結婚式のメイクで失敗しないコツをご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

全国のお祝い
コースプランを探す

Ranking
Home
34views

結婚式のメイクで失敗しないコツをご紹介!

34views

シェアする

LINEで送る

アイメイクをする白い服の女性

せっかく結婚式に招待されたら、きれいにメイクをして参列したいです。しかし、美容室でメイクをしてもらうとお金がかかったり、時間の融通が利かなかったりするため、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

節約しながら、自分に合うメイクをしたいときはセルフメイクがおすすめです。今回は自分で結婚式のメイクを自分でしたいと考えている方に失敗しないコツをご紹介いたします。

【目次】
1.【セルフメイク】結婚式のお呼ばれメイクのコツ
◆一重の人
・アイシャドウはブラウンか寒色系を選ぶ
・メイクの重心を目尻側に置く
・下まぶたのメイクで目を大きく見せる
・つけまつげで目元を華やかに
◆奥二重の人
・アイシャドウは上下で異なる色を使う
・アイラインはブラウンかネイビーで細めに描く
・マスカラはダマをしっかりとって、セパレートなまつ毛に
◆二重の人
・アイシャドウはピンクやゴールドで華やかに
・アイメイクはしっかりとぼかす
◆プチプラコスメでできる結婚式メイク
・ドレスと合ったカラーラインで統一感を出す
◆口紅選びのポイント
・真っ赤な口紅は避ける
・アイメイクに合わせて口紅を選ぶ
・落ちにくいものを選ぶ

2.美容院でメイクした方がいい?
・メリット
・デメリット
・ヘアメイク専用サロンで費用を節約

3.まとめ

1.【セルフメイク】結婚式のお呼ばれメイクのコツ

チークブラシでメイクする女性
結婚式のメイクは新郎新婦の美しさを引き立てながらも、自分を上品で華やかに見せられるように仕上げるのがポイントです。一重、奥二重、二重と目のタイプ別のアイメイクのポイントやプチプラでできるパーティーメイクの方法、口紅選びのポイントについて見ていきます。

◆一重の人

一重の方はクールで美しい雰囲気が魅力的です。しかし、メイクを間違えると顔が地味に見えたり、メイクが浮いたりしてしまうことがあるため、派手になりすぎずに美しさを強調するメイクを心がけましょう。

一重の方のアイメイクで気をつけるべきポイントは次の4つです。

目次へ

・アイシャドウはブラウンか寒色系を選ぶ

ピンクやラベンダーなどのアイシャドウはかわいらしく魅力的ですが、一重の方が暖色系のアイシャドウを付けると目が腫れぼったく見える可能性があります。

一重の方はクールで美しい印象を強調できるブラウンか寒色系のアイシャドウを選びましょう。結婚式に参列する際は華やかなドレスなどを着るため、マットタイプのアイシャドウではなく、ラメやパールが入ったものがおすすめです。

目次へ

・メイクの重心を目尻側に置く

一重の方が目元や黒目の上に重心を置くメイクをすると目が腫れぼったく見えてしまいます。

すっきりとした目元を生かすために、アイメイクは重心を目尻側に置くことを心がけると失敗が少ないです。

具体的には、目尻側にかけてアイシャドウを濃くしたり、アイラインを目尻から少しはみ出すように描いたりすると一重の方の魅力を引き出せます。

目次へ

・下まぶたのメイクで目を大きく見せる

一重の方は下まぶたもしっかりとメイクすることがポイントです。下まぶたにはキラキラとしたラメの入ったアイシャドウを塗って目を大きく見せましょう。

目元を華やかに見せたいときは目尻側2/3にアイラインを引くのもおすすめです。

目次へ

・つけまつげで目元を華やかに

一重の方はつけまつげを付けるとセルフメイクでも一気に華やかな雰囲気に変わることが多いです。結婚式に参列する際は自分に合ったつけまつげを使って華やかな雰囲気に仕上げましょう。

