結婚式の靴は何がいい?マナーやおすすめなどをご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
1944views

結婚式の靴は何がいい?マナーやおすすめなどをご紹介!

1944views

シェアする

LINEで送る

外にあるヒールと花

結婚式に招待された女性は、服装だけでなく、靴をどうしようかと悩むもの。自分が気に入っている靴を履いて、結婚式の靴のマナー違反と知らなかったら恥ずかしいですよね。服装やメイクをうまくコーディネートして、結婚式のマナーを守った靴選びをしたいでしょう。

そこで今回は、結婚式の靴のマナーやおすすめの靴をご紹介しますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

1.結婚式の靴のマナー

結婚式で着用する靴にもマナーがあります。
多くの人はパンプスで無難にまとめていますが、ロングブーツを着用して結婚式へ出席する人がいます。

ブーツはロングでもショートでもカジュアルな靴なので、結婚式のフォーマルな服装には不適切です。

サンダルやミュール、オープントゥは足の指や甲が露出していてカジュアルな印象を与えるので、結婚式では着用しないようにしましょう。

また、服装やバッグとのバランスを考えて靴を選ぶのもマナーです。ドレスもバッグも黒で靴も黒だと、お葬式へ出席する服装のようになってしまいます。黒の靴を着用したい場合は、派手でないラメや光沢のある靴を選ぶといいでしょう。あるいはバッグをシルバー系の色のものにすれば、華やかさを演出できます。

靴のヒールは、結婚式なら7cm位の高さまでなら、足元がきれいに見えるのでおすすめです。ヒールが低い靴はカジュアルっぽく見えるので、ヒールの高い靴を履けない理由がなければヒールのある靴を着用しましょう。

2.結婚式の靴の素材はエナメル?

黒いエナメルの靴

結婚式の靴の素材にもマナーがある

結婚式の靴のスタイルにマナーがあるのと同じように、靴の素材にもマナーがあります。素材を気にして靴を選んだことのある人は多くないと思いますが、結婚式に適した素材とNGな素材があるのです。

結婚式に一番適している靴の素材はエナメルです。革に塗料を下塗りして樹脂を繰り返し塗ってコーティングしたのが、エナメル靴です。エナメルは光沢が美しく高級感があるので、結婚式にはふさわしいとされています。結婚式のようなお祝いの場に合うので、エナメルの靴を着用して結婚式へ出席するのはおすすめです。

結婚式では革の靴はマナー違反とされているので、着用するのはやめましょう。ヘビやワニなどは虫類の革は動物を殺傷するというイメージがあるため、結婚式には不適切とされています。

ただパンプスは素材が革ですが、エナメルでコーティングされているのでマナー違反にはなりません。また素材が麻の靴はカジュアル過ぎるので結婚式には不適切です。

パンプスはエナメル素材以外にもスエード素材のタイプがあり、結婚式が秋冬なら着用しても大丈夫です。スエードは秋冬の素材で、この季節にしか着用できないので結婚式へ出席するにはおすすめです。

結婚式の時間帯により適切な素材がある

女性の靴の素材は洋装のルールに従うため、結婚式の時間帯により服装や靴も変わってきます。

結婚式が昼間なら、光らない素材の靴を選ぶようにします。パンプスであれば、スエードやカーフなど皮の素材、サテン生地など布の素材などになります。

結婚式が夜なら昼間とは違って、光沢のある華やかな素材の靴が適しています。素材はエナメル、色はシルバーやゴールドなどの靴がいいでしょう。

3.結婚式の靴のストラップは問題ない?

靴と花とパール

結婚式で着用する靴は、つま先が出ているタイプはマナー違反になります。つま先が出ているタイプはオープントゥパンプスといい、縁起が悪いとされているからです。見えてはいけないのはつま先なので、かかとが見えるストラップのある靴はマナー違反にはなりません。結婚式では素足を見せてはいけないので、ストッキングの着用が前提になります。

最近では、かかとにストラップがあり、つま先が隠れるサンダルやパンプスが販売されています。結婚式に着用できる靴の選択肢は増えているので、靴を購入する際には結婚式で着用できるかお店で確認してみましょう。ストラップのあるパンプスやサンダルでも、フォーマルな服装に合わせることができます。

4.結婚式の靴の色は?

結婚式の靴の色は、どんな色でもいいのでしょうか。

黒の靴はOK?

