【兄弟の結婚祝い】相場や包み方をご紹介 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

全国のお祝い
コースプランを探す

Ranking
Home
83views

【兄弟の結婚祝い】相場や包み方をご紹介

83views

シェアする

LINEで送る

夫婦でご祝儀を入れてる

兄弟が結婚する時のご祝儀の相場やマナーについて知っていますか。
自分が未婚の場合、既婚で夫婦いっしょに参加する時では、またお祝いの相場も変わってきます。
また、兄弟間で現金でお祝いを渡さない場合の、プレゼント選びについても書いているので、ぜひ参考にしてください。

家族として一緒に過ごしてきた兄弟が結婚。とても嬉しいことですよね。祝福したい気持ちがより高まります。そんな兄弟の結婚のとき、お祝いはいくらくらいで、どのように包めばいいのでしょうか。お祝いの相場やご祝儀袋の書き方、渡すタイミングなどについて勉強し、いくら兄弟とはいえ失礼がないようにお祝いしてあげましょう。

1.兄弟の結婚祝いの相場

兄弟が結婚することが決まった場合、お祝いをいくらくらいあげればいいのかということで迷ったという経験をしたことがある人も多いのでは?兄弟などの親戚としてではなく、友人など一般の参列者として披露宴に出席する場合は、だいたい相場は3万円。料理や飲み物で1~2万円、引き出物で5千円かかると考え、それにお祝いする気持ちを足すと、だいたい3万円となるため、相場は3万円といわれます。ですが、兄弟の場合、友人の場合とは立場が異なるため、同じ考え方をするわけにはいきません。自身が独身なのか、結婚しているのかなどの立場の違いによっても、結婚祝いの相場は違ってきます。

目次へ

◆独身(未婚)

自身が未婚の独身である場合、学生か社会人かによっても結婚祝いの相場は違ってきます。まだ学生である場合、両親の扶養に入っていることがほとんどですよね。その場合、兄弟と同じ家に属しているものとみなされるため、結婚祝いを現金で包む必要はないとすることも。そんな場合には、なにかお祝いをしてあげたいと思う場合は、兄弟が喜ぶようなものをプレゼントすると兄弟も喜んでくれます。

社会人になっている場合には、両親の扶養ではなく自立している場合はほとんど。そのため、結婚祝いを現金で包むことをおすすめします。その場合の目安は、5万円。もし、5万円でも足りないと感じる場合には、5万円プラスプレゼントとし、兄弟が喜ぶようなものを贈りましょう。兄弟が3人以上の場合、他の兄弟と結婚祝いの金額を合わせるのもおすすめ。金額をあらかじめ話し合っておくことで、差がつかずケンカになる心配がないため、安心です。

目次へ

◆夫婦(既婚)

自身が結婚をしており夫婦で披露宴に出席する場合、結婚祝いの相場は10万円。兄弟ではなく、友達の披露宴に出席する場合が5~7万円と考えても、10万円は妥当な金額です。結婚祝いの金額は割り切れると別れると連想できるため、偶数の金額は避けるものですが、10万円は例外。そのため、10万円包んでも問題はありません。

子どもも披露宴に出席する場合、子どもの分だけ料理、飲み物代がかかることに。そのため、子どもが一緒に出席する場合には、小学生くらいの子どもならば1人につき1万円、中学生以上ならば大人と同じくらい飲食代がかかると考え1人につき2万円、結婚祝いにプラスすることもあります。地域によっては親族の場合、結婚祝いと料理代・飲み物代を分けて、現金を包むしきたりがあることも。その地域によって慣習は異なるので、結婚祝いを贈る際には、親に一言相談してみると安心です。

結婚祝いの関連記事はコチラ

目次へ

2.ご祝儀袋の書き方

白いご祝儀

結婚祝いを渡す際に必要なのが、ご祝儀袋です。いくらお祝いを渡す相手が兄弟とはいえ、現金をそのまま渡してはいけません。兄弟間とはいえ、お祝いはご祝儀袋に入れて渡しましょう。

ご祝儀袋は、金額によって見合う袋が決まっています。1~3万円まではシンプルな紅白か金銀の「あわじ結び」がしてあるご祝儀袋、3~5万円までは表書きを行う部分が波のように折ってある「檀紙」と呼ばれる形になっているもの、5万円以上の場合は鶴や亀などの縁起のよいものがついているご祝儀袋を選びましょう。とはいっても、最近のご祝儀袋の包装の裏面には、そのご祝儀袋がいくらくらいのお祝いに対応しているのか、丁寧に記載してあります。そのため、買おうとしているご祝儀袋の包装を確認し、いくらまでのお祝いに対応しているご祝儀袋なのか確かめてから買うようにしましょう。

ご祝儀袋の表書きは、水引の上の部分を名目と呼びます。名目には「寿」、「御祝」、「御結婚御祝」のどれかを書きましょう。最近ではご祝儀袋に名目が印刷してあることが多く、自分で書く必要がない場合がほとんど。その場合は、水引の下に名前を書くだけで大丈夫です。名前を書く際には、ボールペンや万年筆はNG。毛筆や筆ペンを使いはっきりとしたわかりやすい楷書体で書きましょう。実際に名前を書く際には、名目より文字の大きさを小さめに書くとバランスがとりやすくなります。

