【結婚内祝い】金額やのしの書き方をご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
1935views

【結婚内祝い】金額やのしの書き方をご紹介!

1935views

シェアする

LINEで送る

本に挟まったプレゼント

結婚すると、親戚や友人、職場の同僚などから、結婚祝いを頂きます。結婚祝いを頂くと、お祝いの金額に応じて内祝いとしてお返しをしなくてはいけません。そんな内祝いの金額やのしの書き方などについて説明していきます。知っておくといい情報ばかりですよ。

1.結婚内祝いの金額の相場

マドレーヌとティーカップに入った紅茶

結婚内祝いとは、披露宴に出席できなかった人からお祝いを頂いた場合に贈る内祝いのこと。直接お祝いを頂いた場合には、その場できちんとお礼を言い、後日内祝いを贈ります。遠方から内祝いが送られてきた場合には、お礼状を出すなどして、きちんとお礼の気持ちを伝えましょう。内祝いを贈るのは、挙式から1ヶ月以内。式を挙げない場合にも入籍から1ヶ月以内には、内祝いを贈りましょう。内祝いを直接渡すことができる人には、夫婦揃って挨拶の意味も込めて、内祝いを持っていきます。遠方で直接渡すことができない場合には、お礼状をつけて送るといいでしょう。

結婚内祝いは、半返しが基本です。とはいっても、きっちり半額分内祝いとすると失礼にあたることが多いのが内祝いの難しいところ。1/2~1/3の金額のお返しを目安に、内祝いを贈る相手によって金額を変えると失敗がありません。また、地域によって慣習が異なることもあります両親や義両親にどの程度の金額の内祝いを贈ればいいのか、聞いてみるのもおすすめです。

後輩など目下の人から結婚祝いをもらった場合

後輩など目下の人から結婚祝いをもらった場合、内祝いの金額はお祝いを同等くらいの金額を返すようにします。内祝いは目下の人には多めに、目上の人には少なめに返すのが基本。そのため、後輩にはお祝いと同等くらい、10,000円程度のお祝いをもらったのならば、8,000円程度の内祝いをすると考え、内祝いを贈りましょう。

上司や親戚から結婚祝いをもらった場合

上司や親戚といった目上の人から結婚祝いを頂いた場合には、どのくらい内祝いとしてお返しをしたらよいのでしょうか。上司、特に親戚の場合、結婚祝いの金額が高額になることもしばしば。そのため、半返しで内祝いを行うこととすると、内祝いの金額も高額になります。高額な内祝いを返すのは、相手に失礼にあたる場合も。そのため、内祝いは1/3程度の金額とし、感謝の気持ちを込めて相手に贈りましょう。

連名で結婚祝いをもらった場合

職場の同僚などからは連名で結婚祝いをもらうこともあります。そのような場合には、お祝いの金額を人数分で割り、その金額の1/2~1/3程度のものを返すようにしましょう。

2.【結婚内祝い】で人気の品物

のし付きの品物

いざ結婚の内祝いをあげようと考えた際、何をあげたらいいのかわからなくて悩むという方も多いのではないでしょうか。内祝いを贈る相手によっても、内祝いの品を変え、相手が喜ぶものをあげた方が、贈られた側も喜びます。

親戚

親戚からの結婚祝いは高額であることが多く、その結果内祝いも高額なものを返さなければならないことが多いもの。そのため、内祝いは高品質で上品なものを選ぶようにすると、相手にも喜ばれます。相手の趣味がわからずどのようなものを選べばいいのか迷う場合にも、シンプルなデザインのものを選ぶと、喜ばれる確率が高くなるのでおすすめです。また、迷ってしまった場合には、自由に品物が選べるカタログギフトを贈るのもいいでしょう。

目上の人に何をお返しするべきなのかわからず、商品券を贈ってしまう場合もあるかもしれません。ですが、商品券など金額がはっきりとわかるものは、失礼だと感じる人もいます。商品券を贈るならば、カタログギフトを贈ったほうが失礼にあたりません

親戚に贈ると喜ばれるものとしては、他にお菓子やお酒などがあります。子どもがいる家庭ならば、ちょっと高級で子どもが喜びそうなお菓子。大人ばかりならば、好きなお酒の種類を聞き、日本酒やワイン、焼酎などを贈っても喜ばれるでしょう。何がいいのかわからない場合は、さらに仲良くなる意味も込めて、親戚に直接尋ねてみるのもおすすめです。そこからお酒などの趣味がわかり、より話が弾むようになります。

