母親の還暦祝いのプレゼントは何が良い?おすすめ商品をご紹介 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
1537views

母親の還暦祝いのプレゼントは何が良い?おすすめ商品をご紹介

1537views

シェアする

LINEで送る

父と還暦の母に花を渡す娘

還暦を迎える母親に何かプレゼントを渡したいけれど、何を贈ったらよいかわからない、でも面と向かって聞けない、という方は意外と多いのではないでしょうか。人生で一度しかない還暦。小さいころから愛情深く育ててくれた母親が喜んでくれるプレゼントをして忘れられない誕生日にしてあげたいですよね。今回は母親の還暦祝いにおすすめのプレゼントをご紹介します。

1.還暦祝いに母にプレゼントを贈ろう

還暦のお祝いは満60歳をお祝いする日のことを言います。60年で十干十二支が一巡して元の暦に還ることから「還暦」と呼ばれています。還暦祝いの時に赤いちゃんちゃんこを着るという伝統的風習は皆さんも記憶にあるのではないでしょうか。

そのため、還暦のお祝いでは赤いものをプレゼントするのが定番です。女性は洋服やアクセサリー、バッグなどで赤いものを身に着けやすいので、還暦祝いの誕生日にはぜひ赤いものを贈り、いつもの誕生日よりも盛大にお祝いしてあげましょう。

2.母に贈りたい還暦祝いプレゼントランキング

小さなころからお世話になった母親に贈りたい還暦祝いのプレゼント。赤を指し色にしたものであれば、60歳の女性でも抵抗なく身に着けられそう。人気のプレゼント商品をランキング形式でご紹介しますね。

第7位:バック

バッグは女性ならいくつあっても嬉しいもの。毎日使ってもらえますし、娘や息子からバッグをもらうのは意外と嬉しいものです。いつもはシンプルなダークカラーのバッグが多い方は、指し色で赤が入っているもので良いでしょう。原色がお好きな方なら、迷いなく赤いバッグを選んでプレゼントすると還暦のお祝いの思い出にもなり喜んでくれます。

第6位:財布

もう何年も財布を変えていない、なんて方は意外と多いものです。赤は昔からおめでたい色と言われており、縁起がよく金運アップにもつながるそう。近くのスーパーやドラッグストアなどのポイントカードをたくさん持ってる方も多いと思いますので、収納力のあるお財布を選ぶと喜んでもらえます。小銭を出しやすいようなデザインのお財布も、老眼などが進んだ方には配慮ある素敵なプレゼントになりますよ。

第5位:ネックレス

アクセサリーをつける習慣のある方には、還暦の赤にちなんで、ルビーのアクセサリーもおすすめです。ルビーは高価すぎるという方には、ガーネットやジルコニアなどを選びましょう。

一味違ったネックレスをプレゼントするという手もあります。例えば、老眼をお持ちの方に実用的な、開くとルーペが取り出せるネックレス。本や新聞などを読むときに使うことができ喜ばれます。また、タンスの奥にしまわれていた婚約指輪をこっそりリフォームしてネックレスにするサービスをしているお店もあります。母親だけではなく、ご両親にもサプライズになって喜ばれます。

第4位:花

赤いバラの花束は、母親の還暦祝いで鉄板ともいえるプレゼント。実際かなり多くの方がプレゼントしているそうです。赤いバラの花束はめったに受け取る機会はないので、感動して涙ぐんでしまう方も多いとか。忘れられない還暦祝いの思い出にもなりますね。綺麗な花の前で記念写真を撮ると思い出の写真として大切にしてくれることでしょう。

第3位:旅行

赤の入った品物ではありませんが、大人気のプレゼントはやはり旅行。普段、家事やお仕事で忙しく働く母親にゆっくりと羽を伸ばしてもらう温泉旅行などがおすすめです。美味しいお食事や温泉で心も体も癒してもらいましょう。父親と二人で行く旅行でも良いのですが、今更恥ずかしくて行きたくないという方も中にはいますので、家族みんなで行く旅行の方が喜ばれることが多いそう。一緒に行先などを決めるのも思い出になりおすすめですよ。

第2位:時計

実はじわじわと人気を獲得しているのが時計です。特に電池交換のいらないねじまき式の腕時計は一生使えると人気があります。赤のベルトが派手で抵抗がある方には、時計の数字やバックプリントなどに赤の指し色が入っているだけでも大丈夫。外出するときにいつもつけてくれると嬉しいですよね。

また家に飾る用の赤い時計も、置く場所にも困らず人気の品です。60年という年月を強く生き抜いてきた母親に、これからも元気に時を重ねて長生きしてほしいという願いを込めて贈りましょう。実家のお部屋の雰囲気に合うものを選んであげてくださいね。

