内祝いのお返しをもらった時お礼を返す必要はある? ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
15426views

内祝いのお返しをもらった時お礼を返す必要はある?

15426views

シェアする

LINEで送る

風呂敷に包まれた内祝いと桜

内祝いとは、親せきや友人に幸せをお裾分けしたいという気持ちを込めて贈るものです。最近は、出産祝いや結婚祝いを贈ってくれた人に対しての「お返し」として認識している人が多いのではないでしょうか。しかし、本来の意味では、出産、結婚、就職、新築、入学のようなお祝い事が自分の家であった時に、知人や親せきから贈り物をもらわずとも、自発的に内祝いを贈ります。そのため、何も贈っていないのに、突然内祝いをもらい、困惑する人もいるようです。現在では、内祝いイコールお返しという意味合いが強まっていますが、本来の意味で内祝いを贈る人もいるでしょう。内祝いが贈られた意味合いによって、頂いた方の対応は異なるので、内祝いの基本やマナー、相場、頂いた場合の対応について知っておきましょう。

1.内祝いの基本

内祝い

内祝いとは、祝ってくれた人に対してのお返し

内祝いは、祝ってくれた人に対してお礼の気持ちを込めてお返しをするものです。出産祝いや新築祝いなどをいただいたら、そのお返しとして内祝いを贈るのです。ただし、結婚の場合は、披露宴や結婚式で招待した人に対して引き出物を贈ります。その引き出物が内祝いのようなものなので、別で内祝いを贈る必要はありません。しかし、結婚式をあげなかったり、何らかの事情で来られなかったり、招待できなかったりしたにも関わらず、結婚祝いをいただくこともあります。その場合は内祝いを贈ると良いです。また、いただいた結婚祝いが贈った引き出物では足りないと思う場合も、別に内祝いを贈ることがあります。

贈る時期は、お祝いをいただいてから一か月以内が目安

内祝いを贈る時期としては、お祝いをいただいてから、およそ一か月以内です。例えば、赤ちゃんが生まれた時の場合は、生まれてから一か月以内にお祝いの贈り物をすることが多いので、それに対する内祝いはその一か月後になります。いろんな人から異なる時期にいただいて場合もまとめて内祝いを贈ってかまいません。

水引きとのしが印刷された熨斗(のし)紙を掛ける

また、内祝いを含め、贈り物には水引とのしが印刷されたのし紙を掛けます。のし(熨斗)とは古くは、のしあわびのことで、あわびを薄くのばしたもののことです。しかし、あわびは簡単に手に入れられるものではなかったため、代わりに紙でできた熨斗飾りが使われるようになりました。水引とは包み紙を結ぶ紙の紐のことで、お祝いによって本数や色、結び方が異なるので注意しましょう。内祝いは昔からある日本の慣習なので、のしは親しい関係の人でも省略しないようにします。

消え物(食品・飲料)やカタログギフトが人気

そんな内祝いでよく贈られるのは、タオルや洗剤、お菓子、そのほかの食品やお茶など、使ったり、食べたりすると無くなるものが多いですが、最近はカタログギフトを利用して内祝いも増えています。カタログギフトは相手にカタログが届き、その中から欲しいものを選ぶと、後日家に届くという仕組みです。通販が盛んになってから普及し始めたので、比較的新しい贈り物であると言えます。カタログギフトなら、多くの人に、異なる金額の内祝いを贈りたい場合も品物を選ぶ必要がなく、手間が省けるので、おすすめです。

お礼状で感謝の気持ちを伝える

内祝いにはお礼状を添えましょう。お礼状は、お祝いをいただいたことに対して、感謝の気持ちを伝える手紙です。出産の場合を例にあげてお礼状の書き方を紹介します。まず挨拶から始まり、お祝いをいただいたことに対しての感謝の気持ちを書きます。

その時、「お返し」という言葉は避けましょう。次に赤ちゃんに関すること、例えば名前の由来や最近の様子を書き、赤ちゃん以外の家族の様子も書いておきます。

そして、最後に、相手を気遣う言葉で締めくくると簡単にお礼状が書けます。赤ちゃんの写真を添えておくのもいいですね。また、内祝いの贈り物について知らせることもあります。何の内祝いなのかによって文章は異なってくるので、文例を見つけて真似すると良いでしょう。その場合は、形式的になりすぎず、自分の言葉で内容を考えると、相手も読んでいて嬉しい気持ちになるお礼状ができます。便せんや封筒は、縦書きのものを使用し、「拝啓」や「敬具」を用いて、書きましょう。

