失敗したくない!両家の顔合わせ食事会の段取りから当日まで知っておくべきこと ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
4489views

失敗したくない!両家の顔合わせ食事会の段取りから当日まで知っておくべきこと

4489views

シェアする

LINEで送る

テーブルコーディネート

お互いの両親に結婚の承諾を得たら、次に行うのが「顔合わせ」です。
顔合わせでは一体どのようなことをするのでしょうか。両家が初めて顔を合わせる場ですから、失敗のないように準備したいですね。
顔合わせ前に知っておくべきことをまとめました。

1.両家顔合わせの常識をおさらい!意味や目的は?

・顔合わせをする意味とは?

結婚というのは夫婦間だけの関係ではなく、家と家が結びつくという一大行事です。
結納など面倒なことはしたくないと思っていても、顔合わせは欠かすことはできない行事の一つです。

ただお互いの家族を紹介するだけではなく、食事会をするということに顔合わせは意味があります。
一緒に食事を摂るということは、心理的な心の距離を近づけて相手との関係を深めることができます。
けじめというだけではなく、結婚後の生活を円滑にするためにも行うほうが良いのです。

・どんな目的で行うの?

顔合わせの一つ目の目的は、結納の代わりに婚約したことを確認するための儀式です。
結納のない結婚が増えてきているからこそ、両家の顔合わせで改めて結婚するんだということが実感できます。

顔合わせの際には、堅苦しい結納ではなく略式結納を一緒に行うこともあります。この場合には、指輪や記念品を交換することもあります。その流れで、結婚式の双方の親の希望など具体的な話し合いもします。

もう一つの目的は、お互いの家族を紹介して、初めて顔を合わせることになる両家の関係を良好にすることです。
結婚前に両家の親睦会を兼ねているのが顔合わせなのです。

2.顔合わせの段取り

丸が付けてあるカレンダー

お互いの両親への挨拶が済んだら、次に顔合わせの段取りをしましょう。
双方の親の間で考えに行き違いが生じないようにするためにも、本人たちだけで決めるのではなく親の希望をしっかり聞き取っておくことが大切です。

・顔合わせには親以外に兄弟は出席するのか

一般的な食事会は、新郎新婦、その父親と母親の計6人で行います。
兄弟姉妹や祖父母は出席しないことがほとんどですが、どうしても招待したい身内がいる場合には、相手方にもその旨を知らせておきましょう。

・日取りにこだわるのかどうか

顔合わせの食事会は、結婚式の半年から3ヶ月前までには行います。
双方のスケジュールを合わせようとすれば良い日が見つかり難いですが、祝い事ですのでできれば日取りも気にしたいですね。
日取りにこだわるのか、スケジュールを優先するのか、両親の意向もきちんと確認して、大安・先勝・友引の吉日に予定しましょう。

・どんな場所で行うのか

どのような雰囲気のお店かどうかは、あらかじめしっかりリサーチしておきましょう。
落ち着いて食事をできる個室があるお店が理想的です。仕切り程度のお店では周囲が気になって込み入った話しができないこともあります。お店によっては個室は制限時間があることもありますので前もって確認しましょう。

予約の時点で「顔合わせの食事会です」と伝えておけば、お店側にも配慮してもらえます。結納や顔合わせプランを用意しているお店なら、慣れているため接客もスムーズですね。

予約の時点でコース料理を予約しておけば当日慌てることはありませんが、食べ慣れていない料理だとリラックスして話しもできません。高級なお店に限らず、両親の好みに合ったお店のほうが良いですね。

・話題になるようなことを情報収集する

この顔合わせが初対面となるのは両家の家族です。お互いに緊張もしていますので、会話が弾まない可能性もあります。
当日の話題にするためにも、お互いの家族についての情報を交換しておくと安心ですね。
父親同士、母親同士で話しが盛り上がると和やかな雰囲気にもなります。

3.顔合わせの挨拶例文を紹介

顔合わせは結納ほど堅苦しいものではありませんが、両家が初めて集う会です。新郎側の父親あるいは新郎本人が進行役を務めましょう。
行き当たりばったりだと言葉に詰まってしまいますので、どのような挨拶をするのか自分の言葉にして覚えておくと自然な雰囲気で挨拶しやすくなります。

・初めの挨拶

「本日はお忙しい中集まっていただき、ありがとうございます。
二人の婚約にあたり両家の親睦を深めるために、ささやかな席を設けさせていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。」

初めの挨拶は新婦側の親族にしっかりした人だと印象付けるためにも重要です。

その後飲み物が揃ったタイミングで、

「では、乾杯をしましょう」と乾杯の挨拶をします。

もし着席してすぐに飲み物が揃っていれば、初めの挨拶の流れでそのまま乾杯します。

緊張してしまって初めの挨拶をするタイミングが分からない場合には、「まず乾杯をしましょう」と乾杯から初めの挨拶につなぐと、スムーズな流れで挨拶をすることができます。

・締めの挨拶

会のお開きの時には、締めの言葉とお礼の挨拶を伝えましょう。
新郎あるいは新郎の父が挨拶します。
新郎が挨拶する場合には、両親への感謝の気持ちや、これからの抱負、結婚後のサポートなどを伝えましょう。

「本日はどうもありがとうございました。
これから色々とご相談させていただくこともあるかと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

4.顔合わせの費用相場はどのくらい?

