【お歳暮ギフト2018】喜ばれるお歳暮ランキング ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
237views

【お歳暮ギフト2018】喜ばれるお歳暮ランキング

237views

シェアする

LINEで送る

【必見】お歳暮を贈るときのマナーを徹底解説

お歳暮に人気のある品物は、実は毎年大した変化がないことをご存知でしょうか?年の暮れという特別な時期には、それにふさわしい贈り物があったりするものです。そこでここでは、お歳暮としてもらって嬉しいもの・人気が高いものをランキング形式でご紹介!また、大人の常識として知っておきたい「お歳暮についての基本知識」についても詳しくまとめてみました。

1.お歳暮の基礎知識

お歳暮は、日本で昔から伝わる風習のひとつです。
「贈る時期は?」「品物の相場は?」「どんなものをおくればいいの?」という疑問にお答えするように、お歳暮についての基本知識をまとめました!
ここでご紹介するマナーを守れば、誰に対しても気持ちのいいお歳暮を贈ることができるようになりますよ。

・贈る理由

まず始めにお伝えしたいのが、そもそも「なぜお歳暮を贈るのか?」ということ。

お歳暮とは元々、他の家に嫁いだ人や分家の人たちが「お正月に行われる神事のためのお供え物を本家に持っていく」ことから発展した習わしとされています。
江戸時代になると、商人たちの影響で「得意先や組頭」に贈り物をする習慣が根付き、明治時代になる頃には「上司や日頃お世話になっている人に贈り物をする」という現在につながるスタイルへと変化していったと考えられています。

お歳暮にはこのような歴史がありますが、近年では「日頃からお世話になった人へ1年の感謝を伝える」ことをモットーにして物品を贈るのが一般的!
近くに住んでいる友人知人だけではなく、普段はかなかな会うことができない遠方に住んでいる人や会社関係・取引先の人にもお歳暮を贈って気持ちを伝えるケースが増えていますよ。

・選び方

お歳暮の選び方ですが、基本的には贈る相手の「趣味や好み」に合わせた品物を贈るのが理想的です。

・お酒が好き→ビールセット
・甘いものが好き→お菓子セット
・子どもがいる→家族で飲めるソフトドリンク類
・1人暮らし→少量だが質にこだわった高級食材

上記のように、先方に喜んでもらうためには相手の好みだけではなく「家族構成」「ライフスタイル」にも注目してみるといいでしょう。

普段はアクティブな人でも、年末やお正月には「家でゆっくりする時間」が多くなったりするものです。
そんな時に嗜好に合った贈り物をもらえれば、喜ばない人はいないと言えますよ!

・贈る時期

お歳暮を贈る時期は、12月13日〜20日頃までとされています。

これは「新年の準備を12月13日から始める」という昔からの風習に影響を受けているためですが、最近ではその風習も一般的ではなくなってきたため「11月下旬からお歳暮を贈り始める」という人も増えてきました。

また、同じ日本でも「関東では11月下旬〜12月20日頃まで」「関西では12月13日〜20日頃まで」というように地域によってお歳暮を贈る時期が微妙に異なるため、先方の住まいに合わせて適切な時期に贈る準備も欠かせません!

12月25日を過ぎてしまうと新年の準備で忙しくなりますし、場合によっては「旅行へ出かけている」「会社が休みに入った」などという理由から、お歳暮を届けることができなくなる場合も考えられます。
お歳暮は遅くとも「12月20日まで」に手渡しするか郵送する、ということをしっかりと覚えておくといいでしょう。

・相場

お歳暮にかける金額は、一般的に「5,000円前後」と言われています。

お歳暮を贈る理由は「1年の感謝を伝える」ことにあってお祝い事ではないので、結婚祝いや誕生日プレゼントといったような贈り物に比べて相場の単価はやや低め。
5,000円前後の贈り物ですが、人によっては「知人や親族には3,000円程度」「会社関係者には5,000円くらい」「特別お世話になった人には10,000円」などと人によって品物の金額を変えるケースも多く見られますよ。

お歳暮は基本的に「今後も継続してお付き合いをしたい・する予定」の人に贈るものなので、無理のない範囲で品物選びをすることがポイントです!

2.お歳暮のギフトランキング

お歳暮に人気のあるギフトを厳選してみました。
ここでご紹介する品物はどれもお歳暮の定番として需要の高いものばかりなので、品物選びに困った際はぜひ参考にしてみてくださいね!

