赤いものがいいの?還暦祝いのプレゼントの選び方 ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

全国のお祝い
コースプランを探す

Ranking
Home
72views

赤いものがいいの?還暦祝いのプレゼントの選び方

72views

シェアする

LINEで送る

還暦祝いのプレゼント

家族やお世話になった人など、大切な人が還暦を迎えたときに、赤いものをプレゼントすると良いと言われています。例えば赤いちゃんちゃんこや赤い洋服など、赤色のものを贈ると縁起がいいとの言い伝えもあります。しかし、どうして赤色のものが良いとされているのでしょうか。

1.還暦祝いとは

家族
還暦とは、満60歳を迎えることをいいます。その由来は中国にあり、日本では奈良時代に貴族の間で還暦のお祝いが行われるようになりました。昔は栄養状態も悪く、寿命も短かったため、60年生きた人は、とても貴重な存在でした。そこで、誕生60年を祝うことになったのです。

また、還暦は、暦が還ると描きますよね。この漢字にも意味があり、暦に関係する由来もあります。それは、十干と十二支を組み合わせる方法です。生後60年を迎えると、暦が一回りして生まれたときの干支に戻ります。この暦の一回りは生まれ直しという意味もあります。そこで、還暦は「本掛還り」(ほんけがえり)とも呼ばれています。

目次へ

2.プレゼントは「赤」がいい?

福と書かれた紙と布
還暦のお祝いには赤いプレゼントが良いとされています。その理由は赤色が持つ意味にあります。赤色は昔から魔除けや厄除けの意味があると言われてきました。

ところで、還暦の赤いプレゼントといえば、「赤いちゃんちゃんこ」を連想するのではないでしょうか。どうしてこの時代にちゃんちゃんこをプレゼントするのか、不思議に思う方もいるでしょう。

古い昔、赤ちゃんを厄から守るために産着として赤いちゃんちゃんこを着せていました。そのため、還暦を迎えた人に、赤ちゃんや小さな子供が着用する袖なしの羽織、ちゃんちゃんこをプレゼントするようになったのです。

しかし、最近では、ちゃんちゃんこを着る人は少なくなってきているようです。とはいえ、せっかくプレゼントしたものは使って欲しいものです。そこで最近は、赤いちゃんちゃんこではなく、赤い色の中でも実用的なアイテムの贈り物が増えています。

目次へ

3.プレゼントでおすすめのものとは

それでは、両親や上司など還暦を迎える人に贈るプレゼントとして喜ばれるものはいったいどんなものがあるでしょうか。予算の相場もご紹介します。

◆女性

赤い財布
お母さんや祖母、お世話になった方など、女性へ贈るプレゼントの相場は、だいたい5,000円から2万円くらいとなっています。もちろん、予算が高い方が良いものが贈れますが、一番大切なのは還暦をお祝いする気持ちです。

では、女性へ向けては、どんなプレゼントが喜ばれるのでしょうか。よく使ってもらえるものとしては、お財布があります。赤いお財布はお金を呼び込むとのいわれもあり、人気があります。とはいえ、全面が赤色だとインパクトがあり過ぎて持ちにくいので、ワンポイントに赤色が入っているお財布の方が普段使いしてもらいやすいと言えます。

お財布を選ぶポイントとしては、収納力があるもの、カバンに入れやすいサイズのものを選ぶと良いでしょう。また、赤い小銭入れをプレゼントするのもおすすめです。小銭入れくらいでしたら全面が赤色でもそこまで派手ではありませんし、持ちやすいアイテムです。プレゼントする際に5円を入れておくと使っていくうちにお金を呼び込むという言い伝えもあります。

次にお勧めしたいのが、バッグです。
バッグの中でもショルダーバッグがプレゼントとして選ばれているようです。ちょっとしたお出かけの時に気軽に持てるようなデザインに注目が集まっています。ただ、コチラも全面的に真っ赤なデザインだと少し目立ちすぎてしまいます。ほんのりと赤色に仕上げられた皮革製のバッグなどは、色も落ち着いているので還暦を迎える方でも持ちやすいと言えます。本革だと柔らかく、持ちやすいのも人気が集まっている理由です。