つけまつげの選び方がわからない人は目尻にかけて長くなっているタイプを選ぶとクールで美しい印象を引き立てられるので、失敗が少ないです。

目次へ

◆奥二重の人

奥二重の方はナチュラルな雰囲気が好印象です。ですが、メイクを失敗すると目が小さく見えたり、地味な雰囲気になったりすることが多いです。結婚式に参列するときは二重幅を生かしたメイクで目元の立体感をアップさせて華やかで上品な雰囲気に仕上げましょう。

奥二重の方がセルフメイクをするときに気をつけたいポイントは次の3つです。

目次へ

・アイシャドウは上下で異なる色を使う

奥二重の方はアイシャドウを塗っても二重幅で隠れて色が目立たないことがあります。そのような場合は上下で異なる色のアイシャドウを使ってメイクを仕上げるときれいです。

具体的には上まぶたにはベーシックなブラウン、下まぶたに差し色となるピンクやラベンダー、グリーンなどを使うと差し色を使いましょう。下まぶたに差し色を入れることで目が縦に大きく見え、二重幅で色が隠れないため、華やかな雰囲気を演出できます。

目次へ

・アイラインはブラウンかネイビーで細めに描く

目を大きく見せようと太めのアイラインを入れると二重幅が隠れて見えません。また、奥二重の方が黒いアイライナーを使うとかえって目が小さく見えてしまうこともあります。

アイライナーはブラウンかネイビーなどの自然な色を使い、細めに描いて自然に仕上げましょう。アイシャドウの色を目立たせたいときはアイラインは黒目の上から目尻の上までだけに入れると上品なメイクができます。

目次へ

・マスカラはダマをしっかりとって、セパレートなまつ毛に

マスカラをたっぷりと塗ってダマができてしまった場合、そのままにしておくとメイクが美しくありません。また、まつ毛が太すぎると二重幅が隠れたり、目が小さく見えたりすることも多いです。

奥二重の方はマスカラはできるだけきれいに梳かしてダマを取りましょう。細いマスカラで目元が寂しいと思ったら、カラーマスカラやラメ入りマスカラを使うと結婚式でも映えるメイクができます。

目次へ

◆二重の人

二重の方は華やかな雰囲気が魅力的です。その一方で結婚式に招待されたからと気合を入れすぎると花嫁さんよりも目立ってしまうような濃いメイクになったり、下品に見えたりすることもあります。二重の方がセルフメイクをするときは元の華やかな雰囲気を生かしながらもナチュラルなメイクを心がけましょう。

二重の方が結婚式のメイクをするときに気をつけたいポイントは次の2つです。

目次へ

・アイシャドウはピンクやゴールドで華やかに

二重の方が濃いブラウンやブラックなどのアイシャドウを使うと印象が強くなりすぎることがあります。結婚式に参列するときは花嫁さんを引き立てるためにナチュラルさと華やかさを兼ね備えたピンクやゴールドのアイシャドウを選びましょう。

ローズピンクやシャンパンゴールドなどはピンクやゴールドの中でも落ち着いて大人っぽい雰囲気のある色なので、結婚式のメイクに使いやすいです。

目次へ

・アイメイクはしっかりとぼかす

アイラインや濃い色のアイシャドウは塗った後に綿棒やブラシを使ってしっかりとぼかしましょう。二重の方がアイラインやアイシャドウをぼかさずに仕上げると派手すぎる印象となり、おしゃれにも見えません。

ぼかしてもアイメイクが濃いと感じる場合はブラウンのアイシャドウを使ったり、グラデーションに使うアイシャドウの色を減らしたりすると自然に仕上がります。

目次へ

◆プチプラコスメでできる結婚式メイク

結婚式に参列するときはドレスダイヤご祝儀などとたくさんお金がかかってしまいます。メイク代は節約したいと考えている人はプチプラでできるパーティーメイクを試してみてください。

プチプラでできるパーティーメイクの方法を2つご紹介いたします。

・キラキラアイシャドウでいつものメイクを華やかに
アイシャドウパレットはたくさんの色が入っていて魅力的ですが、値段が高いことも多いです。メイク代を節約したい人は単色のアイシャドウを一色だけ購入して普段のアイメイクに加えると良いでしょう。

色の選び方に迷ったら、シルバーやゴールドのラメがメインのアイシャドウがおすすめです。目元にラメを入れることで普段のアイシャドウも華やかになり、表情も明るく見えます。

