引っ越しの挨拶におすすめのギフト!渡す際のマナーは? ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
301views

引っ越しの挨拶におすすめのギフト!渡す際のマナーは?

301views

シェアする

LINEで送る

引っ越しの挨拶におすすめのギフト!渡す際のマナーは?

引っ越したらやることの一つとして挨拶まわりがありますよね。マンション・アパート・一戸建てに関わらず引っ越したらきちんと周囲の人には挨拶をしておくのがマナーとされています。(最近はしない方も増えましたが。。。)

初対面の人に物を渡す機会ってなかなかないですが、相場やおすすめプレゼント、渡す時などのマナーなどをまとめましたので引っ越しの挨拶周りする際はぜひ参考にしてください。

1.引っ越しの挨拶周りのマナー

人生で引っ越しするタイミングはそれほど多くはありませんが、家の種類にもよりますがご近所付き合いはつきものです。
まず引っ越ししてからやることとして、ご近所への挨拶周りがあると思いますがその際の相場やタイミングなどをご紹介します。

相場

まず気になるのが「いったいいくらくらいのものを買えばいいの?」という点ですが、引っ越しの挨拶周りの相場は、1,000円以下 ~ 5,000円とそれほど高価なものは渡しません。挨拶をされる側の人からしてもあまり高価なものは受け取りにくいため1,000円~3,000円のあたりが安くもなく高くもない丁度良い価格帯だと思います。

「自分と相手にとって負担とならないような金額の商品を選ぶ」という点を意識して選べば問題ありません。

贈る時期(タイミング)

できれば引っ越しの当日前には渡しておくのが良いですが、スケジュールなどの都合で無理な場合も多いですよね。
そういう時は、当日の引っ越し作業をする前に渡すのが良いです。
どうしても当日は引っ越し作業で荷物などを共有スペースに置いたり、物音を立てたりと周りの方に迷惑をかけることが多いので、それよりも前に渡しておくのがベターです。

のしはつけるの?

引っ越しの挨拶で渡す品物にはのし(熨斗)紙をかけて渡すのが一般的です。
内のし、外のしの2種類があるのですが、引っ越しの挨拶は「外のし」でOKです。

表書きは、旧居(引っ越しする前の近隣に渡す場合)と新居(新しく引っ越した先の近隣に渡す場合)とで異なりますで、下記を参考にして書いてください。

旧居の場合:表書き「御礼」
新居の場合:表書き「御挨拶」

※両方とも表書きの下に苗字を書きます。

2.挨拶ギフト選びの際に気を付けるポイント

挨拶ギフト選びの際に気を付けるポイント

実際贈る品を選ぶとなった場合、気を付けるべきポイントが何点かあるのでご確認ください。

邪魔にならない

見知らぬ人に贈るので、形に残るものではなく食品や生活消耗品を選ぶともらった人も負担にならずに済むでしょう。

誰でも使う

個性的で用途が限られるものはさけ。定番や一般的なものを贈りましょう。

あまり高価でないもの

相場の部分でも述べましたが、高価すぎるものは避け手軽なものを選び相手に気を使わせないような品を選ぶようにしましょう。

3.引っ越しの挨拶におすすめの商品

上記の注意点を考慮したうえでおすすめの商品を編集部の方でピックアップしましたので、商品を選ぶ際の参考にしてください。

お菓子

手軽であり、選択しも豊富なのでギフトとしてよく選ばれます。味に癖があるものは好き嫌いがわかれやすいので避けるようにして有名ブランドや評判の良いお店のお菓子をプレゼントしましょう。

タオル

引っ越しの挨拶だけでなく、ギフト全般で人気のタオルもおすすめです。タオルだと老若男女すべての方が日常的に使用し複数枚あっても困らないので贈り物としてピッタリのアイテムです。最近は色々なブランドが低価格でも高品質のタオルを出しているので選択肢も豊富です。

ティッシュ

あっても困らないものとしてティッシュも候補として入れてもいいです。予算が1,000円以下などに設定している人は、高品質なティッシュを贈っても喜ばれると思います。

トイレットペーパー

ティッシュと同様トイレットペーパーも少ない予算ならば候補にいれてみると良いかもです。ただサイズが大きくなりすぎる場合があるのでその点だけ注意しなければなりません。

洗剤セット

洗剤もあっても困らないアイテムのひとつで、引っ越しの挨拶の品としてよく贈られる商品のひとつです。スポンジと洗剤がセットになった商品なども販売されています。

入浴剤・バスソルト

男性に贈るのは少し気が引けますがもし女性に渡すのがわかっているのであれば入浴剤やバスソルトもおすすめです。それほど高くはないため、色々な選択肢があります。最近はお洒落なブランドもでてきているので参考にしてみてください。

4.実際に渡す際に気を付けるポイント

実際に贈る際にも時間帯など気を付けた方が良いポイントがありますので紹介します。

時間帯

引っ越しする時間帯にもよりますが、引っ越し作業をする前に挨拶を済ませておくのが良いです。朝方(7:00~9:00)などは色々と準備をしているので避けた方が無難です。また、夜もあまり遅くなる22:00以降などは迷惑となるため避けましょう。

いない場合

もし渡しにいっても不在だった場合は、日を改めてまた渡しにいくようにしましょう。もしそれでも不在だった場合は、渡す品と手紙を入れてドアノブにかけておきましょう。ドアノブにかける際の注意点として、外に数時間さらされるので食品や外の気温によって品物が劣化する場合はさけましょう。

挨拶回りをする範囲

誰にあげるかというのも重要ですよね。
引っ越しする先の住居のタイプによって贈る範囲が異なりますので注意しておきましょう。

マンション・アパートの場合:上下左右の部屋
一戸建ての場合:向かい側3軒、左右両隣、裏側の3軒

5.最後に

引っ越しはそれほど多くある機会ではないですが、長く住む場合が多くご近所付き合いは快適に暮らすためにも必要になってきます。
挨拶周りはご近所付き合いを円滑にしてくれますし、何かあった際の防犯の効果もありますのでやっておいた方が良いでしょう。

閉じる
閉じる