大切な人の還暦祝いは花束をプレゼントしよう!花言葉から選ぶおすすめ花 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
2819views

大切な人の還暦祝いは花束をプレゼントしよう!花言葉から選ぶおすすめ花

2819views

シェアする

LINEで送る

ピンクのバラと赤のカーネーションとピンクのリボン

60歳の誕生日は満60歳で自分の生まれた干支に還ることから「還暦」と呼ばれています。
魔よけの意味もある赤いちゃんちゃんこや頭巾を着て厄払いをしますね。
お祝いではありますが、いかにも還暦といったプレゼントだと、年寄り扱いしているような印象も与えてしまいます。

その点、花束というのはお祝い事には欠かせないプレゼントで、誕生日や記念日などに贈ることが多いものです。

還暦祝いに贈るものの中でも、花束のプレゼントは人気があります。還暦祝いに喜ばれるおすすめの花束や相場についてまとめました。

1.還暦祝いにはバラの花束が人気

還暦というと赤い色の品物を贈るイメージがあります。そのため真っ赤な花の代表ともいえるバラの花束は人気があります。男女問わずお祝いの席で選ばれている花ですね。還暦ということで60本の赤いバラの花束も素敵ですが、必ずしも赤いバラにこだわる必要はありません。

バラの花言葉は、色によって異なります。赤いバラは情熱・愛情・美、ピンクのバラは感謝・しとやかさ・温かい心、白いバラは心からの尊敬・純粋、オレンジのバラは絆・信頼・健やかさ、紫のバラは誇り・尊敬です。

赤だけではなく、還暦祝いに贈るなら花言葉の意味を考えながら違う色のバラの花も加えてみてはどうでしょうか。
例えば男性には赤・白・紫、女性には赤・ピンク・白などのように選べばまた違った印象の花束ができます。

また花束だと人によっては飾る花瓶がなくて困ることもあります。鉢植えでプレゼントすれば上手に育てることで翌年以降もまた花をつけることができます。


2.記念にとっておくならプリザーブドフラワーがおすすめ!

箱に入ってるプリザーブドフラワー

還暦のお祝いにいただいた花をいつまでもキレイな状態で残しておきたいという人には、プリザーブドフラワーです。英語で「保存された花」という意味があります。

日本人には言い難いようでブリザーブドフラワーと間違えて呼ばれていることもありました。

生花の場合には日持ちしませんが、生花や葉を特殊液に浸けて水分を抜いて作るためプリザーブドフラワーなら長期間飾っておくことができます。
デリケートなため触ることはできませんが、生花のような質感も見た目から感じられます。染料を使って色を出していますので、生花にはないようなカラーの花束を作ることもできます。七色の染色をほどこしたレインボーローズも、プリザーブドフラワーならではですね。

ただデメリットもあり、湿気に弱く紫外線により退色して劣化していきます。特殊な加工をしているため花粉や香りはありません。
加工しているため生花よりも高価ですし、破損しやすいためケースなどに入れた状態でプレゼントするほうが良いですね。上手に保存さえできれば5年以上と長期に渡って楽しむことができます。

・タイプ色々!プリザーブドフラワー

ガラスドームに入った据え置きできるタイプ、鉢に入ったタイプが一般的ですが、気軽に飾りやすい壁掛けタイプのプリザーブドフラワーはインテリアとして楽しめておしゃれで人気があります。

花+αということで、花とオルゴールが一体になったオルゴールフラワー、フレーム時計に花が入ったデザインもおしゃれで素敵です。ただ飾るだけではなく実用性もありますね。

遠方に住んでいる方へのプレゼントや、持ち帰ることを考慮して箱の中にプリザーブドフラワーが敷き詰められたサプライズ感たっぷりのボックスフラワーもあります。

3.バラ以外にもこんな花がおすすめ

男性

父親の還暦お祝いを外で行う場合、持ち帰ることを考えて選ぶことも大切です。特にピンクなどあまり可愛いらしい色を混ぜてしまうと帰宅する時に恥ずかしいということも考えられます。
男性への花束はシックな紫色や、明るいイメージのオレンジ、黄色、赤、グリーンを混ぜると良いでしょう。

花束よりも、そのまま飾ることができるアレンジメントや、部屋で飾ったあとは鉢植えで翌年も楽しめる花もおすすめです。

・ひまわり

花には詳しくないという男性でもひまわりなら知っているはずです。
ひまわりの花言葉は「崇拝、敬慕」「憧れ」など、日頃お仕事を頑張ってくれている父親への尊敬や憧れの気持ちを込めて贈るにはぴったりの花です。

・ダリア

冬の花で、花びらが何重にも重なって美しいのはダリアです。大輪の花なので花束にするとボリュームがあって一輪で華やかな印象に仕上がります。

・百合

バラとは違った華やかさで香りも素敵な花は百合です。花言葉は「子の愛」で子どもからの還暦祝いのプレゼントとしてはぴったりですね。
ただ香りが強い花ですので、好き嫌いがある可能性もあります。百合の女王と言われるカサブランカには「威厳」という花言葉もありますので、一家の大黒柱である父親にぴったりではないでしょうか。

