【必見】お歳暮を贈るときのマナーを徹底解説 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
175views

【必見】お歳暮を贈るときのマナーを徹底解説

175views

シェアする

LINEで送る

【必見】お歳暮を贈るときのマナーを徹底解説

お歳暮を贈る場合に気になることといえば、品物を送る時期や送り方だけではなく、贈る相手や品物にかける金額など様々です。
そこで今回は、お歳暮を贈るときに知っておきたいマナーやルールについて詳しくご紹介していこうと思います。
「喪中時はどうしたらいいの?」「のしや表書きってどうするの?」「相手によって品物の金額を変えるべき?」など、お歳暮にまつわる疑問を抱えている方は必見です!

1.お歳暮を贈る時期

まず始めに、お歳暮を贈る時期についてまとめました。
「え?12月ならいつでもいいんじゃないの?」と思っている人がいれば、ここで正しい知識を学んでみてくださいね。

・関東と関西で贈る時期が異なるので注意

一般的に、お歳暮を贈る時期は「12月13〜20日頃まで」とされています。
昔から「新年の準備を12月13日から始める」という風習があるために定着したものですが、最近ではそのような習わしが主流ではなくなってきたため、12月初旬からお歳暮を送り始める人も増えてきました。

また下記のように、同じ日本でも関東と関西とではお歳暮を贈る時期に若干の差があるので、送り先の地域に合わせて時期を調節するのが理想的です。

関東:12月初旬~12月31日
関西:12月13日~12月31日

上記では「12月31日まで」と記載していますが、理想をいえばできるだけ「20日までに」届けることです!
あまり年末ギリギリにお歳暮を贈ってしまうと「旅行に出かけている」「新年の準備で忙しい」と言った理由から、本来喜ばれるべきであるお歳暮が先方の負担になってしまうことも考えるため。

また、取引先などの会社に直接お歳暮を送る場合は、会社の年末休暇の時期以前に届くことが絶対条件!
一般的な企業では25日前後から休暇に入るところもあるので、そう言った意味合いでもお歳暮は20日までに届くように手配しておくのがマナーといえます。

2.お歳暮を贈るときの基本的なマナー

ここでは、お歳暮の渡し方やのし紙・表書きのルール・物品選びのポイントなどについてご紹介します。
「お歳暮をあげてはいけない人」もいるので、しっかりとマナーを身につけてくださいね!

・お歳暮の渡し方

年末は何かと忙しく、家を不在にしてしまう日も増えてくるのではないでしょうか?
そんな現代社会の傾向から、最近ではお歳暮の品を「百貨店から直送する」「宅急便で送る」という人も増えてきています。

しかし、本来お歳暮とは「相手先を直接訪問して渡すもの」ですので、遠方に住んでいない限りはできるだけ手渡しで渡すようにしましょう。

訪問する場合は、事前に先方へ電話連絡をしてからがマナー!
早朝や夜間、食事の時間帯を外した「午前10時以降」や「午後15時前後」がいいでしょう。
また、お歳暮を渡す際の正式なマナーは「品物を風呂敷に包む」ことですが、最近ではデパートなどの紙袋に入れてそのまま持参する人も少なくありません。
必ず風呂敷包みにしないといけないということはありませんが、風呂敷を利用した方が丁寧な印象を与えることができるのでおすすめですよ。

・表書きのルール

お歳暮の品を購入すると、百貨店やデパートでは「のし紙」を付けて梱包してもらえることがほとんどです。
そののし紙には「表書き」と言って、品物が誰から贈られてきたのかわかるように名前を書き、そして一目見て「お歳暮の品だ」とわかるように献辞を書くことが一般的。

表書きのルールは、水引中央結び目の上に「御歳暮」と書き、名前は水引中央結び目の下に献辞よりやや小さめのフルネームで書きます。
黒の筆ペンを使用し、丁寧に書きましょう。
最近では百貨店やギフトショップの店員さんが代筆して書いてくれることがほとんどなので、字に自信がない人でも安心してお歳暮を送ることができますよね!

また、お歳暮を贈る側、もしくは贈られる側のいずれかが喪中の場合は、のし紙の代わりに「白の奉書紙(白の短冊)」を使うのがマナーですので覚えておいたほうがいいですね。

・品物選びのポイント

お歳暮の基本は「相手が喜んでくれること」ではあるものの、実際には「お歳暮を贈ってはいけない人」もいます。
ここではそういった見解も含め、お歳暮の品選びのポイントについてまとめていきたいと思います。

・政治家や公務員へ贈るのは禁止

政治家や公務員(国家公務員/地方公務員)は国からお給料をもらっている方々になるので、お歳暮を受け取ることができない(受け取りは禁止されている)職種となっています。
お歳暮だけではなく「利害関係者からの金銭・物品の贈与を受け取ること」が禁止されているので、もちろんお歳暮もNG!

ちなみに「利害関係者」とは、契約している相手や検査担当をしている相手など「仕事として関係性を持った」相手のことを指します。
よって、親戚や親しい友人などからのお歳暮であれば、公務員でも常識の範囲内でお歳暮の受け取りは可能とされています。

・今後も継続的な付き合いがあること

お歳暮を贈る人・贈らない人の差は、どういったところで判断すればいいのでしょうか?

