披露宴の時間とタイムスケジュールをご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
8042views

披露宴の時間とタイムスケジュールをご紹介!

8042views

シェアする

LINEで送る

ウエディングケーキを切る新郎新婦

結婚式は挙式から始まり、披露宴があって二次会まですると丸一日の長丁場になります。披露宴があまりにも長すぎると、新郎新婦はもちろん招待客も疲労感ばかりが残ってしまうでしょう。招待客に配慮した披露宴の時間やスケジュールについて紹介します。

1.披露宴はトータル何時間で終わる?

砂時計

披露宴の構成は大きく3つに分かれます。まずは入場からお色直しまでの前半、お色直し、そして再入場から終了までの後半です。時間配分は前半が45分でお色直しが30分、後半が75分となり全体で150分(2時間30分)が目安です。

招待客の人数やお色直しの回数、余興のボリュームが多いと必然的に長くなります。3時間くらいまでなら許容範囲ですが、4時間になるとさすがに長いし疲れるでしょう。さらに無駄な時間が生じて退屈しやすいものです。披露宴が終わったら招待客のお見送りもあり、通常で30分程度、人数が多いとそれ以上です。

一生に一度の結婚式ですから披露宴にあれこれ詰め込みたい気持ちも分かりますが、招待客が最後まで飽きずに楽しめるよう3時間以内に収めましょう。その後に二次会を控えているならなおさらです。

2.披露宴のタイムスケジュール一例

招待客の人数にもよりますが、披露宴にはある程度決まった流れがあり、その中でするべきことがたくさんあります。お色直しが1回だけとして2時間30分の間でどのような時間配分をするか一例を紹介します。あくまでも一例であり披露宴によっては順番が前後したり、時間配分が異なったりします。

新郎新婦の入場からお色直しで退場するまで

まずは披露宴の30分前から招待客の受付を開始し、時間になったら司会者の開宴宣言を皮切りに新郎新婦が入場します。会場内をめぐるので5分ほど時間をかけます。入場が終わったら司会者の挨拶や新郎新婦の自己紹介で10分ほどかかります。この時、新郎がウェルカムスピーチをする場合もあります。

そして主賓から挨拶します。新郎側、新婦側の順です。これもおおよそ10分ほどです。ウェディングケーキに入刀したら来賓の代表が乾杯をして食事や歓談の時間に入ります。両方合わせると15分くらいでしょう。食事や歓談が始まったら新郎新婦はお色直しのために退場します。ここまで45分くらいです。

お色直しの間は何をするの?

お色直しで新郎新婦が退場した後は、しばらく招待客同士で食事をしながら歓談します。もっともこの間も新郎新婦の両親や主賓が各席を回ってもてなします。あえてこの時間を使って祝電を紹介したり、新郎新婦の馴れ初めを紹介したオリジナルビデオを上映したりする場合もあります。30分経つ頃にはテーブル上の料理も一通り口にできるでしょう。

新郎新婦の再入場から招待客のお見送りまで

お色直しを終えた新郎新婦が再入場する時は各テーブルのキャンドルサービスを同時に行います。最初の入場時と比べて一つのテーブルに留まる時間が長く記念撮影も兼ねているので、2倍以上の時間がかかるでしょう。その間は会場内が暗く他のテーブルにはスポットが当たりません。どんなに長くても20分以内に済ませるのが理想です。

ここからは招待客が新郎新婦を祝う番です。まずは新郎側・新婦側から代表して1人ずつ祝辞を述べます(前半の乾杯後にする場合もあります)。1人5分で合計10分が目安です。その次は余興です。これも新郎と新婦側それぞれ1組ずつで持ち時間10分くらいがちょうど良いでしょう。

素人の余興ですからあまり長すぎると他の招待客が退屈します。あるいは招待客の代わりに新郎新婦が中心となって20分の余興をする場合もあります。祝辞・余興とも新郎新婦側でコントロールできない部分なので、5分ほどのゆとりを持たせておくと大きく予定が狂うのを防げるでしょう。

余興が終わったら感動のラストです。まずは新婦が両親への手紙を読み上げ、新郎新婦から花束や記念品を渡します。これで10分くらいです。次に両家の代表者が謝辞を述べます。一般的には新郎の父の役目です。これも他の挨拶と同様5分が目安になります。最後に司会者が閉宴を宣言し、新郎新婦が退場して披露宴は終了です。やはり会場内をめぐるので5分ほどかかります。ここまで75分くらいです。

披露宴が終わったら新郎新婦やその両親が招待客を見送ります。1人ずつ丁寧にお礼を述べているときりがないので、30秒以内になるよう心がけましょう。特に二次会の参加者であれば簡潔に済ませます。

3.披露宴の開始時間は何時からが多い?