目次へ

・ドレスと合ったカラーラインで統一感を出す

ボルドーやブルーなど少し派手なカラーのアイライナーを使ったメイクもおすすめです。カラーライナーはドラッグストアや100均でも購入できるアイテムですが、目元に色を入れることによっていつもとは異なる雰囲気を演出できます。

カラーライナーを使うときはドレスと同系色を選び、他のアイメイクはシンプルに仕上げるのがコツです。ドレスとメイクがちぐはぐの印象になったり、メイクが派手になりすぎて子供っぽく見えたりすることがないように注意してください。

目次へ

◆口紅選びのポイント

口紅はコスメの中でも顔の印象を左右するものです。結婚式では華やかで上品な口紅を選び、きれいなメイクに仕上げましょう。

口紅選びのポイントは3つです。

目次へ

・真っ赤な口紅は避ける

真っ赤な口紅は血を連想させるため、結婚式では避けましょう。赤系を使いたい場合はローズなどを選ぶとマナー違反になりません。

目次へ

・アイメイクに合わせて口紅を選ぶ

アイメイクとリップメイクの両方を派手にしてしまうと顔に統一感が出ず、せっかくメイクを頑張ってもきれいなメイクができないことがあります。

濃いめのアイメイクをするときは口紅は落ち着いたベージュ系かコーラルピンクなどを選び、メイクのバランスを取りましょう。

リップがメインのメイクをしたい場合はローズやオレンジなど派手な色を使っても良いですが、アイメイクはブラウンやグレーでまとめて上品に仕上げてください。

目次へ

・落ちにくいものを選ぶ

結婚式ではおいしい食べ物や飲み物を口にする機会が多いです。その一方であまり化粧直しをする時間はないため、リップは落ちにくく、時間が経ってもムラにならないものを選びましょう。

長時間口紅を塗っていると唇が乾燥してムラになってしまう方は口紅の前に保湿用のリップクリームを塗っておくと安心です。

結婚式の関連記事はコチラ

目次へ

2.美容院でメイクした方がいい?

チークブラシでメイクしてもらう女性
節約したいと思っても結婚式に参列するときは美容院でメイクをしてもらった方が良いのでしょうか。美容院でメイクをするメリットとデメリットを確認しておきます。

目次へ

・メリット

美容院でメイクをするメリットは失敗が少ないことです。プロに頼むと客観的に自分に合ったメイクを提案してもらえるので、写真で見返したときに失敗したと感じることはあまりありません。また、ヘアやドレスとも統一感を出してくれるため、メイクだけが浮いてしまう心配も少ないでしょう。

目次へ

・デメリット

美容院でメイクをしてもらう場合のデメリットとしては費用がかかることや時間の融通が利かないことが挙げられます。予算を抑えたり、行きつけの美容室でないところでメイクをしてもらったりすると、自分が理想と考えるメイクをしてもらえないこともあるでしょう。

また、敏感肌の方は使用する化粧品によって肌荒れを起こしてしまう可能性があります。メイクで肌荒れを起こした経験のある人は事前に使用するコスメを美容院に確認しておきましょう。

目次へ

・ヘアメイク専用サロンで費用を節約

費用を抑えながら、プロにメイクをしてもらいたい場合はヘアメイク専門のサロンを利用するのがおすすめです。カットやカラーではなくヘアセットやメイクを専門的に行っているサロンは技術力が高く、ヘアメイクにかかる費用も一般的な美容院と比べて少ないことが多いです。結婚式に参列することが決まったら、あらかじめ美容院を探しておき、気になることはしっかりと確認すると失敗も少ないでしょう。

目次へ

3.まとめ

結婚式のメイクは華やかで上品に仕上げることが大切です。セルフメイクをする場合も美容院でメイクをしてもらう場合も納得のできる仕上がりになるように参列が決まったら早めにメイクの練習や美容院の予約をしておきましょう。きれいにメイクができれば楽しい思い出を作れます。

結婚式の関連記事はコチラ

iwauのおすすめ店舗はコチラ

目次へ

コラム一覧へ≫

閉じる
新規会員登録
閉じる