一般的には「今後も継続的な付き合いが予想される人」に対し、1年間の感謝の気持ちと新しい年に向けての挨拶をするのがお歳暮となっていますので、今年限りで「来年度からは疎遠になる」ことがはっきりしている間柄ならお歳暮を贈らないというケースも少なくありません。

「今後も付き合いが続きそうか?」「継続した付き合いを希望するか?(取引先など)」といった状況や自分自身の気持ちをしっかりと考慮し、お歳暮を贈る相手を選んでくださいね。

・好き嫌いを把握しておく

喜んでもらえるお歳暮の品物を選ぶポイントは、何と言っても「相手の好き嫌いを把握しておくこと」です!

甘いものが苦手な人にスイーツセットを贈っても喜ばれませんし、お酒を飲まない人にビールを贈っても置き場に困るだけ。
「相手は何が好きか?」「いつもはどのような食生活やライフスタイルを送っているか?」について把握しておくことで、喜んでもらえる品物選びが簡単にできるようになります。

また、相手の家族構成を把握しておくことも重要でしょう。

・大家族にはたくさん入っているお菓子の詰め合わせ
・子どもがいる家庭にはソフトドリンク類
・1人暮らしなら量の少ない高級食材

など、相手の家族構成をしっかりと知っておくことは、適切な品物選びに直結するといっても大げさではありません!

・確実に受け取ってもらえること

最近ではお歳暮を宅配便で送る人も増えてきましたが、その場合に注意しておきたいことが「確実に受け取りができるのか」ということです。
お歳暮を贈る時期は12月13〜20日の間がベストですが、その間に長期旅行へ出かけて自宅を不在にしていたり、会社を閉めてしまっている場合も考えられますよね。

確実に品物を受け取ってもらうためには、先方のスケジュールを大まかに把握しおくことも重要になってくるでしょう。

・宅配便で送る前に、希望の指定日などはないか電話等で確認しておく(知人や親族の場合)
・会社のHPなどで年末休暇がいつから始まるのかチェックしておく(取引先など企業に直接送る場合)

このように、できれば先方に事前連絡をしたり会社情報などを調べるなどして「確実に配達できる日」を明確にしておくことが大切ですよ!

・相手が喪中の場合

お歳暮は「1年の感謝の気持ちを伝える」習わしでお祝い事ではないため、先方もしくは自身が喪中であっても贈り物をすることで失礼にはなりませんが、四十九日を迎えるまでは送るのは控えておいたほうがいいでしょう。

また、品物に使用するのしに関してですが、上記でもご紹介したように「紅白の水引はかけず、白無地の奉書紙か無地の短冊を使用する」というのがマナーになっているので、気をつけてください。

・お返しのマナー

お歳暮を頂いた場合に大切なのが「お返しのマナー」ですが、ここでは簡単にわかりやすく箇条書きにてマナーをご紹介します。

・お歳暮が届いたらできるだけ早くお礼の電話をする
・電話をした後、お礼状を出すのが本来のマナー(最近は電話だけで済ます人も増えていますが…)
・お返しの品を贈る必要はないが、返礼として品物を贈ってもOK

お歳暮はお世話になった方へ感謝の気持ちを表すものなので、本来お返しの必要はありません。
「お歳暮を贈ってないのに、自分だけもらうのは気がひける…」という人もいらっしゃいますが、きちんとお礼状を送れば品物を準備しなくても失礼にはあたりませんよ!

ただ、どうしても「もらってばかりでは申し訳ない…」と感じてしまう人は、頂いた品物の半額程度を目安にしてお返しするのもいいでしょう。
お返しの品を贈る場合は、1月7日を迎えるまでに「御年賀」としてのしを付け、先方に贈るのが最適ですよ。

3.お歳暮の金額相場とは

ここでは、先方との関係性によって変わるとされる「お歳暮の金額相場」についてまとめています。

・親戚や知人:3,000〜4,000円

親戚や知人へお歳暮を贈る場合、一般的には「3,000〜4,000円」が相場金額とされています。
知人や親戚には「毎年お歳暮を贈る」という人も少なくないので、毎年続けられる無理のない範囲で品物を選びましょう。

・仲人や上司:5,000円前後

仲人や上司にお歳暮を贈る場合の相場は「5,000円前後」隣、知人や家族よりも少しだけいい品物を贈る傾向があります。
予算が1,000円違うだけでも見栄え感が格段にUPするものなので、会社関係者へは5,000円前後の品物が最適です。

・特別にお世話になった方:5,000〜10,000円

「今年は特別にお世話になった!」と強く思い入れのある人に対しては、5,000〜10,000円の品物を贈る人もいます。
ただ、その方との関係が継続的に続いていくことが予想される場合や、今後もお付き合いをしていきたい気持ちがある場合などは、できるだけ金額を抑えた品物を選ぶ方がいい場合も!
「今年は10,000円だったのに次の年は3,000円」となると、品物自体や見栄えがどうしても貧疎になってしまうものです。

4.まとめ

お歳暮は感謝の気持ちを伝える風習なので「喪中でもOK」、「お返しも必要ない」という、結構ラフなスタイルでした。
「贈ってはいけない人」
「贈らなくてもいい人」
「贈っておくべき人」
これらをきちんと見分けて、最適な品物を感謝の気持ちとともに伝えてください。

閉じる
閉じる