【必見】古希を迎える母に、絶対に喜ばれるプレゼントの選び方 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
1071views

【必見】古希を迎える母に、絶対に喜ばれるプレゼントの選び方

1071views

シェアする

LINEで送る

【必見】古希を迎える母に、絶対に喜ばれるプレゼントの選び方

古希祝いとは、満70歳を迎えた人をお祝いすることです。長生きの方が増えてきた現代、60歳をお祝いする還暦よりも、古希祝いの方が長寿のお祝いとして扱われている地域もあります。
70年の人生を歩んできた母へ。
何をあげよう?お祝いとして何しよう?と悩めることはとても幸せなことですね。
ここでは、大切な母のために贈る人気のプレゼントや、プレゼントの相場、選び方のポイントなどを紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

1.古希祝いのプレゼント相場とは

実際に古希祝いを贈ろうと思った時、相場はどれくらいなのか、まず悩むところですよね。世の中の古希祝いのプレゼントの相場を紹介します。

実母か義母で予算は変動する

古希祝いを迎える母へのプレゼントは、だいたい5,000円~10,000円程が相場のようです。ですが、実母と義母で少し予算は変動します。

・実母「5,000~10,000円」

実母への古希祝いは5,000円~10,000円程でしょう。身内へのプレゼントなので、そこまで金額的には高い物ではありません。ですがこの価格帯なら、様々な物をプレゼントすることができますよね。

・義母「10,000円前後」

義母へのプレゼントはだいたい10,000円前後と、実母へのプレゼントより少しだけ値段が上がるようです。ですが、贈る物にそこまでの大差はないでしょう。相場は、予算の参考にする程度で、気持ちのこもったプレゼントを贈ることを1番に考えましょう。

2.もう迷わないプレゼントの選び方

それでは、どういうところにポイントを充てて、プレゼントを選べばいいのでしょうか。プレゼントは何しようかと迷わなくて済むように、プレゼントの選び方のポイントを紹介します。

日常で使えるプレゼント

プレゼントは、日常で使える物を贈るのがおすすめです。70代を迎えると、外よりも家の中で過ごす時間も増えてきます。なので、日常的な生活で使える物や、日々の暮らしを楽しむことができるようなプレゼントは人気度が高いです。

古希のイメージカラー「紫」を取り入れたアイテムを

古希のイメージカラーは、還暦の「赤」より少し落ち着いた「紫」です。普通のプレゼントだと、古希祝いの雰囲気があまり出ないので、紫のイメージカラーをしっかり取り入れることが大切です。そうすることで、一気に古希祝いで用意したプレゼント、ということが伝わりやすくなりますよ。

さりげない会話の中からリクエストを聞いておくのも◎

本当に喜ぶものを贈るためには、日々のさりげない会話の中からヒントをさぐり、何か欲しがっているものがあるか、リサーチしてみましょう。もしもリクエストがあるなら、それを聞いておくのも間違いのない一つの手です。

予算を高めに設定

あらかじめ予算を高めに設定しておくと、何かリクエストがあった時や、これが良い!とピンとくるものがあった時に対応しやすいです。一生に一度の古希祝いの贈り物、本当に喜んでもらえる物を贈りたいですよね。そのためには、選べる範囲を少しだけ広げておきましょう。

3.母への贈り物はどこで買う?

お母さんへのプレゼントは、デパートやネットのオンラインショップなどがおすすめです。
オンラインショップなら、例えば名入れのサービスなどに手を入れているところも多くあるので、世界に1つだけのプレゼントを贈るにはぴったりです。
デパートでは実際に手に取って選べるので、何しようかと迷っていても、その場で決めることができそうですね。ただし、名入れなどのサービスを取り扱っていないところもあるので、しっかり確認しておきましょう。

4.母に贈る古希祝いのプレゼント

それでは実際に、母に贈る古希祝いのプレゼントでおすすめの物は何があるのでしょうか。いくつか人気で外れのない物を紹介します。参考にしてみて下さい。

ストール・マフラー

季節を問わず使えるストールや、温かいマフラーは贈り物にはぴったりです。首に巻いたりするだけでなく、ひざ掛けとして使ったりもできるので、お出かけが好きな方にとてもおすすめです。綺麗な淡い紫色のストールやマフラーを選んでも良いですし、持っている服と合わせづらそうだな…と思ったら、チェック柄などでワンポイントで紫が入っているものを選ぶのもいいでしょう。

バッグ

こちらも、お出かけが好きな方におすすめしたいプレゼント、バッグです。長い間同じバッグを使っている方も多いでしょう。今まで使っていたものよりも少しおしゃれな物を選んであげると喜ばれますよ。普段バッグの中によく入れている物などをリサーチして、使いやすさや機能性を重視して選ぶようにしましょう。