職場の上司

上司から結婚祝いを頂いた場合は、内祝いでは上司好みの少し上質なものを贈ると喜ばれます。年配の上司の場合は、高級和菓子セットやお酒セットなどもおすすめです。量が多くなる、重くなるなどすると、喜ばれません。高級なものを少量贈るようにしましょう。また、高額なお祝いをもらった場合でも、親戚の場合と同じく金額がはっきりとわかる商品券などはふさわしくありません。商品券を贈るならば、カタログギフトにしましょう

職場の同僚

同僚から結婚祝いをもらった場合には、もらった相手が女性か男性かによって贈る内祝いを変えるのがおすすめです。同僚の女性に対して内祝いを贈る場合には、女性が大好きなコスメブランド、ロクシタンのバスグッズや女性が好きな高級菓子ブランドの洋菓子など、おしゃれで可愛いギフトを贈ると喜ばれます。男性に対しては、一人暮らしの男性には実用性の高い洗剤セット、既婚男性にはグルメカタログギフトなど贈ると喜ばれるでしょう。

職場の部下

部下から結婚祝いをもらった場合には、見た目が可愛いお菓子などにすると、喜ばれます。また、部下から連名でお祝いをもらった場合には、もらった金額の半額かそれ以上の個別包装されたお菓子を贈ると、職場で食べることもできるので、おすすめです。

友達

友達へ結婚祝いを贈る際には、刃物や割れ物、別れの意味もあるハンカチなどは避け、友人の趣味に合ったものを贈ると喜ばれます。

一般的には、おしゃれなコーヒーや紅茶セット、高級なお菓子やスイーツなどは誰にでも喜ばれる一般受けするギフトです。人気や流行りのお店のお菓子やスイーツ、紅茶やコーヒーを選ぶと、流行りものが好きな女子により喜ばれます。料理上手な人には、調味料セット、料理が苦手な人には万能調味料などもおすすめ。

既婚者や一人暮らしの友達には普通の洗剤ではなくオーガニックの洗剤や香りのよい洗剤などを贈っても喜ばれるでしょう。

新郎、新婦のどちらも遠方出身の場合は、お互いの出身地の名産品を内祝いとして贈ると、自己紹介代わりにもなりおすすめです。基本的には、自分では欲しいけど買わないようなちょっと高級なものを贈ると、友達も喜んでくれるでしょう。

友人の場合、事前にお返し不要と言われることもあります。そんな場合でも、感謝の気持ちを込めてちょっとしたお菓子を返すようにしましょう。すると、相手にも気をつかわせることなく、感謝の気持ちを表すことができます。お菓子にちょっとしたメッセージを書いておけば、さらに気持ちがこもった内祝いに。

お菓子やコーヒーは消え物と呼ばれ、相手によっては縁起が悪いと言われることもあります。ですが、誰でも使うことができるため、ギフトとして重宝されるもの。贈る際には、周りの詳しい人に贈ってもいいものか聞いてみてから、贈ると安心です。

3.結婚内祝いののしの書き方

結婚内祝いを贈る場合、のし紙はどうしたらいいのでしょうか。

まず、のし紙は紅白の10本の結び切りの物を選びます。紅白の10本の結び切りは、主に結婚のときに使う水引です。そのため、10本の結び切りを選びます。

のし紙の上の部分には、寿か内祝、下の部分には夫婦の連名を書きます。夫婦の連名は、名前のみを書くか、両家の苗字に家を付けて書くか、苗字と名前を夫婦連名で書くのがしきたりです。また、新姓のみを書く場合もあります。結婚はお互いの家にとっても大切な行事。お互いの両親にのし紙をどのように書くべきか聞いてから書いてもよいでしょう。

最近ではギフト店などで内祝いを注文すると、のし紙はお店で記入してもらえます。お店の人はのし紙の選び方や書き方に詳しいので、お店の人の指示に従うのもおすすめです。

結婚内祝いを贈る際には、メッセージカードを一緒に贈ります。その際、メッセージカードを書く際には、句読点は使わない、繰り返し言葉や忌み言葉は使わないといった基本的なルールをきちんと守り、メッセージカードを書きましょう。メッセージカードがついているのとついていないのでは、気持ちの伝わり方が違ってきます。お祝いをくれた1人1人の顔を思い浮かべながら、メッセージを書きましょう。

4.まとめ

結婚の内祝いを贈る際の金額の相場や人気の品物について説明してきました。贈る相手が喜んでくれる顔を想像しながら、ギフトを選ぶと、相手も喜んでくれるはず。様々なしきたりにも気を付けながら、お祝いをくれた人が喜んでくれるような内祝いを選びましょう。

また結婚後に来るお祝い「結婚記念日」について下記の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてみて下さい。

閉じる
閉じる