【結婚祝い】ご祝儀袋の書き方(表書きや中袋)、金額相場、渡し方 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3702views

【結婚祝い】ご祝儀袋の書き方(表書きや中袋)、金額相場、渡し方

3702views

シェアする

LINEで送る

ご祝儀とお金

結婚祝いのご祝儀袋には何を書くべきなのでしょうか。ご祝儀袋そのものはコンビニなどでも買えますが、実際に書くとなるとどうしていいかわからない人も多いかもしれません。ご祝儀袋の書き方について解説しています。

結婚式に呼ばれた際に持参するのが結婚祝い。ご祝儀袋に現金を入れますが、ご祝儀袋の表書きや中袋の書き方、袱紗での包み方や渡し方など様々なマナーがあります。本記事では、ご祝儀袋の書き方や渡し方、購入方法などをご祝儀袋について知っておきたい情報をご紹介します。

1.ご祝儀袋の書き方

ご祝儀の名前

ご祝儀袋は、中袋、短冊、表袋の構成となっています。
一般に名前を書くのは表袋の下の部分に記載することになっていて、短冊がある場合には短冊の下部に記載します。それぞれの記載の仕方を確認していきましょう。

表書き

表書きは水引の上の部分には名目を書きます。名目とは「御結婚御祝」や「寿」「御祝い」というように、何の目的で渡すのかを表す記載です。このとき「結婚御祝」というように4文字にしてしまうと死を連想させるので避けましょう。

水引の下の部分には渡す側の名前をフルネームで書きます。この際、黒墨の毛筆や筆ペンを使って楷書体で書くのがしきたりとなっています。文字のサイズは名目よりも少し小さ目に書くのがマナーです。

夫婦で一緒にご祝儀を渡す際は、水引の下に夫婦の名前を連名で記載します。その際は、向かって右側に夫、向かって左側に妻の名前が来るように記載します。名字は1つでもいいですし、夫婦それぞれについて記載しても構いません。

また、同僚などとともにご祝儀を一つに包む場合は、中央部分に一番目上となる人の名を書き、左側に続くように連名します。ただ、4人以上となると記載する場所がなくなるため、代表者の名前を書いた後に「外一同」と記載します。一緒にご祝儀を包んだ人の名前は、別紙に記載し、中袋とともに同封しておきます。

中袋

中袋の表面には「金参萬円」というように、旧表記の漢字を用いて、中に入れている金額を記載します。記載する位置は向かって真ん中の上部分にしましょう。
また、裏面にはご祝儀袋を渡す人(自分や家族)の住所を郵便番号と共に都道府県から記載します。最後に名前も忘れずに記載しましょう。
この記載は、新郎新婦がご祝儀をまとめて、お返しを贈る際に必要です。礼儀としての意味合いもありますが、事務的な意味でもきちんと記載しておきましょう。
なお、記載にあたっては、黒墨にて筆文字で書くのが理想ですが、サインペンなど太いペンを用いても大丈夫です。

お金を中袋に包んだ後は上包みで包装します。その際、下側から上向きに折り返されている方が表になるように水引を通します。これには幸せを貰い受けるという意味合いが込められています。反対になると弔事になってしまうので、気を付けましょう。

短冊

市販されているご祝儀袋の中には、「御祝」という記載の短冊と共に、無地の短冊が同封されています。一見すると、文字を書く際に失敗した際の予備として同封されているようにも感じますが、実は、別の使い道があります。
それは二重に重ねて渡すという意味合いです。短冊を重ねることで、喜びが二重になるようにとの意味が込められています。ただ、最近では簡略化されつつあるので、短冊が一枚になってしまっても無礼ではありません。

袱紗(ふくさ)

袱紗はデパートの慶事売り場などで販売されているので、事前に準備しておきましょう。結婚式に限らず、御祝い事の席でしばしば用いるため、1つ持っておくと良いですね。
色は、祝い事の席では明るめの暖色系もしくは紫色を使います。

気になる包み方ですが、袱紗をダイヤの形になるように頂点を上にして広げます。向かって左側にご祝儀袋を置きます。袱紗の左側が余るのでその部分を内側に折返し、ご祝儀袋の上に重ねます。次に上部を内に折り返し、下部を内に折り返します。余った右側を内に折返し、最後に残りの部分を裏側へ折り返します。

最近はポケットタイプの袱紗も販売されていますが、正式なものとしては1枚ものの袱紗が良いでしょう。

厚紙

ご祝儀袋を購入したときに入っているのが厚紙です。厚紙は、取り除いてお渡しするのが礼儀となります。ご祝儀袋を販売する際、厚紙を入れないと、陳列時に折れ曲がったりしてご祝儀袋が傷ついてしまいます。その保護のために厚紙が入っているのです。抜き方は気にせずご祝儀袋にお金を入れる際に、厚紙を抜くと良いでしょう。


2.ご祝儀袋はコンビニでも買える?