寝具

質の良い睡眠は、健康には欠かせません。健康に長生きしてほしい、という意味を込めて、寝具をプレゼントする方も多いです。中でも枕は、オーダーメイドができる物なのでおすすめです。1人1人の頭の形や寝方などに合わせて作ってくれるので、本当に自分に合った枕を使うことができます。一緒に枕を買いに行って、プレゼントするのはいかがでしょうか。

帽子

こちらもお出かけが好きな方におすすめのプレゼント、帽子です。帽子も季節問わず使える物なので、贈り物としては贈りやすい物です。日々の生活に使いやすいように、できるだけシンプルな物を選ぶと良いでしょう。こちらも、ワンポイントで紫が入ってるような物を選ぶのがおすすめです。

名入れグッズ

名入れグッズは特別感が増し、一生に一度しかない古希祝いのプレゼントにはとても人気の物です。マグカップや湯飲み、よく書きものをする人だったらボールペンなどもおすすめです。名前と一緒に、日付や、「古希祝い」や「古希祝いおめでとう」などの言葉も一緒に入れると、時間がたっても喜ばれるプレゼントになりますよ。

健康グッズ

70代を迎えると、60代の頃よりも体の不調を訴える方は多くなってきます。健康グッズは、身体に気を付けて欲しい、というメッセージが1番伝わりやすいプレゼントです。手頃で間違いがなく、人気なのがマッサージ器です。全身タイプの大掛かりな物は少し値が張るため、予算的に厳しい…という方は、局所的にマッサージができるハンディタイプの物や、クッション型の物などがおすすめです。手軽に使えるので、貰った方も重宝しますよ。

紅茶・お茶

普段から、紅茶やお茶を良く飲む方には、好きな物を贈るのが1番間違いないでしょう。普段自分では買わないような、少し高価な紅茶やお茶を贈ると喜ばれるでしょう。なかなか買いに行けない有名店の物や、県外で人気の物などを、ネットのオンラインショップで購入するのもおすすめです。ギフト用の物なら、詰め合わせの物なども売っているので、色々な種類の物が味わえて喜ばれますよ。

花束

プレゼントの定番の花束は、もちろん古希祝いにも人気の品です。紫を基調にした花束を作ってもらうと、古希祝いの贈り物にはぴったりです。お母さんの好きな花を事前にしっかりリサーチしておいて、好きな花をいくつか入れるようにするといいでしょう。花屋さんの店員さんに、予算と入れて欲しいお花、イメージカラーを伝えると、見た目にも華やかでセンスのある花束を作ってもらえますよ。

アクセサリー

どんな年代になっても、貰うと必ず喜んでもらえるのが「アクセサリー」です。透き通るような紫のアメジストが入ったアクセサリーは、古希祝いの贈り物として人気が高いです。長く身に着けることができるので、いつまでもこの日の気持ちを忘れずにいることができそうですよね。予算的には少し高くなる物もあるので、事前にしっかりリサーチして購入しましょう。

ワイン・日本酒

お酒が好きな方には、「ワイン」や「日本酒」がおすすめです。長寿のお祝い用のお酒を販売しているところはたくさんあります。こういうお店では、ラベルに名入れをすることができるので、特別感の残るお酒をプレゼントすることができます。好きなお酒の銘柄がある場合は、好きな物を優先して贈るようにしましょう。

5.古希祝いを贈るマナーとは

それでは、古希祝いを贈る際、どういうマナーに気を付ければいいのでしょうか。せっかく贈り物をするのだから、相手に嫌な思いをさせないよう、マナーをしっかり理解しておきましょう。

年齢の数え方は?

数え年で考えるのか、満年齢で考えるのか、迷われる方も多いでしょうが、現代はほとんど満年齢で数えます。誕生日当日か、当日は全員が集まるのが難しい場合は、その付近でお祝いをすることが多いようです。

「のし」は使用するの?

古希祝いの贈り物には、のしを付けてお渡ししても問題はありません。5本ないし、7本の水引きで、色は紅白か金銀の物にしましょう。結び目は、何度繰り返してもおめでたい、ということから、蝶結びの物を選びます。

お金を包む場合の表書きや金額

お金を包む場合は、1万円程が相場でしょう。表書きは、「御祝い」または「古希御祝」などが一般的です。下には贈り主の名前を記入します。夫婦で贈る場合は、右側に夫の姓名、左側に妻の名前を記入します。兄妹で贈る場合は、兄や姉の姓名を1番右側に、弟妹の姓名を左側に書きましょう。「子ども一同」にしてもかまいません。

6.まとめ

いかがでしょうか。
誕生日のお祝いは毎年ありますが、古希祝いは一生に一度しかありません。特別な1日であるということをしっかり伝えられるように、家族みんなでお祝いをしましょう。相場の金額やおすすめの品物を紹介しましたが、1番は相手に喜んでもらうことが大切です。母への思いを込めながら選んだものなら、どんなプレゼントでも必ず喜んでもらえますよ。日頃の感謝の気持ちと、これからも長生きしてね、という気持ちをしっかり伝えましょう。

閉じる
閉じる