達成感を求め始める5歳児におすすめの知育玩具 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
282views

達成感を求め始める5歳児におすすめの知育玩具

282views

シェアする

LINEで送る

スパイダーマン

さまざまな思考ができるようになり、体の発達も著しく飛躍する5歳児。
日常で達成感を感じさせるため、5歳の男の子、女の子には「少しだけ難しい問題」を与えてチャレンジさせてみるといいでしょう。

そこで今回は、知育遊びを通して楽しみながら知識を増やせる、知育玩具をご紹介!
「男の子におすすめのおもちゃ」「女の子におすすめのおもちゃ」のカテゴリーに分けていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.5歳児の特徴

子ども 積み木

5歳になると、身体のバランスをとる脳神経系が成熟してくることから「片足で立つ」「ジャングルジムのてっぺんに登る」などといった高度な運動技術もできるようになります。手先もさらに器用になり、指を1本ずつ独立させて折り曲げられるようになるので、より細かな指先の動きができるように!

身体の発達に伴って知能も高くなってくるので、字や数を覚えて難しい課題にも挑戦できるようになる時期ともいえるでしょう。自我を抑える能力が増してきて「我慢」もできるようになるので、友達同士でルールのある遊びをもっと楽しむことができるようになってきます。

2.5歳児が知育玩具を通して学べること

レゴ

5歳児が知育玩具を通してできる知育遊びについて、詳しくお伝えしていきましょう。

・ゲームで友達と遊ぶことを学ぶ

カードゲームやボードゲームなど、複数人で行う知育玩具の体験により、「友達と遊ぶことって楽しい!」という気持ちを芽生えさせることができます。知育玩具を通して友達と遊ぶ楽しさを学べば、就学後も友達と良好な関係を築ける可能性が高まるでしょう。

特に、現在保育施設へ通っている5歳児にとっては、小学校へ上がると一気に「教育」の面が押し出されることになります。
今までは保育所の先生がお世話をしてくれていたのに、小学生になったら一気に「自分のことは自分で」という方針に変わってしまう学校も少なくありません。例えそうした状況になってしまったとしても、友達と良好な関係を築けている子どもは、友達にわからないところを聞いたりしながらなんとかやっていけるもの。知育玩具を利用して友達との時間を共有することは、ただ遊びの楽しさを知る以外にも実はさまざまな副次的効果があるといえるでしょう。

・知育玩具で知識を増やせる

5歳児におすすめする知育玩具の多くには、文字や数字・図形などが散りばめられており、知識を増やせる機会がたくさん!ひらがなや数字を使用したカルタやカードゲームで文字を覚えたり、ライトアップされる地球儀で世界中の国を覚えたり。または、自由に組み換えできるブロックで手先や創造性を高めたり、飼育玩具を利用して外国語の習得を目指したり。

現在販売されている知育玩具の種類は数えきれないほど!子どもの興味や苦手な部分を克服するためにチョイスしてみるといいでしょう。
知育玩具には木製の製品も多く発売されているので、気の温もりを感じながら学べてインテリアの邪魔にもなりにくいと定評があります。

3.知育玩具の遊び方のポイント

レゴブロック 男の子

「5歳児におすすめの知育玩具って何?」
「どんなおもちゃを選べばいいのかわからない…」

と迷った人のために、ここでは5歳児の知育玩具を選ぶ際のポイントをご紹介します。

・ルール遊びがしっかりできるおもちゃを選ぼう

5歳児にもなると、他人の気持ちを考えて、自分が我慢することを覚える子も出てきます。しかし、まだまだ産まれて5年しか経っていないので、熱中してしまうと周りが見えなくなってトラブルを引き起こしたりする可能性も十分にありますよね。

人との関わり合いをよりスムーズに行えるように導くためにも、5歳児には「ルールがしっかりとしているおもちゃ」を選ぶことが重要になってきます。すごろくを使ったボードゲームやオセロなどはルールも比較的わかりやすくて単純なので、男の子でも女の子でも楽しめますし、友達とルールを守って遊ぶことが苦手な子どもにもおすすめです!

