結婚式の費用の相場は?節約術や海外の場合などをご紹介 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
1442views

結婚式の費用の相場は?節約術や海外の場合などをご紹介

1442views

シェアする

LINEで送る

花嫁と花婿と電卓

結婚式をする上で、まず気になるのは挙式の費用についてではないでしょうか。
そこで、ここでは結婚式の費用の相場はどの程度なのか、何にどの程度のお金がかかるのかなどをまとめました。

1.結婚式の費用の相場

がま口財布を持つ花嫁

結婚式の費用の相場といっても、結婚式の規模によって相場は大きく変わってきます。
ここでは、招待客の人数ごとに、実際に払った最終金額の相場をご紹介します。

70名程度の場合

結婚式を挙げる際に最も多いのが、70名前後の招待客を呼ぶケースです。
おおよそ300~350万前後で式を挙げる方が多く、400万台になる方も少なくありません。
最低でも300万以上を支払う方が多いようです。

50人程度の場合

次に多いのが、50人程度の招待客を呼ぶケースです。
地域差はあっても、250~300万円前後が相場の地域が多くなっています。
50人弱の招待客であれば、200万円台になることが多いでしょう。

家族のみなど10人前後の場合

小規模なウェディングをご希望の方に人気の、家族だけでの挙式。
フォーマルな披露宴よりにするかカジュアルな食事会よりにするかで金額は変わってきますが、おおよそ80万~120万前後が相場となっています。

100名を超える場合

100名を超える招待客を呼ぶ場合になると、500~600万円台が相場になってきます。
式場やアイテムのグレードなどによっては400万円台で挙げられることもあれば、
格式を重要視して700、800万円台での式になることもあり、式のスタイルによって大きくかかる金額は変わります。

2人きりでの場合

2人きりでの挙式を考えている場合、最も安くて7万程度から挙式をすることができます。
どこで式を挙げるか、オプションをどこまでつけるかによってそれ以上にかかってくる値段は変わってきます。
家族なども呼ばずに挙式する場合は、15万円以内が相場となっています。

このように、招待客の人数によって費用も大きく変わってきます。
相場を知った上で、どこを節約するか、どこにお金をかけたいかを考えてみると良いでしょう。

 EPARK iwau
EPARK iwau
EPARK iwau(イーパーク イワウ)でお祝い・記念日を特別プランで思い出を作りませんか!!

2.結婚式の費用の支払いについて

結婚式の相場について見てきましたが、実際に結婚式の費用を支払うとなった時の疑問点についてまとめました。

前払い、当日払い、後払いのそれぞれのメリットは?

式場によって、費用の支払いの規定は変わってきます。
前払いの場合、結婚式当日以降に費用のことを考えずに済むので、現実的なことを考えずに式を楽しめるというメリットがあります。
親からの援助やローンを活用するなどして、結婚式までに費用を用意できそうなら、前払いはオススメの支払い方です。
当日払いの場合、いただいたご祝儀を支払いに回すことができるので、事前にお金を借りるなどしなくても支払いやすいというメリットがあります。

ただし、披露宴の後などに現実的な費用のことを考えなければならず、またご祝儀の額が予想よりも少なかった時のためにある程度資金の用意が必要でしょう。
後払いの場合、ご祝儀の額を確認してから余裕を持って支払いをすることが可能です。
ご祝儀の額が足りないなどしたときは資金をどう集めるかを考えなければなりませんし、不払いによる式場とのトラブルになる可能性もあります。
式場によっては、前払いと後払いを組み合わせた分割払いなどの方法をとっているところもあります。
支払いの方法については、しっかりと式場に確認をしてみてくださいね。

結婚式前に新郎新婦だけではお金が足りない場合は?

結婚式の費用は大金ですから、現金払いで期日までに振り込む、というのが難しい新郎新婦もいるでしょう。
入籍後に資金を貯めようとしてもなかなか思うように貯まらず、結婚式を諦めなければならないのでは、と考えてしまうかもしれません。

その場合、ブライダルローンやクレジットカードを活用することで支払いをすることが可能になる場合もあります。
ブライダルローンは、今資金がなくても、支払い回数を増やすことで負担を減らしながら挙式をすることが可能です。
ただし、結婚後も支払いが続くので、生活を圧迫する可能性があることは頭に入れておきましょう。

クレジットカードは分割払いが可能なため、複数回に分けて支払ったり、ボーナス払いを活用したりすることができます。
こちらも結婚後に支払いが続くので、一回一回に確実にお金の支払いができるように計画を立てることが大切になります。

