顔合わせの際の服装選びの悩みを解決! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3838views

顔合わせの際の服装選びの悩みを解決!

3838views

シェアする

LINEで送る

服に悩む女性

交際しているカップルがプロポーズを済ませて、お互いに結婚をする意思が固まると、レストランなどで両家の顔合わせを行うのが一般的です。結婚相手をお互いの家族に紹介することになります。顔合わせが上手くいくかどうかはかなり大事です。顔合わせ次第で、お互いの家族に受け入れてもらえるか、反対されるかが決まると言っても過言ではありません。特に大事なのは服装です。服装に差があると、恥ずかしい思いをしてしまったり、相手の家族に不快な思いをさせてしまったりするかも知れません。ここでは顔合わせのときの服装選びについて解説していきます。

1.顔合わせの女性の服装

微笑む着物の女性

両家の顔合わせの際には、女性は男性と比べて服装のバリエーションが豊富です。女性は洋装でも和装でも特におかしくはありませんが、どちらか片方の家だけ和装でもう一方が洋装だとちぐはぐで上手くいきにくいです。お互いに違和感を覚えてしまいます。そのため、洋装にするのか和装にするのかを事前に決めておくことが大切です。

洋装なら

洋装の場合には、女性はワンピースを着るのが無難でしょう。ただ、ワンピースと一言で言っても色柄やスカート丈、デザインなどさまざまなものがあります。顔合わせというのは、相手の家族に結婚相手を紹介するというめでたい場です。そのため、めでたい場に相応しい色柄のワンピースを選ぶのが望ましいでしょう。

・色や柄は?

めでたい場には明るめの色がよく合います。パステルカラーのピンク色や黄色などがピッタリでしょう。清楚な雰囲気と明るい雰囲気を同時に出すことができます。落ち着いた雰囲気の濃いめの色のワンピースが似合う人もいますが、めでたい場にはあまり合わないのが難点です。落ち着いた大人の女性の雰囲気を出したい場合には、ベージュのパステルカラーが無難でしょう。柄に関しては、あまり目立つ柄のワンピースは避けた方が無難です。小さめの柄が入っているものや、無地のものの方が上品な印象を与えられます。

・丈や羽織りは?

ワンピースの形状に関しては、あまり露出度の高いものは避けましょう。相手の家族の人たちが目のやり場に困ってしまうことが多く、やや品性に欠ける印象を与えてしまいます。胸元が大きく開いているものは避け、スカートの丈も膝丈以上のフレアスカートが望ましいです。膝丈よりも短いスカートやタイトスカートだと、座ったときに少し気になってしまうかも知れません。長めのフレアスカートなら、特に気になることはなく、上品な印象になりやすいでしょう。

また、袖のあるワンピースが望ましいですが、夏などの暑い時期であればノースリーブがいいという人もいるでしょう。その際は上からカーディガンなどを羽織れば特に問題ありません。腰くらいの丈のカーディガンを選ぶとちょうどいいです。寒い季節であれば、ジャケットも着て行きましょう。ワンピースと組み合わせたときに、ちぐはぐな感じがしないように揃えることが大切です。同一ブランドで揃えるか同じお店で購入するのがいいでしょう。

ワンピースやスカートがあまり似合わないという女性もいるでしょう。その場合には、パンツスタイルでも問題ありません。黒か紺のセレモニー用のパンツスーツを用意するといいでしょう。ただ、法事などに穿いて行くパンツスーツは避けた方が無難です。また、女性らしさを出すために、ネックレスなどを付けて行くのが望ましいです。

和装なら

和装にする場合には、新婦は振り袖を着ます。振り袖は未婚女性が着る和服で、特にめでたい場に合っている服装です。顔合わせの場にピッタリでしょう。また、結婚すると着られなくなるため、振り袖を着られる最後の場でもあります。振り袖の色柄はピンクや赤など明るい色が多いものが望ましいです。無地の部分や黒い部分が多いとあまりめでたい場に相応しくないため避けた方がいいでしょう。ちょうど良い色柄の振り袖がない場合には、レンタルを利用すると便利です。また、新婦が和装の場合には、両家の母親もそれに合わせて留袖を着て行きます。

2.顔合わせの男性の服装

フォーマルスーツの男性

男性の服装に関しては、新郎も両家の父親もスーツを着て行くのが一般的です。ブラックスーツやダークスーツなど、なるべく色の濃いスーツを選びましょう。ワイシャツは薄い色のものを着ます。白色のワイシャツが望ましいです。めでたい場であるため、ネクタイは明るめの色のものを選ぶのがいいでしょう。ただ、誠実さも同時にアピールする必要があります。柄に関してはあまり派手でない方が望ましいです。また、濃い色のネクタイは必ずしも避けた方がいいというわけではありません。堅実さをアピールしたり落ち着いた印象を与えたりしたい場合には、濃いめの色のネクタイを選ぶという選択もありです。

