【定番】おじいちゃんが喜ぶ古希の祝い方とプレゼント ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
319views

【定番】おじいちゃんが喜ぶ古希の祝い方とプレゼント

319views

シェアする

LINEで送る

【定番】おじいちゃんが喜ぶ古希の祝い方とプレゼント

古希祝いとは、70歳を迎えたおじいちゃんおばあちゃんの「長寿を祝う場」として知られています。
61歳で祝う「還暦」も長寿の祝いとして有名ですが、古希祝いはそれよりももっと本格的な長寿の祝いだとされていますよ!
そこで今回は、古希祝いにおすすめのプレゼントや平均的な予算金額・プレゼント選びにおける注意事項などをまとめていきたいと思います。

1.70代の方へのプレゼントを失敗しない方法

古希祝いに該当する年代は70代なので、その年代や身体的な特性に合わせたプレゼント選びを心がけることが「失敗しない贈り物」へとつながります。
ここでは、70代の方がもらって嬉しいと感じる、おすすめのプレゼントをご紹介していきましょう。

似顔絵食器

古希祝いの定番アイテムと言っても過言ではない「似顔絵食器」。
自分の似顔絵が描かれた食器は見ているだけでも楽しいものですし、何よりも「自分のためにオリジナル食器を作ってくれた」ことに感動を覚えるおじいちゃんおばあちゃんも多いはずです。
ハンドメイド作家が集まる「Creema」「minnne」などには似顔絵作家さんたちがたくさん登録されているので、簡単にオリジナル食器を作成してもらえるでしょう。
70代の方が使用しやすい「湯呑み」や「マグカップ」などへの似顔絵描きがおすすめです◎

名入れの食器

似顔絵食器と同じく人気が高いのは「名入れの食器」です。
名入れの食器は似顔絵食器と異なり、本人の写真や画像を用意しなくても気軽にオーダーできるところが魅力的ですよね。
コップや大型のお皿には「夫婦の名前を入れる」「家族全員の名入れをする」などといった複数名の名入れもしやすいですし、毎日使う箸への名入れも大変人気がありますよ!

趣味に活用できるもの

古希のプレゼント選びに失敗しないコツは、プレゼントを贈る相手の嗜好と趣味を、しっかりと把握しておくことです。

・ゴルフ好きならゴルフ関連商品を
・旅行好きなら旅行ツアーチケットを
・音楽好きならファンの歌手のコンサートチケットを
・食べるのが好きなら普段はなかなか買えない高級食材を
・裁縫が好きなら新しいミシンを

このように、趣味に活用できるプレゼントを予算の範囲内で探してみましょう!

お酒が好きなら、誕生年のワイン

70代の方の中には「お酒が好き!」「毎日晩酌をしている」という方も少なくありません。
そんなお酒好きな方へのプレゼントに最適なのは、誕生年のワインです!
2018年に古希祝いをする方の誕生年は1947年前後の方が多いと思うので、ぜひ誕生年に製造されたワインを探してみてください。

ヘルスケアグッズ

「腰が痛い」「肩こりがひどい」「なかなか寝付けない」など、70代にもなると様々な身体的トラブルが起こりやすくなるものです。
おじいちゃんおばあちゃんの身体状況をよくよく考慮して、悩みに合わせたヘルスケアグッズをプレゼントしてみるのもいいでしょう◎
その際に気をつけておいて欲しいことは、「操作が難しい器具は避ける」ということ!
70代の方は視力が低下していたり指先の機能が衰えていたりすることもあるので、ボタンひとつで簡単に操作できるようなシンプルなアイテムがおすすめです。

ファッショングッズ

「70代のおじいちゃんおばあちゃんにファッショングッズ?」と驚かれた方もいらっしゃると思いますが、70代であっても身なりに気を使って友人と食事や旅行を楽しんでいる方もたくさん!
そんなアクティブなおじいちゃんおばあちゃんには、好みに合わせたファッショングッズを贈るのがいいでしょう。

・Tシャツなどのトップス
・ジャケット
・ベスト
・ショルダーバッグ
・ベレー帽
・時計やブローチなどのアクセサリー

上記のようなファッションアイテムはサイズ感がある程度決まっているため贈りやすく、「もらったけど着られなかった…」ということが少ないはずです。

また、カジュアルなアイテムを贈る場合はのしなしでもOKですが、「きちんと改まってお祝いしたい」「親族以外へのプレゼント」であれば、のし紙の利用をおすすめします。

2.古希祝いにおすすめのプレゼントとは

ここでは、古希祝いにおすすめのプレゼントをランキング形式でご紹介します。

・1位 名入れグッズ

古希祝いのプレゼントとして最も人気があるのは、やっぱり「名入れグッズ」!
名入れするものも幅広いジャンルの中から選ぶことができるので、贈る側も利用しやすいですよね。
名入れするグッズで人気が高いのは「湯呑み」や「箸」といったデイリー使いができるものです。

・2位 お酒

お酒が好きな70代の方には、好きなメーカーのお酒やちょっとプレミア感のある変わったお酒など。
お酒のプレゼントと共に「グラス」「おつまみ」などを一緒に贈ると、さらに喜んでくれるでしょう。