・子どもが飽きずに夢中で遊べるものを選ぼう

だんだんと集中力が付いてくる年齢とはいっても、5歳児はパワフルでとにかくいろいろなことに興味津々。そのため、ゲームのルールが小難しかったり、達成感をあまり味わえないタイプのものだったりすると、すぐに飽きてしまう可能性が高いでしょう。

自我がはっきりと芽生えて自分の好みが明確になってくる5歳児だからこそ、子どもの特徴に合わせて夢中になれるおもちゃを選んでくださいね!

・グループで遊べるおもちゃを選ぼう

周りとの調和を取れるようになってくる5歳児には、積極的にグループで遊ぶことのできる知育玩具を与えることをおすすめします。グループで遊ぶことによってルールを学べることはもちろんですが、トラブルが起きたときの対処方法や相手の気持地に合わせることなども自然と身に付けることができるからです。

また、子どもの特性から「グループ遊びは嫌がる」「友達とすぐにトラブルになるからグループで遊ばせるのは心配」などとお悩みの方もいるでしょう。その場合には、まず「親+子ども」の少人数でも遊べる、グループゲームから初めてみるのがおすすめです。ルールのあるゲームが苦手だった子どもでも、少人数のコミュニティーから徐々に幅を広げていけば、次第に友達ともゲームを楽しめるようになる可能性も出てきます。

4.5歳児におすすめの知育おもちゃとは

走る子ども

5歳児には、友達とルールのあるグループ遊びをすることをおすすめしました。
ここではさらに詳しく、5歳児におすすめできる知育玩具をご紹介していきます。

・ヒントやきっかけを与えてくれる知育玩具選び

5歳児は難しい問題と解いて達成感を味わうようになり、頭を使った問題などに夢中で取り組みます。
そんな5歳児に特におすすめの知育玩具があるので、早速見ていきましょう!

・文字やことばを使う知育玩具
文字や数字に興味が出てくる5歳前後の年齢では、文字合わせや数字合わせといったカードゲームで理解力を促すことがポイント!
ひらがなのジグソーパズルや都道府県の形をしたジグソーパズルなどを利用すれば、文字を覚えると同時に図形能力も刺激することができるでしょう。

・数字・計算系のおすすめの知育玩具
数人で遊ぶカードゲームの中に「ハリガリ」というものがありますが、こちらは元々ドイツで誕生した知育玩具です。
カードをめくって出たフルーツの数が「5」になったら付属のベルを鳴らすという単純なゲームですが、小学生へ向けて足し算の練習にもなるし集中力も養われるオススメのカードゲーム!

・勝敗のある知育玩具遊び

最後にご紹介するのは、勝ち負けがあってみんなで楽しめるファミリーゲームです!
すごろくを使用した人生ゲームや、男の子であればサッカーや野球などのボードゲームもおすすめ。
ゲームに勝ちたいという闘争心やスリルから多くの感情を学ぶこともできるので、ぜひ家族団らんしながら「嬉しい」「悔しい」といった気持ちを共有してみてください。

5.まとめ

笑顔の子ども

いかがでしたか?

5歳児の発達には個人差も大きく出てきますので、グループゲームや勝敗のあるゲームだとうまく遊べないという子どもも実は少なくありません。ルールを守れない子どもには、できるだけ楽しく遊べる環境を作り、ルールのある知育遊びに少しずつ慣れさせてみてください。

一般的な常識や約束を守ることなどを学ばせるいい機会をつくってあげられるといいですね。「負けると癇癪を起こすから…」と勝敗のあるゲームを避けていた場合でも、家庭という安心できる場所で、ゆっくりとルールや負けた時の気持ちの立て直し方を教えてみましょう。近い将来、子どもの役に立つ機会がきっと訪れるはず。

閉じる
閉じる