お食い初めの料理とは?自宅で準備する場合の基本知識とは ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3925views

お食い初めの料理とは?自宅で準備する場合の基本知識とは

3925views

シェアする

LINEで送る

お食い初め膳

赤ちゃんを迎えると、家の中はあわただしくなります。生まれてから1年の間はいろいろな行事が続きます。お七夜、お宮参り、そして生後100日にはお食い初めの儀式も訪れます。

本記事ではお食い初めとは何か、その献立や歯固めの石の由来、自宅で用意する際の簡単レシピをご紹介いたします。

1.お食い初めの基本メニュー

たこ

そもそもお食い初めとは、赤ちゃんの生後100日ほどを目安に行われる儀式です。昔は100日生きたことが喜ばしく、今後一生涯にわたり食べることに困らないようにと願いを込めて行います。もちろん生後100日の赤ちゃんは、まだ歯もなく消化機能も未熟なため実際には食べさせることはせずに、食べるように見せかけるだけです。

この儀式は色直し式とも呼ばれており、これまで白い産着を着せていた赤ちゃんに色のある洋服を着せる儀式でもあります。また、地域によっては生後100日ではなく110日、120日を目安に行うところもあります。

それでは、お食い初めの基本メニューはどんな内容となっているのでしょうか。それぞれの意味があるので説明していきましょう。

基本的なメニューとしては日本で古くから食べられている一汁三菜の祝い膳が用意されます。昔は自宅で祖父母が用意していましたが、最近では通販のお食い初め用祝い膳も人気が出てきています。

それぞれのメニューの内容としては、
・赤飯
・鯛
・煮物
・お吸い物
・香の物
が挙げられます。

赤飯は、祝い事の席でよく用いられる献立の一つです。赤には魔除け、厄除けの力があるとされていて、小豆を加えて赤く染まった赤飯を食べることで、子供の厄を払い、元気に成長できるようにという意味が込められています。

次に主菜となるのが鯛です。尾頭付きの鯛が丸ごと用意されます。めでたいという言葉にも入っているように、鯛は縁起物として珍重されてきました。さらに赤飯に鯛の白みを並べることで、紅白の意味も持たせています。さらに、エビの吹き寄せやレンコンの吹き寄せなどの煮物が用意されます。これらは長寿の祈りが込められています。

そして、関西地方ではタコの煮物が用意されます。タコの響きは多幸にも通ずるものがあり、また、脚が八本あることから八方へ幸運が広がると言われています。タコの吸盤はしっかりと詰まっていて並びも美しいため、関東地方で使われる歯固めの石の代わりに関西ではタコを用いる地域があります。

関東地方では、歯固めの石を小皿に準備します。この石に箸をふれ、その箸を使い赤ちゃんの口に触れることで赤ちゃんの歯を丈夫にし、食べ物に困らないよう成長することを願うのです。

次に、お吸い物は貝合わせと言って大ぶりのハマグリを使った潮汁を用意します。二枚貝のハマグリは良縁を示す象徴として古くから使われています。そのため、はまぐりの吸い物を用意することで、将来良い伴侶に恵まれるよう祈念します。

2.お食い初めの簡単レシピ

赤飯

それでは、自宅でできる簡単なお食い初めのレシピをご紹介しましょう。

一番手軽にできるのが、お赤飯です。実はお赤飯は自宅でも手軽に用意することができるのです。材料はもち米1号、小豆20g、お水1カップ、砂糖大さじ3分の1、お塩少々です。

あらかじめもち米を洗って2時間ほど水に浸けておきます。これとは別に小豆も洗って2時間ほど水に浸けておきます。小豆を鍋にうつし、お水1カップを加え火にかけます。弱火で25分ほど煮ていきましょう。この炊いたものを小豆と茹で汁とに分けます。

もち米を炊飯器にセットし、小豆の茹で汁と共に炊きます。このとき水分が少ないようであれば追加で加えてください。さらに、分けていた小豆と砂糖、塩を加え、炊飯メニューのおこわモードで炊いていきます。

また、ハマグリのお吸い物も簡単に作れる一品です。材料はハマグリ5個、三つ葉10本、だし汁700CC、酒大さじ5、しょうゆと塩を少々です。

まず、下準備としてハマグリを塩水に入れ1時間ほど冷蔵庫で寝かせます。これによりハマグリが含んでいた砂を吐き出させます。次に沸騰したお湯でさっと三つ葉を茹で、すぐに冷水に浸します。そして、三つ葉を2本そろえたものを結び、適当な長さで切ります。