細かいチェックも忘れずに

スーツやワイシャツにシワができていないかどうかもチェックしておきましょう。革靴も綺麗に磨いておくと格好良く決まります。そして、軽視されがちなのが靴下です。テーブルで食事をするレストランで顔合わせをする多くの場合、靴を脱ぐことがないため、靴下には特に気を使わないかも知れません。しかし、お店によっては靴を脱ぐようになっている場合もあります。そのようなことも想定して、靴下に穴が空いていないかどうか念入りにチェックしておきましょう。新品の靴下を履いていくのが望ましいです。レストランではなく料亭で顔合わせをする場合には特に注意しましょう。

色は新郎にそろえる?

両家の家族の男性は、新郎の服装の格を基準にして選ぶ必要があります。基本的に両家の父親は新郎と同格の服装をして行きましょう。新郎がブラックスーツなら両家の父親もブラックスーツを着て行きます。新郎がダークスーツなら、それに合わせて両家の父親もダークスーツといった具合です。
そして、兄弟はどのくらいの格の服装にすればいいのか迷うケースが多いでしょう。基本的に兄弟は新郎よりも目立ってはいけません。そのため、新郎よりもワンランク格下のスーツを着て行きます。新郎がブラックスーツなら兄弟はダークスーツが望ましいです。新郎がダークスーツなら、同じダークスーツでも色が控え目のものを選びましょう。

女性が和装の時は?

女性が和装で行く場合には、男性もそれに合わせて和装で行くべきか悩むところですが、男性の場合には女性ほど和装が一般的ではありません。そのため、女性が和装でも、男性はスーツで特段問題ないでしょう。ただ、どちらか片方の家の男性だけ和装で、もう一方の家の男性はスーツのような具合になるのは避けるべきです。
女性に合わせて和装で行く場合には、新郎は紋付羽織袴を選ぶのが望ましいです。持っていない場合にはレンタルを利用するといいでしょう。女性と異なり男性で着物を持っている人というのは少数派です。

3.服装はカジュアルでいいの?

笑顔のカップル

顔合わせは、必ずしも形式張る必要はありません。最近では比較的カジュアルな形で顔合わせをするケースも増えて来ています。その場合、食事をするお店も高級レストランや料亭ではなく、ちょっとオシャレなレストランを使うことが多いです。顔合わせプランなどを設けているお店や、個室のあるお店を選ぶのがいいでしょう。

基本的にどのような形で顔合わせを行うのか、お店はどこにするのかなどは、両家が事前に話し合って決めます。両家のうち、どちらも形式張ることにこだわらなければ、カジュアルな形で顔合わせをするのもありです。ただ、どちらか一方でも、しきたりなどを重視する意向が強い場合には、もう一方の家もそちらに合わせて高級レストランや料亭で行うのが望ましいでしょう。

服装の決め方

カジュアルな形式で顔合わせをする場合には、服装に関して悩むことが多いです。カジュアルとは言っても、あまりラフな格好は望ましくありません。両家でちぐはぐな組み合わせになってしまわないように、事前の打ち合わせを徹底しておく必要があります。カジュアルと言った場合、お互いに認識の違いがあることも多いです。打ち合わせで、認識の違いを埋めておきます。
一般的には子どもの授業参観に行くときくらいの服装がちょうどいいでしょう。男性は仕事にも着ていけるようなスーツが無難です。ただ、着古したものではなく、なるべく清潔感のあるスーツを着て行きましょう。兄弟姉妹などが出席する場合には、新郎新婦よりも目立たないような服装をして行くことも形式張った顔合わせと同様です。

4.まとめ

ソファーに座るカップル

本人同士はこれまで仲良く交際を続けて来て、お互いに結婚しようという気持ちになっています。あとは両家の両親や兄弟に受け入れてもらえるかどうかだけです。
基本的にお互いの家族とは初対面であるため、第一印象で両家顔合わせが上手くいくかどうか決まると言っていいでしょう。事前の打ち合わせをする際には、相手がどんな服装で来るのか漏れなく確認しておくことが大切です。特にカジュアルな形式で行う場合にはラフすぎないように注意しましょう。兄弟が着るスーツは、新郎よりも高価なブランドのスーツを選ばないようにすることも忘れてはいけません。

閉じる
閉じる