【古希祝いの食事】家族揃っての料理の準備はどうするの? ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
2636views

【古希祝いの食事】家族揃っての料理の準備はどうするの?

2636views

シェアする

LINEで送る

キッチンで食事の準備

家族のこれから先の健康を願う古希祝い。こちらの記事では、「古希」と呼ばれる70歳のお祝いについて、どういうお祝いの席を設けることが一般的なのか、喜んでもらえるのかピックアップしました。相応しい食事や、お祝いの席にふさわしい相場金額などをご紹介していきます。

1.古希祝いとは

70歳の誕生日

まず「古希祝い」とは、どのようなお祝いなのかご存知でしょうか?
ここで言う古希とは、70歳の長寿祝いのことです。
日本では、還暦(60歳)、古希(70歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)というように年齢の節目に長寿をお祝いしますが、これは「年祝い」と呼ばれるもの。
もともとは数え年で70歳(満年齢では69歳)のときのお祝いですが、現代の日本では満年齢で年齢を数えるのが一般的となっています。

古希も含むこれらの年祝いは昔からの慣習行事でしたが、近年は医療や衣・食・住環境の発展から、平均寿命の高齢化が進みました。70歳を超えても元気な方が増えていますよね。
そのような状況の変化により、最近はお祝いをしないという家庭も増えてきているようですが、本来ならば70歳を迎える本人のみならず家族、親戚も巻き込んでの一大イベントであるお祝い行事です。
両親など大切な家族が満年齢で70歳を迎えたなら、ぜひ健康と長寿に感謝をし、お祝いの場を開いてあげたいですよね。

2.古希祝いは何をするの?

紫の花

では、具体的に年祝い、古希祝いとはどんなことをすれば良いのでしょうか?

古希のお祝いのテーマカラーは「紫」

ご紹介した「年祝い」にはそれぞれテーマカラーがあるのですが、古希のお祝いのテーマカラーは「紫」。
昔、紫は特別な色として崇められており、紫色の衣装を身につけることは、位が高い人にしか許されていませんでした。
平均寿命が80歳を越えている現代社会ではなかなか考えられないことですが、昔は「70歳まで生きられることはとても稀」とされていたので、古希を迎えた高齢者に敬意を示していたんですね。

古希祝いには、長寿の祝福の感謝を込めて「紫色のちゃんちゃんこ」や座布団をお祝いの席に用意して、祝宴を開くのが一般的だったようです。
しかし現代では、紫色のちゃんちゃんこまできっちり用意する家庭は少なくなり、紫色のプレゼントを贈って古希祝いとすることが多いようですね。

家族が健康と長寿を家族がお祝いしてくれるなんて、おじいちゃんおばあちゃんにとってはとても嬉しいことでしょう。
身近の人生の先輩が古希を迎えた際には、プレゼントを贈ったり、お祝いの食事会を開いたりと計画を立てて、「おめでとう」と伝えてあげましょう。

食事会を開く時の料理の準備については、手料理でも仕出しでも外食でも、マナー的な決まりごとはありません。
基本的には、古希を迎える方の好きなものをチョイスしてあげるのがベターです。

3.古希祝いは自宅でお祝い

食事の準備は”仕出し”弁当にお任せ

仕出し弁当

まず、自宅で祝宴を開く場合ですが、両親や祖父母、義理の父母の古希祝い、きちんとお祝いしてあげたいと思いながらも、古希祝いの料理に何を準備すれば良いか困り、「お祝いどうしよう…。」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

外食をためらう人は仕出し弁当の選択肢も

お店を予約するという手もあるものの、妊娠中のママや、小さい子どもがいるから落ち着けない、など心配事があり、外食をためらう事情のあるご家庭もいるでしょう。
このようにお店でお祝いの席を設けることが難しいという方や、自宅でお祝いのご馳走を準備するには不安な方には、”仕出し”弁当を取って自宅でお祝いするのがおすすめです。

最近はハレの日をお祝いする仕出しサービスも充実しています。
主賓やあなたのお眼鏡に叶う仕出し弁当がきっと見つかるはず!

料理メニューの一例としては、伊勢海老など豪華食材を使ったものや、四季折々の野菜を使ったものなど、美しく飾られた仕出し弁当が種類豊富に提供されていました。
お店のホームページやチラシを見るとお弁当例がたくさんありますので、家族で好きなお弁当を選ぶと良いでしょう。

くつろいで、ゆっくり会話が楽しめるのがポイント

また、自宅だと外食のように家族全員で出かける手間もなく、周囲を気にせずくつろいでお祝いできるので、家族で集まってゆっくり会話を楽しめるのが嬉しいポイント。
親戚にも声をかけやすいので、親しい親類を呼んでみんなでワイワイ楽しむのも良いですね。

家族水いらずで祝いたい方も、親戚を大勢呼んで盛り上がりたい方も、きっと大成功の古希祝いが開催できるはず!

4.古希祝いの食事はレストランや料亭で

寿司

歯のことも考慮して懐石、割烹といった和食がおすすめ

せっかくのお祝いの席。みんなで出かけて食事を楽しみたいという方は、少し特別なお店を予約して、家族の特別な思い出を作るのも良いですね。
外で古希祝いの食事会を行うとき、慣れていないと困るのが開催場所ですが、おすすめは、お祝いのプランがあるレストランや料亭です。
70歳のお祝いなので、歯が弱くなっていることも考慮すると、懐石、割烹といった和食が中心のお店にした方がいでしょう。

レストランによっては、年祝いのコースプランを用意しているところもあるので、そのようなプランをチョイスして予約しておけば間違いないでしょう。
ただ、持病を持っている方がいる可能性もあるので、食べられるもの、食べられないものを伝えれば提供メニューを調整してくれる、料亭も安心ですね。

注意事項としては、周囲に気兼ねせずお祝いの時間を取れるように、個室の席があるお店かどうか確認しましょう。
また、お子さんがいるご家族の場合は、子連れOKのお店かどうかも確認するとベターです。

古希祝いの相場は家族によってばらつきがある

古希祝いの相場の金額については、10,000円~100,000円程と、家族によってばらつきがあるようです。
ご家庭のお財布事情や、一緒にお祝いする他の親族がいる場合は、事前に相談してお祝い金額のバランスを考えて用意するようにした方が良いですね。

5.まとめ

最後に、食事会に合わせてプレゼントも用意しておくときっと喜んでくれますよ。
古希祝いのテーマカラーの紫にちなんで、紫色をあしらった小物やアクセサリー、プリザーブドフラワーや生花の花束などをチョイスすると品がありますね。

ただ、古希祝いのお祝いの品には、こうでなければいけないという決まりは特にありません。
多くの場合古希祝いを贈る相手は、自分の両親やパートナーの両親、親類などの近しい相手なので、相手の好みやライフスタイルに合わせて喜ばれるものをチョイスすれば間違いないでしょう。
好みのお酒や欲しがっていた電化製品、家族旅行のプレゼントなども喜んでもらえそうですね。

また、古希祝いでは現金をお祝いの品として渡すこともマナー違反ではありません。
贈られる側が両親の場合は、「現金よりも思い出になるようなプレゼントが良い」、「お金を子供から受け取りたくない」ということもあるかと思います。
贈る相手がそのように言って来そうな場合は、現金はやめて、何か記念になるようなプレゼントをあげた方が良いですね。

いかがでしたでしょうか?
せっかく古くから日本に伝わってきたお祝いの記念日です。
たまのハレの日、大切な家族の思い出の1ページのため、祝宴を開いて古希を盛大にお祝いしてみてください。

閉じる
閉じる