年下の彼氏と付き合うってどうなの?詳しく知りたい! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
7178views

年下の彼氏と付き合うってどうなの?詳しく知りたい!

7178views

シェアする

LINEで送る

カップル

年下の彼氏と付き合っているという女性を周りでもよく聞くようになりました。きみはペットやタラレバなどのドラマでも、そういった設定をよく見かけます。でも実際に年下の彼氏と付き合うというのは、どのような感じなのでしょうか。年下彼氏と付き合うメリットやデメリット、実際に付き合ったエピソードなどを紹介していきます。

1.年下彼氏との付き合い方

年下彼氏と付き合うことって、最近では普通のことですよね。年下と付き合っていると聞いても、そんなにビックリしません。年上彼氏とは違う、年下彼氏と付き合うとメリットやデメリットとは?

メリット

1.自分の能力が上がる

年上彼氏の場合と年下彼氏の場合を比べると、やっぱり年下彼氏と付き合っている方がしっかりしなきゃと思うのは事実です。年下彼氏が頼りにならないといっているわけではありません。年下彼氏でもしっかりとしている人はいくらでもいます。ですが、彼女の方も「私が年上なのだから、なんでも頼っていられない」と思うことが多く、彼女自身彼氏に頼ることなく様々なことを自分でしようとすることも。そのため、彼女は自分自身の能力をアップさせることができるのです。

2.より女磨きができる

クリームを塗る女性

年下彼氏の周りには、自分よりも年下の女性が常に多くいるわけです。ということは、そんな若い女性に負けないように、いつまでもきれいで若々しくいている必要があるということ。そのため、年上男性と付き合っているときよりもさらに女を磨かなくてはいけません。ボディケアなどの外見だけでなく、年下彼氏の趣味に付き合い趣味などの内面的な面でも若返りがはかれることも。そのため、より魅力的な女性になれるでしょう。

3.年下彼氏を思い通りの男性にできる

歳の離れた年下彼氏の場合、彼女よりもかなり経験が浅いこともあるでしょう。そんな場合は、年下彼氏を自分の思い通りの男性に成長させていくこともできます。様々なことをレクチャーしながら付き合っていくのです。デートの際のエスコートの仕方など、自分がしてほしいことを素直に伝え、このようにしたら女性は喜ぶのよと教えてあげれば、年下彼氏ならば素直に従ってくれるはず。自分の願望をすべて叶えてくれるような、そんな男性に育てていきましょう。

4.年下彼氏ならば、多少のことは許せることもある

年上彼氏ならばされると怒ってしまうことでも、年下彼氏ならば年下だし仕方がないかと多めに見ることも。年下であるため、彼女自身が彼氏のハードルを下げているのです。そのため、人によっては年上彼氏と付き合うよりもケンカが少なくなることもあるでしょう。また、年下彼氏が甘えん坊で甘え上手ならば、うまく甘えてきて怒りたくても怒る気がなくなることもあるかもしれません。特に姉さん気質の女性ならば甘えられると可愛くて仕方ないと思い、許してしまうでしょう。

デメリット

1.経済力の差ができることも

年下彼氏であっても、きちんと働いているもの同士ならば何も問題はありませんが、彼女が会社員で彼氏が大学生やフリーターなどの場合、経済力に差が出ることもあります。そのような場合、デート代や食事代はどちらが出すのかもめることも。彼女の方が給料を多くもらっているからと言って常にデート代を出していれば、彼氏のプライドはズタズタになるかもしれません。また、ヒモになってしまう可能性すらあります。彼氏のプライドを傷つけないように、デート代や食事代のことをきちんと話し合っておきましょう。

2.結婚の話が出しづらい

ペアリング

自分はアラサーでそろそろ結婚を考えているけれど、彼氏は年下だからまだまだ結婚なんて先の話なんてことも、年下彼氏の場合はあり得ます。この場合、彼女の焦りは年下彼氏にはほとんど伝わりません。また、彼氏と年が離れていて彼氏は就職したて、彼女はアラサーなどという場合も、彼氏にすればまだ勤め始めたばかりで仕事に力を注ぎたい時期で結婚なんて考えられないということも。そうして、彼氏が仕事に慣れるのを待っていると、アラフォーに突入するなんていうこともあるのです。年下彼氏の場合、自分が結婚したいと思えば、きちんと相手にその気持ちを伝えることが大切です。どれだけ切実に結婚を考えているのか、相手に伝えてみましょう。

