デートの上手な誘い方!タイミングや気を付けることとは? ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
2579views

デートの上手な誘い方!タイミングや気を付けることとは?

2579views

シェアする

LINEで送る

OKポーズをする女性

デートをするにはまず誘わなければいけません。
OKをもらうには誘い方を工夫する必要があります。高校生でもLINEやメールで気軽にデートに誘っている今、大人はどのような誘い方をすればデートに応じてもらえるのでしょうか。

1.デートに誘うベストタイミングは?

デートが目的とはいえ、いきなり「デート」という言葉を持ち出すと相手は何か下心があるのではないかと疑って警戒してしまうかもしれません。

特に初デートならなおさらです。まだそこまで親密でない場合は、二人で行動する機会を増やすつもりで誘いましょう。

スマホを見て笑っている女性

誘えるタイミングはいくらでもあります。ご飯に誘うのも一つの方法です。

新しくできたばかり、評判が良いなど行くべき理由も簡単に見つけられるでしょう。

誘われる方は、美味しいものが食べられるのですから悪い気はしません。日中であり短時間で済むランチデートなら、より応じやすいでしょう。

他にも買い物に付き合ってもらったり、話題のスポットに行ったり、相談に乗ってもらったり、仕事を手伝ってくれたお礼をしたりするなど、デートと意識させずに誘う方法はたくさんあります。

もちろん、漠然と誘っても相手の好みに合わなければ断られてしまうでしょう。仕事やプライベートなどスケジュールの都合もあります。

成功率を高めるためには事前のリサーチが欠かせません。普段の会話からチェックしたり、周りにそれとなく聞いたりすると良いでしょう。

相手を悪く思っていない限り、デートの誘いに応じてくれるかもしれません。

2.デートに誘う時に気を付けたいこと

腰に手を回す彼氏と身を委ねる彼女

デートは自分だけでなく、相手の気持ちや都合があって初めて成立するものです。それを無視して誘ってしまうと失敗する可能性が高くなります。

まだ2回目なのに恋人気取りだったり、無理やり夜のデートを計画したりすると相手は警戒するものです。どのような点に気を付ければいいのか、男女それぞれの立場から考えてみましょう。

男性から女性をデートに誘う時は紳士でいること

男性がデートに誘う背景には多かれ少なかれ下心があります。それが表に出てしまうと女性から敬遠されてしまいます。初めのうちは紳士として振舞い、女性を安心させるように心がけましょう。

日中にデートするのはもちろん、オープンスペースで、どんなに遠出しても日帰りできるようなところが理想です。

また何事もレディファーストで自分よりも相手の都合を優先し、一度断られたら食い下がったりすぐに誘ったりせず、日にちをあらためて声をかけましょう。
無理強いするのは良くないですし、がっついているように見えてみっともないものです。

逆に最初は長時間や夜など応じづらいデートプランを提示して、断られた時に相手の理想に適ったプランを提示すれば、女性は自分に合わせてくれたと思ってくれるでしょう。デートに応じるだけでなく、男性への評価も上がりそうです。

女性から男性をデートに誘う時は負担をかけないこと

女性からデートに誘うのは何も悪いことではありません。いつも男性からデートに誘うのは大変なので、かえって有り難く思ってくれるでしょう。

ただし、それほど親しい間柄でなければ一つ気を付けなければいけない点があります。それは「おごってもらう前提で誘うこと」です。

1回のデートにつき、男性にかかる金銭的な負担はかなりのものです。
男性から誘った場合は、自分がデートしたくて誘っているのですから男性もおごる前提かもしれません。

しかし、誘われたのなら話は別です。

プランの中に高級レストランのディナーが含まれていたら、お財布代わりに誘われているのではないかと疑われてしまいます。たとえ女性側に悪意がないとしても勘ぐってしまう男性も多いようです。

最初から行きたいところを決めず、相手の判断に委ねてあげると男性は応じやすくなるでしょう。

また、男性はメールやLINEのやり取りに女性ほど積極的ではありません。何行もダラダラと長い文章を読んだり、チャット状態で延々と返信が続いたりするのは苦手です。

デートに誘う時は、率直に「デートしましょう」と送ってみてはいかがでしょうか。簡潔に日時やプランなど最小限の情報を伝えて、負担の少ない女性であることをアピールしましょう。

3.3回目のデートの誘い方

壁ドンする男性と驚く女性

下にある記事のように、2回目のデートまでは相手が恋人にふさわしいか見極めている状態なので、破目を外して本当の自分を見せられる状態ではありません。

ただし関係が深まればスキンシップが増えたり、キスや告白ができたりするなど、何らかの進展があるはずです。3回目のデートの誘い方は2回目の成果次第と言えるでしょう。

もし「恋人」と呼べるくらい親密になっていれば、気軽に2人で次のデートプランを計画できるでしょう。

いつもより遠出したり、夜遅くまで一緒にいたりすることも可能です。勇気を出して自宅に誘っても良いでしょう。

この期に及んで気を遣われたり遠回しに都合をうかがわれたりするのは却って寂しいものです。

逆に2回目のデートでも進展がなくて脈なしのようであれば、3回目はデートに誘える最後のチャンスかもしれません。過去のデートから相手が喜びそうなこと、興味がありそうなことを厳選してプランを練りましょう。

デートの最後に告白すると決めている方は、何を伝えるか前向きに考えておきましょう。下の記事では成功しやすい告白の方法について詳しく紹介しています。きっと参考になるでしょう。

4.まとめ

手を繋いでいるカップルの手

これから関係を深める目的でデートしたい時は、相手が意識しないように別の目的で誘うのが効果的です。

特にレストランでの食事は応じやすいでしょう。料理が美味しくて雰囲気のあるレストランにすれば、会話が弾んでデートの成功率が高まります。

以下のリンクでは、そんな魅力あるレストランが豊富に紹介されています。ピンと来たら予約して相手を誘ってみましょう。

閉じる
閉じる