お食い初めの準備はできている?準備に困った人必見の情報をご紹介 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3145views

お食い初めの準備はできている?準備に困った人必見の情報をご紹介

3145views

シェアする

LINEで送る

お食い初めの食事

お食い初めを迎えるご家庭の中で、準備を万全に行えたと言える人は少ないのではないでしょうか。昔ながらの慣習はもちろん、近年柔軟に変化した部分もあり、準備も一苦労です。

こちらの記事では、お食い初めの準備に必要なものや知っておくと便利な基本情報についてまとめています。何を用意すれば良いのか分からないという方は、ぜひご覧ください。

1.お食い初めとは?

お食い初めをする赤ちゃん

お食い初めとは百日祝い(ももかいわい)のことで、赤ちゃんの乳歯が生え始める100日目に行われる儀式です。京都など一部地域では、110日目や120日目に行われることもあり、名称もお食い初めの他に「真魚(まな)はじめ」や「箸揃え」など複数存在します。

はじまりは平安時代とされており、子どもが一生涯食べ物に困らないようにとの願いをこめて行います。あくまで食べさせる真似をするだけで、料理は儀式後に近親者で分け合っていただきますが、鯛をほぐして食べる他、炊き込みご飯にするご家庭もあります。

父方と母方、両家の祖父母も呼んで行うのが主流でしたが、近年では両親だけで行ったり、どちらか一方の祖父母のみ参加するケースも珍しくないようです。中には父方の祖父母で1回、母方の祖父母と1回、と合計2回お食い初め儀式をしなければならなかったというご家庭もあり、それぞれの家のしきたりの違いに戸惑ったご両親もいます。

両家でじっくりと話し合い、どのような形式をとるか早めに決めておきましょう。お祝い金や衣装の準備もあるため、直前になって慌てないように注意してください。

2.お食い初めの順番

お食い初めでは料理を赤ちゃんの口元へ持っていき、食べさせる真似をします。どの料理から始めるか決まっており、次の順番のとおりに行います。

ごはん、吸い物、ごはん、魚、ごはん、吸い物の順です。

これを3回繰り返し、その後に歯固めの儀式へ。先に歯固めの石へ箸先を触れさせて、石のように丈夫な歯が生えるよう願いをこめながら、赤ちゃんの歯ぐきにその箸でちょんちょんと触れます。

お食い初めの儀式が終わった後は、料理を参加した家族や親類でいただき、歯固めの石は神社の境内へお返ししましょう。これでお食い初めに関する全ての儀式は終了ですが、せっかくの記念日ですので、写真を撮ることも忘れないでください。

3.お食い初めの献立

お食い初めの食事

お食い初めには祝い膳を用います。祝い膳には尾頭つきの焼き魚、煮物、香の物(漬物)、汁物、ごはんの一汁三菜に、二の膳として紅白のお餅を5個添えます。地域によっては歯固めの石や膳の料理にもバリエーションがあり、また正式と略式、家庭料理のいずれの献立を選ぶかで、一部異なる場合があります。地域ごとのしきたりにならいたい場合は、事前に親類や詳しい人に聞いておきましょう。

お食い初めに使われる食材には、それぞれ意味が込められています。

尾頭つきの焼き魚は、「めでたい」の意味をこめて鯛を用意する場合が多く、また汁物も「吸う力が強くなるように」との願いのもと吸い物が主となり、魔よけや厄除けの意味をこめ、はまぐりを入れます。ごはんは、同じく魔よけの意味をもつ赤飯もおすすめですが、白米でも問題ありません。

煮物に入れられる豆には、「まめに(健康に)生きる」という意味があります。地域によっては酢の物を作ることもありますが、その場合はタコや昆布で、それぞれ「タコ(多幸)」と「昆布(よろこんぶ)」の意味があります。

香の物とは漬物のことですが、お食い初めには梅干を選びましょう。梅干には「しわができるまで長生きできるように」との願いがこめられています。同じく長寿を願う食材としては、海老の「腰が曲がるまで長生きしますように」があり、海老を膳に加えるのも良いでしょう。また、開運の意味をこめて料理に栗が取り入れられることもあります。

これらの食材を使った料理とともに、丈夫な歯がはえることを願って用意された歯固めの石が正式なお食い初めの献立です。

4.お食い初めの食器について

お食い初めの食器

お食い初めに使用する食器は、新品のものを用意しましょう。正式には漆器のものか素焼きのものを使い、箸も柳の白木で作られたものが用いられます。

男の子用は内側も外側も朱塗りの器を、女の子用は内側が朱塗りで外側が黒塗りのものを選びましょう。ただし、地域によっては逆となることもあるため注意してください。器には鶴亀や松竹梅など、祝い膳にふさわしい蒔絵の入ったものが良いでしょう。

お膳には嫁ぎ先の家紋を入れますが、母方の祖母から贈られるのが一般的です。また、お宮参りの際に神社から贈られることもありますし、近年では膳を使わずテーブルで行うことも珍しくありません。

お食い初めは一生に一度しかないため、食器自体もあまりこだわらないご家庭が増えてきています。陶磁器のものを使ったり、今後も使える離乳食用のものを使ったりするケースも多々あるため、両家の祖父母や両親、お食い初めに参加する人とよく相談して決めましょう。

お食い初め用の食器をレンタルしてくれるお店もあるため、そのようなサービスを利用するのも手軽でおすすめです。

5.お食い初めの歯固めの石とは?