名前を1人分書く際は、水引の下の中央にフルネームで書きます。夫婦連名で結婚祝いをあげる場合には、夫婦2人分の名前を書きましょう。その際、夫の名前を右に妻の名前を左に書きます。どちらの名前もフルネームで書いても、苗字を中央に書き名前だけ2人分書くという方法でも構いません。書きやすい方にしましょう。また、子どもと一緒に一家で招待された場合には、代表として夫の名前だけをご祝儀袋に書きます。

目次へ

3.兄弟の結婚祝いにおすすめのプレゼント

掃除機をかけてる男性

兄弟に現金で結婚祝いを渡さない場合や結婚祝いにプラスして何か贈りたい場合には、プレゼントを贈りましょう。兄弟に贈る場合には遠慮することなく、兄弟に直接何が欲しいのかを聞き、兄弟が本当に必要としている物を贈るようにするのがおすすめ。友人には気をつかって欲しいと言えないものでも、兄弟間では気をつかうことなく言えるでしょう。

兄弟への結婚祝いのプレゼントとしてよく贈られるのが、新生活に必要な家電。炊飯器や掃除機などといった生活必需品のうち、まだ揃えていないものがあるならば、結婚祝いとして贈りましょう。きっと喜んでくれるはずです。家電を贈る際に大事なのは、どのようなメーカーのどのタイプの家電が欲しいのか詳しく聞くこと。人によってライフスタイルは異なります。そのため、家電をどのように使うのかは人によってバラバラ。プレゼントをする際には、兄弟だけでなく配偶者にも好みを聞き、本当に喜んでもらえるものを贈るようにしましょう。

また、自分では買わないけれどあれば便利だと思う家電を結婚祝いとして贈るのもおすすめ。ホームベーカリーやジューサーなど、便利ではあるけれど自分では買わないものを贈ってもらっても、兄弟は喜ぶでしょう。

結婚祝いを渡したうえに、ちょっとしたプレゼントを渡したい場合には、夫婦箸や名入りのペアマグカップなどもおすすめです。中でも箸は絆を結ぶという意味もあり、結婚祝いとしてもらうと嬉しい日常品。様々なデザインの箸があるので、贈る相手の趣味に合わせたものを贈るようにしましょう。

目次へ

4.いつ渡す?結婚祝いを渡すタイミング

結婚祝いを渡すタイミングは、きちんと決まっているのでしょうか。

披露宴に出席する友人の場合、披露宴当日に結婚祝いを渡しますが、兄弟の場合は結婚式当日には渡しません。結婚式の1か月前くらいの吉日に結婚祝いを直接手渡しするのがマナー。遅くても式の1週間前までには渡すようにします。結婚式前は、バタバタするもの。そのためいくら兄弟とはいえ、きちんと相手の都合を聞き、結婚祝いを持っていくようにしましょう。

自分や兄弟が遠方に住んでおり、直接渡すことができない場合には、1か月前くらいに現金書留で郵送するようにします。普通の郵便でお金を送ってはいけません。きちんと現金書留を使いましょう。

目次へ

5.【兄弟の結婚祝い】お返しの相場は?

披露宴を行う場合には兄弟に対して引き出物をあげるため、内祝いは必要ありません。ですが、あまりにも高額なお祝いをもらい、何かお返しをした方がいいのではと思う際には、内祝いをするといいでしょう。その際の内祝いの金額は、もらった金額から披露宴の飲食代と引き出物代を引き、その半額~1/3程度を返すという計算をして返すことにはなります。ですが、あくまでお返ししたいという気持ちでお返しするものです。自分の気持ち程度のものを選ぶことをおすすめします。

披露宴を行わなかった場合でも、未婚の兄弟には内祝いを贈る必要はありません。ですが、兄弟が社会人で高額なお祝いをもらった場合には、感謝の意味も込めてお返しをするといいでしょう。また、兄弟が既婚者の場合、兄弟の相手への立場もあるため内祝いをきちんと行います。お返しの相場は半額~1/3程度。お返しは立場が上の人にあまり返しすぎても失礼に当たります。兄弟でも自分より上の人に返す際には、1/3程度。自分より下の兄弟に返す場合には、半額程度を目安に返すようにすると、兄弟間でも失礼ではありません。

目次へ

6.まとめ

兄弟が結婚するという出来事は人生で何回もあるわけではありません。きちんとお祝いをし、祝福してあげたいものですよね。たとえ兄弟が結婚式なしというケースを選んだ場合にも、入籍祝いとしてお祝いを贈ると、喜んでもらえます。結婚式をする場合にもしない場合にもいくら兄弟とはいえきちんとしたマナーで適切な金額を包み、兄弟の結婚という嬉しい出来事を祝福してあげましょう。

結婚祝いの関連記事はコチラ

おすすめの店舗はコチラ

目次へ

コラム一覧へ≫

閉じる
新規会員登録
閉じる