男性の就職祝いにプレゼントを贈ろう!おすすめのプレゼントをご紹介 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
1324views

男性の就職祝いにプレゼントを贈ろう!おすすめのプレゼントをご紹介

1324views

シェアする

LINEで送る

ネクタイを締めるスーツの男性

家族や親戚などで就職が決まった人がいたら、プレゼントを贈って祝いたいでしょう。これから社会人になって、どんどん仕事で活躍するように励ましたいかと思います。では、どんなプレゼントを贈ればいいのか、ここでは贈る相手が男性の場合について解説していきます。

1.就職祝いに贈りたいプレゼント

お祝い事があってプレゼントをする機会はたくさんあります。プレゼント選びをする際には、お祝い事の内容に合ったものを選ぶといいでしょう。就職祝いの場合には、新社会人になることを意識した品物を贈ると喜ばれます。社会の一員として、頑張って行こうという気持ちになれるプレゼントがいいでしょう。

ハンカチ

ハンカチ

ビジネスの場で使えるアイテムが就職祝いのプレゼントとして人気が高いです。手頃なプレゼントとしては、ハンカチが挙げられます。ハンカチは普段、数百円程度のものを使っているという人も多いですが、就職祝いとして贈るなら、高級なものを選ぶといいでしょう。ブランドハンカチなら大人の嗜みとしてピッタリです。社会人としての自覚も湧いて来るでしょう。オシャレで清潔感があり、仕事ができる大人の男性のイメージです。
ブランドハンカチは1枚2,000円前後で購入することができます。値段的には、友人や先輩、後輩などに就職祝いのプレゼントをする際にちょうどいいでしょう。バーバリーやラルフローレン、ポールスミスなどのブランドハンカチが特に人気です。

名刺入れ

黒い名刺入れ

名刺入れをプレゼントするのもおすすめです。ハンカチは学生でも使いますが、名刺入れは社会人ならではのアイテムです。社会人は名刺を交換する機会が多いため、名刺入れをプレゼントすれば喜んでもらえるでしょう。特に営業職の仕事に就く人は、名刺を配る機会がかなり多いです。名刺入れはとても実用的なプレゼントになります。

名刺入れは安価なものと高級なものでかなり値段の差があるアイテムです。就職祝いのプレゼントとして贈るなら、そこそこ高級なブランド名刺入れを選ぶのがいいでしょう。値段の相場としては、1万円から2万円くらいのものがいいかと思います。値段的には、兄弟や甥などへ就職祝いを贈る際にピッタリでしょう。
値段別にぴったりの相手とブランドをご紹介します。

・3万円前後の名刺入れブランド

息子の就職祝いとして贈るなら、もう少し高めの3万円前後の名刺入れをプレゼントするケースも多いです。高めの価格帯では、ブルガリやボッテガヴェネタなどのブランド名刺入れが人気を集めています。

・1万円~2万円の名刺入れブランド

先輩や後輩、友人などへプレゼントする場合には、1万円を超えるとやや高いという印象を受けることが多いです。受け取る側にとって、負担に感じてしまうかも知れません。ただ、個人でプレゼントするのではなく、数人でお金を出し合ってプレゼントする場合には、1万円から2万円程度でちょうどいいくらいの金額です。ラルフローレンやコードバン、カルバンクラインなどの名刺入れがいいでしょう。シンプルで洗練されたデザインのものが多いです。新社会人が使う名刺入れとして、値段的にもデザイン的にも無難と言えるでしょう。

・5,000円~1万円の名刺入れブランド

また、ブランドによっては5,000円から1万円くらいの価格帯でも、就職祝いのプレゼントに相応しい名刺入れがたくさんあります。例えば、栃木レザーやポーター、ブライドルなどです。1万円を超えないくらいの値段の名刺入れなら、先輩や後輩、友人へプレゼントしても、負担に感じることはないでしょう。値段の割に質が良く実用的なプレゼントとして喜んでもらえます。交際している彼氏が就職する際にも、彼女からそのくらいの価格帯の名刺入れをプレゼントするということは多いようです。

ボールペン

黒のボールペン

ボールペンも就職祝いのプレゼントとして定番です。名刺入れ以上に値段の幅が広いため、贈る相手によって無難な価格帯のものを選ぶといいでしょう。単に文字を書くという役割を果たすだけであれば、安価なボールペンでも事足りますが、やはり社会人になるということで、相応に立派なボールペンが欲しいと思っている人は多いです。友人や後輩などに贈る場合には5,000円くらいの金額のボールペンがちょうどいいですが、そのくらいの価格帯のボールペンでも通常の安価なボールペンとはだいぶ違います。ブランドボールペンは、なかなか自分で買う機会も少なく、毎日のように使うものであるため、きっと喜んでもらえるでしょう。

・キャップ式?ツイスト式?

