七五三にはやっぱり着物!子供用着物の選び方とは ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
1057views

七五三にはやっぱり着物!子供用着物の選び方とは

1057views

シェアする

LINEで送る

七五三の女の子

七五三と言って想像するのは、子供の可愛い着物姿ではないでしょうか。着物というと、1種類しかないようにも思えますが、実は年齢ごとに違いがあります。本記事では、年齢ごとの着物の種類とレンタルの方法、そして、3歳の女の子の被布の着こなし方をご紹介します。

1.着物の種類はどのくらいある?

七五三の衣装

大人の着物といえば、肌襦袢を着て、着物を着て、帯を結んで、とたくさんの工程が必要になります。ですが、子供用の着物は子供が着ていても疲れないような工夫がされています。

男の子と女の子でも違いがあり、男の子は基本的には羽織袴、女の子は着物、そして3歳の女の子は被布(ひふ)を身につけるのが一般的とされています。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

男の子の着物の種類

男の子の七五三のお祝いは3歳と5歳の時に行われます。3歳の女の子の場合は被布を着てお参りをします。では、男の子も被布を着るのでしょうか。男の子の場合、基本的に袴を着用される習わしがあります。その上から、被布を着用しても良く、特別の決まりはありません。

3歳の時に被布を着用する意見として、5歳になると袴と決まっているので、被布を着用するなら3歳しかないという考えもあります。また、着付けも簡単で動きやすいので、子供からすると袴より被布の方が楽といえます。着物の上に被布を着用するときは、羽織は使いません。

5歳のお参りの時は袴を着用します。袴は見ての通り、スカートのように長く仕上がっています。着つけ方としては、着物を着用した後に角帯を締め、袴を着用します。そして、その上から羽織をかぶります。
更に、短刀を袴にさし扇子を手に持たせます。これが代表的な5歳時の衣装となります。

女の子の着物の種類

親御さんが特に気になる女の子の着物ですが、3歳と7歳で着用する着物が異なります。3歳の頃を昔は「三つ身」と呼び、お腹周りが楽な子供用の着物を着用させます。7歳のお参りのことを考えて、大きめの着物を購入される方がいますが、実は慣習からいくとNGとされています。それぞれの年齢の体にあう着物を選ぶ方が良いでしょう。

三つ身の着物は、両脇に縫い目があるもので、背中の縫い目はありません。帯は兵児帯(へこおび)を結びます。さらに、着物の上から被布と呼ばれる被り物を着ます。見た目はベストのような上着で、着物の色合いと合わせます。

7歳になると大人の着物に近づいていきます。昔は、7歳になると紐落としの儀式を行い、子供用の紐を結ぶ着物から本格的な着物へと変えていきました。そのため、七五三でも7歳の時は四つ身と呼ばれる着物を着用します。

四つ身の着物は、大人用の着物と似た作りで背中にも縫い目があります。帯は大人用と同じ作りのものを結びます。着物の着用時には、胸元に「はこ迫(はこせこ)」という小さな小物入れと扇子を入れます。さらに帯の中でも芯がない志古貴(しごき)をふんわりと帯下に結びます。

自宅で着付けをするのであれば、昔ながらの一枚帯を結ぶのは難しいでしょう。そこで最近では、帯の形が作られているものを後ろに差し込むだけの簡単な付け帯も人気があります。

2.着物は買う?買わない?

着物

七五三にあたり、着物は買った方がいいのでしょうか。それとも買わない方がいいのでしょうか、最近はレンタルしている会社もあるので、どちらが便利なのか比べてみましょう。

買う場合

着物を買う場合のメリットとしては、なんといっても、わが子だけの1点を購入できるところにあります。レンタルの場合だと、人が着たことがあるものの着回しになります。せっかくのお祝いだからこそ、着回しではなく、新しいものを着用させたいという気持ちもあるでしょう。また、いったん購入すると、七五三だけでなく、お正月などにも着用させることができます。

さらに、姉妹が居るので、姉妹で同じ着物を着まわすというご家庭もよくあります。良い着物は長持ちすることから大切に保管することで、親が着用した着物を子供の代、孫の代へと引き継いで着せるのも良いでしょう。

