お宮参りはいつ行く?体調と日にちどちらを優先すべきか ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
2180views

お宮参りはいつ行く?体調と日にちどちらを優先すべきか

2180views

シェアする

LINEで送る

お宮参り中の親子

赤ちゃんを迎えて家族にとって初めてのイベントとなるのがお宮参りです。お宮参りとは赤ちゃんの誕生を喜び、今後の成長を願う大切な行事の一つですが、出産後、すぐにお宮参りの日はやってきます。事前にいく日や洋服などの準備を確認しておきましょう。

1.お宮参りをする時期

東京大神宮

日本の風習として古くからおこなわれてきたお宮参りですが、赤ちゃんが生まれた土地の氏神様にその誕生を報告して、これから健康に成長するよう願う儀式です。氏神様とは、赤ちゃんが生を受けた土地を司る守り神のことで、地域によって鎮守神、産土神と呼ばれています。

お宮参りは、生後100日をめどに行う百日祝い(お食い初め)の儀式に先だって行われる大切な儀式です。地域によっては、赤ちゃんの生後7日目を祝う「お七夜(おしちや)」と呼ばれる行事に合わせて行うところもあります。

では、お宮参りはいったいいつごろ行えばよいのでしょうか。実は男の子と女の子でその計算方法が異なります。地域や家柄によっても差が出てくるのですが、基本的には男の子の場合は生後31日もしくは30日を目安に行われます。また、女の子の場合は生後33日もしくは32日を目安にお宮参りをするとされています。

ですが、夏の暑い時期や冬の寒い時期に生まれた場合に赤ちゃんを外出させるのはとても負担がかかります。そこで、赤ちゃんの体調を考えて、時期をずらしてお宮参りを行うケースも増えています。

2.どのくらいの間しなくても大丈夫?

神社のひしゃく

とはいえ、赤ちゃんや母親の体調を考えてお宮参りをずらしても良いのでしょうか。昔ながらの慣習にこだわるのであれば、日にちにこだわりたいものです。しかし、両親が働いていたり、体調に変化があったりとなかなか昔ながらの生後30日前後の日程で行うのは難しい方も増えています。

ですが、最近では、男の子は31日、女の子は33日にお宮参りをしない場合でも大丈夫だと言われています。

また、お宮参りの日程については、慣習よりも、赤ちゃんや母親の体調を重視する方が良いでしょう。というのも、赤ちゃんのお肌は大人が考えている以上にとても敏感です。そのため、少しでも外気に触れることで刺激になってしまうのです。昔から生後1か月は家の中で赤ちゃんのお世話をして1か月を過ぎるあたりから徐々に日光浴をさせればよいと言われています。これがちょうどお宮参りの日程と合ってきます。

しかし、たとえば1月に赤ちゃんが生まれて、2月にお宮参りをするとなると赤ちゃんにとってはとても負担がかかってしまいます。そのため、厳密に1か月でなくとも外気が暖かくなる季節を待ってみると良いでしょう。

また、母親の体調にも気を使いましょう。出産には想像以上の体力を使います。母親の体力が回復するための期間として産褥期(さんじょくき)と呼ばれる期間があり、目安は6~8週間程度なのですが、この期間は体調を崩しやすく体力も戻っていない状態です。そのため、産後の肥立ちが悪い場合は、お宮参りの日を遅らせる方が良いでしょう。

とはいえ、いつまでにお参りすべきか決まりはあるのでしょうか。
基本的には生後30日前後3日が目安となります。しかし、季節の問題を考えると3か月ほどがお宮参りの目安といえます。また、3か月が過ぎると次は百日祝いやお食い初めのお祝いがあります。これと併せて行うのも良いでしょう。


家族や親戚が集まれる機会は少ないため、お宮参りとお食い初めを一緒に行う方も増えてきています。赤ちゃんのお食い初め膳、お集まりの方へのお弁当をご自宅まで届けてくれる仕出し弁当を利用すると便利です。