ビジネスの場で使用するボールペンは大きく分けて2種類あります。インクが水性でキャップが付いているものと、油性のインクを使用していてツイスト式になっているものです。どちらがいいか迷った場合には、油性インクでツイスト式の方を選ぶといいでしょう。ツイスト式のボールペンは高級感があり、ビジネスマンが商談などをする際によく使用しています。デキるビジネスマンはツイスト式のボールペンを使っていると言ってもいいくらいです。

・就職祝いにおすすめのボールペンブランド

ボールペンのブランドはパーカーやクリスチャンディオール、モンブランなどが定番で、どのブランドがいいか迷っている人も多いでしょう。有名で人気の高いブランドのボールペンなら、もらった相手もそのブランドの価値が分かり、喜んでもらえます。ただ、ボールペンの場合には、高級ブランドのものを使っていると、周囲から浮いてしまったり嫌味に思われたりしてしまうかも知れません。新入社員が上司や先輩よりも高いボールペンを使っていると、あまり良くは思わないでしょう。そのため、あまり高級すぎるボールペンは避けた方が無難です。息子にプレゼントする場合も、3万円を超えない範囲内で選ぶのがいいかと思います。また、有名ブランドよりも、やや知名度が低めのブランドを選ぶのも良い方法です。

腕時計

シルバーの腕時計

社会人になると常に時間を気にしながら行動しなければなりません。仕事が予定よりも進んでいるのか、遅れ気味なのか把握しておく必要があります。そのために必要なアイテムが腕時計です。学生の頃は、携帯電話やスマートフォンで時間を確認していた人も、社会人になると腕時計を身に付けるようになります。息子の就職祝いのプレゼントとして、腕時計を贈る親御さんも多いです。

・価格帯

ビジネスのシーンで使うことを考慮して2万円~3万円くらいの腕時計を選ぶのがいいでしょう。新入社員があまり高価な腕時計を使っていると印象が良くないため、学生が使うものよりは少しだけ高価なくらいのものを選ぶのがポイントです。

・デジタルorアナログ?

腕時計はデジタルのものとアナログのものがあります。このうちデジタルのものはプライベートで使われることが多いです。ビジネスのシーンにはあまり似合わないかも知れません。そのため、アナログのものを選ぶのが無難でしょう。温度計や気圧計など、あまり余計な機能が付いていないシンプルなものが就職祝いのプレゼントはちょうどいいです。多機能な腕時計はカジュアルな印象を与えてしまいます。

・おすすめのカラーやベルトデザイン

色はシルバーかグレーが無難です。黒でもいいかと思います。ベルトは金属製のものと革製のもので迷うところですが、革製のものならフォーマルな場にも付けて行くことができるのでおすすめです。ただ、普段の仕事では金属製のベルトの腕時計で特に問題ありません。金属製のベルトの腕時計で良さそうなものを見つけたら、それでもいいでしょう。革製と金属製で迷ったら革製の方を選ぶといいかと思います。デザインはなるべくシンプルで落ち着いた感じのもがおすすめです。ユニークすぎるデザインのものは避けましょう。

・就職祝いにおすすめの時計ブランド

ブランドはセイコーとカシオが人気です。特にセイコーの腕時計は壊れにくく、長く使うことができます。ビジネスのシーンで使う腕時計の定番とも言える時計で、息子の就職祝いの品にセイコーの腕時計を選ぶ親御さんは多いです。海外の有名ブランドと異なり、高すぎず新入社員が使っていても浮いてしまうことはありません。
カシオもセイコーに次いで、就職祝いのプレゼントに良く合っている腕時計のブランドです。値段的にもセイコーと似たり寄ったりであるため、デザインなどの好みで選ぶといいでしょう。他に国内メーカーではシチズンも人気です。海外メーカーではハミルトンやフォッシル、ダニエルウェリントンなどがいいでしょう。特にフォッシルは1万円から2万円くらいの価格帯の時計が多いため、就職祝いのプレゼントにピッタリです。

2.まとめ

プレゼントと黄色いバラ

息子や兄弟などへの就職祝いのプレゼントは、社会人になるということで、学生が使うものよりも少し上質なものを選ぶことが多いです。ただ、あまり高価すぎたり派手すぎたりするものも避けるべきで、そのバランスが難しいと言えます。腕時計や名刺入れ、ボールペンなどはプレゼントする相手が、仕事で使っている場面を想像しながら選ぶといいでしょう。友達や彼氏などへのプレゼントも、ビジネスのシーンで使えるものなら喜んでもらえます。

閉じる
閉じる