古希祝いに何をする?人気のプレゼントから基本的なマナーをご紹介 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
54538views

古希祝いに何をする?人気のプレゼントから基本的なマナーをご紹介

54538views

シェアする

LINEで送る

古希祝いのマナー

人生の節目である長寿祝い。70歳を祝う古希は、これから先の健康を祈る大切なタイミングです。

こちらの記事では、「古希」と呼ばれるお祝いについて基本的なマナーの知識やお祝いの相場、プレゼントの選び方について紹介します。

【2018年】古希祝いを迎える方
今年、古希祝いを迎える方は
1949年 (昭和24年)生まれ の方です。
※満年齢で古希祝いを行う場合、1948年(昭和23年)生まれの方が対象です。

 

1.古希祝いとは

外国人ベビーと外国人おじいちゃん

古希祝いとは、もともと数え年で70歳になったことをお祝いする行事で、満年齢69歳にお祝いをします。これからの健康を祈り、長寿をお祝いする長寿祝いの1つです。

昔は人間の寿命が今よりも短く、70歳まで生きられるのは稀だということから「古稀」を祝うようになりました。

現在で70歳まで生きることが稀ではなくなったこと、「稀」が常用漢字ではないことから、「古稀」ではなく「古希」と記されるようになったと言われています。

2.古希祝いの時期

海辺を歩く夫婦

いつ古希祝いをするべきかと考えている方も多いはずです。古希祝いをすべき日というのは、特に決められていません。誕生日の前後や敬老の日、家族が集まれる日などにする家庭が多くなっています。

昔のしきたりでは、数え年で70歳のときに祝うことが普通でした。しかし最近では、満年齢で年齢を把握することが多い為、満70歳でお祝いするケースが増えてきたようです。

数え年で祝うべきか、満年齢で祝うべきかという明確な決まりはないので、家族で1番良いと思う日にお祝いをすると良いでしょう。

3.古希祝いに喜ばれる食事

えびと野菜の天婦羅

古希祝いでは、自宅でお祝い会を開いたり、外食に出掛けたりすることが多いようです。

最近では、ホテルレストランでのお祝い会も増えており、長寿祝い専用のコースなども用意されています。外食の際は、乾杯の挨拶を事前に考えておくとスムーズです。

ご年配の方にも喜ばれる、古希祝いにぴったりのお店を集めました。

4.古希祝いのカラーは何色か

紫色の手袋とマフラー

長寿のお祝いにはそれぞれテーマカラーがあり、古希のお祝いのテーマカラーは「紫」です。

昔は、紫色のちゃんちゃんこや座布団を揃えてお祝いするのが一般的でした。かつて「紫」は高貴な身分の人しか身につけることができない色だとされていた為、高貴な色のプレゼントを贈ることで高齢者への敬意を示していたようです。

5.古希祝いの相場とマナー

プレゼントを差し出す孫と老人

古希祝いでのプレゼントの金額、のしや水引きなどにもマナーやルールがあります。

一生に一度の古希祝いを盛り上げる為に、古希祝いのマナーやお返しについて知っておきましょう。

6.古希祝いのプレゼント

紫色のプレゼント

昔とは違い、70歳という年齢はまだまだ若さがあり、元気な人がたくさんいます。

長寿のお祝いということにこだわって選ぶと、中には年寄り扱いをされていると感じてしまう人もいます。年齢にこだわらず、お誕生日のプレゼント選びのつもりで何にしようか考えましょう。

おすすめのプレゼント

『お酒』

お酒が入ったピンクのおちょこ

父・祖父へのプレゼントに人気がある物は『お酒』です。最近では、名入れボトルを用意してサプライズにプレゼントする人が多いようです。名前だけではなく、四字熟語を印刷してプレゼントする人もいるようです。

『花束』

ラベンダーとみつばち

女性だけではなく、男性にも『花束』がおすすめです。古希祝いのカラーである紫色の花を選ぶと良いでしょう。会食会などでプレゼントすれば、その場の雰囲気も華やかになる為、人気があるようです。

『アメジストのアクセサリー』

宝石が付いた指輪

母、祖父へのプレゼントにおすすめな物が『アメジストのアクセサリー』です。アメジストとは、紫色の宝石でネックレスや指輪などのアクセサリーに使用されています。

7.古希祝いに贈るメッセージ

花を持つ家族三世帯

お祝いをする時にはメッセージを一緒に添えますが、そのメッセージの内容はどのような言葉がよいのか悩んでしまう時もあります。

最も身近な人の中で古希を迎える人といえば「両親(父、母、義父、義母)」が考えられます。「祖父、祖母」であれば、孫からメッセージが届くこともあるでしょう。家族からの寄せ書きを色紙にまとめても素敵ですね。

8.その他、長寿のお祝い

プレゼントを喜ぶお年寄り

長生きを祝う長寿のお祝いは、年齢の節目ごとに種類があります。
満60歳、数え年の61歳を祝う還暦から100歳を祝う紀寿(百寿)、さらには100歳以上を祝う茶寿や大還暦などさまざまです。

閉じる
閉じる