3.参る日と六曜の関係

カレンダー

お宮参りをするにあたって大安にすべきか、仏滅は避けるべきかという六曜との関係での決まりはあるのでしょうか。

昔からの言い伝えにこだわるのであれば、やはり大安を選ぶ方が良いでしょう。祖父母などのご家族が大安であることを重視するのであれば尊重する方が良いですね。ただ、中には六曜を気にしない方もいらっしゃいます。確かに大安を気にしてお宮参りをするのは良いのですが、参列する家族の予定も考えて日程は決めるようにしましょう。

では、六曜の中でも吉日とされるのはいつでしょうか。基本的に大安は六曜の中で一番良い日で1日を通して吉日とされています。さらに友引は朝と夕方が吉とされています。友引については正午の祝い事は凶とされているので注意してください。先勝については午前中の行事は吉とされていますが、午後になると凶だとされています。予定を立てる際には十分に時間に注意しましょう。

ところで、六曜の中でもお祝いごとに特に良くないとされるのが仏滅、先負、赤口です。
仏滅はその名の通り仏が滅した日という意味で、1日中が大凶とされています。ただ、先負けの場合は、午後に参拝すると吉、赤口については正午に参拝すれば吉と言われています。このように、一般に凶とされる日取りでも、時間帯を選べば吉になりますので、どうしても日程を動かせない場合は時間で調整してみてください。

4.お宮参りには誰と行く?準備は?

神社のひしゃく

お宮参りに行くにあたって、誰と行けばよいのでしょうか、また必要となる準備についてもまとめてみました。

基本的に昔からのしきたりとしては、お宮参りへは赤ちゃんと父親、父方の祖父母が参列するのが習わしとなっていました。女性方が除かれていたのは、お産はけがらわしいものだと言う考えがあったため、神社などの神聖な場所へお参りすることを忌み嫌っていたからです。
しかし、現代では、赤ちゃんと両親、そして父方、母方それぞれの祖父母が参列するのが一般化しています。

お宮参りをする場所については、基本的には赤ちゃんが生まれた場所の近くにある神社となります。しかし、地域の慣習によっては父方の実家のある神社で行うというような風習もあります。場所をどこで行うかは両家でよく話し合うようにしてください。

では、神社にお納めする初穂料はいくらくらいが相場なのでしょうか。こちらも神社によって差があるのですが、祈祷料と含めて5千円から1万円くらいが相場となっています。これ以外に神主に対する心添えとしてお金を包む方もいらっしゃいます。いくら初穂料がかかるのかは、神社に直接相談するようにしましょう。

さて、お宮参りにあたり合わせておきたいのが家族の服装です。赤ちゃんを主役とするお宮参りですから服装も赤ちゃんに合わせたいものです。本来の正装は、赤ちゃんに白羽二重の着物を着せたうえで、父方の祖母が赤ちゃんを抱き、上から祝い着を掛けます。

しかし、赤ちゃんに着物を着せるのは、生地の重みもあって負担になります。そこで最近では、白色の少しおしゃれなベビードレスを着せたうえで、祝い着を掛ける方が増えています。

また、両親の服装については、赤ちゃんが和装をするのであれば、両親も和装をするのが一般的です。ただ、産後日にちが立っていないことや授乳のことも考えると、母親が和装するのは結構大変です。そこで父親はスーツ、母親もスーツやワンピースを着用するご家庭が増えてきています。

また、両家の祖父母の服装に関しても片方が和装、片方が洋装というのではなく、和装か洋装どちらかに合わせるのが一般的です。お宮参りの記念として写真撮影をする際に片方が和装、片方が洋装の場合、バランスが崩れてしまいます。できるだけ統一するようにしましょう。

5.まとめ

赤ちゃん

赤ちゃんのお宮参りは両親だけでなく両家の祖父母にとっても大切な儀式になります。日程に関しては、基本的には男の子は生後31日、女の子は生後33日に行うべきですが、生まれた季節や赤ちゃん、母親の体調によって少し遅れることは構わないとされています。

また、六曜を考える場合は大安以外でも時間を調整すれば吉となる日があるのでうまく調整するようにしましょう。

当日の参列にあたっての服装は両家で和装か洋装のどちらかを統一しておきましょう。写真を撮る際にも綺麗に映ります。両家にとって記念に残るお宮参りは、写真に残しておくのがおすすめです。

閉じる
閉じる