ご祝儀袋は大きめの文房具店やデパートの慶事用品売り場、スーパーなどで購入することができますが、近所に売り場がないという方もいるでしょう。そこで探してほしいのがコンビニです。大手のコンビニでは、3種類くらいのご祝儀袋を用意しています。
水引が金銀結び切りで短冊も「御結婚御祝」や「寿」、無地が添付されている汎用性の高いものまで販売されています。ある程度豪華なものだと金額も5万円くらいまで包むことができるので、時間がなくて、正式な売り場にいけないという場合はコンビニを活用してみるのも良いですね。

3.結婚式で渡すご祝儀の金額相場

ご祝儀に五万

ご祝儀袋に現金を包む場合、金額設定にもマナーがあります。包む現金は奇数が基本とされていて、結婚する二人が別れずずっと暮らしていけるようにとの意味が込められています。

・包むお札の種類について

また、お金を包む場合は、1万円札の新札を準備します。二人の門出に辺り、まっさらなお札を渡すのが礼儀だからです。銀行に行けば新札へ両替してもらえますが、時間がかかってしまいます。その際は、アイロンをお札にかけると、できてしまったしわを伸ばすことができるので便利です。くれぐれも燃やさないように注意してくださいね。

気を付けたいのが、1万円札を準備できなかった場合です。突然ご祝儀が必要となった場合には、千円札や五千円札をご祝儀袋に包むことも認められています。ただ、その場合でもできるだけ新札を準備することと、枚数は奇数枚になるようにしてください。

・お札の入れ方について

お札は中袋に入れますが、その際表向きになるように置きます。上下については、人物がプリントされている部分を上にすることが一般的となっています。

・包む金額はどれくらい?

では、ご祝儀袋に現金を包む場合の金額の相場はどれくらいでしょうか。
結婚式に出席する人との間柄によっても異なってきます。

結婚式に欠席する場合 1万円
同僚や友人の場合 3万円
親戚や兄弟、姉妹の場合 5万円~10万円

もちろん、この金額はあくまで相場なので、家族のように仲の良い友人に関しては5万円包むというような対応もできます。
ただ、結婚式に招待されるということは、相手方にも費用が掛かっているため、最低でも3万円は包むようにしましょう。

・家族でご祝儀は1つにすべき?分けるべき?

家族で結婚式に呼ばれた場合、基本的には夫婦で1つのご祝儀袋を一緒に使います。また、子どもがいる場合も袋を一緒にしてご祝儀を包みます。
子どもに関しては、小学生以下は1万円、中学生以上は2万円が相場となっています。その際は、1万円札を1枚、五千円札を2枚というように、合計の枚数が奇数になるように工夫してお包みします。子どもが複数人の場合は、1人増えるごとに1万円をお包みすれば良いでしょう。

・結婚式を欠席するときの相場は?

結婚式を欠席する場合、事前に分かっている場合は、ご祝儀として1万円を相手に贈ります。その際は、ご祝儀袋に現金を入れ、相手方に現金書留で郵送します。使用するご祝儀袋は、金額が1万円という少額ということもあり、シンプルなものを用います。

・一旦出席すると返事したのに欠席する場合

結婚式の招待状には出席すると返事をしたにもかかわらず、やむを得ない事情で欠席しなければならない場合があります。その場合の金額については、相手方の式の準備段階にもよりますが、席や料理の確保についてキャンセルができる場合であれば、当日渡していたであろう金額の半額をご祝儀袋に包みます。それより以前、返事をしてすぐの段階であれば、欠席する場合と同じく1万円が目安となります。

・結婚式当日に欠席する場合

結婚式当日ともなれば、式の準備も整っています。料理や席など相手方の負担もあるため、当日に包む予定であった金額を包みます。渡す時期としては、結婚式、披露宴が行われた後、1週間から1か月後くらいにご祝儀をお渡しすると良いでしょう。

4.結婚式でのご祝儀の渡し方

結婚式当日、受付係が座っているので、「本日はお日柄もよくおめでとうございます。」とのご挨拶をします。そして、袱紗からそっとご祝儀を取り出し、袱紗をたたみ、その上にご祝儀を置きます。ご祝儀袋にかかれた文字が、受付側から読み取れるように向きを変え、両手を添えてお渡しします。

5.まとめ

結婚祝いでご祝儀を渡す際は、表書きや中袋の書き方をきちんと身に着けておきましょう。中袋には金額と共に自分の住所と名前を記載することを忘れないでください。
また、包む金額に関しては、3万円~5万円くらいが相場となっています。現金はマナーとして新札を包むようにします。
渡す際は、袱紗から出してさっと渡せるよう、準備しておいてくださいね。

閉じる
閉じる