生後100日!お食い初め基礎知識(マナー、やり方、準備) ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
40435views

生後100日!お食い初め基礎知識(マナー、やり方、準備)

40435views

シェアする

LINEで送る

お食い初めの食事

お食い初めという行事を聞いたことがありますか?赤ちゃんがこれからの人生において食べ物に困ることがないようにとの願いを込めて、食べ物を食べさせる真似を行う儀式がお食い初めです。そんなお食い初めのマナーなどについて詳しく説明していきます。

1.お食い初めってどのような行事なの?

生後100日で行う儀式

赤ちゃんが生まれてから100日ほど経つと行う儀式がお食い初めです。子供がこれからの人生で食べ物に困ることがないようにとの願いを込め儀式を行います。また、ちょうど赤ちゃんに歯が生え始める時期でもあるため、歯が生えたことを喜ぶという意味も込められており、歯固めなどという名前でも呼ばれる儀式です。他にも、箸ぞろえ、箸始めという名前で呼ぶ地域もあります。

歯固めの石で丈夫な歯になるように願う

お食い初めといっても、実際に赤ちゃんに食べ物を食べさせるわけではありません。食べさせる真似をするだけです。また、献立の中に歯固めの石を入れる習慣があります。歯が生えたことを喜び、石のように硬い丈夫な歯になるようにとの願いを込めて、歯固めの石をはさんだ後の箸を歯茎に少しあてるのです。

多少前後にずれても問題なし。地域によって開催時期は異なる

お食い初めは、生後100日目に行う行事ですが、もちろん多少前後にずれても構いません。また、地域によっては110日目や120日目に行う場所もあるため、いつに行うべきなのかは、祖父母などに相談して行うといいでしょう。

以前は、親戚などを招いて盛大に行うこともありましたが、今では家族や祖父母だけで祝うことも多い儀式となっています。親戚を招いて行ってもよいですが、家族だけでお食い初めを行っても、もちろん構いません。自分たちのスタイルに合った方法で、お食い初めを行いましょう。また、お食い初めに招かれた場合は、ご祝儀を持っていきます。ご祝儀をもらった場合は、ありがたくいただいておきましょう。

2.お食い初めの献立や食べる順番について知りたい

お食い初めの食事

お食い初めのときの献立や食べる順番には決まりがあります。その決まりに沿って献立の準備を行い、赤ちゃんに食べさせる真似をしお食い初めの儀式を行いましょう。

お食い初めの献立は、一汁三菜

献立の基本は、一汁三菜です。ごはん(赤飯か白飯)、鯛などのお吸い物、煮物を2品と梅干を入れた香の物、尾頭付きの焼き魚の6品に歯固めの石を加えたものを献立として用意するといいでしょう。香の物には、梅干しを入れます。しわの多い梅干を入れることで、しわがたくさんになる年齢まで生きられるようにとの願いを込めるためです。

ご飯、お吸い物、ご飯、魚、ご飯の順番を3回

これらの献立を食べさせる真似をする順番もある程度決まっています。ご飯、お吸い物、ご飯、魚、ご飯という順番を3回繰り返すというもの。また、食べさせる真似だけですが、赤ちゃんが食べたがる場合もあります。その場合には、米粒1粒だけ食べさせる「ひとつぶなめ」ということをする習慣も。

赤ちゃんと同性の年長者がやると赤ちゃんが長生きするといわれてきた

お食い初めで赤ちゃんに食べさせる真似を行うのは、赤ちゃんと同性の年長者だと赤ちゃんが長生きできるといわれてきました。もちろん、親戚など多くの人が集まってお食い初めを行う場合、同性の年長者に行ってもらえるのであれば、それが一番です。ですが、最近では親戚が集まってお食い初めをすることも減っており、食べさせる人にこだわることは難しくなってきています。

食べさせる人にそこまでこだわる必要はありません。お食い初めを行う人は、親や祖父母でも大丈夫です。誰が食べさせるのかにこだわらず、赤ちゃんが安心できる人に行ってもらい、みんなが楽しむことができるお食い初めにしましょう。

3.お食い初めのときは、どんな服装にしたらいいの?

お食い初めをどこで行うかによって異なります

赤ちゃんや両親、祖父母がどのような服装でお食い初めを行えばいいのか、知りたい方も多いでしょう。お食い初めの際の服装はお食い初めをどこで行うのかによって、異なってきます。赤ちゃんは祖父母(基本的には母方の祖父母)から贈ってもらう色付きの小袖、両親はスーツや着物、祖父母もスーツという、お食い初めに出席する人は正装するというのが、基本的なお食い初めの服装です。ですが、自宅で両親のみでお食い初めを行う場合などは、きれい目な普段着などでも構いません。また、赤ちゃんが窮屈に感じるため、写真撮影のときにだけ正装をし、あとは普段着でももちろん大丈夫です。

お色直し式も兼ねるのが一般的

お食い初めでは、お色直し式と呼ばれる、これまで白い産着しか着ていなかった赤ちゃんに初めて色物の小袖を着せるという式を兼ねることが一般的です。そのため、赤ちゃんの正装は色付きの小袖となります。ですが、小袖を贈ってもらうにしろ、自分たちで用意するにしろ、費用がかかることには変わりありません。そのため、レンタルなどで小袖を借りるか、または小袖にこだわらなくても、洋装ですませてしまっても大丈夫です。

最近では紋付き袴風のロンパースや女の子の袴ロンパース、タキシード風ロンパース、ドレス風ロンパースなど様々な可愛い赤ちゃん服はたくさんあります。おむつ替えのしやすいもの、赤ちゃんの負担になりにくい服を選ぶのも1つの手です。お宮参りで使った白いベビードレスと着せるという方法もありますが、お色直し式は色物の服を初めて着せるという式でもあります。そのため、白のベビードレスは控えた方がいいでしょう。

4.お食い初めのお祝い金の相場っていくらくらいなの?