10位:水産品・魚介類

「カニ」「ふぐ」といった魚介類は、鍋にも使用しやすいことからお歳暮に贈る水産品としてとても人気のあるものです。
特にグルメな人やホームパーティーが好きな人には最適な贈り物でしょう。

9位:和菓子

年配の方から圧倒的な支持を得ているのが和菓子です。
和菓子は見た目も上品で華やかなので、年の暮れという特別感がある時期にぴったり!
「1人暮らし」「夫婦2人暮らし」「抹茶や煎茶をよく飲む」なんて人には和菓子がおすすめですよ。

8位:コーヒー・紅茶・日本茶

コーヒーや紅茶、日本茶は日持ちもするので贈り物として選びやすい品物です。
飲み物をお歳暮に贈る場合は、普段なら手を伸ばしにくい「高級品」「プレミアム処方」のものがいいでしょう。

7位:畜産品・肉類

ハムやソーセージなどといった畜産物はもちろんのこと、ちょっと値が張る高級肉などもお歳暮の品としてうってつけ!
子どもがいる家庭へは「ハムやソーセージのセット」が喜ばれやすいですし、少人数の家族なら「霜降り和牛」などの高級肉もおすすめです。

6位:果物

お歳暮に果物を贈る場合は見栄えがいいように、リンゴやミカンといった冬の果物を始め「桃」「メロン」「苺」などといった季節感に相反する果物も入れ込まれたフルーツセットがおすすめです。
子どもがいる家庭では果物の消費率も高く、喜ばれやすい贈り物!

5位:ビール・発泡酒

お酒が好きだという人が嬉しいものは、ビールや発泡酒。
予算に合わせてビールか発泡酒かを選ばれることと思いますが、お歳暮の品としてよりふさわしいのは発泡酒よりも断然ビール!
「普段は発泡酒を飲んでいる」という人にも、年末くらいは高級志向の本格ビールで晩酌してもらいたいものですよね。

4位:洋菓子

お歳暮の定番中の定番と言われる「お菓子」!
その中でも特に人気が高いのは、幅広い種類やボリュームが選べる洋菓子です。
洋菓子には「ホールで味わえるもの」「ひとつひとつ小分け梱包してあるもの」「スティック状で気軽に食べられるもの」など幅広いので、選ぶ側も楽しみながら決めることができるでしょう。

3位:加工肉

ハムやソーセージなどの他にも、生肉に脂肪などを注入した「脂肪注入加工肉」・肉片などを結着させて形を整えた成型肉などもお歳暮として人気があります。
加工肉は生肉よりも賞味期限が長いという特徴があるので、年の瀬の忙しい時期に贈る食品としても嬉しいものです。

2位:カタログギフト

「先方の好みがわからない」という人には、カタログギフトがおすすめです。
カタログギフトは受け取った本人が好きな品物を選んで発注するというスタイルなので、好みを大きく外れてしまう可能性は極めて低いでしょう。
「お歳暮を贈る相手が多すぎる」という場合にカタログギフトを贈れば、ひとつひとつ品物を選ぶ時間の短縮にもなって最適です。

1位:商品券・ギフト券

「お世話になった人や目上の人に商品券やギフト券って失礼にあたらないの?」という意見もありますが、近年では好きなものを自由に購入することができる金券系の需要が急上昇!
お歳暮ランキングだけではなく、出産祝いや新築祝いといっためでたいお祝い事にも活用される金券ですので、下手な贈り物をするよりはよっぽど現実的でいいかもしれませんね。

3.もらってがっかりしたお歳暮

ここまでは「もらって嬉しい品物」をご紹介してきましたが、今度は反対に「もらってがっかりしたお歳暮」についてまとめてみます。

・趣味に合わないもの

お歳暮だけに限らず、趣味や思考に合わない品物をもらってしまうと正直がっかりしてしまうものです。
お歳暮は「感謝の気持ちを伝えることが1番大切」なので品物を贈るだけで十分だと思ってしまいがちですが、あまりにも先方の好みを無視した贈り物ではいけませんよね!

・お酒を飲まないのにビールを贈る
・大家族なのに1〜2人前の食品を贈る
・置く場所に困るタオル類や寝具
・好みで好き嫌いが分かれやすい化粧品や石鹸・ボディソープ類

上記のような品物は一見、お歳暮に最適だと勘違いされやすいのですが、実際の声から探ってみると案外NGなケースが多いようです。

また、調味料や洗剤系なども先方の趣味に合わないこともあるので、念のために避けておいた方がいい品物と言えるでしょう。

・足の早いもの

足が早いものとは、つまり「腐りやすいもの」のことを指します。
もらって嬉しいお歳暮ランキングでご紹介したカニやふぐなどの「水産物」ですが、生のままで贈ると腐ってしまいやすいので、冷凍された状態で贈るのがいいでしょう。
また生魚も腐りやすいですし、果物セットとして需要が高い「桃」も実は足の早い果物として有名です!
桃は見栄えもするし美味しいのでぜひフルーツセットの中に組み込んでいただきたいのですが、腐りやすいので個数は少なめにして贈るような配慮が必要ですね。

4.まとめ

いかがでしたか?

お歳暮に人気の高い品物には「賞味期限が比較的長い」「特別感や高級感を演出できる」「お菓子や食べ物」といった特徴がありました。
もちろん食べ物ではなく「キッチン雑貨」や「小物」でもいいのですが、その場合は必ず先方の趣味をしっかりと把握することが大切です!

1年の終わりを締めくくるお歳暮ですので、相手が喜んでくれることを第一に考えて品物選びを行ってみてくださいね。

閉じる
閉じる