【お食い初め】服装・衣装の選び方や注意点をご紹介 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
14962views

【お食い初め】服装・衣装の選び方や注意点をご紹介

14962views

シェアする

LINEで送る

赤ちゃん

子どもの生後100日を祝い将来の成長や食事に困らないことを願うお食い初めは、家族にとって大切なイベントです。古くは白い産着から色物の小袖を着るようになったことから「色直し式」とも呼ばれていました。そんなお食い初めの服装はどうするべきなのか、まとめています。

1.子どもの服は買う?買わない方がいい?

ドレスを着た赤ちゃん

お食い初めの儀式は子どもの成長や将来食べ物に困らないことを願って行われます。その際、両親だけでなく、父方、母方の祖父母も集まり食べ物を与える真似を行います。

さらに、「お色直し式」として、それまで着せていた白い産着を色つきの小袖へ変えるタイミングでもあります。小袖の準備にあたっては、古くは母方の実家から子どもへ色つきの小袖を贈るものとされていました。

しかし、最近ではお祝いの仕方も様変わりして、子どもの衣装を改めて購入するご家庭もあればレンタルをするご家庭、手作りをする家庭など様々です。レンタルの場合でも直接店舗に行って借りることもできますし、ネット通販などで画像を見ながら衣装を決めることもできます。

子どもの衣装を買うか買わないかは特に決まりがないので、各ご家庭で相談して決めてみても良いでしょう。

2.お食い初めで着る服はどんなもの?

それでは、実際にお食い初めではどのような服が着られているのでしょうか。子どもやママ、パパの服装をチェックしてみましょう。

子ども

お食い初めの主役といえば子どもです。昔ながらの伝統を重んじるなら和装を選ぶのが良いでしょう。ただ、お食い初めの頃といえば、まだ生後100日程度です。まだ、ベッドに横たわっている時期なので、着物を着せると言うのは難しいところです。そこで、写真撮影の時だけ、小袖や羽織を掛けるなどして和装を取り入れるご家庭も増えています。

最近では、いろいろなベビー服も登場しています。お食い初めの時に活用できる和装デザインのカバーオールも人気があります。

女の子の場合、一見すると着物と袴風に見えるデザインの物もあり大人の目も楽しませてくれます。また、羽織付きの袴型ロンパースも人気があります。首元には重ね着風のえりもつけられていて、羽織もロングタイプになっており、記念写真にも映えるデザインです。

ただ、凝った衣装を着せたときに、気になるのがおむつ替えではないでしょうか。生後100日くらいの子どもは頻繁におむつ替えが必要になります。ロンパースタイプなら足元がボタンになっているので、おむつ替えも楽に行えます。また、汚れてもすぐに洗濯できるのが魅力です。

男の子の和装といえば羽織袴です。今話題なのが、上下が一体になっているベビードレスで、羽織と袴がつながっています。もちろん、前合わせで紐を結ぶことができる本格的な物で呉服屋やインターネット通販での取り扱いがあります。

子どもに洋装をさせるのであれば、セレモニードレスがおすすめです。お宮参りの時に少し大きめのセレモニードレスを購入しておいて、お食い初めの時にも着せると言うのも一つの方法です。白く華やかな衣装が祝いの席を盛り上げます。

また、ツーウェイオールも人気があります。色直し式ということから、白いセレモニードレスよりもカラーバリエーションが豊かな衣装の方が手軽に用意できますし、普段使いも可能です。

女の子向けにはフォーマルタイプのピンク色や黄色などやわらかな色合いのドレスに人気があります。フォーマルタイプだとお食い初め以外にも結婚式に参加するときにも着まわせるので予定があるのなら持っておいても良いでしょう。

また、男の子の場合は、タキシードタイプのツーウェイオールに注目です。着物と違って汚れても選択ができますし、元気な子どもにはぴったりではないでしょうか。

ママ

子どもの100日祝いは、ママにとってとても感慨深い瞬間です。だからこそ、記念に残る服装をしたいものです。

自宅で子どもやパパと行う場合は、普段着のようなカジュアルな服装でも問題ありません。ですが、自宅で行う場合でも、親戚を呼ぶときには少し改まった格好をした方が良いでしょう。少し綺麗目なワンピースやスーツを着用すると、目上の方が集まっても安心です。

また、お食い初めをホテルやレストランのプランを使って行う場合はフォーマルタイプのスーツの着用が好ましいです。もちろんママが着物を着るのも古くからの習わしとして良いとされています。着物を着る際は、訪問着を選ぶようにしましょう。

パパ

スーツの男性

パパの服装も悩ましいところですが、自宅で夫婦と子どもだけでお食い初めをする場合は、形式にこだわらずにカジュアルな服装でも問題ありません。

ただ、自宅であっても親戚を呼んでお食い初めを行う場合や、ホテルなどで行う場合にはスーツの着用が望ましいです。また、記念撮影をするときもスーツを着たりジャケットを羽織る方が良い想い出として残ります。

3.失敗したくない服装の注意点

お食い初めの服装を考える上で注意したいのが服装選びの失敗です。

まず、一番気を付けたいのが普段着です。お食い初めを行う生後3か月程度だと、まだまだ子どもに手がかかる時期なので、少しくらい手を抜いて普段着でもいいだろうなどと考えてしまうかもしれません。しかし、後から写真を見返すと、どうして普段着にしたのだろうという後悔も起こりえます。

祖父母など目上の親戚を呼ぶ場合や記念写真を撮るときは服装にも気を付けておきましょう。できることならフォーマルのスーツ、ママはワンピースというように正装が望ましいと言えます。さらに、両家で服装がバラバラにならないようにあらかじめ相談して決めておくと良いでしょう。

また、ママが着物を着る際は、着付けの時間がかかること、授乳に手間がかかることなどに注意しておきましょう。

100日祝いを家族写真で残すなら、こちらの記事の親の服装や写真の撮り方が参考になります。

せっかくのお食い初め、お祝い用のケーキで盛り上げましょう。記念に写真に残してみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

赤ちゃん

色直し式とも呼ばれているお食い初めの儀式は、日本で古くから続いています。そのため、子供、両親ともに和装というのが最も良いとされています。

しかし、最近では洋装化が進んでいるため、親戚で集まる場合やホテルなどで食事会をする場合、フォーマルなスーツで正装するのが一般的とされています。

子供もベビードレス、パパやママはスーツやワンピースというように、少しおしゃれな洋装でのお祝いも増えています。和装が良い場合は、子供向けの和装風のロンパースやフォーマルドレスなども販売されているので、お世話がしやすい服装を選ぶ方が良いでしょう。

閉じる
閉じる