お鍋にだし汁、お酒を加えに立たせ醤油、塩を加えて味を調えます。最後に沸騰したところでハマグリを入れ、ハマグリのふたが開くのを待ちます。お椀にハマグリ、汁を入れ、三つ葉を最後に載せて完成です。

3.お食い初め進行の順番

赤い石

お食い初めの順番は、「ご飯、吸い物、ご飯、魚、ご飯、吸い物」という流れを3回繰り返します。このときは、本当に赤ちゃんの口に入れるのではなく、少し唇に当てる程度にしておきましょう。

そして、この流れが終わると、次は歯固めの儀式になります。歯固めの儀式は小石を小皿の上に乗せておきます。そして、箸でその石に触れた後、その箸を赤ちゃんの歯茎に当てます。この動作は、石のように硬い歯が赤ちゃんに生えて、しっかりと食べ物を食べられますようにという意味が込められています。この小石は、儀式が終わった後は、神社へ戻すようにしましょう。

関東は、この歯固めの儀式を小石で行いますが、大阪など関西では、石ではなくたこを使って歯固めの儀式を行います。たこは多幸の語呂にぴったりですし、吸盤が綺麗に生えそろっているため、たこの吸盤のように歯が美しく生えそろうようにという意味を持たせています。そして、赤ちゃんへの食事と歯固めの儀式が終わると、大人たちの食事を始めます。

ところで、赤ちゃんに食事を与える役は、「養い親」と言って、家族の中でも一番年長の人が行うしきたりがあります。しかし、実際には高齢の方を連れてくるのは困難です。そのため、祖父母が養い親の役割をすることになります。

以下の記事でも歯固め石について解説していますので、さらに詳細を知りたい方はぜひご覧ください。

4.お食い初めのお祝い金の相場

ご祝儀袋

お食い初めは生後100日前後の赤ちゃんの成長を祝うものなので、お祝いとしては、使い勝手の良い現金や商品券が喜ばれます。

物であれば、お食い初めに用いる漆塗りのお椀やお盆のセットがお祝いとして贈られます。また、お食い初めの100日を過ぎたあたりで、赤ちゃんに白い産着から色物の洋服を与えます。このことから、色のついているベビー服を贈る方も増えています。

では、これらのお祝いの相場はどれくらいなのでしょうか。お食い初めはあくまで赤ちゃんの成長を祈る儀式です。そのため、招待された場合も招待されたが出席できない場合も、相場は同じくらいで5,000円から10,000円くらいとなっています。もちろん、お祝いの気持ちをお金や物で表すので、あくまでも参考目安の金額となっています。

ところで、お金をお祝いとして贈る場合注意することがあります。まず、死を連想させる四や苦を連想させる九に関連する金額は避けるようにしましょう。そして、包むお金に関しては、お祝いの目的ですので、シワがない新札を包むようにしましょう。

また、商品券をお祝いとして贈る場合も注意が必要です。例えば、ギフトカードを贈るのも良いのですが、お店によっては使えない場所もあります。渡す相手が住んでいるエリアに、ギフトカードを使えない店があることも想定しなければなりません。特に百貨店オリジナルの商品券やグッズなどは注意して贈るようにしましょう。

お食い初めのお祝いで迷ったら、以下の記事も参考にしてみてください。

5.まとめ

赤ちゃん

お食い初めのレシピとその進め方は、まとめてみると意外と簡単です。一汁三菜を基本に、赤飯・鯛・煮物・お吸い物・香のものを用意します。これらを家族の中で一番年長の人が「養い親」として、赤ちゃんに食べさせる真似をします。与える順番は、「ご飯、吸い物、ご飯、魚、ご飯、吸い物」という順番を3回繰り返します。

次に、歯固めの儀式を続けます。小皿に小石をのせ、箸でその石に触れます。その箸で赤ちゃんの歯茎に触れ、強い歯が生えるようにと祈ります。関西では、石の代わりの多幸を連想させるたこを用いることもあります。

地域によって少し違いはありますが、これらの流れでお食い初めの儀式は進められていきます。

閉じる
閉じる