結婚祝いのプレゼントランキングをご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
1640views

結婚祝いのプレゼントランキングをご紹介!

1640views

シェアする

LINEで送る

緑のお菓子とお花

友達や同僚が結婚した時にどんなプレゼントを渡そうか、迷うことはありませんか?結婚式や披露宴に参加した場合と、そうでない場合で、プレゼントの必要性や相場は変わってきます。
大切な人の結婚祝いのために、相場のことから、どんなものを渡せば喜んでもらえるのかを、ランキング形式でご紹介しますので、ぜひご覧ください。

1.結婚祝いの金額相場

黄色の花

結婚祝いにプレゼントを贈る場合の金額は、結婚式や披露宴に参加したか否かで、少し異なります。そこで、披露宴に参加した場合と、そうでない場合に分けて考えます。

披露宴参加の場合

まず、結婚式や披露宴に参加した場合です。この場合は、プレゼントは用意してもしなくても、どちらでもかまいません。披露宴に参加した場合、結婚祝いとして、現金を包んだご祝儀を贈ることになるからです。ご祝儀は、お祝いの金額に加え、当日の飲食や会場の費用が含まれており、年齢によって異なりますが、30.000円以上を贈ることが多いです。しかし、新郎新婦と非常に親しい間柄だったり、お世話になったりした場合に、ご祝儀とは別に結婚祝いのプレゼントを贈る人もいます。この場合は、既にご祝儀を贈っているので、2.000円~5.000円ほどのプレゼントを贈ることが多いようです。結婚式や披露宴当日は、新郎新婦は荷物が多いことが考えられるため、できるだけ事前に渡しておくか、別日に家に贈るのが良いでしょう。

披露宴に参加できない場合

次に、結婚式や披露宴に参加できない場合です。事情があって、招待されたけれど出席できなかったり、招待されなかったりした場合に、ご祝儀や結婚祝いのプレゼントを贈ることがあります。この場合は友人や会社の人なら10.000円~20.000円、家族なら30.000円~50.000円、親戚なら20.000円~30.000円ほどのご祝儀やプレゼントを贈ることが多いようです。ご祝儀には飲食代や会場費が含まれていることから、通常より少なめになっています。自分の結婚式の際に、ご祝儀を貰ったけれど、その人の結婚式には参加できないという場合は、相手が贈ってくれたご祝儀の金額と同程度かちょっと少なめで、相手に合わせましょう。相手が入籍のみ、パーティーのみで済ました場合も同様です。

あまりに金額が小さくなってしまうなら、複数の友人と出し合って贈るのもおすすめです。新郎新婦も小さなものをばらばらと貰うより、一つの高価なものを貰った方が嬉しいこともあります。また、複数で購入すると、送料などの無駄な出費が抑えられ、一人当たりの負担が軽くなり、なおかつ高いものを買うことができます。

2.人気の結婚祝いプレゼントおすすめランキング

黄色と緑の花

・10位手作りプレゼント

世界にたった1つの手作りプレゼントは、誰かとかぶってしまうことはありませんし、たくさんの結婚祝いをもらう中で、新郎新婦に大きな印象を残すことができます。カレンダーやアルバム、インテリアなどを手先の器用な人やモノづくりが好きな人はぜひ渾身の手作り作品を贈ってみてください。

・9位加湿器・空気清浄機

加湿器や空気清浄機は、毎日暮らす部屋の中の空気を調整してくれる家電で、花粉の季節や冬の乾燥する季節には大活躍です。加湿器には、アロマテラピーができる機能がついているものもあるので、女性に嬉しい贈り物になりそうです。

・8位ロボット掃除機

ロボット掃除機は、ボタンを押すだけで家の中を自動で掃除してくれる便利なロボットで、床のごみを掃除するだけでなく、汚れまで掃除する水拭き機能まであるものもあります。お掃除ロボットは家事にかかる時間を短縮してくれる上に、掃除機やモップの代わりに掃除してくれるので体への負担も減るでしょう。ロボット掃除機は、他の贈り物と比べて少し高くなりますが、共働きの夫婦には最適の贈り物です。

・7位箸

お箸は、2本で一緒に使うので、支えあって生きていく夫婦に例えられ、結婚祝いに贈られるプレゼントです。また、食べ物を口まで運ぶ道具なので、「食べ物に困らない」ということで、非常に縁起が良く、健康や長寿の意味もあります。新郎新婦の名前を入れて、世界に1つだけのお箸にすることもできます。