さらにおしゃれな女性へ人気があるのが、傘です。傘にはいろんなデザインがありますが、おしゃれなデザインは少し値が張るので、自分ではなかなか買いづらい商品といえます。自分では買わない反面、プレゼントとしてもらったら嬉しいアイテムなのが傘です。雨の日の外出は少し憂うつになりがちですが、赤い傘だと華やかな印象なので、出かけるのも楽しんでもらえるでしょう。

秋から冬に還暦を迎える方に贈ると喜ばれるのが、ストールです。寒くなる季節の外出にはストールが手放せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。温かなカシミヤ素材のストールなどはおしゃれで、首元に巻くだけで顔色がパッと明るくなり、優しい印象を与えます。予算も1万円程度で購入できるのでおすすめです。

季節を問わず喜ばれる上、インパクトがあるのは、赤いバラを60本プレゼントするというものです。赤いバラの大きな花束や、年齢の数だけバラの花を贈られるというシチュエーションに憧れる女性は多く、乙女心をくすぐってくれるでしょう。60本ものバラを一度に注文しなければならないため、生花店には早めに相談しておくことを忘れずに。

目次へ

◆男性

お父さんや祖父、上司など、男性へ贈る還暦のプレゼントの相場は、1万円から5万円くらいとなっています。もちろん、受け取られる方の好みによっても贈る商品が変わります。では、男性がもらって嬉しいプレゼントはどんなものがあるでしょうか。

お酒を飲む男性に喜ばれるのは、やはり限定のお酒や地酒などです。普段手に入りにくいお酒は、お酒好きな人ならとても嬉しいアイテムです。最近はインターネット通販などでも酒造メーカーが限定酒を販売しているので、レアなお酒を探してみても良いでしょう。また、ワインや日本酒などで、ラベルに名入れしてくれるサービスを行っているところもあります。自分だけのお酒をプレゼントされると、さらに嬉しくなるはずです。

お酒をプレゼントするときに一緒に贈りたいのが、グラスです。食器店に行くと、ビール好きな方ならビールを美味しく飲めるグラス、ワイン好きの方であれば、おしゃれなブランド物のワイングラスなど最適なものに出会えます。

さらに、ビール好きの男性に喜ばれるものとして家庭用のビールサーバーも人気があります。蛇口をひねって、冷たく冷えたビールをいっきにグラスに注ぎこむ、お風呂上りにそんなビールの飲み方を理想にしている男性は、案外多いようです。

また、ビールサーバーに限らず、焼酎サーバーもおすすめです。まるでお店にいるような気分で焼酎が飲めるのは、嬉しい経験です。メーカーによっては、ありがとうのメッセージや日付、名前を入れてもらうこともできます。せっかくプレゼントするのですから、このようなサービスは積極的に活用しましょう。

そして旅行が好きな男性に喜ばれるのが旅行券です。還暦を迎えるころになると仕事も一段落して、時間に余裕が出てきます。そんな時にぶらりと出かけるのはとてもリフレッシュできるものです。奥様がいらっしゃる方であれば、二人分の旅行券をプレゼントすると喜ばれるでしょう。

還暦を迎えるころになると物に対するこだわりも出てきます。そこでお勧めしたいのが万年筆です。最近は、メールや音声通話が主流となってきましたが、手書きの文字は味わい深いものがあります。粋な趣味として文字にこだわりを持たれる方も多い時代です。少し高級な万年筆のプレゼントは男性のステータスとして好印象なプレゼントとなるでしょう。

他にも還暦祝いのプレゼントについて、以下の記事も参考にしてみてください。

古希祝いの関連記事はコチラ

目次へ

4.まとめ

赤いバラの花束
女性と男性へ向けての還暦のお祝いのプレゼントをご紹介してきましたが、お気に入りのアイテムは見つかりましたでしょうか。

女性に向けては、おしゃれなファッションアイテムや雑貨など普段の生活で使うものが人気ですし、一方で花束のように定番かつ自分では購入しないようなものも喜ばれます。また、男性へ向けては、お酒関連やステータスを感じさせるちょっとした雑貨がプレゼントに選ばれやすいです。

60歳を迎えたことに対する還暦のお祝いは、家族だけでなく、知人から祝われても嬉しいものです。受け取られる方の笑顔を思い浮かべながら、プレゼント選びを楽しみましょう。

目次へ

還暦・長寿祝いコラム一覧へ≫

閉じる
新規会員登録
閉じる