【顔合わせと結納】結婚が決まったらすぐに知っておきたい基礎知識をご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3493views

【顔合わせと結納】結婚が決まったらすぐに知っておきたい基礎知識をご紹介!

3493views

シェアする

LINEで送る

花が付いた扇子

婚約したら結納を交わすことになりますが、それぞれ事情もあり、できれば簡単に済ませたいという人や、省略したいという人もいるのではないでしょうか。

こちらの記事では、結納の流れや相場といった基礎知識の他に、略式結納や結納をしない場合の対処方法についてもご紹介します。

1.結納と顔合わせそれぞれの意味

結納は両家の間で交わすもので、婚約の意思確認の意味を持っています。地域によって男性側が女性宅へ結納品や金封を納める場合(婿養子の場合は逆)と両家が互いに納める場合があります。結納品にはそれぞれ意味があり、九州など一部地域ではお茶を贈るように、品目や方法にも地域独特の伝統が見られるので注意しましょう。

一方の顔合わせは、両家を紹介しあい、今後のお付き合いのために互いを知るための場です。結納が手順や用意するものに決まりがあるのに対し、顔合わせには決まった形式というものがありません。そのため、気軽に行えるイメージがあり、顔合わせのみ済ませて結納は行わないというカップルも増えてきました。

手軽な顔合わせとは違い、結納はこまかな部分まで取り決められていて、敷居が高いように思う人も多いでしょう。しかし、実際に顔合わせのみで済ませたカップルの中には「手順やしきたりがない分、むしろ気を遣って大変だった」という声もあります。こまかな部分まで決められている結納だからこそ、済ませてしまえば案外簡単だったと感じるかもしれません。

また、近年は仲人を立てずにホテルなどで行う略式結納が主流となっており、従来よりも簡単に執り行うことが可能となりました。結納品の数や金額、内容も両家の相談の上で一部省略でき、大きな負担なく済ませられます。

2.結納の流れをご紹介

結納を行うまでの主な流れをご紹介します。まずプロポーズが成功し、カップルの間で結婚することが決まったら、両家のご両親へ挨拶をします。挨拶が済むと両家が互いを知るための顔合わせの場を設けますが、結納を省略する場合、この顔合わせの場で簡単に結納金や婚約指輪を贈ることもあります。

結納品を迎える前に、記念品や結納金、結納品などの準備を行いましょう。少なくとも2ヶ月前までには準備を始め、1週間前までには準備品がすべて揃っている状態にします。

結納品など事前に準備するもの

用意するものは、次のとおりです。

・記念品(結婚記念品もしくは婚約記念品)
・結納品
・家族書
・お道具
・結納金
・仲人への謝礼
・お土産
・当日着る衣装

記念品は婚約指輪を贈る人が多いですが、他にもネックレスなどのアクセサリーや、バッグや時計、カフスボタンなど日常的に使用するものが選ばれます。

結納品は地域ごとの特色が強く出るものです。主に関東では9品目を、関西では5品目を贈ります。主なものをあげるとすれば、熨斗(のしあわび)、寿恵廣(すえひろ。純白の扇子)、家内喜多留(やなぎだる。祝い酒もしくは酒料として現金)、友白髪(ともしらが。白い麻糸)などです。他にはスルメや昆布、鰹節など縁起の良いものも含まれます。

家族書は結婚する2人の家族を紹介するための奉書で、親族書(3親等までの親族を書いたもの)とともに納めることもあれば、家族書のみ納めることもあります。

お道具は広蓋(ひろぶた)と袱紗(ふくさ)のことを差し、相手に贈るものではなく儀式やご挨拶の場で使用するものです。相手に贈るものを手渡しするのではなく、広蓋にのせて袱紗をかけてお渡しする、という使い方をします。どちらも家紋を入れるのが正式です。他には祝儀扇子やお線香、毛せん、風呂敷、掛け軸なども忘れずに。

結納金は「小袖料」や「御帯料」などの品目で金封に入れて用意し、結納品とともに飾ります。女性から男性へ贈る場合は「袴料」と表書きします。

仲人への謝礼は「ご祝儀」「お車代」「手土産」を渡しますが、結納後の祝い膳を囲まない場合は「酒肴料」も渡しましょう。代わりに折詰めをお渡しするのでも構いません。

手土産は必ずしも必要なものではありませんが、清酒や菓子折りなどを持参すると印象が良いでしょう。出迎える側は引き出物として季節の果物を用意し、同じものを仲人にも贈ります。

衣装については別項目で取り上げますが、事前に両家で相談して同程度のものを用意しておきましょう。

結納当日の手順

ここでは男性側が女性の家を訪ねる場合の結納の手順をご紹介します。両家互いに行うなど地域ごとの違いがあるので、事前に親類やご近所の方に確認しておきましょう。

当日は男性側の父親、母親、新郎の順に会場へ入ります。父と母は手に扇子を、新郎は結納品を持ちます。会場内で待つ女性側は一礼して迎え入れましょう。飾りつけの部屋へ案内し、男性側が結納品を飾りつける間は、女性側は退室して待ちます。

準備が整ったら女性側が入室し、上座から両家の父、母、新郎新婦が向かい合うように座り、男性側が一礼。男性側の父親が口上を述べた後、広蓋にのせて袱紗をかぶせた目録を女性側の父親へ渡します。女性側は父親が中身を確認し、口上を述べたら揃って一礼します。