・6位キッチン家電

キッチン家電にはコーヒーメーカー、ジューサー、ミキサー、ホームベーカリーなどがあります。コーヒーメーカーがあると、毎日のように美味しいコーヒーを飲むことができるので、コーヒー好きの人には最高のプレゼントでしょう。ミキサーやジューサーは、果物や野菜をミックスしてオリジナルジュースを作ることができるので、健康志向の女性にぴったりです。その他にも、ホームベーカリーでは、材料を入れるだけで、手作りパンを簡単に作ることができます。また、パンだけでなくお餅を作ることができるので、お正月にも大活躍できそうですね。しかし、キッチン家電は、一家に一台あれば十分です。既に持っていたり、他の人から貰っていたりして、二つ持っていても片方は使われることはないでしょう。キッチン家電を贈る場合は、事前に相手に聞いておくと、そのような事態を避けられます。

・5位キッチン用品

フライパンセットやお鍋などは毎日の生活になくてはならないものなので、結婚祝いでもらえると非常に助かるでしょう。最近は、おしゃれなココットや調理時間を短縮してくれる圧力鍋など、便利なキッチン用品がたくさんあるので、きっと良いものが見つかるでしょう。しかし、キッチン用品の中でも、「切れる」という意味から包丁は、結婚祝いにふさわしくないと考えられているので、特に頼まれない限り避けておいた方が良いでしょう。

・4位プリザーブドフラワー

お祝いごとでは、花束を贈ったり、貰ったりすることは多いですが、数日で枯れてしまうのは非常に残念ですよね。プリザーブドフラワーは生花から水分を抜いたもので、生花のように本来の香りはしませんが、長持ちするのが特徴です。数日で枯れてしまう生花に比べて、プリザーブドフラワーの寿命は手入れの仕方によっては5年ほど持つこともあるようです。また、水やりをする必要がないので、家を空けていることが多い人でも、いつでも美しい花を観賞することができます。

・3位タオル

タオルは、お祝いの贈り物の定番ですので、多くのブランドがギフトセットとして売り出しています。ブランドのタオルは、肌触りが良くて気持ちが良いですよね。また、日本では「糸」を人とのつながりに例えることが多く、縁起が良いとされています。タオルは、何枚あっても困りませんし、置き場所に困ることもないので、貰う人を選ばない贈り物です。タオルの聖地として有名な今治のタオルは、吸水性や肌触りで人気の高いブランドで、名入れサービスもしています。新郎新婦の名前を入れて、お揃いのタオルを贈ると、思い出の品になりそうです。タオルは、外に持ち出すことが少ないので、ペアが恥ずかしいというカップルでも安心して使えるでしょう。

・2位ブランド食器

食器は結婚祝いの定番です。ペアマグカップ、ペアプレートなどのように、お揃いのものを贈ることができるので、結婚祝いらしい贈り物を探している人におすすめです。ティファニーのペアカップやウェッジウッドペアプレートなどのブランド食器は非常に人気があります。一昔前は、食器は「割れる」ことがあるので、「切れる」包丁などのように、タブーとされており、結婚祝いには縁起が悪いと考えられていました。しかし、最近では、食器を贈ることは非常に多く、「割れる」ことは、家族が増えることだと考える人もいるので、気にしない人が多くなりました。

・1位カタログギフト

カタログギフトは、カタログから欲しいものを選ぶと家に届くという仕組みで、宅配便が普及した現代において、人気が高まっている新しい贈り物です。贈り物を受け取るときに、好みでないものや既に持っているものを貰った経験はおそらく誰でもあるでしょう。贈る側も相手の好みに合わせたり、タブーとされるものに気をつけたりと、頭を悩ませますよね。カタログギフトなら、相手が自分で選ぶことができるので、お互いにそのような心配はありません。また、結婚すると、結婚式や新生活の準備などで、非常にお金がかかるので、新郎新婦には、本当に必要としているものを贈りたいと考える人は少なくありません。そんな人にも、カタログギフトはおすすめです。

3.まとめ

結婚祝いのプレゼントの相場や人気のプレゼントを紹介しましたが、たくさんありすぎて迷ってしまいますよね。相手の好みがわからない場合は、欲しいものを選べるカタログギフトや、生活必需品のタオルや食器がおすすめです。新郎新婦が親戚や家族、親しい友人なら、欲しがっているものや好みを聞いてあげると、相手も喜びますし、贈る方も選びやすいでしょう。

閉じる
閉じる