お食い初めの石

お食い初めに用いる歯固めの石は、「石のように丈夫な歯が生えますように」という願いを込めて儀式に使用します。お宮参りの際に神社から借りてきたものを使い、儀式の後はもとの場所へ感謝の気持ちをこめてお返しするのが本来のならわしです。

神社によってはお祓いした歯固め石をお借りできる場合や、お食い初めのために用意された白木の箸をもらえることもあります。また、歯にちなんだ神様を祀る神社も全国に点在しているため、よりご利益を求めるのであれば、そのような神社で歯固めの石をお借りするのも良いでしょう。

歯固めの石はお食い初めの儀式で料理を食べる真似をさせた後に使います。箸先で歯固めの石へ触れ、次に赤ちゃんの歯ぐきに箸先を触れさせます。ごく稀に歯固めの石を直接赤ちゃんの歯ぐきに当てようとする人もいますが、誤飲など事故の危険があるため、必ず箸で間接的に行ってください。

お宮参りの際に歯固めの石を与えられなかった場合は、神社の境内から石を借りて準備します。神社の中には歯固めの石用にお祓いしたものや、ちょうど良い形のものを一箇所に集めて借りやすいようにしているところも多いです。境内で自らそれらしい石を探すのも構いませんが、専用のものが用意されていないか、事前に調べておくと便利です。

儀式を終えた後、歯固めの石を神社へお返しする際は、特別なことをする必要はありません。お礼参りを行ってから元の場所へ戻すだけで十分です。ただし、授かった神社が「七五三の時にお返しください」など特定の時期を指定しているのであれば、その通りにお返ししましょう。

また、近年では通販で歯固めの石を購入できるようですが、その場合は手元に保管していても問題ありません。むしろ、神社などでお借りしたものは返さなくてはならないケースが多いため、記念に保管しておきたいという方は、はじめから通販で購入するほうが良いでしょう。通販であれば宅配もしてくれますし、専用のケースを同時購入できる通販サイトもあります。

6.お食い初めの際の服装は?

お食い初めを行う夫婦と赤ちゃん

お食い初めは色直し式とセットで行われ、それまで白い産着を着ていた赤ちゃんに、はじめて色つきの着物を着せる日でもあります。そのため、一般的には色つきの小袖を用意します。

男の子は黒や青を基調としたシンプルなものを、女の子は赤やピンクの生地に模様の入ったものを着せるのですが、きちんとした和装は崩れやすいもの。赤ちゃんにとっても着心地の良いものではないため、近年では洋装でお食い初め用の衣装を用意するご家庭も増えています。

また、あくまで和装にこだわりたいけれど、着脱しやすさと赤ちゃんの着心地も考慮したいという場合は、和装風のロンパースもおすすめです。一見すると和装なのですが、上下がつながっておりボタンで簡単に着脱できるようになっています。

購入は母方の祖父母から贈られるのが昔からの方法ですが、両親で衣装や食器などすべての準備を終え、祖父母は招待するだけというご家庭もあります。地域のしきたりや祖父母の事情もあるため、お食い初めの準備を始める前にある程度の相談を済ませておきましょう。

衣装を購入するとなった場合、どこで購入すれば良いのかですが、赤ちゃん用の正装を取り扱っているお店で試着してから購入するのが最も確実です。サイズや赤ちゃんにとっての着心地を確認してから購入できるメリットは、通販にはありません。

他にも、写真撮影をフォトスタジオなどで予定しているのであれば、レンタル衣装を考えてみてはいかがでしょうか。当日フォトスタジオでの撮影を条件に、お食い初め儀式中も専用の衣装をレンタルしてくれるお店があります。そのようなプランが用意されているお店を利用すると、新しく購入せずに済むでしょう。

お食い初め用の衣装は何度も着るものではないため、レンタルやお古で済ませる人も多くいます。ママ友から借りたり、手作りしてあげたりするのも良いでしょう。また、今後も使えるような洋装をあえて選ぶというのもひとつの手です。

7.手軽に済ませたいなら仕出し弁当がおすすめ

献立や歯固めの石、器などお食い初めでは気にする項目がたくさんありすこし参ってしまいますよね。
そういう方は、自宅で手軽にできるお食い初め用の仕出し弁当を頼むと、準備の手間が省けて家族や両親との会話を楽しむことができますよ。

器や歯固めの石はもちろんのこと、子どもはお食い初め用、大人はいつもより豪華な弁当を注文することで自宅でも手軽に華やかにお食い初めをやれるので、
時間がないという方はぜひ一度見てみてください。

8.まとめ

母と赤ちゃん

赤ちゃんがこれから一生食べ物に困らないように、お食い初めは大切な儀式です。一部簡略化できる部分もあるので、できる範囲でぜひ儀式を行ってみてください。

衣装や食器は祖父母から贈られる習慣もありましたが、近年ではご両親が用意することもありますし、レンタル衣装を活用するのも珍しくないようです。フォトスタジオや通販サイトを上手に利用して、思い出に残るお食い初めにしましょう。

閉じる
閉じる