着物を買う場合のデメリットとしては、やはり費用的な問題があります。レンタルだと1万円程度で済むのですが、着物を買うとなると小物を含めると5万円以上かかることもあります。正絹の着物の場合は、大人の着物と同様、とても高価になります。費用を抑えて着物を購入したい場合は激安の着物販売ショップを利用してみると良いでしょう。

ところで、着物を購入する場合は、着付けも自分で手配しなければなりません。お参りの日の朝に家族が着付けをしてあげるのも良いですし、美容室などで着付けをお願いしましょう。

買わない場合

着物を買わない場合のメリットとしては、やはり、費用面を抑えられることが挙げられます。また、クリーニングなども、レンタルショップ側が行ってくれるので、着た後の保管や収納場所に困ることもありません。

着物を買う場合は、小物なども集めなければなりませんが、レンタルの場合は小物もセットで借りることができるので最終的にかかる費用が安くなります。

着物をレンタルする場合、借りる前日にお店に行って着物や小物を受け取ります。そして、お参りを済ませ、その日のうちに着物を返却するのが通常です。とはいえ、当日の返却が難しい場合はどうすればよいのでしょうか。そういう時はあらかじめお店に伝えておくと、延長料金を支払って、レンタル期間を延ばすことができます。

ところで、着物をレンタルする場合、万が一着用時に汚してしまうと、クリーニング代や賠償金を支払う必要があります。レンタルショップの中には、汚れてもOKというところもあるので、3歳や5歳など着物を汚してしまう心配がある場合は、そういうお店を選ぶ方が良いでしょう。

また、レンタルショップにある着物は在庫数が決まっています。そのため、お気に入りの着物がすでにレンタルされていると言うこともあり得ます。好みのデザインの着物がある場合は、早めに予約しておく方がおすすめです。

そして、レンタル予約は、たいてい日程変更ができません。そのため、突然の体調不良などでお参りが難しくなってもキャンセルができないので、注意しておく必要があります。

お子様の着物選びが一段落したら、着付け方法や両親の服装なども調べておきましょう。以下の記事でそれぞれ七五三に必須の情報をまとめていますので、あわせて参考にしてみてください。

 EPARK iwau
EPARK iwau
EPARK iwau(イーパーク イワウ)でお祝い・記念日を特別プランで思い出を作りませんか!!

3.着物の上に着るものは?

手を洗う男の子

3歳の男の子や女の子の着物の種類でも出てきましたが、着物の上に着るものとして、被布(ひふ)があります。着物の上から羽織ることで、コートとしての意味合いも兼ねている被布ですが、着用にあたってれっきとした理由があります。

もともと3歳の子どもが着用する着物は、その体型に合わせてお腹周りがゆったりとした仕上がりになっていました。帯も兵児帯や付け紐を結ぶだけで、大人のような大きな帯は結びません。この見た目を整えるために被布を着るようになりました。

その為、被布を着用するのはあくまで子供用の着物を着用する3歳までで、5歳や7歳になると被布は着なくなります。

では、被布は単品で購入できるのでしょうか。市販の着物はセットものが多いので、気になりますよね。呉服屋さんなどを調べてみると、被布は単品で販売されています。また、レンタルショップでも、被布のレンタルが可能です。3歳の時1度だけしか着用しないことを考えると、被布は購入するよりもレンタルが良いかもしれません。

4.まとめ

七五三の女の子

3歳5歳7歳、そして男の子、女の子と、それぞれの着物の種類を見てきました。3歳は男の子の場合は羽織袴もしくは被布を着用、女の子の場合は三つ身の着物の上から被布を着用します。5歳の男の子は羽織袴を着用し、7歳の女の子は四つ身の着物を着用します。

着物はお子様への記念やお祝いの意味で購入する方も多いです。しかし、着用するのはお参り時の1度だけなので、少しもったいない気もするかもしれません。そこで、予算を抑えたい方はレンタルショップを活用するのもおすすめです。素敵な着物で、七五三を良い想い出として残しましょう。

閉じる
閉じる