お食い初めの相場は、5,000~10,000円

お食い初めに招かれた場合、どのくらいの金額のお金を包んでいけばよいのでしょうか。お食い初めのお祝いの相場は、5,000~10,000円と言われています。ですが、お食い初めの場合、相場でお祝いの金額を決めるというよりも、招かれたお食い初めでの食事の金額に応じ、その食事の金額をお祝として渡すようにするのが、基本です。そのため、自宅でお食い初めを行う場合と、お店やホテルなどで行う場合とでは包む金額に違いが生じます。どのような場所でお食い初めを行うのか確認してから、金額を決めるといいでしょう。

袋にはお初膳御祝や祝御食初、箸ぞろえと書く

お祝いを持っていく際、袋にはお初膳御祝や祝御食初、箸ぞろえなどといったように書き、持っていきます。簡単に御祝とだけ書いても大丈夫です。また、お金でなくても、贈り物を贈ってもよく、5~6か月ごろから始まる離乳食で使うベビー用食器や調理器具などをお祝いとして送っても喜ばれます。その場合は、すでに用意していないか確認してみると、もう買っていたのにということにならずにすむので一度確認をしてみましょう。

お食い初めでお祝いをもらった場合の内祝いは必要ありません。食事代を出してもらったと思い、ありがたく受け取っておきましょう。もしもお返しをしたい場合は、簡単なお菓子と赤ちゃんの写真を一緒に渡すと喜ばれるでしょう。

5.お食い初めの準備はどのようにしたらいい?

漆器と箸とおぼん

食器は漆器を用いるのが基本、性別によって塗りが異なる

初めてのお食い初めだと、どのように準備をしてよいのかわからず、戸惑うことも多いでしょう。お食い初めの準備と言えば、献立とどのような食器を使うかです。実は、お食い初めの食器は正式に決まっています。漆器を用いるのが基本で、男の子ならば内側も外側も朱塗りのもの。女の子ならば、内側が朱塗り、外側が黒塗りの漆器を用いることとなっています。ですが、地域によっては、男の子と女の子が逆の場合も。祖父母などに相談してから決めるようにしましょう。

漆器を買いたくない場合は、レンタルや仕出し弁当でもOK

お食い初め用の漆器は、高価なものです。ですが、丁寧にメンテナンスを行えば長い間きれいに使うことができるうえ、節句やお正月でも使うことができるため、購入する人も多くいます。高価なものだし、節句やお正月で使うかわからないという場合には、レンタルやお食い初め用の仕出し弁当を注文することも可能です。

また、最近では離乳食用の食器でお食い初めを行うことも増えています。離乳食用の食器でも、お食い初めを行ったことには変わりありません。それぞれの家族に合った食器を選びましょう。

6.お食い初めを通販で簡単に準備してみるのもアリ

便利な宅配可能なお食い初めセット

自宅でお食い初めを行う場合、お食い初めの献立を作る、お客様の料理を作るなどということを自分でしていたら、とても大変ですよね。そんなときに頼りになるのが、お食い初めのセットを通販で宅配してくれるサービス。

ネットで申し込みすることができ、お食い初めの料理セットを一式頼むと、鯛の尾頭付きなどの料理がすべて料理された状態で送られてきます。自宅でも本格的なお食い初めを行うことができると評判のサービスです。お食い初め用の食器やお客様用の料理もセットで注文することができる会社もあり、ホテルやお店で行わなくても本格的なお食い初めの儀式を行うことができます。料理が冷凍された状態で送られてくるお店もあるため、赤ちゃんの体調がいいときにできるのも、宅配のいいところです。

7.お店でお食い初めを行う場合、おすすめはどこ?

自宅でお食い初めを行うと、気をつかわなくてもいい、移動しなくてもよいというメリットがあるものの、後片付けをしなければいけないなどといったデメリットも存在します。後片付けなどをせずにお食い初めを行いたいという場合には、お店でお食い初めを行いましょう。

最近では、お食い初め膳を用意してくれるお店も増えています。お食い初めで利用する場合は個室料金が無料、クーファンやベビーベッドが用意されているなど、赤ちゃん連れが利用しやすいように様々な気遣いがされているため、必要以上に気をつかうことはありません。

8.まとめ

赤ちゃんにとって大切な儀式であるお食い初め。正式に行う方法も紹介しましたが、それにばかりこだわる必要はありません。自分たち家族ができる無理のない楽しめる範囲でお食い初めを行い、赤ちゃんをお祝いしましょう。また、一生に一度しかない行事ですから、大きくなっても思い出せるように写真に残しておくのもいいですね。

閉じる
閉じる