・グロリオサ

華やかな見た目のグロリオサの花言葉は「栄光」です。還暦を迎えた父親に、今後の人生も栄光があるようにという気持ちを込めてプレゼントできます。
球根植物のグロリオサには毒が含まれていますので、鉢植えよりも切花でプレゼントするほうが良いですね。

・サルビア

「家族愛」という花言葉を持つのがサルビアですが、その中でも紫色のサルビアには「尊敬」という花言葉があります。花束に入れるにはぴったりの花ですね。

・ガーベラ

花束に加えると華やかさが増すガーベラはカラーも豊富な花です。花言葉は「希望、常に前進」で、ポジティブなイメージのある花です。

女性

母親の還暦お祝いを外で行う場合、ピンクやオレンジなどの可愛いらしい色を選ぶとよいでしょう。特にピンクの色には幸せ・優しい気持ちになる、緊張をほぐす、などの効果があると言われているので女性にぴったりです。

・胡蝶蘭

胡蝶蘭は高級で上品な雰囲気のある花です。お祝いといったら胡蝶蘭、というくらいポピュラーな花です。
花言葉は「幸福が飛んでくる」ということで、60歳を過ぎてからも素晴らしい人生を過ごして欲しいというメッセージと共に贈ります。
植物の中でも比較的丈夫な花で、一度花が咲いてからも1~2ヶ月は楽しむことができます。鉢植えで贈る花ですが、育てやすいため人気があります。

・スカシユリ

オレンジ色の明るい花が咲くのがスカシユリです。空を見上げるように上向きに花を開きます。大型の花のため花束にするとボリュームが出て華やかです。
花言葉は「親思い」というまさに子から親へ贈りたい花です。日頃の感謝の気持ちを花言葉と共に伝えたいですね。

・カンパニュラ

カンパニュラ

ラテン語で小さな鐘という意味を持つカンパニュラには「感謝」という花言葉があります。ベルフラワーとも呼ばれていて、小さな釣鐘形の花が咲きます。鉢植えでプレゼントすれば長持ちしますし、上手に株分けすれば簡単に増やせます。花が好きでガーデニングをしているような方に喜ばれるでしょう。

・クレマチス

つる性植物の女王と言われるクレマチスの花言葉は「美しい心、深い思いやり」です。愛情深く子どもを育ててきた母親にはふさわしい花です。大振りの花が咲くため華やかで、多年草のため翌年以降も楽しむことができます。

・ラナンキュラス

花びらが幾重にも重なり、丸みを帯びたフォルムのキュートな花がラナンキュラスです。花言葉は「あなたは魅力に満ちている」と、母親の還暦のお祝いにはぴったりの花です。ピンクの花には「飾らない美しさ」、紫は「幸福」と色によって花言葉も異なるため、贈る相手のイメージに合わせて選んでも良いですね。

・かすみ草

「感謝、幸福」といった花言葉のあるかすみ草は、小さな白い花をたくさんつける花です。主役の花ではなく、主役となる花を引き立てる名脇役です。バラのような華やかな花束に一緒に入れるとボリュームが出ます。

4.花束のお値段の相場はどのくらい?

花束を構成する花によって、花束の値段は異なります。バラや百合のような1本あたりの価格が高い花を使えばトータルも高くつきます。
メインの花は高価な花にして、その周囲を彩る花を安価な花でアレンジすれば、ある程度大きくてもそれ程高くはありません。

花屋さんで花束を作ってもらう場合には、「還暦のお祝いに渡したい」ということを伝えて、必ず入れて欲しい花があるか、全体の色合いはどうするか、花束の予算はいくらまでかという事を相談すれば具体的にどのような花束が作れるかも分かります。

還暦というのは大きな節目を迎えるお祝いですので、お祝いの席で渡すにはある程度のボリュームも欲しいです。
2~3万円ほどを花束の予算にすればかなり豪華な花束を作ることもできます。

家に飾ることも考えて少し小ぶりなアレンジメントなら5千円~1万円、プリザーブドフラワーも同程度の価格から探すことができます。どちらも花束よりも高くはなりますが、花のお世話をする暇がないような方へのプレゼントには適していますね。

5.まとめ

花のプレゼントは性別問わず喜ばれるものです。
物でのプレゼントは好みもありますので難しいですが、花なら好みの色さえ知っていれば選びやすいですね。

今より寿命が短かった頃には還暦といえば長寿のお祝いでしたが、現在の60歳といえばまだバリバリ現役の方も少なくはありません。ですから還暦は長寿のお祝いというよりは、周囲の人が日頃の感謝の気持ちを伝える日でもあります。

見た目の華やかさから花を選んでも良いですし、花言葉の意味を意識しながら好みの花を組み合わせて特別なメッセージとして贈ってみるのも素敵ですね。

閉じる
閉じる