お宮参りの意味とは?ママのためのお宮参り解説 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
7093views

お宮参りの意味とは?ママのためのお宮参り解説

7093views

シェアする

LINEで送る

お宮参りをするための服を着た赤ちゃん

出産直後に赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈る「お宮参り」。

とはいえ、出産直後といえば赤ちゃんはママの助けが必要な時期ですし、ママも体調が安定していないので、中には一大行事をこなすのが大変だと感じる人もいるはず。

今回の記事ではお宮参りの意味から時期、誰と行くか、赤ちゃんとパパママの服装、食事会のときの注意事項を紹介しているので、これを読んで、少しでもお宮参り慣れしてくださいね。

1.お宮参りの意味って?

赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈る行事です。お母さんが安産のお礼参りをすることもあり、別名「初宮参り」「初宮詣」とも呼ばれています。

基本的には親戚とともに赤ちゃん生まれた土地の守り神である「産土神」(うぶすながみ)に参拝し、行事をとり行います。

2.時期は?いつまでにやればいいいの?

正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に行きますが、北海道や東北、新潟県や関東の一部地域、沖縄県では百日参りと同時に行ったり、青森県では男の子は生後120日目、女の子は生後10日後にお宮参りをする地域も。

さらに、山形県の一部地域では生後51日目のお宮参りが伝統になっているので、あらかじめ日程は確認しておきましょう。

また「男の子は生後31日目」と「女の子は生後32日目」はあくまでも「正式」なものなので、「いつまでに」という明確な決まりはありません。

生後1ヶ月前後というと、お母さんの体はまだ産後に順応しきれていませんし、赤ちゃんは体調が崩れやすい時期です。

夏に産まれた赤ちゃんは真夏の暑い時期を、冬に産まれた赤ちゃんは真冬の寒い時期を避けることも多く、実際新潟や北海道ではそのような時期を避けてお宮参りが行われています。

とりあえず「生後6ヶ月後」までにお宮参りをしておけばOKと覚えましょう。

お宮参りには理想的とされるお日柄があり、最も理想的だとされるのは「大安の日」です。1日中大吉だとされているので、この日であれば時間帯を気にせずお宮参りができます。

先勝の日は「先ずればすなわち勝つ」という意味があり、「勝負事などをする日は少し強気になってでも勝とう」という日ですが、この日は午前中だけが吉なので、お宮参りはスピード勝負となりそうです。

先負の日は「先ずればすなわち負ける」という意味がある日で、午後が吉だとされている日ですが、赤ちゃんは夕方になるとぐずる子も多いので、なるべく早いうちに済ませておきましょう。

赤口は一般的に厄日だとされますが、午前11時ごろから午後1時ごろまでは吉だとされているので、気温が極端に高い夏以外ならこの日に行ってもいいかもしれません。

友引は「凶事に友を引く」という意味があり、朝は吉、昼間は凶、夕方は大吉とされていますが、朝だと遠くの親戚は前泊になりますし、夕方だと赤ちゃんがぐずることも多いので、お宮参りには向いていません。

仏滅は何をするにも凶だとされる日なので、お日柄にこだわる人なら避けましょう。

六曜がいい日は神社も食事会も混雑するので、早いうちから予約を入れておきましょう。

3.お宮参りの準備 予約は不要?

神社によって違います。

予約が必要な神社もあればそうでない神社もあるので、あらかじめ神社に電話して、予約の旨を伝えるようにしましょう。

そこで「予約しなくても大丈夫ですよ」と言われたら予約しなくても大丈夫なので、当日神社に訪れ、お宮参り希望であることを伝えましょう。

4.誰と行くの?祖父母も一緒に?

笑顔の祖父母

伝統的なお宮参りでは、赤ちゃんと父親、父方の祖父母がお宮参りに参加します。

父以外に呼ばれる人物に母親や母方の祖父母がいない理由は、もともとお宮参りは母方がお膳立てし、父方が参加するものだと考えられていたこと、母親の忌が明けるのが産後75日から100日後であるためです。

ただ最近では変化しており、母親はもちろん、母方の祖父母や両親の兄弟姉妹が参加することも。

伝統を大事にするなら父親と父方の祖父母の参加だけでいいですが、親戚の参加は柔軟に考えていいでしょう。

5.お宮参りの赤ちゃんの服装

産後1ヶ月の時期は赤ちゃんもまだ体ができあがっておらず、ママもまだ疲れやすい時期なので、ジーンズにTシャツや、ニットにミニスカートなどカジュアルすぎる服装はNGですが、フォーマルなものであればOKでしょう。

男の子

伝統としては、白羽二重の着物と紋付の「祝着」の着用ですが、「祝着」は母方の実家から送ってもらったものを着用します。ただ地域や家庭によって違うので、実家と連絡して確認する必要があります。