親しい友人や家族に贈る場合は、メールやメッセージカードでもいいでしょう。内祝いに限らず、贈り物を贈る際には、同じ贈り物でも何かメッセージを添えて送る方が、印象が良くなるに違いありません。何の前触れもなく、品物だけが贈られてくると、失礼だと考える人もいます。実際は、どういう目的で相手が贈ってきたのかは時期やのしで察することはできますが、言わなくても分かるだろうから、お礼の言葉を省くというのは好ましくありません。お礼状や、手紙などを同封しない場合は、別にはがきなどで、内祝いの品を贈った旨を書いて送っておきましょう。

2.内祝いの金額相場

誰かにものを贈るときに、用意する金額は重要です。内祝いは、いただいたお祝いの3割から半額でお返しするのが基本で、多すぎても少なすぎても良くありません。例えば、1万円の贈り物をいただいたとすると、3.000円から5.000円ほどの贈り物でお返しすることになります。贈り物の値段がわからない場合は、ネットで検索して調べましょう。下手に自分で判断して、全く見当違いの価格の内祝いを贈ってしまうぐらいなら、きちんと調べて予算を決めた方が良いです。金額は、あまりに少ないと失礼ですし、多すぎても相手に気を遣わせてしまうので、気を付けましょう。相手の人が目上の人である場合や、もらったお祝いがかなり高価なものである場合は、その3割ほどのお返しでもかまいません。

3.内祝いが届いたらどうすればいい?お礼状って必要?

ペンと紙

内祝いをもらう際には、2つのパターンがあります。一つは、内祝いの本来の意味で、お祝いは贈っていないけれど内祝いをいただいた場合です。もう一つはお祝いを贈ったのでそのお返しとして内祝いをいただいた場合です。

お裾分けとして内祝いをいただいた場合

まず、一つ目の何も贈っていないけれど、内祝いをもらった場合の対応について紹介します。この場合、まず電話などでお祝いの言葉と、お礼の気持ちを伝えましょう。お赤飯や、おまんじゅうなどをご近所の方からいただいた場合などはお礼を伝えれば、それで十分です。それでは気が済まないという人は、旅行のお土産やいただきものを贈ったりして、そのほかのことでお返しをするといいでしょう。また、いただいた内祝いが高額であった場合は、お礼とお祝いの気持ちを伝えた後日、お礼の品を贈るのも良いです。

お返しとして内祝いをいただいた場合

二つ目のパターンは、お祝いを贈ったので、お返しとして内祝いをいただいた場合です。現在ではこちらの場合が多くなっています。この場合もまず電話などで届いたことを連絡しましょう。その際には、「内祝い」や「お返し」という言葉を使うのは控えて、届いたこととそのお礼を伝えます。

そして、相手の最近の様子を聞いたり、世間話をしたりしましょう。お祝いを贈って、そのお返しにすでに内祝いを頂いているので、お礼の贈り物を贈る必要はありません。そうでないと、贈り物のお返しのお返しのお返し…のように延々と続いてしまいます。

いずれにせよ、どちらの場合にも共通するのは、内祝いが届いたら、連絡するのがマナーということです。連絡をしないと、贈った方は、届いていないのか、気に入らないものを贈ってしまったか、と心配になるでしょう。連絡の方法は電話、メール、はがきなどがあります。電話が一番手っ取り早いですが、忙しくて繋がらない場合や仲の良い友人ならメールでもかまいません。電話が苦手な人ははがきや手紙で送っても良いですが、連絡が遅くならないように、届いたらすぐに出した方が良いかもしれません。

また、内祝いはお礼状を添えて送られてくることが多いでしょう。しかし、内祝いを受け取った方は、お礼状を書く習慣のある人は少ないようです。地域や人によって異なるので、状況や人に合わせて、それぞれで判断しましょう。内祝いのお礼に対する返事をするかしないかは状況や相手との関係に合わせて行ってください。贈り物を贈らなくても、お礼状のお返事のお返事の…とこれまた延々と続いてしまう可能性があります。それがきっかけで疎遠だった人との距離が縮む良い機会になるかもしれませんが、煩わしいと思う人は初めから電話をするのが一番良いかもしれません。

4.まとめ

内祝いを来るのは、出産してすぐだったり、結婚や新築などで引っ越して、新生活を始めたばかりの時期だったりするので、忙しいことが多いです。忙しくなる前に内祝いのマナー知っておき、贈る品物に目途をつけておくと、いざという時スムーズに間違いなく、用意することができます。あらかじめ、お礼状の文面を考えておくのもいいですね。これから結婚したり、新築を建てたり、出産をする予定の人は前もって準備しておきましょう。一方でお祝いを贈ったら、内祝いをいただく可能性が高いので、その心づもりでいましょう。

閉じる
閉じる