【内祝い】内祝いの意味を知って正しく渡そう! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3051views

【内祝い】内祝いの意味を知って正しく渡そう!

3051views

シェアする

LINEで送る

内祝いを風呂敷から出す女性

内祝いとは、おめでたい出来事があってお祝いをしてくれた人に対して、そのお返しを贈る習慣のことです。内祝いの読み方は「うちいわい」で、本来の意味は身内の祝い事です。自分の側にめでたい出来事があったときに、それを分かち合うことが内祝いの本来の意味です。お祝い事のお礼と内祝いは厳密には異なります。そのことを踏まえて内祝いに関することを解説していきます。

1.出産内祝いとは

子どもが生まれると、親戚や同僚などが出産祝いをしてくれるでしょう。お祝いのギフトなどを贈って、子どもが生まれたことを祝福してくれます。ベビー用品などをプレゼントされることが多いので助かるでしょう。子育てにはお金がかかるので、現金を贈ってくれる人もいますよね。

そのように、出産を祝ってくれた人たちには、内祝いという形でお返しをするのがマナーです。しかし、お返しは内祝いの本来の意味ではありません。出産というめでたい出来事があったことに対して、その幸せを分かち合うことが出産内祝いの本来の意味です。子どもが生まれたということをお披露目する意味合いも兼ねています。そのため、出産祝いを贈って来なかった人に対して内祝いを贈っても特におかしくはありません。今までお世話になった人や、これからお世話になる可能性のある人に対しては、出産祝いをもらっていなくても、出産内祝いを贈るのがいいでしょう。

出産内祝いを贈る時期は、出産後1ヶ月から2ヶ月くらい経過したくらいの時期がいいでしょう。出産内祝いを贈ってくれた相手に対しては、半分から3分の1程度の金額にするのがマナーです。相手が贈ってくれた出産祝いよりも出産内祝いが高い金額だと、マナー違反になってしまいます。

2.結婚内祝いとは

ガーベラ

結婚内祝いに関しても、本来の意味は結婚した幸せを周囲の人たちと分かち合うことです。結婚のお披露目をする意味もあります。ただ、結婚内祝いを贈る相手の多くは、結婚式に招待しています。その際に、引き出物を贈っているでしょう。この引き出物が内祝いを兼ねていると捉えるのが一般的です。

結婚式に出席して晴れ姿を見てもらった段階で、十分に幸せを分かち合っています。花嫁がブーケを投げて、それを受け取った女性が次に結婚するという話を聞いたりしますよね。これはまさに幸せを分かち合っていると言えます。

お世話になっている人や、親しい間柄の人でも結婚式当日に都合がつかなくて出席できないケースもあります。そういった人には結婚内祝いを贈るのがマナーです。結婚式に出席できなくても、幸せを分かち合うことができます。結婚祝いとしてもらった金額の半分から3分の1を目安にして品物を選びましょう。3分の1よりも安い品物を贈ってしまうと、相手が不快に感じてしまうこともあるため注意が必要です。

逆に相手が結婚祝いとして贈ってくれた品物よりも高い品物を贈ってもいけません。半額を少しはみ出るくらいならそれほど失礼には当たらないため、心配なら半額前後の品物を選ぶと無難でしょう。
贈る時期は挙式から1ヶ月以内が一般的です。挙式の前に結婚内祝いを受け取っている場合は、結婚内祝いも挙式の前に贈っても問題ありません。

3.入学内祝いとは

ランドセルとノートと鉛筆と消しゴムと桜

入学内祝いは我が子が学校に入学しためでたさを、相手に分かち合うことが本来の意味です。「無事に小学校に入学するまで育ちました。」ということを、相手に報告する意味合いも兼ねています。そのため、入学内祝いの品物と併せて入学式の写真を添えるといいでしょう。贈る時期はできるだけ入学式が終わった後で、4月中が望ましいでしょう。入学祝いを入学式前に贈ってくれた相手に対しても、内祝いを贈るのは入学式後にするのがマナーです。入学式前だと、まだ入学していないため、報告を兼ねるという内祝いの趣旨に反します。

入学祝いを贈ってくれた相手に内祝いを贈る場合には、そのお返しも兼ねることになります。お礼状を添えて、入学内祝いに対するお礼の言葉と、入学後の子どもの様子などを簡単に記しましょう。