第1位:プリザーブドフラワー

黄色のバラのプリザーブドフラワー

最も気軽に贈ることができ、受け取る側も気軽にもらうことができるのがプリザーブドフラワー。赤いバラの花束は、びっくりしてしまうという方にはおすすめです。お花をお部屋に飾るのが好きな女性は多いですし、綺麗にデコレーションされたお花ですから、ずっと飾っておいてもらえます。プリザーブドフラワーは生花よりも発色がよく、水やりが不要ですので負担がありません。インテリアとして飾っておいてもらえれば、見るたびに還暦のお祝いを思い出してくれそうですよね。

プレゼントを渡すときは、家族からのメッセージを集めたメッセージカードや、主催者からの手紙を添えてあげましょう。ただプレゼントを渡されるよりも、家族からの感謝と愛情を言葉として受け取ることで、忘れられない還暦の誕生日になります。若いときは綺麗だったのよと冗談をいうような母親の場合は、父親との結婚式の写真を綺麗に印刷して添えてあげて、これからももっときれいでいてね!などとメッセージを贈ると、とても盛り上がるそうですのでぜひ試してみてくださいね。

3.還暦祝いには食事も

ワンランク上のレストランで思い出に残す

母親の還暦の誕生日を思い出に残る日にしてもらうため、ワンランク上のレストランでお祝いをするのがおすすめです。個室のあるレストランで家族水入らずゆっくりと食事をしながら、60年間を振り返ってもらえば、自然と和やかな気持ちになるでしょう。和食、フレンチ、イタリアンと母親の好みに合わせて選んであげましょう。ホテルのレストラン、高級レストランの他に、1泊2日の温泉旅行と懐石料理を合わせるプランもおすすめです。

とりわけ不要なコース料理がベター

会場が決まったらお店に予約をしておきましょう。お料理はアラカルトでも良いですが、母親というのは気を使って料理を選んだり取り分けたりしてしまうもの。還暦のお祝いの日くらいはゆっくりと運ばれるお料理を堪能してもらうため、コース料理を選択することをおすすめします。さらにできることなら、コース料理のなかでもいくつかの選択肢があるとベター。女性はあれもこれも色々と食べてみたいものですので、父親はお魚メイン、子供はお肉メインなどと分けて、シェアしながら食事をすると会話も弾みます。

お店に伝えることで嬉しいサプライズがあるかも

お店には還暦のお祝いをしたい旨を伝えるのを忘れないようにしましょう。海老や鯛などの縁起物の食材を使った料理を特別に用意してくれることもありますし、サプライズで最後にデザートを付けてくれる場合もあります。また、中には赤いちゃんちゃんこをレンタルし記念写真をとってくれるサービスがついてくるプランもあります。ちゃんちゃんこを着て写真なんて嫌だわと言われる方もいるかもしれませんが、ここは還暦のお祝いなので周りが盛り上げて写真を撮ってもらうのがおすすめ。後から振り返ったときに必ず喜んでくれるはずです。

外食が厳しそうなら、出前で豪華にお祝い

ご体調面の不安があったり、孫がまだ小さくて子連れで外食が難しい場合には、自宅でホームパーティを開いてあげましょう。出前サービスを賢く利用しながら、いつもより豪華な好みのメニューをそろえてあげましょう。ゆっくりリラックスしてみんなでお祝いができるように準備してあげてください。人前では赤いちゃんちゃんこを着て写真を撮るのを拒んでいる母親も自宅でなら応じてくれるかもしれません。赤いちゃんちゃんこはインターネットでレンタルしたり、すでにお祝いをした親戚やご友人から借りると良いでしょう。

お祝いらしく、プレゼントや手紙をあるとGOOD

いつもの食卓を囲むように和やかに食事をするのも良いのですが、せっかくの還暦のお祝いですので、父親や子供が音頭を取り、少し場を仕切ってみても良いでしょう。乾杯の音頭をし、主催した子供からのお祝いの言葉、父親からの感謝の手紙、プレゼント贈呈などのコンテンツを入れてみると、普段は気恥ずかしくて中々言えなかったことも伝えることができます。最後には還暦を迎えた母親から一言もらうと、家族距離もさらにぐっと縮まります。

4.まとめ

温泉に行く母と娘

還暦祝いに母親に贈りたいプレゼントをランキング形式でお伝えしましたがいかがでしたか?ぜひ心を込めてプレゼントを選ぶとともに、美味しい食事や温泉旅行をセットにしてできるだけ長い時間を共有し、忘れられない還暦のお誕生日にしてあげましょう。

普段は離れて暮らしている場合はなおさら、子供や孫からお祝いされるのは嬉しいはずです。後から振り返ったときにきっと喜んでくれるはずですので、ぜひ記念写真を撮ることもお忘れなく。ぜひ、心を込めて準備をして、母親を喜ばせてあげましょう。

閉じる
閉じる