祖父母とは絶対行かないとダメ?お宮参りは誰といけばいいのか ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
5844views

祖父母とは絶対行かないとダメ?お宮参りは誰といけばいいのか

5844views

シェアする

LINEで送る

神社

子供が生まれて初めて神社にお参りをする「お宮参り」。お祝いしたい気持ちは子供の親だけでなく祖父母も同じです。参加したい親せきもいるでしょう。実際には誰と行くのが正しいのでしょうか。服装や時期などについても紹介します。

1.お宮参りには誰を連れて行く?

おじいさんとおばあさん

かつてお宮参りは子供とその父親、父方の祖母の3人で行くのが一般的でした。母親がいないのは、まだ出産の穢れから明けていないのと、産後の負担を軽減するためと言われています。もっとも最近では両親のみで祖父母なし、嫁の両親など母方のみ、両家の祖父母全員など参加する人は各家庭の自由であり、子供に兄弟姉妹がいれば同伴させるのが普通です。

基本的にお宮参りの主導権は子供の親にあってお金も出しますが、それぞれの祖父母にも思い入れがあります。何も相談せずに勝手に済ませると気分を害してしまうでしょう。あらかじめ誰が参加し、費用をどうするか相談しておくのが無難です。それに合わせて日程を調整したり、食事をするレストランを予約できたりします。

また、家族や親戚が集まれる機会は少ないため、お宮参りとお食い初めを一緒に行う方も増えてきています。子供のお食い初め膳、お集まりの方へのお弁当をご自宅まで届けてくれる仕出し弁当を利用すると便利です。

2.お宮参りの基本

神社で赤ちゃんの成長を祈る家族

お宮参りには様々な決まりがあり、今も頑なに守られている地域もありますが形骸化しているものがほとんどです。ただし神社にお参りするのであり、子供にとっても大事な儀式なので基本のマナーは踏襲しておきたいものです。

服装について

お宮参りで子供に着せるのは白い内羽二重の内着であり、それを包むように紋付の祝い着をまとって付属の紐を抱っこする人の首の後ろで結びます。もっとも最近ではベビードレスを着せる場合もあります。ドレスオールやカバーオール、その両方にもできるツーウェイオールのベビードレスなど種類も豊富です。

子供の兄弟姉妹にもスーツやドレスなどを着せて正装させます。まだ小さくて着脱に介助が必要なら、被せるタイプでありながら上下が分かれているように見える「ロンパース」がお勧めです。

両親も子供に合わせて正装します。父親は黒などダークカラーのスーツの上下にYシャツ、ネクタイ、革靴です。母親は黒の留袖や着物が望ましいとされていますが、フォーマルなスーツやワンピースでも問題はありません。授乳しやすいように胸元が開いたり外せたりするワンピースもあります。靴は転ぶのを防ぐためにローヒールのパンプスが安心です。

祖父母は和装・洋装どちらでも好きな方を着てもらいましょう。ただし派手だったりカジュアル過ぎたりすると、記念写真に納まる時に浮いてしまいます。父方と母方の祖父母でドレスコードを合わせるのはもちろん、あらかじめ誰が何を着るのか把握しておきましょう。

時期について

お宮参りは男の子なら生後30~31日、女の子なら生後32~33日に行うのが一応の決まりですが、不都合があるなら柔軟に変更しても問題はありません。例えばお宮参りの時期は子供・母親とも体調が万全ではありません。夏や冬のように気温が極端な時は大きな負担になります。

また、七五三のように神社のお参りが殺到する場合もあります。単に親や祖父母の予定が合わないかもしれません。こうした時期を避けて、誰もが気持ちよくお宮参りを済ませられるようにしたいものです。

ただし生後100~120日目を目途に次の儀式である「お食い初め」があります。神社の中にはお宮参りの際に記念品としてお食い初めのお膳を渡すところがあるので、遅くてもその前には済ませておくようにしましょう。

記念写真について

写真は子供の大切な成長記録になります。スマートフォンやデジタルカメラで残すよりも、フォトスタジオで撮るのが理想です。お金はかかりますが写真の出来上がりは大きく異なります。神社と契約しているフォトスタジオであれば境内での撮影も簡単です。

フォトスタジオの中には貸衣装サービスを行っているところもあるので、利用すればお宮参りに着る服をわざわざ買う必要はありません。特に子供は成長が早いので、記念日のたびに服を誂えても一度しか着る機会がないでしょう。母親や祖母が着る和装もクリーニング無しで返却できます。

その他、お宮参りの記念写真の相場やフォトスタジオの選び方については以下のリンクが参考になります。


3.お祝い金について

お祝い金

お宮参りは身内のお祝いなので、誰かからお祝いの品を受け取る機会はほとんどありません。ただし遠方に住んでいる祖父母や親せきなどから、当日参加できない代わりにお祝い金が贈られてくる場合もあるでしょう。参加しても援助のためにお祝い金を贈る祖父母もいます。

まずは有難く受け取って、その3~5割をお祝い返しとして贈ってあげましょう。お宮参りの記念写真を添えてあげると喜ばれます。のしの表書きは「内祝」、下に子供の名前を書きます。お祝い金の贈り主が当日参加するなら、帰りの食事に反映させて豪華なレストランでご馳走してあげましょう。

4.まとめ

赤ちゃん

お宮参りは基本さえ踏襲しておけば、昔ながらの細かい風習にこだわらなくても大丈夫です。両家の祖父母も参加したいのであれば、都合を聞いてあげましょう。子供や母親の体調も優先してあげたいところです。

お宮参りの最後には全員で記念撮影をします。子供に正装させるのはもちろん、親も祖父母もそれにふさわしい服装をしましょう。フォトスタジオの貸衣装サービスを利用すれば、服装にかかる費用を大幅に抑えられます。

閉じる
閉じる