「祝着」は伝統的な服装ではありますが、実家との連絡などで両親や親戚の負担が大きいこと、それから重くて厚いため、(特に夏は)赤ちゃんへの負担が大きいことから、最近では祝着は着るけれどもレンタルを活用したり、軽装のフォーマルな服を着る赤ちゃんも増えています。

洋服でフォーマルなものを着せる場合は「セレモニードレス」やタキシードのようなデザインのロンパースが多く、和服でフォーマルなものを着せる場合は、はかまや羽織デザインのロンパース、お祝い用着物を着ることが多いです。

いずれにせよ、夏にお宮参りする場合は夏用の素材の肌着の上に、冬にお宮参りをする場合は冬用の素材の肌着の上に着せないと、赤ちゃんの体調が悪くなるので気をつけてください。

女の子

女の子も伝統では白羽二重の着物と紋付の「祝着」を着用しますが、「祝着」は母方の実家から送ってもらった「祝着」を着用することになっているため、実家と連絡を取り合わなければなりません。

ただ、これだと夏のシーズンは赤ちゃんの体調が悪くなることも考えられ、最近では祝着は祝着でもレンタルを利用したり、もっと軽装でフォーマルな服を着る赤ちゃんも増えています。

フォーマルドレスやピアノの発表会で着るようなデザインのツーウェイオール、それからお祝いのための着物でもドレスコード的にはOK。

夏や冬にお宮参りする場合、季節用の素材の肌着の上に、外出用のおしゃれ着を着させないと、赤ちゃんの体調が悪くなるかもしれないので注意が必要です。

両親や親戚の服装は、昔は着物や礼装が必須でしたが、赤ちゃんの服装がカジュアルになったので、今ではスーツやワンピースなどの「きれいな服装」でも十分です。

その場合、お宮参りの主役はあくまでも赤ちゃんなので、個性的すぎるネクタイや派手な色・デザインの洋服は避けましょう。

また、女性はスニーカーやサンダル、ミュールなどのパンプス以外の靴は履かないようにしてくださいね。

着物を着る場合は「訪問着・色無地・付け下げ」にするようにし、お宮参りにふさわしい品格を心がけてください。

洋服でも着物でも、両家の服装に差が出ないよう、あらかじめ打ち合わせしてから服装を決めたほうが無難です。

6.食事に行くなら

仕出し弁当

お宮参りは午前中に行われることが多いので、参拝のあとに昼食を兼ねた食事会を開くのが一般的です。両家の祖父母や親戚がお宮参りに参加する場合、食事会を行うとリラックスムードで話ができ、赤ちゃんとの時間が楽しめます。

食事会は自宅でも開けますが、レストランだと豪華な食事を楽しめるので、妊娠に出産、育児…と忙しいママにとっては久々の気分転換に。

お宮参りではあくまでも赤ちゃんが主役なので、授乳室やおむつ替えスペースが完備されているお店を選びましょう。

特に生まれてから間もない赤ちゃんの場合、頻繁に母乳を与え、おむつ替えをしなければなりませんので「授乳室とおむつ替えスペースがあるお店」が必須条件です。

可能であれば赤ちゃんを寝かせられる和室や、赤ちゃんが泣いても迷惑にならずに済み、パパやママにとっても、両家の祖父母にとってもストレスが少ない個室を選びましょう。

予算はランチで1人あたり3000円から5000円、ディナーで1人あたり5000円から1万円程度ですが、「誰が支払うべきか」という明確な決まりはありません。

先輩ママの体験談には
・祝い着を母方の祖父母から贈ってもらったから、食事代は父方の祖父母が支払った
・両家からお宮参りのご祝儀をもらったので、そのお礼でパパが支払った
・両家で食事代を折半した

このような声がありましたが、これも両家の考え方によって違ってくるでしょう。

昔からの風習では父方の祖父母が支払うことが多いようですが、地域によっても異なってくるので、よく話し合いをして食事会や食事会が終わったあとに揉めないようにしましょう。

また、家族や親戚が集まれる機会は少ないため、お宮参りとお食い初めを一緒に行う方も増えてきています。ご自宅でゆっくりお食い初めを行いたい方は、赤ちゃんのお食い初め膳、お集まりの方へのお弁当を自宅まで届けてくれる仕出し弁当を利用すると便利です。

7.まとめ

出産直後に行われるお宮参り。

赤ちゃんのケアはもちろん、両家の祖父母のおもてなしもしなければならないので、かなり精神的にも体力的にも消耗します。

ですが、最近では伝統がやわらかくなっていっているので、細かいところまで気にする必要はなくなってきています。

昔は「礼装や着物でなければNG」でしたが、最近ではフォーマルな服装でもOKになってきていますし、日程も以前より柔軟になってきました。

せっかくの産まれたばかりの赤ちゃんの顔を祖父母に見せるチャンス、楽しんでくださいね。

閉じる
閉じる