次は女性側が受書を渡すのですが、手順としては男性側と同じように行います。広蓋にのせて袱紗をかけた受書を渡し、男性側の父親が確認するという流れです。受書はいただいた結納品に対する受領書なので、仲人を立てない略式結納の場合でも女性側は必ず渡しましょう。いずれの場合も、家族書なども目録や受書の下に重ねてお渡しするのを忘れないでください。

男性側の父親が結びのあいさつを述べ、(婚約指輪がある場合は)婚約指輪を進呈し、結納の儀式は終了します。この後、会食の準備にうつります。

仲人を立てる場合の結納は、男性側とともに会場へ入り、飾りつけも共に行います。結納の儀式の始まりの口上を仲人が行い、その後の目録と受書の交換も一度それぞれが仲人に渡してから仲人が相手へ渡します。儀式の流れは同じですが、その後の会食に仲人が参加しない場合もあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。仲人にも会食に参加してもらう場合は、上座に仲人の席を設けます。

3.結納費用の相場は

ご祝儀袋

結納費用でかかるのは、結納金や結納品の品代だけではありません。準備していくうちに想定よりも金額がかさんでしまったとならないよう、相場を参考にしてお金の用意をしておきましょう。

結納費用の相場は、各項目で次のとおりです。

・結納金・・・100万円が主流(50万円や200万円の人も)
・結納品・・・品目によって異なるが2~5万円が主流
・家族書や親族書・・・業者に依頼する場合は5千円程度
・手土産や引き出物・・・5千~1万円程度のもの
・仲人への謝礼・・・ご祝儀が1~3万円、お車代が仲人の家から会場までのタクシー代相場、手土産は5千~1万円程度のもの
・おため、おうつり代・・・いただいたお祝いの1割程度の金額

他にも当日着る衣装代などが必要となる場合もありますが、少し多めに200万円前後を見ておくと良いでしょう。また、ホテルなど会場を借りる場合は別途それらの費用も必要です。

結納では結納品などを納める側が出す費用の他、結納品を受け取る側にも会食代などもてなしに必要な費用が存在します。近年では両家が負担したり新郎新婦のみが出す場合などさまざまなケースがあるため、両家でしっかり相談しておきましょう。

4.結納に適した場所って?

談笑する両親

結納は女性宅で行われるものですが、近年ではホテルやレストランの一室を借りて行うケースも増えてきました。また、男性宅で行われることもあり、当人たちの希望に合わせて会場を選ぶと良いでしょう。

会場は参加者全員がゆったりと座れ、生活用品の少ない落ち着ける場所が最適です。自宅であれば和室が主ですが、条件が揃っていれば洋室でも構いません。洋室の場合は上座(部屋の奥)に結納品などを飾るためのテーブルを置き、白い布をかけておきます。掛け軸が飾れないため、松や梅といったおめでたい生け花を飾りましょう。

ホテルやレストラン、料亭などで会場を借りる場合は、交通の便も重視してください。とくに仲人を立てる場合は、交通の便が良くない場所は避けた方が相手の負担になりません。下見に行った際に地図入りのパンフレットが置いてあれば、持ち帰って参加者に渡しておくのもおすすめです。

会場を借りる際は予約の時に結納で使用する旨を伝え忘れないよう注意してください。お店によっては結納専用のプランを用意しているケースもあります。

5.結納の服装をご紹介

結納の正式な服装は、父親は紋付袴を、母親は色留を選び、新郎は略礼服を、新婦は振袖を身に着けます。あまり堅苦しくしたくないのであれば、男性は略礼服を、女性は訪問着やスーツ、ワンピースを選ぶと無難です。

また、顔合わせを簡単な結納とする場合は、さらに気軽な服装でも良いでしょう。男性も女性もダークスーツで済ませる手もあります。

ここで注意したいのが、新婦の服装です。両家で話し合って当日の服装を同程度に揃えることが大切ですが、新婦にとっては振袖を着る最後のチャンスでもあります。新婦が振袖を着たいと希望するのであれば、周囲もダークスーツは避け、正装や純正装で揃えましょう。

6.便利な結納パックを使えば安心

結納品の準備や当日の流れに不安はつきものです。すべてをサポートしてくれるサービスを利用することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

結納を滞りなく終えることができるよう、ホテルやレストランでは結納パックをプランとして用意しているところも多いです。中には当日の流れや口上について指導してくれるサービス付きのものもあるため、マナーに厳しい家との結納も安心して行えます。

他にも、通販で結納品のセットを購入する方法もあります。レストランなど会場を借りるのであれば、持ち込み可能かどうかを問い合わせておくことも忘れずに。会場が特定の業者と提携しているのであれば、そちらを利用しましょう。

7.まとめ

微笑みあうカップル

近年では結納をしないカップルや、結納なしで顔合わせのみを行うご家庭も増えてきました。その場合もレストランや料亭で婚約指輪の交換を行うなど、簡単な儀式を行うと2人の気持ちも盛り上がります。

ただし、大半の両親からすると「結納は済ませて欲しい」というのが本音のようです。顔合わせのみで済ませたカップルの中には、顔合わせとは別に結納があると両親に誤解されていて、焦ったケースもあります。

両家を結びつけ、互いの結婚への意思を正式に固める結納には、両親の子に対する思いや願いも込められています。一生に一度しかないせっかくの儀式、考えてみてはいかがでしょうか。

閉じる
閉じる