女性の場合、結婚式のドレスや靴を黒で統一することがあるかもしれませんが、黒はお葬式のイメージがあり迷う人もいるでしょう。黒の靴は結婚式のマナーに違反しませんし、ドレスとコーディネートしやすく選べる靴も多いのです。

白の靴はOK?

結婚式で白い靴を着用するのは大丈夫かと思う人もいるかと思います。白は新婦のドレスの色と同じなので、結婚式のマナーに違反するのでは考えるかもしれませんが、白い靴は大丈夫です。服装全体が白っぽいと新婦の衣装と重なるためNGですが、靴やバッグだけ白い場合は問題ありません。

白だけでなくシルバーやゴールド、ベージュなど明るい色の靴を着用すると、フォーマルな中に華やかさを演出できます。

靴とドレスや小物の色を合わせる

結婚式の靴の色を決めるポイントは、ドレスや小物の色に合わせることです。ドレスが黒やネイビーなどダーク系の色なら、靴の色はシルバーやゴールドなど明るめの色を選ぶといいでしょう。ドレスがピンクやベージュなど明るい色であれば、靴もピンクやベージュ、黒、ゴールドが合います。

ドレスや小物とコーディネートして靴の色を選ぶと、全体のバランスが良くなりおしゃれ度がアップします。

5.結婚式におすすめの靴

結婚式におすすめの靴はパンプス

パンプスとは、フォーマルの基本の靴です。デザインは、甲の部分が大きく開いていて、基本的にはつま先とかかと部分が覆われていますが、その部分が開いたデザインのパンプスもあります。

結婚式では、つま先が隠れるパンプスを選ぶのが基本です。つま先が出ている靴は縁起が良くないのと、カジュアルなのでフォーマルな結婚式には不向きであるというのが理由です。結婚式が冬だとブーツを選ぼうとする方もいますが、ブーツはカジュアルな靴なのでフォーマルな結婚式には適していません。結婚式ではフォーマルな服装を着用するので、カジュアルな靴とはミスマッチになります。

パンプスの色と素材

パンプスの色はどんな色でも大丈夫です。基本的にドレスや小物とコーディネートして選ぶので、この色でないと駄目ということはありません。
ドレスが黒であれば、喪服のようにならないことを意識して、明るい色のパンプスを選びます。ドレスが明るい色であれば、同系色の靴を選ぶといいでしょう。

パンプスの素材は繰り返しになりますが、エナメルが一番結婚式に合います。豹柄やアニマル柄、動物の革の素材は結婚式のマナーに違反しています。また、デニムやコットンなど布の素材のパンプスは、見た目がカジュアルなので結婚式には不向きです。

パンプス選びのポイントはヒール

パンプスのヒールの高さには幅がありますが、ヒールが低いとカジュアルな印象を与えます。結婚式ではフォーマルさを演出したいので、ヒールの高さが3cm以上のパンプスを選ぶようにしましょう。5cm以上の高さがあれば、フォーマルなドレスの華やかさを引き立てることができます。

ヒールが太いとカジュアルな感じになるので、フォーマルなドレスには細いヒールのパンプスを合わせます。ヒールの高い靴に慣れていないと疲れやすいので、結婚式までに靴を履いて慣らしておくといいでしょう。また、靴擦れを起こすこともあるのでご注意ください。

結婚式の靴は通販で気軽に購入できる

結婚式の靴にどんなものを選べば良いかわかったら、自分に合う靴を購入しましょう。以前は靴を購入するには、店舗まで出向かなければなりませんでしたが、最近はネット通販が普及して気軽に靴を購入できるようになりました。自分の靴のサイズさえわかれば、いろいろなデザインや色の靴から選んで購入できます。価格も高いものから安いものまで数多く揃っていて、通販なら自分にピッタリの結婚式の靴を探せるでしょう。店舗まで足を運ぶ時間のない人にはとても便利です。万が一サイズが合わなくても返品対応しているところもあるので、通販でも安心してショッピングできます。

6.まとめ

今回は、結婚式の靴のマナーやおすすめの靴についてご紹介しました。結婚式というフォーマルな場でマナー違反しないようにするためには、しっかりと頭に入れておきたい知識ばかりです。靴のマナーは服装ほど厳しくないので、最低限のマナーを守って服装や小物とうまくコーディネートすることが大切です。結婚式の服装を引き立てることのできる素敵な靴を選べるといいですね。

閉じる
閉じる