披露宴の開始時間は招待客が参加しやすいように設定したいところです。パターンは大きく分けて2つあります。まずは午後に開く場合です。午前中に挙式を済ませ、午後1~2時頃から披露宴を始めます。2時間半なら早ければ3時台、遅くても夕方までには終わります。二次会も6~7時頃から始められるので夜遅くなり過ぎる心配がありません。

年配の招待客が多いなど明るい時間帯に済ませたい時に向いています。ただし同世代の友人や同僚を招くなら仕事が休みの日曜日や祝日に限られるでしょう。

逆に平日に結婚式を挙げる場合は夕方までに挙式を済ませ、午後6時頃から披露宴を始めます。これなら日中仕事をしている人も参加しやすいでしょう。ただし会場側の都合や招待客の翌日の予定もあるので、遅くても9時頃までに閉宴するのが理想です。これなら二次会もその日のうちに終わらせられるでしょう。

4.披露宴の二次会の時間は何時から?

コップとお皿がたくさん

披露宴が終わってから二次会までは、ある程度の余裕を持たせると参加者全員が万全の状態で参加できるでしょう。例えば新郎新婦は招待客のお見送りがあり、その後も会場側への挨拶や親族・主賓などへのお礼があります。

また二次会のスタッフは披露宴の終了後すぐに会場入りして準備しなければいけません。ほぼ一からですから、ある程度の時間が必要になります。さらに参加者の受付があるので始める30分前には開場しなければいけません。

また参加者も長かった披露宴の後で一息つきたいでしょう。特に女性は披露宴と二次会で服装を変えたり、メイクを直したりする必要があります。披露宴から二次会への移動時間も確保したいところです。

そう考えると二次会は披露宴から2時間後に始めるのがちょうど良いと言えます。早くても1時間半後でしょう。午後から披露宴を始める場合は夕方6時前後、夜の披露宴なら10時頃が目安です。特に夜の二次会はあまり遅く始めると終わりが翌日になってしまいます。仕事に響かないスケジュールを組みましょう。

5.参加者の到着時間はどれくらい

披露宴にしても二次会にしても受付は始まる30分くらい前からです。その時間に合わせて到着すれば、すぐに会場に入れるはずです。ただし受付を始めたばかりの頃は一時的に招待客や参加者が集中します。会場によっては受付開始まで建物に入れない場合もあります。

あまり直前に到着するのも受付が慌ただしくなり、記帳はしたけどご祝儀を渡すのを忘れるなど何らかの手違いが生じる恐れがあります。できれば集合時間の15分前までには到着したいところです。

当然、その前から余裕を持って行動することになります。時には前日から準備を始めなければ間に合わない場合もあるでしょう。ゆとりがあればメイクやファッションだけでなく、ご祝儀のようにマナーを求められるものも丁寧に用意できます。

6.途中入場や途中退出する時の注意点

せっかく披露宴に招待されたものの、何らかの事情でやむなく遅刻したり式の途中で帰らなければいけなかったりする場合があります。例えば遠方からの招待客は交通機関の問題、他にも仕事の都合やまったくのプライベートな用事も考えられます。

いっそ欠席するべきか悩むところですが、招待を受けたからには時間を作って出席するのが礼儀です。あらかじめ予定が決まっているなら新郎新婦にそのことを伝えた上で判断を仰ぎましょう。新郎新婦が良くてもその家族が良く思わない場合もあります。

途中で入場する場合は、入口で待っていると会場の係員が中に入るべきタイミングを教えてくれます。披露宴が始まってからしばらくは挨拶が集中するので、お色直しで新郎新婦が退出した後が入りやすいでしょう。受付は既に誰もいないか片付けられているので、誰にご祝儀を渡せばいいのか確認しておくべきです。事前に送る方法もあります。

途中で退出する場合は、当日のスケジュールを確認して挨拶と重ならないタイミングで席を外します。こちらもお色直しが終わって再入場する前が無難です。それまでに引出物を受け取れるように手配しておきましょう。目立たないように出口に近い席をお願いする方法もあります。退出の際は新郎新婦へのメッセージを書いて誰かに渡してもらいましょう。

当日になって急に遅れたり抜けたりする場合は、もはや新郎新婦に連絡しても迷惑なので同じ披露宴に参加する友人や同僚に相談します。新郎新婦には披露宴終了後にあらためて謝っておきましょう。

7.まとめ

披露宴の主役は新郎新婦ですが、招待客がいてこそ初めて成立するし盛り上がります。できるだけ招待客に合わせたスケジュールを組んであげたいところです。二次会も開くのであれば、その時間も併せて検討しましょう。

披露宴は2時間30分が平均的な長さであり、あまり長すぎると疲れや退屈する原因になります。特に2回以上お色直しをしたり、余興を盛り込みたい時はお色直しの時間を短くするなど全体のバランスに目を配りましょう。

閉じる
閉じる