顔合わせにかかる費用は、主に食事会にかかる費用です。
ですので人数により多少異なりますが、6万円が相場です。本人と両家の両親の6人で行う場合、予算は1人当たり1万円で考えておくと良いですね。

顔合わせの際に、婚約記念品を交換する場合には別に準備する必要があります。
男性が婚約指輪を、女性側は時計やスーツのような実用品を用意します。相場は婚約指輪の場合30~40万円、女性は婚約指輪の半返し程度が目安です。

・誰が費用を負担するの?

食事会の支払いは、前もって誰が支払うのか決めておきましょう。両家で折半する場合と、新郎新婦二人が支払いする場合があります。二人のために両家が集まってくれるという意味合いから考えて、二人が負担するケースも増えてきています。

どちらが払うか決めていないと、いざ会計になった時に揉めてしまいます。お互いの両親に気を遣わせないためにも最初に「私たちが払います」と両親に伝えておくとスムーズです。
注文が全て終わり食事会のお開き頃を見計らって、さっと会計だけ済ませておけば安心ですね。

両家が遠方の場合にはどちらかの地元で顔合わせを行います。
その場合には宿泊費や交通費もかかりますので、その費用も含めて両家の負担のバランスが良くなるように話し合って決めておきましょう。

5.顔合わせ食事会の服装で注意したいこと

・会場の雰囲気に合った服装を

スーツの男性

あまりカジュアルすぎず、食事会の会場の雰囲気に合った服装が好ましいです。
両家が納得しているのなら、それ程堅苦しく考える必要はありませんが、会場の雰囲気に合ってないと違和感も感じてしまいます。

・服装は両家の「格」を合わせて

しっかり打ち合わせしていなかったせいで、当日に服装がバラバラだとお互いが気まずい思いをしてしまいます。
スーツなのか和装なのかカジュアルな服装で良いのか、どんな服装で行くのかはあらかじめ確認して、お互いに連絡を取り合っておきましょう。

服装選びで一番忘れてはいけないのは、両家の「格」を合わせるということです。

顔合わせでは礼装よりも少しカジュアルな略礼装が好まれます。
新郎はブラックスーツ、ダークスーツ、和装を着る場合には紋付羽織袴です。

新婦は上品な雰囲気のワンピースやスーツです。スカートの丈は膝あるいは膝下で露出が少ないものを選びましょう。お祝いの席ですので明るい色が良いですね。和装を選ぶなら、訪問着・色無地紋付・色留袖です。

父親は新郎に合わせてブラックスーツかダークスーツですが、新郎が和装なら合わせても良いですね。
母親も新婦に合わせて落ち着いた雰囲気のワンピースかスーツですが、こちらも新婦が和装なら合わせて和装でも華やかです。

兄弟など他の親族が出席する場合には、二人と同等あるいか格下の服装で、控えめな色を選びます。

6.東京で顔合わせにおすすめの店舗

・個室会席 北大路 銀座本店

銀座駅から徒歩7分、ビルの間にある数寄屋造りが北大路銀座本店です。
12名まで入れる完全個室がありますので、人数が多い場合にも最適です。ゆったりとした雰囲気の中顔合わせ食事会が行えるお店です。老舗のたたずまいがあり雰囲気はバッチリ、和服スタッフがおもてなししてくれるお店です。
顔合わせの食事会では年間500件の実績があります。
顔合わせ会席プランがあらかじめ用意されていますので、予算に合わせて選ぶこともできます。

・ガーブ ピンティーノ

神保町から3分、東京駅までのタクシー送迎もありますので、遠方からお越しの場合にも安心です。
10名まで入れる完全個室、大人数向けのテラス個室など、個室の種類も豊富で対応してもらえます。
和テイストなフレンチのコースプランには、両家への手土産つきプランも準備されていますので悩まずに済みます。完全個室ですが時間制限はありませんので、ゆっくりとくつろぐことができますね。

・醍醐味

東京駅から徒歩3分と駅近で、6名まで利用できる掘り炬燵や大人数でも安心のテーブルの個室を完備しています。月間50組以上が顔合わせで利用している実績あるお店です。
顔合わせプランは豪華な会席コース料理は、季節の素材を使用した会席で、お祝いの席には嬉しい鯛の姿造りもついてきます。

・水月ホテル 鴎外荘

明治の文豪、森鴎外の旧邸と歴史を感じる空間で、落ち着いた雰囲気のお店です。
顔合わせ懐石プランは、東京マイスターを受賞した職人による京懐石です。コースは1万~2万円と幅広く用意されていますので、予算に合わせて選べます。祝いの席に欠かせない桜湯や祝い鯛も注文できます。
庭園もありますので、顔合わせの記念撮影にもぴったりです。

7.まとめ

結婚に向けて、そして結婚後の関係を良好にするためにも顔合わせは重要な行事の一つです。
お互いの両親や本人が恥ずかしい思いをしなくて済むためにも、しっかりと準備しておきましょう。
二人にとっても顔合わせが結婚へと向けたよき日になると良いですね。

閉じる
閉じる