3.若い子がいいのではと不安になる

年下彼氏の周りには、若い女性が多くいます。どうしても若い女性には見た目などでは勝てません。すると、やはり若い女性がよくなるのではと不安に感じることも多いのが事実です。ですが、そこは年下彼氏を信用するしかありません。「そんな周りの若い女性なんて、私の彼氏は相手にしない!」と強く信じておきましょう。

4.頼りがいがない

年下男性は、自分よりも経験が少ないのが当たり前です。そのため、何かを相談したいときには、頼りにしづらい面もあるでしょう。ですが、相談に乗ってもらえなくても、一緒に解決するようにすればいいのです。大人の余裕感のようなものはなく、相談すれば納得できる答えが返ってくるというわけではないかもしれません。ですが、一緒に様々なことを相談しながら、二人でステップアップしていけばよいのです。

2.年下彼氏との歳の差エピソードが知りたい

カップル

まわりに年下彼氏がいる人がいないと「もしかしたら自分だけかも・・・」と不安になったりしますよね。
そんな方のために年下彼氏の歳の差によって、どのようなエピソードがあるのか集めましたのでご覧ください。

1歳年下彼氏との結婚エピソード

私が26歳、年下彼氏が25歳のときに知り合った私と彼。1歳しか違わなかったので、年下とはいえ、同級生のような感じで付き合っていました。誕生日の関係で歳の差が2歳になるときにはからかわれたりしたり。デート代は彼氏が出してくれていたし、遊びなれているタイプだったので、私たちカップルの主導権はほぼ彼氏。

ですが、結婚のときだけは違いました。結婚しようと言ってくれてはいたのですが、実際にはなかなか結婚に踏み切ろうとしなかった彼氏。そのため、結婚に関してだけは、私が半ば強引に式の日取りを決めるなど、主導権を握って段取りを進めていきました。結婚してから聞いた話ですが、彼氏は結婚しようとは言ってはいたものの、すぐにはする気はなかったようです。そんなに焦る話でもないと。でも、私は子どもも欲しかったため、早めに結婚しておきたかった。結婚に対する価値観や考え方は女性と男性ではかなり違います。やっぱり、いくらリードしてくれる彼氏とはいえ、結婚に関してだけは女性が主導権を握らなければいけないのかなと思いました。

6歳年下彼氏とのプロポーズエピソード

私が27歳、彼氏が21歳。6歳年下の彼氏と付き合っていました。彼はまだ大学生で、私は会社員。夜の公園でのキスやディズニーでのデートなど、大学生の若い彼氏なんてうらやましいなんて同僚に言われながらも、付き合うこと1年。彼氏が大学を卒業することとなりました。

27歳といえば、周りが結婚をし始める時期。そんな時期だからこそ、私も焦りを感じ始めていました。でも、大学卒業しこれから就職する彼氏にそんなことを切り出せるわけもなく。でも、そんな私の心を察してくれたのか、彼氏が言ってくれたのです。
「1年だけ待ってくれ。」そう言ってくれた彼氏の顔は一生忘れません。そして、1年仕事を頑張り、プロポーズをしてくれました。

一回り年下の彼氏とのエピソード

38歳の私と26歳の彼氏。一回り違うため、歩いていても、弟さん?などと言われることもしばしば。長く一人暮らししてきていたし、彼氏を弟と間違われるような状況から、少し頑固になっていた私は、あまり彼氏に頼ることはしていませんでした。

そんなある日、私は風邪をひいてしまいます。でも、一人暮らしの状況で風邪をひくなんて、よくあること。薬を飲んで、ベッドで布団にくるまって寝ていたのです。すると、ピンポーンとチャイムが鳴る音が。誰だろうと思うと、年下彼氏でした。私が風邪を引いたと連絡したため、家まで来てくれたのです。看病に来たいと連絡が来ていたものの、部屋が汚い、風邪がうつるなどと口実を言い、断っていた私。そんな私に彼は言いました。
「風邪ひいた時くらい頼ってよ。」そう言うと、私を車に乗せて病院へと連れて行ってくれました。普段とは違う頼りがいのある姿に、私の頑固だった心も少し柔らかくなり、看病をしてもらい、無事に風邪が治りました。

それ以来、一回り年下の彼氏に少しずつ頼れるようになった私。周りからも表情が少し柔らかくなったなんていうことまで言われるようになりました。

3.まとめ

ベッドの上でプレゼントを渡しているカップル

年下彼氏との付き合い方について説明してきましたが、少しは想像ができたでしょうか。年下彼氏と付き合う人は年々増えて続けています。
年下彼氏とならば、人気のデートスポットにも気兼ねすることなく、楽しくいけるでしょう。

閉じる
閉じる