4.内祝いで気を付けること

内祝いを贈るということは、相手に幸せをお裾分けすることを意味します。相手は、これからも末永く付き合いを続けて行きたいと思うでしょう。しかし、内祝いには、いくつかマナーがあります。マナーに反した内祝いの贈り方をしてしまうと、相手の気分を損ねてしまうこともあるため注意が必要です。気分を損ねるまでには至らなくても、教養のない人だと思われて恥をかいてしまうでしょう。

まず、上司や目上の人に内祝いを贈るときに気を付けなければならない点がいくつかあります。1つは贈る品物です。上司や目上の人には、文房具や衣類などを贈るのは避けましょう。文房具をプレゼントすることは相手に対して「頑張りなさい」と言っていると捉えられてしまいます。上司や目上の人に対しては失礼に当たるでしょう。衣類の場合には、生活に困っているという目で見ているように捉えられてしまうことがあります。カタログギフトや現金なども部下にもらうのは抵抗があると感じる人が多いため、上司への内祝いでは別のものにしておいた方が無難です。

ただ、上司の好みなどを考慮して文房具を贈りたいこともあるでしょう。その場合は、メッセージカードに「失礼とは存じますが」のような断り書きを書いた上で贈るのであれば、問題ありません。

現金や商品券などは無難な選択肢として挙げられます。しかし、贈り方によってはマナー違反になってしまうので気を付けましょう。特に大事なのは枚数です。縁起の悪い数字を避けなければなりません。具体的には4枚と9枚、6枚などです。1枚か3枚が望ましいでしょう。そして、現金の場合は必ず新札を用意するのがマナーです。

5.内祝いのお返し

内祝いはお祝いをしてもらったお礼やお返しとして行われることも多いです。本来の意味としては、内祝いとお礼は違うのですが、慣習として根付いています。

内祝いのお返しをするときには、のしの選び方に注意しましょう。のしには水引きと呼ばれる紐の絵が描かれています。紐の結び方により、水引きは3種類に分かれます。1つは蝶結びです。蝶結びは1度結んでも解くことができます。何度でも結び直せるということから、何度あっても良いお祝い事のお返しをするときに使うのがマナーです。

残り2つは結び切りとあわじ結びです。いずれも1度結んでしまえば容易に解くことはできません。1度きりのお祝いや、2回以上あるのは好ましくないようなお祝いのお返しに使います。結婚内祝いなどがその代表的な例です。

のしの表書きは水引きの上の部分に「寿」や「お礼」、「内祝い」と書きます。下の部分に自分の名前を書きます。結婚内祝いの場合は夫婦連名で、出産内祝いや入学祝いなら子どもの名前を書くのが一般的です。

内祝いで贈る品物選びで迷ったら、ランキングを参考にしてみるといいでしょう。ショップによって、ランキングの順位はやや異なりますが、ランクインしている品物は似通っています。ほとんどのショップで内祝いのランキングには菓子折やタオル、コーヒーギフトなどがランクインしています。入浴剤やハンカチなどもランクインしているショップが多いです。これらの品物から選ぶのが無難でしょう。

6.快気内祝いとの違い

病気や怪我で入院すると周囲の人に心配をかけてしまうため、治った際には心配してくれた人に快気祝いや快気内祝いを贈ります。どちらも、病気や怪我をした本人が贈るものです。周囲の人が退院を祝って贈るものではないという点に注意しましょう。周囲の人が退院を祝う場合には退院祝いを贈ります。

そして、快気祝いと快気内祝いも使い分けが必要です。快気祝いは、怪我や病気が完治し、通院なども必要なくなったときに贈ります。十分元気になったことを周囲の人に報告するとともに、お礼の意味を込めるわけです。

これに対して快気内祝いは、完治はしていないものの、容態がある程度回復したときに贈ります。入院していた人が退院して通院治療に移るような場合に贈るのが一般的です。快気内祝いを贈ることで、怪我や病気の状態が着実に回復していることを、周囲の人に伝えて安心させる役割も果たしています。
また、快気祝いも快気内祝いものしはあわじ結びのものを使用します。病気や怪我で退院するのが今回1度きりなら、入院するのも今回1度きりという意味です。

7.まとめ

内祝いは本来の意味とは違い、お祝いをしてくれた人に対するお礼やお返しの意味で贈るケースが多いです。習慣として根付いているため、本来の意味にこだわりすぎず、お礼やお返しとして内祝いを贈ることもマナーのうちでしょう。その際にも、内祝いの本来の意味である幸せを分かち合うことを踏まえた上で贈るのが望ましいです。

閉じる
閉じる