・3位 時計

アクティブ思考の70代へは、時計のプレゼントも人気があります。
女性なら「手元が華やかになるような明るいデザインのもの」、男性なら「様々なシーンで利用できるシンプルで定番の形」がおすすめです。

・4位 財布

なかなか自分では買い替えにくい財布は、ついつい何年も同じものを使ってボロボロになってしまいがちなアイテム!
「何年も同じ財布使っているな」と感じたら、古希祝いにはぜひ新しい財布のプレゼントを。
財布がキレイだと金運も上昇すると言われているので、金運UPにちなんだカラーの財布を贈るのもおすすめです。

・5位 マッサージグッズ

「小型マッサージチェア」「足つぼマッサージ機」「電動マッサージ棒」などは小型で保管場所を選びませんし、操作方法も簡単でシンプルなものが多いので70代でも使用しやすいでしょう。
普段元気そうに見える70代の方でも、マッサージグッズをもらうと嬉しいものですよ。

・6位 花束

古希祝いに花束を贈るなら、ぜひ「紫色」の花を中心にアレンジメントを!
紫は最高位の色と言われていて気品と高貴さの象徴となるカラーですし、古希祝いのテーマカラーとしても知られています。

・7位 酒器・茶器

お酒や煎茶など、70代の方は何かと「水分」をよく摂取する機会が多いものです。
そんな70代のおじいちゃんおばあちゃんには、酒器や茶器が喜ばれるでしょう。
特に「近所の人を招いてよくお茶を飲む」という方には、世間話のネタになるような名入れや似顔絵入りの茶器が最適!

・8位 メモリーズクレイ

クレイで作るおじいちゃんおばあちゃんの立体的な人形は、ただ似ているだけではなく、見ている人の心を癒してくれるアイテムでもあります。
夫婦で微笑みあっているところ・趣味を楽しんでいるところ・家族やペットと笑いあっているところなど、リクエストに応じてくフォリティの高い人形制作依頼も可能です!

・9位 フォトフレーム

写真を飾ることが好きな方へは、フォトフレームのプレゼントがおすすめ。
70代にもなると孫が生まれたりしている方も多いので、数枚の写真を1度に飾ることができる大型のフォトフレームが最適ですよ。

・10位 カタログギフト

内祝いの定番アイテムとして知られているカタログギフトですが、もちろん古希祝いのシーンにおいても活用していただけます。
カタログギフトは欲しいアイテムをおじいちゃんおばあちゃんが自ら選ぶことができるので、プレゼント選びに自信がない人にも!

3.古希祝いの相場

ここでは、一般的な古希祝いの相場についてご紹介していきますので、プレゼント選びの参考にしてくださいね。

平均的な予算「5,000〜30,000円」

古希祝いに使用する金額の平均的な予算は「5,000〜30,000円」と言われています。
以下に一例として、アイテムごとの平均相場をまとめてみましょう。

アイテム 相場
名入れグッズ 約5,000円
花束 約5,000円
衣類 約5,000円
似顔絵 約5,000〜10,000円
酒器茶器 約5,000〜10,000円
メモリーズクレイ 約20,000円〜30,000円以上

何をプレゼントするのかによって金額は大幅に異なってくるので、まずは予算を決めてから贈るアイテムをその金額の範囲内で探すことをおすすめします。

4.メッセージカードで思いをのせて

古希祝いのプレゼントと共に贈りたいのは、心のこもった手書きのメッセージ。
ここでは、感謝の気持ちや敬意が伝わるようなメッセージ例をご紹介します!

感謝の気持ちや尊敬の気持ちを伝える

・古希おめでとう!いつまでも若々しいおじいちゃんは私たちの自慢です。
最近はなかなか会えないけれど、また遊びに行くから待っていてね。

・古希おめでとうございます。○○さんの活動的なお姿にいつも元気を頂いております。
これからもご健康で明るくお過ごしくださいますよう、心からお祈りいたします。

健康と長寿、未来のことを願う

・おじいちゃん、おばあちゃん、古希おめでとう。ついに70歳だね!これからも健康でいっぱい長生きしてね♪

・いつも可愛がってくれてありがとう。そして、まだまだこれからも長生きしてね♪普段は照れくさいから言えないけど、ありがとう、大好き、ばぁちゃん!

・つつがなく古希を迎えられましたこと心よりお祝い申し上げます。今後とも変わらずのご健勝をお祈りいたしております。

身近な存在だからこそ、ひと言を忘れずに

・いつもありがとう
・おじいちゃんおばあちゃんにはいつも助けられています
・ずっと元気でいてね
・育ててくれてありがとう

このような言葉はとてもありきたりに感じてしまうかもしれませんが、若い年代には経験したことがないような苦労をたくさんしてきている70代の方にとって、「この上ない労りの言葉」となって心に響くでしょう。
身近な存在だからこそ、ひと言を忘れずに贈り物と一緒に添えたいものです。

5.まとめ

いかがでしたか?
古希の祝いのプレゼントには様々な種類がありますが、1番大切なのは贈る側に感謝の気持ちがあるかどうかということ。
古希祝いの仕方も「旅館を借りて盛大に」「自宅でこじんまりと」など人それぞれですので、ぜひ自分たちに合った祝い方を検討されてみてくださいね!

閉じる
閉じる