の服装

女の子の祝い着としては、ボタンや桜など花柄の友禅模様が主流となっています。他にも宝船や宝石をモチーフとした吉祥文様もおすすめです。男の子のものと比べ、色彩豊かで鮮やかな模様が特徴です。

女の子の場合も夏は男の子同様にベビードレスがおすすめです。女の子には、特にお姫様のようなドレスを着せるのもよいでしょう。

お宮参りの衣装に関してはレンタル出来るので、写真屋さんや貸衣装屋さんに問い合わせてみることをおすすめします。生まれたばかりの赤ちゃんは自分で体温調節が上手に出来ません。どの服を着せたからと安心してしまわず、小まめに体温や汗の状態を確認することが大切です。日陰を選び、直射日光が当たらないように気を付けます。母子ともに水分補給を怠らず、移動時間を短く出来るよう、交通手段やルートを確認しておきましょう。

2.【母親】ママの夏の服装

母親の服装は赤ちゃんを正装させるかどうかで変わってくるでしょう。一般的には母親も正装は訪問着か色無地のものになります。夏には夏用の着物があるので、赤ちゃんに合わせて、正装するかを決めましょう。赤ちゃんを産んで1か月では母親の体調も万全ではありません。あまり無理をせず、赤ちゃんと母親両方の体調を見ながら決めていきましょう。

通販では、お宮参りにピッタリのフォーマルなワンピースも販売されています。赤ちゃんがベビードレスなどカジュアルに済ませる場合は、母親の服装も正装でなくても構わないでしょう。

3.【父親】パパの夏の服装

父親の服装は正式・略式問わずスーツか礼服が一般的です。現在は夏用素材を採用しているスーツもありますので活用するのも良いでしょう。シャツは半袖でも構いませんが、祈祷や記念撮影の際にはジャケットを羽織るようにしましょう。ネクタイも忘れず着用し、暑いからとあまり緩め過ぎないように注意が必要です。

礼服ならネクタイは白やシルバー系、スーツなら柄物でも構いません。カジュアルスーツを着る場合は、赤ちゃんと母親の服装と合うよう調節しましょう。

4.【祖父】おじいちゃんの夏の服装

祖父の服装も父親と同様スーツや礼服、和装となります。一方で両親と赤ちゃんがカジュアルな服装ならば、それに合わせるのが一番です。夏の参拝は高齢者にとっても負担が大きくなります。サマースーツを着るのが無難で、なおかつ涼しいスタイルとなるでしょう。

5.【祖母】おばあちゃんの夏の服装

祖母の服装は、訪問着や紋付きの羽織などといった正装があります。母親と同様正装をしない場合はフォーマルな服装、ワンピースがおすすめです。和装は体力的にもしんどいため、着用の機会が減ってきています。お宮参りを良い機会に、という方もいらっしゃるので、お宮参りに参加するメンバーでどの程度のフォーマル感を出すのかを話し合うのが良いでしょう。

6.まとめ

赤ちゃんと母

今回は夏にお宮参りをする際に、どのような服装が良いのかについてご紹介してきました。カジュアルスタイルのお宮参りが広がっていると言っても、正装でないといけないのでは、と考えてしまう家族もまだまだいるようです。

しかし、一番に考えることは、赤ちゃんとお母さんの体調です。生後約1か月後とされているお宮参りも、今では真夏は避けるためにもっと日を置くこともあるようです。伝統や思い出も大切ですが、お宮参りが原因で体調不良になってしまわないよう、柔軟に対応するのも必要です。

閉じる
閉じる