3.結婚式の費用の簡単な内訳

結婚式の費用の相場等を見てきましたが、その内訳は具体的にどのようなものなのでしょうか。
例として、70人の挙式(相場350万)を想定して考えてみましょう。

挙式料      :30万程度
装花代      :15万程度
料理・飲物代   :140万程度(招待客一人あたり2万程度)
引出物・引菓子代 :35万程度
新婦衣装代    :50万円程度
ブーケ      :5万程度
新郎衣装代    :15万程度
写真・ビデオ撮影代:50万円程度
映像演出代    :10万円程度

グレードアップ・ダウンによってかかる費用の調整をすることは可能ですが、この他にも必要な費用があります。
遠方ゲストへの交通費や宿泊費、主賓や受付へのお礼やお車代などは必要な方も少なくないと思います。
新生活に必要な費用と合わせて、いくら資金が必要なのかを考えることが大切です。

4.結婚式の費用は遠方だとどのくらい?

飛行機の模型とお札

結婚式をリゾート地などの遠方であげたいという方もいらっしゃるでしょう。
費用がかなりかかるのでは、と思うかもしれませんが、遠方であるために招待客の人数が少なくなることが多いので案外費用を抑えることができますよ。

北海道

北海道はもともと結婚式の費用の安めな地域です。
旅費と挙式料で100万円~160万円程度が相場です。

沖縄

国内リゾートウェディングでも人気の高い沖縄。
旅費と挙式料は合わせて100万円~180万円程度になることが多いようです。

海外

例えばハワイでの挙式の場合、相場としては100~200万円で旅行と挙式が可能です。
金額に大きく差があるのは、招待客の人数や行う内容によって大きく変わるためです。

思い出作りや、思い出の地でのリゾート婚をご希望の方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

5.結婚式の費用の節約術

ここまでは一般的に結婚式にかかる費用について見てきましたが、できるなら少しでも安く結婚式を行いたいですよね。
費用の負担を減らすためには、どのような工夫ができるのでしょうか。

お得なプランや時期を利用する

式場によっては、仏滅などの日に会場使用料を大幅に下げるプランを用意していたり、閑散期である8月や12月後半から1月にかけての時期を安く設定していたりします。
結婚式の日和に特別な思い入れがあるという夫婦・家族でなければ、安い時期を狙うのは一番の節約になるのではないでしょうか。

引き出物をネット購入、宅配などで安く抑える!

引き出物や引き菓子は、1人あたり5,000円程度がかかるので人数が多いと特に負担のかかる部分です。
式場によっては持ち込み料を設定しているので計算してみないとどちらが得かはわかりませんが、契約前の交渉によっては持ち込み料を無料にしてもらえる可能性があります。
そうすれば、式場で用意するよりも割安で引き出物を用意することができ、さらに紙袋もつけてもらえば紙袋代も節約できるので、1人あたり500円程度はお得になります。

さらに、当日の荷物にならないようにという配慮も考えて、宅配サービスを頼む方もいます。
こちらならば引き出物の持ち込み料もかかりませんので、かなりの節約になりますよ。

ウェディングケーキをイミテーションケーキにする

案外結婚式のコース料理で満腹になってしまい、ウェディングケーキが食べられないということはあるもの。
無理にウェディングケーキを作って招待客に振る舞うよりも、食べられないイミテーションケーキの方が費用も抑えられ、見た目も理想のケーキにすることができますよ。

自作のアイテムを作って節約

招待状や席札などを式場に頼むのではなく、作ることでも数千~数万円の節約になります。
ネットで無料でダウンロードできるものもありますので、探してみると良いでしょう。
もちろん、1から作成できる方には是非オススメしたい節約方法です。

自作の映像で節約

結婚式の費用の中でも業者に頼むと高いのが、映像の作成です。
数万~十数万の出費になることが多いですが、こちらも自分で映像編集ができるのであれば自作するのもありです。
プロフィールムービーなどは、動画編集ソフトによってはテンプレートもありますので、作りやすいのではないでしょうか。

6.まとめ

いかがでしたか?
このように様々な部分を工夫して理想の結婚式を想定してみると良いでしょう。
結婚式は両家の家族の意向なども考える必要のある部分もありますので、親からの援助をうまく受けつつ、自分たちらしい挙式を模索してみてはいかがでしょうか。

閉じる
閉じる